大間越番所を越える 
 この沿海日誌は、秋田久保田藩領岩館から津軽弘前藩に入り、大間越番所を越えて沿海沿いを時計回りに見聞・調査したものを記録し、南部領の「北郡/三戸郡」の境を越して終わる。
 日誌は沿海の地誌が中心となる。歩いて調査・確認した集落名が多数出てくるが、集落名を含めた取材の基本はやはり土地の人たちへの聞き取りであろう。ただし「現地の人間の訛りがわかりにくく間違っているかもしれない」と言っている。実地には簡便な案内書か予め作っておいた地図等を携帯していたものと思われる。歴史・地誌において参考とした書は、『津軽一統志』『奉使日本紀行』『野作(えぞ)雑記訳説』『陸奥郡郷考図』『松前紀行』『地勢提要』等がある。『地勢提要』は幕府天文方筆頭の高橋景保(かげやす)の著書で、伊能忠敬の調査記録を網羅している。
 漢字表記については当て字を工夫したところがあり、国土地理院の二・五万分の一地形図で点検してみるとその違いを指摘できる。取り上げた集落名は多くの場合国土地理院の地形図でも確認できるところが多く、武四郎の蝦夷地地図でも見られるようなこまやかさがある。
 日誌は九月十二日、鰺ヶ沢に出てしばらく滞留後、津軽・南部の沿海を回って、十一月十七日、南部領北郡と三戸郡の境を越したところで終わっている。九月が小の月であったので、六十五日間の日誌となるが、日誌としては記録されていない岩館ー鰺ヶ沢の分があるので七十日前後の旅とすることができる。
地図・挿絵 「南部の巻」の凡例に「東北の地図は沢山出回っているが、自分が履歴したものと合わない。本書においては自分の見聞したものを二図製した」として、「津軽の部」においては「津軽沿海之図」を、「南部の巻」においては「東奥海上郡之図」をそれぞれの冒頭に載せている。
 挿絵の方は、「津軽の巻」において一丁見開きのもの二十六図、半丁のもの二図、「南部の巻」において一丁見開きのもの十九図、半丁の半分のもの一図、合計四十八図が載せられている。その多くは沖合からの鳥瞰図であるが、実際に沖に舟を出して描いたものではない。自分が歩いて観察したものを、海上数㎞の地点の上空数百mの所から再構成して鳥瞰図としたバーチャルなものである。バーチャルな鳥瞰図は現代においては地図描画ソフトを使えば簡単に作図出来る。作図して比較してみると実に正確であることが分かる。驚くべき観察力・仮想力・描画力である。平成三十一年三月記念館刊行の『鹿角(かづの)日誌・壺の碑(いしぶみ)考・奥州名山図譜』中の『奥州名山図譜』は同時期に同手法で描かれたもので鑑賞価値が高いが、虫損の激しい点、大変残念である。 
あらすじ 
 碇ヶ関を何とか通過して、岩木山の麓を北進して弘前在吉岡から鰺ヶ沢についたのは九月十二日の事であった。蝦夷地渡航が目的であったから早速その手立てを探したが、笹森太仲等の応援者を何人か得たものの手続きは進まない。進まないどころか不審な滞在を疑われて、宿所止めの上四日間の取り調べを受けた。折しも江戸では高野長英の脱獄・逃走事件があり、取り締まりがこのような辺境まで命ぜられていたのである。結局何の問題もなく放免されるが、所払いが課せられてここにとどまることはできなくなった。すでに岩木山には雪を頂くようになっており、この年の渡航を諦めざるを得なかった。土地の人たちはこの地で越冬の上、翌年の渡航を勧めたが、本州北端を回る旅をすることにした。ここまで日付なし。
