南部領北郡沿海之図
左:津軽半島 中央:陸奥湾 右:下北半島
 
左頁:ガニ田村 メウマイ キメウ フクサハハシ 大瀬道・中関村通り 浄光寺・海中寺・西光寺 野辺地 八まん 〇道壺村通り 御仮ヤ  右頁:久田  中ヤシキ  ハマ丁  馬門  ツルノユ  番所  ダイバ  〇〇イ
  ここから南部の巻となる。図の右に半円形の塚と四角い碑が描かれている。国境碑である。国境を越えると台場がある。浅瀬に対しているので異国船への備えにならず、住民への威かし種でしかない、と皮肉っている。野辺地の町外れに分岐がある。右は七戸街道で『鹿角日誌』に詳しく書いた。今回は左をとって下北半島の沿海を調査する。
 
左頁:サカイ川  新田  有畑村  豆田村  ニワトリ坂  ダイバ
右頁:氏神  横ハマ  クマノ  ダイバ  百目木  吹越  有戸
 十月十四日。これから先の浜辺は大風のために通り難しと聞いて有戸村の泊屋に宿泊。翌日、波の打ち上げた所が氷り付いてよく辷る。
津軽と南部では距離計算に違いがあり、換算するのが難儀である。金勘定にも違いがある。有畑村の商人宿に泊まり草鞋を入手。一足三十五文もする。この辺は藁がなく、津軽から買ってきて売るのである。

左頁:安土村  恐居山  兵主村  大平村  金ヤ村  大〇道  御仮屋  女館  円通寺  示現太明神  徳玄寺
右頁:一軒ヤ  奥内村  中沢村
 奥内村から田名部に向かう途中に一軒茶屋がある。旅人労りのために領主が建てたものの、というが評判はよくない。
3航の帰り田名部からの道で疲れて牛に乗ったが、乗り心地が悪く「この旦那さん、ベコノコに乗ることもしらん」とからかわれた。
 
田沢川 戸沢村 角違村 一里越 城形 後川内村 ウソリ川 ウタ村 川盛守 一ノトリイ 釜伏山
 話の筋としては、次の恐山図と前後する。恐山を見終わってから元来た道に戻り浜通りを田野沢まで歩いた。

左頁:此上ニ釜伏山ニ当ル 大ツクシ 小ツクシ 屏風山 サイノ川原 血池 極楽ハマ 地ゴク多シ
 〇〇地ゴク ザゼン石 鶏頭山 ツルギノ石 九戸左近将監地ゴク 供養塔 五智如来 地獄多シ
右頁:林サキ ハシツカ シユラ 宿所 本坊 古タキ 不動堂 迦羅陀山 ヒエヌキ ムロカン キシユク寮
本堂 ゴウマ石 ウバ堂 薬師 タキノユ イナリ 花染湯 蛇柳 三途川 鬼石 ツルギ山 大畑道
 今回の旅は、津軽・南部の沿海の地誌と海防状況の調査を志しているので内陸に入らないつもりであったが、恐山だけは例外であった。
点在する供養塔や五智如来、不動堂等は勿論、連続する地獄も多くを回った。あまりに多いので図には「地獄多し」と記された。
一方、同じ時期に描かれた『奥州名山図譜』にも宇曽利山=恐山の巽面図には地獄名が克明に記されているのでこれも見ておきたい。
ただ残念ながら全体図はいい写真が得られなかった。中心部を区切り取って拡大してみたのでこれを読んでいただきたい。


  
左頁中心部拡大           (画面上クリックで拡大)          右頁中心部拡大
 見終わってからの武四郎の恐山評価は「山中に種々の奇怪を説れども、何れも浮屠氏の妄説にして信じがたし」であった。「此地獄回りの間はいかにもおかしき因縁を説て却て此の如く地蔵尊垂跡の霊地を汚す事ぞかなしむにも余り有べし」とも言っている。

柿サキ 宿(野)部 桧川 フジサワ イタヤノ木サキ ダイバ コマ内村 八幡社 川内村 多善寺 氏神 願成寺 ダイバ 浜中
 川内村は「人家三百五、六十軒。寺院三ヶ寺、氏神社、各美々敷建たり。此村内にも土着の士分凡十二、三軒も有」る所であった。
柿サキは「松前家先祖信広公は此村より船を求て彼地に渡りし由。故に今に彼家は螺崎を姓として連枝に其氏を名乗もの多し」

ツガル地 新田村 木ナミ村ニ下ル 瀬ノ村 牛滝山〇〇ヨリ行 脇ノ沢 〇山 加持水 明神社 小沢村
 脇野沢「人家二百二、三十軒。船問屋、桧山師、漁師、松前出稼人等入交りにして繁華の湊なり。又土着の士も五、六人有るよし」

焼山 九艘泊村 琵琶石 ダイバ 〇入 牛滝山こし此辺也 鮹田村 ツルギシマ 舎利ハマ 木ナミ村 弁天ジマ 新田村 砲台
九艘泊は良湾で、昔大風雨のあった折近村の船は破砕したけれど、ここへ入った船九艘は無難であったから村の名としたものである。 
 
左頁:福浦崎  〇〇  〇〇水  極楽浜  福浦エ下ル  十三仏 
右頁:大野平  寺ノ下村  牛滝村  地蔵堂  ツブシ石  小荒沢  源土代ヘ下ル  武士泊  焼山
 日も暮れかかり、源土代村で民家に泊めてもらった。米というものはなくて、稗は糠をとらないまま食べている。その夜我に着せてくれた夜具は麻布団に麻の屑を入れたものでたいへん重く、冷たい。下は熊の皮を敷いてくれたので温かい。
 
ダイバ  釜前  磯矢村  材木石  コマダイバ  長後村  トイ砲台  福浦
 福浦村から長後村まで山越えの道が遠いので、船を雇いたかったけれど、みな鮑取りに出払ってダメ、やむなく歩くしかなかった。

左頁:材木村  高〇サキ  原田村  黒岩川  伊勢堂  長福寺 
右頁:矢根森八まん  佐井湊  岡弁天  藤兵衛山  テヨシマ  矢越村  日和山  権現サキ  ダラダラ  ハマナカ
 佐井湊は人家二百二、三十軒。千石以上の船は五、六艘、六、七百石位の船は二十艘も入る事が出来る。「実に大富湊成べし」
2019.11.16 UP