私的なことを述べて、甚だ恐縮です。
2019年の自分に課している仕事は、武四郎の稿本『東奥沿海日誌』の解読・編集・出版です。背骨の病気のために外での活動ができず、病院や自宅で治療・療養しながらできるのはこれぐらいなもの。発病以来これまでの8年間このパターンでやってきてそれなりの成果を得てきたと思っています。蝦夷地以外を取り扱った稿本はまだまだ残っているので、命の延びる限りやり続けたいのですが、自分の病気は高齢での完治は得られません。新治療によって寛解は得られてもいつかは再発する。今年は4度目の再発をしてしまいました。眼疾も進んでいるのでどうなることか分かりません。『東奥沿海日誌』についても、発行には漕ぎ着けたものの、予定にも入れていた発刊記念の講演会は中止をせざるをえなくなりました。解読本の発行は、印刷・発行費の確保など他に迷惑をかける仕事なので、このあたりで一応のピリオドを打つことにしました。まだまだ残っている稿本(『西海雑誌』『梅さがし』『海防策』等)の、発行を前提にしない個人的な解読は細々続けたいと思っています。また2003年に発行した『松浦武四郎大台紀行集(乙酉紀行・丙戌前記・丁亥前記)』にはいくつかの読み誤りがあるので、再解読をしたいと思っています。どちらを先行させるか悩んでいるところです。
武四郎はスケッチに優れています。特に鳥瞰図を描かせては当代一流ではないかと思います。その絵は空想ではない。今回の『東奥沿海日誌』は沿海の波打ち際を歩きながら、海と山の姿を目に焼き付けていきます。彼の脳裡には3D図が展開されているのではないか。このページでは『東奥沿海日誌』のあらすじと「津軽前半」の挿絵を紹介します。できれば沖合数qからの眺望図(管理人作成)も付加したいとも思っています。
『東奥沿海日誌』あらすじ 弘化元年(1844・27歳)。
関所役人の差別的な取り扱いを受け、法外な出費を余儀なくされた碇ヶ関を何とか通過して、岩木山の麓を北進して弘前在吉岡から鰺ヶ沢についたのは九月十二日の事であった。蝦夷地渡航が目的であったから早速その手立てを探したが、笹(篠)森太仲等の応援者を何人か得たものの手続きは進まない。進まないどころか不審な滞在を疑われて、宿所止めの上四日間の取り調べを受けた。折しも江戸では高野長英の脱獄・逃走事件があり、取り締まりがこのような辺境まで命ぜられていたのである。結局何の問題もなく放免されるが、所払いが課せられてここにとどまることはできなくなった。すでに岩木山には雪を頂くようになっており、この年の渡航を諦めざるを得なかった。土地の人たちはこの地で越冬の上、翌年の渡航を勧めたが、本州北端を回る旅をすることにした。ここまで日付なし。
 九月二十五日、笹森らの見送りを受けて、沿海回りの旅に出る。その夜の寝具は乾燥藻を俵筵にしたものであった。二十六日、七里浜にさしかかる。難破船を襲う噂のあるところで、浜にはガシと呼ばれる泥炭か埋もれ木のようなものが燃えていた。二十七日、小泊湊を過ぎた鍵掛、勘解由をアイヌの住居跡ではないかと観察した。 二十八日、燕崎へ行こうと道を聞くが、地元の人は危険だからやめるようにいうが、彼はその道を探り出し燕崎に至り「大岩石の側に又一つの穴有。定て是なりと思ふて赤裸と成て此岩穴より海に飛込みみたれば、中に燕数百群居けり」となった。燕崎からどうするか、思案しているところへ沖から舟が急接近してきて誰何するので、「我は伊勢の国の修行者なるが、此海岸を回らんと此燕岬を一見に来」たと胸を張ったが、漁師は「命知らざる旅人哉」とあきれて舟を返してしまった。袰内(ほろない)という集落にやっとついたが、村人は「変化(へんげ)のものか役(えん)の行者の再来か」と驚くばかりであった。竜飛岬へと急ぐと中の潮が渦巻くのが見えた。蝦夷渡海の難所である。二十九日、竜飛岬、帯解島。三厩。三厩の地名についてふつうは義経伝説を引き合いに出すが、自分は「水駅」が語源だと思う。(九月は小の月)十月一日三厩の町端に御仮屋あり。いかめしい構えであった。二日滞留。
 十月四日、今別、大泊、袰月(ほろづき)村。ウタ、コロコロ、ウテツなどアイヌ語を思わせる地名が多い。五日、青森湊。人家三千の大きな町である。この町はもともと善知鳥(うとう)村から発展した町であるので善知鳥についての情報を集めてみる。十二日、野内(のない)村。村端に野内番所があって役人が詰めているが、武四郎はここでも間道のあるのを見つけている。これで詮議が厳しいと言われる津軽藩の三関を通ったことになる。ここまでが津軽の巻。次は南部の巻となる。津軽・南部の領境を示すそれぞれの標柱があり、両藩の仲の悪さを改めて確認した。標柱を越すと南部藩の砲台がある。異国船への備えであるが、この辺は浅いために異国船が進入できるかどうか疑問である。これを手初めに武四郎は砲台の位置、大きさ、外海との関係等砲台情報を調べている。砲台は、津軽の方では四ヶ所、南部の方は三十二ヶ所確認できた。この数は弘化元年の沿海調査の時のものとその後築造されたものを含む。馬門から少しで野辺地である。三航を終えて帰ってきた武四郎は野辺地から十和田・鹿角へと入った。その時の記録が『鹿角日誌』である。町の中程に分岐があり「此処ヨリ右本通リ」「是ヨリ浜通リ」とある。ここは左をとって下北半島一周にかかる。