 九月二十五日、笹森らの見送りを受けて、沿海回りの旅に出る。その夜の寝具は乾燥藻を俵筵にしたものであった。二十六日、七里浜にさしかかる。難破船を襲う噂のあるところで、浜にはガシと呼ばれる泥炭か埋もれ木のようなものが燃えていた。二十七日、小泊湊を過ぎた鍵掛、勘解由をアイヌの住居跡ではないかと観察した。 二十八日、燕崎へ行こうと道を聞くが、地元の人は危険だからやめるようにいうが、彼はその道を探り出し燕崎に至り「大岩石の側に又一つの穴有。定て是なりと思ふて赤裸と成て此岩穴より海に飛込みみたれば、中に燕数百群居けり」となった。燕崎からどうするか、思案しているところへ沖から舟が急接近してきて誰何するので、「我は伊勢の国の修行者なるが、此海岸を回らんと此燕岬を一見に来」たと胸を張ったが、漁師は「命知らざる旅人哉」とあきれて舟を返してしまった。袰内(ほろない)という集落にやっとついたが、村人は「変化(へんげ)のものか役(えん)の行者の再来か」と驚くばかりであった。竜飛岬へと急ぐと中の潮が渦巻くのが見えた。蝦夷渡海の難所である。二十九日、竜飛岬、帯解島。三厩。三厩の地名についてふつうは義経伝説を引き合いに出すが、自分は「水駅」が語源だと思う。(九月は小の月)十月一日三厩の町端に御仮屋あり。いかめしい構えであった。二日滞留。
 十月四日、今別、大泊、袰月(ほろづき)村。ウタ、コロコロ、ウテツなどアイヌ語を思わせる地名が多い。五日、青森湊。人家三千の大きな町である。この町はもともと善知鳥(うとう)村から発展した町であるので善知鳥についての情報を集めてみる。十二日、野内(のない)村。村端に野内番所があって役人が詰めているが、武四郎はここでも間道のあるのを見つけている。これで詮議が厳しいと言われる津軽藩の三関を通ったことになる。ここまでが津軽の巻。次は南部の巻となる。津軽・南部の領境を示すそれぞれの標柱があり、両藩の仲の悪さを改めて確認した。標柱を越すと南部藩の砲台がある。異国船への備えであるが、この辺は浅いために異国船が進入できるかどうか疑問である。これを手初めに武四郎は砲台の位置、大きさ、外海との関係等砲台情報を調べている。砲台は、津軽の方では四ヶ所、南部の方は三十二ヶ所確認できた。この数は弘化元年の沿海調査の時のものとその後築造されたものを含む。馬門から少しで野辺地である。三航を終えて帰ってきた武四郎は野辺地から十和田・鹿角へと入った。その時の記録が『鹿角日誌』である。町の中程に分岐があり「此処ヨリ右本通リ」「是ヨリ浜通リ」とある。ここは左をとって下北半島一周にかかる。
 十六日、奥内村を過ぎてから変化のない海岸歩き。その上荷物が重いので、来かかった牛の背に乗せてもらったが、乗り慣れないので牛の背にしがみついていると、牛飼いに「この旦那さん、ベコノコに乗ることもしらん」とからかわれた。横浜から八里で田名部町。入って円通寺参詣。この寺は釜臥(かまふせ)山・恐山の別当である。
佐井湊で尻屋崎について聞くと「彼尻屋村といふは旅人が行と皆大勢打寄て殺し、衣裳、荷物を奪ふ処也。故に是非是は止るべしと云るゝに依て先止るべしと諾しけり」と一旦は諦めた。
 二十八日、大間浦。本州北端である。人家六、七十軒の町だ。ここを回り込めば、東方に尻屋崎が見えてくる。
 二十九日~十一月二日。雪や雨にて滞留。滞留中に尻屋岬について尋ねたところ「それは昔の事、貴公様御一人殺したとて何程の路金、衣服を持給へるぞ。其は破船の船頭、船方の事成べし。仮令(たとえ)彼村にてなくとも、此村にても破損等致すべし。一人や二人の船方ども上陸致来らば、届て何も彼も面倒成故に何れ鳶口にて打殺して、衣服、積米、諸道具ともに分取高名に致すべし。なんぞ貴公様一人位には彼村一村かゝりて何の益が有ぞと大笑しけるに、我も一度は安堵、一度は又恐れけるが、虎穴に入ずして何ぞ虎の子を得んと愈彼地を一見せんと定たり」ということになった。このあと行く先々で尻屋崎についての噂の真偽について聞いて回る。四日、易国間村。六日、大畑。人家三百軒を越す町である。のち武四郎は三航の復路でここに上陸した所である。
