武四郎は 青壮年期にも老年期にも大きな旅行を何度もしています。その旅行中には寸暇を惜しんで厖大なメモをスケッチ入りで書いています。江戸期のものは野帳として残ったり、『蝦夷屏風』に 貼り交ぜになったりしているので、何枚かは確認できます。
 しかし明治期のものはほとんど残っていません。 歩いて見聞きした地域の地名や地誌、出逢った人々、寺社の宝物の拝観記録、訪ね回った文人や好古家の愛蔵品の目録、それらを日にちが経ってから総てを思い出す事は不可能で、ともかくその場で筆を走らせた 厖大なメモが存在していたはずですが、ほとんど残っていません。メモや一時的な草稿は処分をして最終的な原稿だけを残したのではないかと思います。最終的な日誌 (稿本)は速筆で独特のくずし字で書かれてはいますが、決してだだくさなものではなく、最後まで心を入れて書いているのはよく分かります。いつの日か刊行することを前提に清書していたのではないはないでしょうか。 いくつかは孫の孫太翁の手によって解読・刊行されましたが、明治10年代の旅行日誌は多くを解読したものの刊行まで至りませんでした。松浦武四郎記念館では明治10年代の日誌稿本を年1冊の割で発行しています。
 残ったメモ類の中に、稿本の解読に有益な情報を持つ『武四郎雑記』といわれるもの があります。旅行中の覚えではなく、家作、本や金銭の貸借、家族や家事手伝いの消息など日常生活の重要事項の備忘録 です。新書判より少し横に大きめで、半紙を二つ折りにして200丁程を仮綴じをしています。表紙(上の画像)は汚れや虫損がありますが、中はきれいです。下の画像は、妻とふ、養嗣子一雄、一雄妻とく、亡児いしについての備忘を記しています。
表紙
2012.06.15UP