2019年9月~
「武四郎トピックス」を再開します。
ウエブニュース、武四郎関連の新聞記事、松浦武四郎記念館の動向、「武四郎を読む会」、「記念館友の会」の活動等の話題を拾っています。
 ■■■■■■■■■■ 2019.11.29 ■■■■■■■■■■
中日新聞(11/29)

武四郎とアイヌいざPR 松阪市が札幌大、短大学部と連携協定

 松阪市は二十七日、松阪出身の幕末の探検家で北海道の名付け親の松浦武四郎や、武四郎が親交を深めたアイヌ民族の文化を広めようと、札幌市の札幌大と同大女子短期大学部と連携協定を結んだ。昨年の武四郎生誕二百年の記念事業による盛り上がりを継続させ、札幌大でアイヌ文化を発信している「ウレシパクラブ」の学生など若い世代にも偉人に関心を持ってもらう考えだ。

 協定では武四郎とアイヌ文化の調査研究や、毎年二月に松阪で開かれる「武四郎まつり」での連携を盛り込んでいる。二〇一八年には松阪市の武四郎記念館の主任学芸員山本命さん(43)が札幌大で講演したり、今年二月の武四郎まつりではウレシパクラブの学生がアイヌ古式舞踊を披露したりするなど、市と札幌大は交流してきた。

 札幌大であった締結式では、竹上真人市長と大森義行学長が協定書を交わした。竹上市長は「武四郎とともに松阪も知ってもらえるよう連携を深めていく」とあいさつ。武四郎は開拓精神が旺盛で、大森学長は「武四郎の心は札幌大の建学の精神につながるところがある。私もぜひ松阪市を訪ねたい」と話した。

 北海道命名百五十年目で生誕二百年の昨年度、武四郎記念館の来館者は一万七千七百八十三人で、二〇一六年度以降増えている。締結式に同行した山本さんは「記念事業で終わらせるのではなく、次につなげていく」と期待した。

 式後、竹上市長と山本さんによる講義もあった。山本さんは「卒業論文で武四郎に関わる資料の活用を考えている学生もいてうれしかった。幅広い世代が興味を持つようにPRできれば」と語った。

 ■■■■■■■■■■ 2019.11.22 ■■■■■■■■■■
札幌大学から「三重県松阪市と連携協定を締結します」というニュースが発信されました。

三重県松阪市と札幌大学・札幌大学女子短期大学部は、相互に連携し、地域の歴史、有形や無形の文化を尊重し、その継承を担う優れた人材の育成と、歴史・風土の研究や文化の振興に寄与することを目的に連携協定を締結します。
松阪市は江戸時代から栄えた商業の町で、観光資源となる城郭や武家屋敷など多くの歴史的文化財もあり、三重県の重要な経済拠点の一つとなっています。伊勢國須川村(現松阪市)で誕生した松浦武四郎も、郷土の偉人として讃えられる重要な人物の一人です。武四郎は「北海道の名付け親」としても全国的に知られており、6度にわたって行われた北海道(蝦夷地)の調査を通じて、アイヌ民族とも交流を深めていました。北海道に縁の深い武四郎生誕の地である松阪市では、三重県や北海道と協力し、探検家、地誌学者、作家としての武四郎の功績を伝える取り組みを行っています。2018年には、松阪市にある「松浦武四郎記念館」の学芸員の方を、ウレパクラブ主催の「ウレパ・フェスタ」にお迎えし、本学で講演を行っていただいたほか、今年2月には、武四郎生誕200年の節目の開催となった「第24回武四郎まつり」に、本学の教員やウレパクラブで活動している学生が協力するなど、同市と本学は交流を続けてきました。
このたびの協定締結により、武四郎の人物像や功績を多くの人に発信する活動に取り組む同市と、アイヌの歴史・文化に関する教育研究を行う本学が相互に連携し、武四郎や武四郎に関わる北海道の歴史、アイヌ文化のさらなる調査研究、幅広い世代への教育、また催しなどでの文化交流に取り組んでまいります。
連携事業の概要