 八日、岩屋村から尻屋村に入る。村人が寄ってきたので、「我は伊勢の国、太神宮様の在る処のもの成が、日本国中の高山を回らんが為、南部の国岩鷲山(がんじゆざん)より恐居山へ来り、則此岩屋村の岩屋を見物し、当村の八幡社へ参詣したるもの也」と答えたところ、湯を沸かしたり鮑を茹で上げたりたいへんな歓迎を受けた。礼金を渡そうとした受け取らないので、万金丹を礼とした。
 九日、夜明け前から雪が降り、風が厳しいが出立。「雪と砂とを吹交て一向に道も無様に成」り、目も開けておれなくなった。鴎が一羽砂に埋もれて動かない。とうとう道を失って戻ることにしたが、着物の袖は両方凍り付いたままであった。
 十日、猿ヶ森村、田代村、小田野沢村とやや順調に進むことが出来た。十一日、老部(おいつぺ)村、白糠村、貴宝山。
 十二日、貴宝山出立。黒巌を過ぎて浜辺に出ると、波が荒く道が分からなくなった。それでもなお川面に張り詰めた氷の上を行ったところ、氷が割れて沼中に落ちてしまった。ようようのことで這い上がり、今度は幅四間ばかりの川が現れそこに飛び込んだが、流れてきた氷に足をすくわれてしまった。何とか民家に辿り着いたものの、物を言える状況ではなかった。
 十七日。少し雪が降る中、出立。昨夜来積雪があったようだ。小坂、松林を過ぎ、あとは一すじに広野を行き暫くにして、百石(ももいし)村、市川、上市川村に着いた。南部領内の北郡と三戸郡の境である。それにしても八甲田颪(おろし)は恐ろしいものであった。今後この地の探査を願う人は三月から八月に通行するのがよい。海国に生まれた者は海辺のことを知りたいだろうと思い、この書を書き記した。
砲台調査→海防策 
 文中もっとも目立つ言葉は「砲台」である。津軽の巻には延べで九ヶ所、南部の巻で三十八ヶ所出てくる。設置箇所は、津軽で四ヶ所、南部で三十二ヶ所である。うち津軽ヲトリ坂のものは長年雨露に曝されていざという時に役に立たない。高野岬のものは赤錆びて地鉄は見えないほどだ。石崎村のものは新設で、厳重に作られているが、普請のために住民が無賃で狩り出され、農事・漁事もできず困ったという。
南部の方は数が多いが、しかし例えば馬門のものは沖の浅い所しか狙えないので対異国船としては無用のものとなっている。住民への「威し種」としては意味があろうと皮肉っている。最近設置されたものは場所もよく考えられている。彼の砲台調査は克明にされているが、これには南部藩士と思われる沢出何某の情報提供があった。この人物は砲台築造の任にあった。この砲台調査に基づき、武四郎は再航後の嘉永元年(一八四八)『海防策』を記した。近年における蝦夷地・松前・津軽・南部沿岸への異国船出没の状況、それに対する同地方の海防状況を述べ、海防の方策の強化を幕府の執政宛の上書したものである。もっとも宛先は幕府となっているが、実際に出されたものではなく、筐底に秘められていたものと思われる。しかし、彼の状況の捉え方、海防の考え方がよくわかるのでここに紹介した。同書は松浦孫太翁の翻刻により「日本海防史料叢書7」(住田正一編・一九三三)に収められている。
冒険心・探究心・好奇心 
 彼がいかに冒険者であったかは九月二十八日の燕崎探査によく現れている。ぜひとも燕崎を見たいものと住民に燕崎への道を尋ねたところ、口をそろえて沖からはともかく歩いて行くのは危険だからやめろという。しかし武四郎はそれを心にとどめるだけで探し続け、甚平岬の先に大岩壁があり洞穴があるのをみつけ、「赤裸と成て此岩穴より海に飛込」んだことは先に紹介した。 弘化四年九月には、深浦のガンガラ穴という海蝕洞をみるために森山村で舟を雇て此岸より乗出している。
