左頁:ヨコトマリ スビヤマ 三ヤウシ カヨヘ ヤカタ石 七ツタキ 塩竃 青岩 シヲヘナイ 七ツ石
右頁:相打間  下町  小泊湊  寺  南部坂  脇本坂  立岩  経ジマ  権現サキ
脇本から下前を経て、権現崎を回り込むと小泊湊。人家三百軒、松前へも船便あり。小春日和の中、奇石を探しながら進む。 

左頁:帯トキシマ  汐ノ口  竜飛岬  砲台  ヲリト坂  屏風岩  白ハシリ
右頁:ホロナイ  ツバメザキ  マツカ石  白イトタキ  甚平岬
燕崎へは海沿いに行けるものではない、と地元の人が止めるのを聞かず、是非見たいと思って甚平崎を回り込んで探し続けた。これぞ燕崎という所にさしかかったので、赤裸で海に飛び込んで調べたところ、数百羽の燕の群れる岩穴があった。海上から漁師が様子見に来た、「我は伊勢の国の修行者」と胸をはったところ、漁師はあきれて戻っていった。行き着いた丸小屋で竜飛岬までの案内を頼んだ。竜飛岬周辺を渦巻く中ノ潮が印象的であった。 

左頁:カマノサワ 元ウテツ ホカケ石 マサカトマリ 上ウテツ ヤマセトマリ 地蔵シマ カハシラ 鳴神 ヒヨロ
右頁:ヨセイシマ  ケンピジマ  バクチ石  帯トキシマ  弁天シマ  出張所  汐ノ口  竜飛岬  砲台
 日が暮れてきたので行き会った漁屋に宿を頼んだ処、化け物だと大騒ぎ。四方山の話で夜を明かした。網を蒲団代わりに寝ていた。翌朝小舟を頼み、竜飛岬を海側から眺めることができた。帯解島あたりを一回りして戻り朝飯とした。また船を雇って絶壁伝いの景色を楽しむ。雨が降ってきたので笘をひっかぶる。宇鉄村にいたって上陸。着物を乾かした。



左頁:浜名村  増川村  増川岳  松サキ  御仮ヤ  三馬ヤ
右頁:馬乗石 竜馬山 竜蛇松 中浜村 カブト石 サンヨウシ 六条間 人形石 藤シマ 赤ハシリ 四枚ハシ
  四枚橋は絶壁伝いに四枚の橋を架け渡したところで、このあたり大難所が続く。浜伝いとなり六条間では寄りコンブを採っている。三馬屋あたりには蝦夷に渡海した義経伝説があれこれ残っている。自分は、ミンマヤは伝説に関わりなく水駅だと思っている。

大泊エ下ル 鬼泊 山サキ 大川内岳 大川内村 一本木 今別 御仮ヤ 本〇寺 ハマシ 正行寺
今別村の正行寺に滞留、ここで津軽瑪瑙を入手した。御仮屋には奉行・目付が出張っている。 
 

母衣月サキ  七曲坂  イカミ坂  大トマリ 鬼トマリ

左頁:南部領ヤケ山  コロコロ川  ウタ村  窟カンヲン  タトロカサキ  白糸タキ
右頁:ツナシラズ 上ハシリ中ハシリ下ハシリ 茜沢 砂森村 ダイバ 高野サキ 母衣月村 舎利ハマ
 茜沢を通行中、松前家中の駕篭一挺出会った。難所なので22人の人足がついていたが、駄賃は3人分しか出ないとか。別な日には松前の「御妾の帰り」の駕篭14挺が来たが、これにも村人が人足として狩り出された。どちらも「勘弁有たき」ことだ。

 
左頁:蟹田  中師村  ハカマコシ  小国七ヶ村  石サキ  深泊  二屋  繋村
右頁:今津村  小杉  古楯  野田  根岸村  平立村  新築台場  石サキ  松木〇山々
 石崎村で台場作りを急いでいるが、村人が無賃で狩り出されることのないように願いたいものだ。農事・漁事もあるのだから。石浜村で漁師からマビキの話を聞いた。村だけでなく城下でも生活困窮からマビキがある。米を買うにも売るにも判銭がつく。


左頁:内真部  左関(堰)  小橋  六枚橋  後方(潟)  四枚橋  中村  長科  阿弥陀川
右頁:ヨモギダ  郷沢  清平寺  白宇鉄  瀬郷  山二十
 山二十村からしばらく平路沙道が続き、農漁入り交じりである。

左頁:油川  沖館  新彼田  明誓寺  大浜
右頁:油川  新城村  ツガル坂  十三森  田沢  早淵  飛鳥  瀬戸子  奥内  前田  清水
前田村にて土地の青年たちから「ヨバイ」の話を聞く。期間限定だそうで、「あなた様は時期外れで残念」とからかわれる。 
 

カケハシ  トウマイ  ザリ石村  鎮守  ザリ石  クヽリザカ  キブネ社  番所  野内村
野内村には津軽三関の一つ野内番所があり、出入役銭等をとること大間越番所と同じである。厳重な構えで奉行一人が詰めている。 
 

中野村下ル  土屋番所  カンカケ坂  番所  温泉  チン守  麻蒸村
麻蒸村の出口に番所があるが、この番所は馬を改めるものである。土屋番所の方は往来切手の裏判をすえ、代三十二文を取る。 

峠  伊野(稲生)村  峠  浦田村  峠  湯ノシマ  ハダカ島  板橋道  鴎嶋  此辺麻蒸〇ニ成 
 
雷神  小湊岩  御仮ヤ  白須村  風穴  田沢村  椿山

境垣  金精明神社  八幡  番所  狩場沢  清水川  ヤクシ野  浜子  羽立村
この辺は浄土宗・禅宗ばかりであるが、最近はこっそりと門徒宗の旅僧を滞留させ一向一念他力の門に入る「内帰」がはやっている。
狩場沢を越えると、津軽・南部の国境である。

2019.11.11 UP