武四郎は明治12年は妻とうと西日本への旅行に出かけていますが、13年以降は単独でした。武四郎が留主の間、とうはひとり寂しく留主を守っていたのでしょうか。『武四郎雑記』や家郷宛の手紙から見えてくる留守宅の日常はそんな寂しいものではなかったようです。15年からは孫の孫太が手許に引き取られていたし、またここにあげた「さゐ」の他に「しげ・きよ・よね・雪・まさ・ふさ」など若い娘が常時1人か2人行儀見習いや養女候補として住み込んでいて賑やかに過ごしていたと思われます。
 行儀見習いというのは、結婚前の娘が他家に住み込んで家事手伝いや子どもの遊び相手をしながら、行儀作法や裁縫・料理等を見習っていくという、当時一般によくなされていた一種の女子教育でした。世間的にはよくないケースもあったようですが、武四郎家の場合は楽しくいっていたようで 、時には養女にして他家に嫁がせることもありました。
 明治20年、3回目の大台ヶ原登山を終えて、両宮参拝のため伊勢へやってきた武四郎は「さゐ」という娘を引き取って東京へ連れて行くことになりました。さゐは△△町(山田)某氏の娘で、数え年で13歳でした。『武四郎雑記』の一頁には戸籍上のこと、旅装、東京に着いてから買いそろえてあげた着物がメモってあります。『丁亥前記』によれば、20日条に挙げられている品々は前日両宮参拝の後、呉服店に寄って道中着の類を求め仕立てを頼んで置いたものです。20日身支度を調えさせて出立しました。27日条のものは妻とうが本人を伴って街の呉服店で買いそろえたものと想像されます。途中見附駅では「さゐの髪を結はして」います。ほのぼのとした情の通い合いが感じられます。養女候補だったのだろうと思われますが、武四郎は彼女の行く末を見ずに翌21年2月に亡くなってしまいました。
 
2012.06.15UP