 武四郎は明治期名石・珍石の蒐集家としても有名であったが、石への関心はこの時期すでに生えていて、土産(土地の産物)調査とともに、川辺や沢の石について詳しく調べている。
 また彼は好奇心旺盛で、木登りや飛び込みなどを見物するのが好きで、南部領沼崎村でも明るい月のもと子供等大勢がソリ遊びに興じているのを夜更けるまで見物していた。
度々危険な目に 
  しかし、命知らずの冒険者と思われた武四郎も厳しい奥羽の自然を相手にしては度々危険な目に遭っている。八甲田颪に襲われ危うく失う命を助かったことがあった。
 十月十二日、泊村で教えてもらったように黒巌という所から浜辺に出たが、波が荒く道が分からなくなった。泊村に帰ろうにも道が消えてなくなっている。野に出て道なきところを進んだところ氷の張り付いた沼に出た。四十間ばかり進んだ所で氷が突然割れて沼の中に落ちてしまった。やっとずり上がったものの、今度は水勢激しい川が現れたので思い切って飛び込んだところ、流れてきた氷に足をすくわれまた全身水浸しになった。やっとの思いで岸に這い上がった。自分の命もこれまでかと思ったが、幸い人家に辿り着く事ができ、その家の人の介抱で命を取り留めた。
 十一月四日、尻労(しつかり)村で道筋をよく聞いてを出立したところ、砂浜一面に雪と砂とを吹き交えて目も開けられない状況となった。両の袖は雪が吹き付けて堅鉄のごとく凍っている。鴎が一羽息絶えてかたくなっていたが、自分もそうなりそうに思えて村に帰り一命を取り留めた。そして最後に「もし此後も此地の風土を探索せんと欲する人あらば是等の事能く弁ひ置て決て三月より八月頃の間に通行致さるべし。何ぞ我も父母に請し身体をかゝる危き場に迂闊をもつて踏入れしにはあらず」と反省するのであった。
 地域・住民とのふれあい
   武四郎は江戸への家出以来旅慣れているとはいえ、一面では毎日の衣食や健康の面で不安もあったに違いない。しかしそれを払拭させたものは土地の人々の温かい思いであった。特に鰺ヶ沢では笹森太仲や松本寿庵などの暖かい支援に恵まれた。旅の中では住民と同じように稗や粟を食べ続けた。夜はゴモと呼ばれる乾燥藻を俵筵に編んだ物を着て寝たこともある。地名や風習等は住民からの聞き取りによるが、訛が激しく理解出来ないこともあった。口の重い村人の口を開かせたものは彼の気さくな人柄だった。
 石浜村では網干しをしていた老人が宿を提供してくれ、この地に間引きの風習が多いのは、年貢米の他の米を百姓が売ると多額の判銭を課せられるので立ちゆけなくなるからだ、と話してくれた。
 前田村に泊まった折、この村では五月五日から八月十五夜まで「夜這へ」が許されると聞いた。村の若者に「もう少し早ければお連れ申したのに」とからかわれたので「来年よろしくお願いします」と切り返しておいた。
地域住民使役
 津軽領茜沢では松前藩家中の駕篭に出逢ったが、難所なので人足二十二人も狩り出され、駄賃は三人分しか出ないということであった。また別な日には松前から「御妾の帰り」とかで住民が十四丁も担がされていたが、勘弁してやってほしい、と言っている。砲台の台場築造は海防に必要なことだが、普請に狩り出される地域の人々は農事や漁事に従事できないでいる。
役人・「悪党」 
 鰺ヶ沢の俵物改所について次のように記す。「此処琴柱、刺又を飾りて巌敷構たり。此処、出舟の米を改て印形を押也。此事他国に例の無き銭の取様也。又他所よりの揚荷物にも此処にて運上を懸る成べし」