 十六日、奥内村を過ぎてから変化のない海岸歩き。その上荷物が重いので、来かかった牛の背に乗せてもらったが、乗り慣れないので牛の背にしがみついていると、牛飼いに「この旦那さん、ベコノコに乗ることもしらん」とからかわれた。横浜から八里で田名部町。入って円通寺参詣。この寺は釜臥(かまふせ)山・恐山の別当である。
佐井湊で尻屋崎について聞くと「彼尻屋村といふは旅人が行と皆大勢打寄て殺し、衣裳、荷物を奪ふ処也。故に是非是は止るべしと云るゝに依て先止るべしと諾しけり」といったんは諦めた。
 二十八日、大間浦。本州北端である。人家六、七十軒の町だ。ここを回り込めば、東方に尻屋崎が見えてくる。
 二十九日〜十一月二日。雪や雨にて滞留。滞留中に尻屋岬について尋ねたところ「それは昔の事、貴公様御一人殺したとて何程の路金、衣服を持給へるぞ。其は破船の船頭、船方の事成べし。仮令(たとえ)彼村にてなくとも、此村にても破損等致すべし。一人や二人の船方ども上陸致来らば、届て何も角(ママ)(彼)も面倒成故に何れ鳶口にて打殺して、衣服、積米、諸道具ともに分取高名に致すべし。なんぞ貴公様一人位には彼村一村かゝりて何の益が有ぞと大笑しけるに、我も一度は安堵、一度は又恐れけるが、虎穴に入ずして何ぞ虎の子を得んと愈彼地を一見せんと定たり」ということになった。このあと行く先々で尻屋崎についての噂の真偽について聞いて回る。四日、易国間村。六日、大畑。人家三百軒を越す町である。のち武四郎は三航の復路でここに上陸した所である。
 八日、岩屋村から尻屋村に入る。村人が寄ってきたので、「我は伊勢の国、太神宮様の在る処のもの成が、日本国中の高山を回らんが為、南部の国岩鷲山(がんじゆざん)より恐居山へ来り、則此岩屋村の岩屋を見物し、当村の八幡社へ参詣したるもの也」と答えたところ、湯を沸かしたり鮑を茹で上げたりたいへんな歓迎を受けた。礼金を渡そうとした受け取らないので、万金丹を礼とした。
 九日、夜明け前から雪が降り、風が厳しいが出立。「雪と砂とを吹交て一向に道も無様に成」り、目も開けておれなくなった。鴎が一羽砂に埋もれて動かない。とうとう道を失って戻ることにしたが、着物の袖は両方凍り付いたままであった。
 十日、猿ヶ森村、田代村、小田野沢村とやや順調に進むことが出来た。十一日、老部(おいつぺ)村、白糠村、貴宝山。
 十二日、貴宝山出立。黒巌を過ぎて浜辺に出ると、波が荒く道が分からなくなった。それでもなお川面に張り詰めた氷の上を行ったところ、氷が割れて沼中に落ちてしまった。ようようのことで這い上がり、今度は幅四間ばかりの川が現れそこに飛び込んだが、流れてきた氷に足をすくわれてしまった。何とか民家に辿り着いたものの、物を言える状況ではなかった。
 十七日。少し雪が降る中、出立。昨夜来積雪があったようだ。小坂、松林を過ぎ、あとは一すじに広野を行き暫くにして、百石(ももいし)村、市川、上市川村に着いた。南部領内の北郡と三戸郡の境である。それにしても八甲田颪(おろし)は恐ろしいものであった。今後この地の探査を願う人は三月から八月に通行するのがよい。海国に生まれた者は海辺のことを知りたいだろうと思い、この書を書き記した。

間道  大間越番所  タキノサワ  堺明神  奥羽堺 岩館村 秋田領・津軽領
 秋田領の岩館番所、津軽領の大間越番所を越える。見開きで左頁・右頁に挿絵を配する。片頁の場合もある。左頁・右頁の挿絵を貼り合わせた(以下同じ)。画像上クリックで拡大表示します。

黒崎村  大間越  観音庵  番所
 
大サキ 此辺森山村に当るよし 松神村
 大サキを回り込むと森山村があり、そこで船を雇ってガンガラ穴を見物した。
 
久田  森山村  ガンガラ穴  大サキ
 ガンガラ穴(挿絵中黒く塗りつぶしてある海洞)へは陸行できないので、大サキから森山村へ行き船を雇って見物した

椿山  長岬  深浦道  比神 岩サキ浦
 長岬を回り込めば椿山へ行けるが、行かずじまいで残念。深浦道をとって峠を越した。

錦川  役所  寺院  イナリ 上町 下町 岩サキ越  ウラ町  大善院  カンヲン  椿山道
 岩サキ越を下って深浦。人家三百軒。ここからは松前・江差へ船便あり。船代金百疋。錦川河口原で錦石を拾う。