 津軽藩も南部藩も他藩に例をみないほど様々なものに課税、判銭・役銭・印銭・御用金(借金の形をとる一種の税金)などの名目を設け、その取り立ては厳しい。野辺地では「市中に紅花運上所、紙類、漆物類、大豆、粟に至る迄皆運上を取て積出す。其風は津軽の米の印銭よりも又甚だし。此処等は海辺なるに、塩一升八十文位も致すよし。尤元方は二十文位のよし。是にて万事推考すべし」「此地へ入し時は此御判銭と云もの斗り成しが、翌年巳年に此地へ行たれば、此邨の入口に一ヶ所の小店に張幕を張、入米改所と云札を懸たり。故に是は如何の事ぞと尋し処、在中より入来る米を改て一俵に付三文づゝ運上を取る事也と云し也。・・・此事を初しは市中の悪党江戸にてヲカッピキ、津軽にてメアカシと云也日々の家業も不致、下手将棋やむだ話しに日を暮す輩の呑代に此の如き事申立して、上へも不聞、唯当所の奉行に反物の一反□の巻の五、六把位にて聞済に成しと」奉行への賄賂が噂になっている。
凶作・飢饉 
 南部領沼崎村にて、この村も凶作以前は人家が六、七十軒あったと聞くが、作のよかった年もあったのに人口が戻っていないのはなぜかと尋ねた所、「飢饉は其年一年か二年限りなれども、此辺は御用金と申事、其故に此の如く松前辺へ行しものは彼地に落着致、此地に帰る事なし」と答えた。また御用金というものについて聞くと「当時(このごろの意)は横沢兵庫と申もの執政致し、其領内へ用金を打当候事は先第一日懸と云もの有。是は一日に上分は百文、五十文、二十四文、十文、四文、三文と皆分限割を致して、其日々々に出す事也。又其外当年も三度程御用金を取られ」たとのこと、年貢は「来年のは去年相納候。当年納分は来々年の年貢也(昨年納めたのは来年の分、今年は来々年の分を納めよ)」と言われる。また運上金は「よしまた小商人を致さば二文三文のせんべへを売るとも、月々皆運上をとらるゝ事、又牛馬を飼候とも子は皆上に取られ、二歳の牛馬を一疋代一貫文斗づゝより代金は下らず」と、五、六人して口々に詈ったのもひどい話だった。
 十三湊の利用
 「按るに深浦、十三、小泊、今別、平館、小湊と入津の宜敷よりは皆出米を免じ度事也。唯此十三をさへ免さば国中の米八分は皆此岩城川にて下さるべし。又金木、御所川原、イタヤノ木、弘前、黒石の町人ども在中より買とも今二割も直段をよく買ても勘定に逢成べし。日本六十八州中国中に運送の川を持ながら其港口に運送の場を不免は此藩成べし。・・・此近年笠原隼人とか申家老の退役後は国中一変せしが、此又二、三年前より大寺頼母とか申老職の人の申さるれば何事も相叶よしなれば、此人にでも沢山の袖の下を遣わして、此十三湊よりも積出しを致度事也けり」 昔は十三湊を米の積み出し港にしたり、岩木川を遣った運送もあったが、当時は土砂堆積のため出来なくなっていたので折角の提言も実施が難しい。パンチの効いた家老批判も空振りになったのは惜しいことであった。
 「我友」嶺田楓江との交流
嘉永二年、三航から帰った武四郎は楓江の『海外新話』の刊行を手伝い、また楓江に『蝦夷日誌』の各稿本の編集を手伝ってもらった。楓江は天保十二年、蝦夷地を歩いている。「躯幹小と雖も腹中は寛し」という人物であったという。
嶺田楓江=文化十四年(一八一七)~明治十六年(一八八三)。幕末・明治時代の教育者。丹後(京都府)田辺藩士。佐藤一斎に儒学を、箕作阮甫(みつくりげんぽ )に蘭学を学ぶ。嘉永二年(一八四九)アヘン戦争について『海外新話』を刊行、幕府により三年の在獄と三都所払いとされる。上総木更津にうつり、維新後は房総各地で新時代の教育を行った。名は雋(しゆん)、字は士徳、通称は右五郎。
 『海外新話』=一八四〇年にイギリス・清朝中国間で起こった「アヘン戦争」を紹介した挿絵本「海外新話」。嶺田楓江が著し、一般庶民にも読みやすい絵入読本の形で刊行した本書は、幕府の許可なく出版したため発禁処分となったものの、西洋諸国のアジアへの侵略の様を広く知らしめ、幕末の日本人に大きな影響を与えた重要な一冊である。
2019.10.20UP