  • 松浦武四郎や武四郎に関わる北海道の歴史及びアイヌ文化の調査研究と多世代への教育
  • 松浦武四郎記念館を中心とする武四郎まつりなどにおけるアイヌ文化の交流
  • その他松浦武四郎及びアイヌ文化に関わる事業について連携した取り組み
  • なお、本協定締結にかかる調印式を下記のとおり実施いたします。
    松阪市と札幌大学・札幌大学女子短期大学部との連携に関する協定調印式
日時 2019年11月27日(水) 12:20~
場所 札幌大学第一会議室(中央棟2階)
出席者 [松阪市] 竹上真人 松阪市長
[札幌大学]大森義行 札幌大学学長
 札幌大学のニュースリリース
https://www.sapporo-u.ac.jp/news/img/20191120_matusakarenkei.pdf
************************************************************
■■■■■■■■■■ 2019.11.17 ■■■■■■■■■■
福島民報(2019.11.17)の記事から

河治和香さん「がいなもん 松浦武四郎一代記」受賞 中山義秀文学賞


 優れた時代・歴史小説を顕彰する第二十五回中山義秀文学賞の公開選考会は十日、白河市の白河市立図書館で開かれた。受賞作に河治和香さん(東京都在住)の「がいなもん 松浦武四郎一代」(小学館)が選ばれた。

 中山義秀顕彰会(会長・鈴木和夫市長)の主催、福島民報社など後援。「がいなもん 松浦武四郎一代」は蝦夷(えぞ)地を何度も踏査した探検家・松浦武四郎を描いた作品。アイヌと深く関わり、北海道という名を考案したとされる。選考委員からは松浦を取り上げた新鮮さと、巧みな組み立てなどが評価された。

 今回は二十八作品の応募があり、一次、二次選考を経た「がいなもん 松浦武四郎一代」と「麒麟児(きりんじ)」(冲方丁著、KADOKAWA)、「酔象の流儀 朝倉盛衰記」(赤神諒著、講談社)の三作品が最終の公開選考会に残った。作家の高橋義夫さん、中村彰彦さん、朝井まかてさん、文芸評論家の清原康正さんが選考委員を務めた。会場には文芸ファン約二百人が訪れ、選考委員の鋭い、辛口の批評に聞き入った。

 河治さんは「『私の小説は文学じゃなくてただの歴史読み物?これじゃ駄目なのかな?』と自信のないまま書き続けてきたので、受賞はとてもうれしかったです。読者の皆さまや、いつも周囲で支えてくださる方々に改めてお礼を申し上げます」とコメントを寄せた。

 文学賞の贈呈式は来年二月一日、白河市立図書館で行う。賞金百万円と義秀の古里白河市大信産のコシヒカリ一俵が贈られる。河治さんが記念公演する。

 ■■■■■■■■■■ 2019.11.09 ■■■■■■■■■■
記念館の展示替えのニュースがあったので、散歩がてら取材してきました。今回の展示テーマは「武四郎の古物収集」です。期間は2019.11.6~2020.01.26。
今回の展示の内容は下掲の一覧の通りであるが、その中で特に目を引いたのは「雪月花石」である。武四郎はいろんなものを集めているが、奇石・珍石もその一つで、近々刊行される『東奥沿海日誌』でも石の話題が何回も出てくる。若い頃からの趣味であった。蒐集は数百点に及んだが、残っているのはこの3個の石だけらしい。雪石は日光山大谷川で拾ったもの、月石は北海道ユウベツ川で拾ったとある。花石は友人の田崎艸雲から贈られたものだ。それぞれに合った飾り台まで作っているのだから捨てたとは思えない。どこかからヒョッコリ姿を現すかもしれない。 
 
 ■■■■■■■■■■ 2019.11.07 ■■■■■■■■■■
「47ニュース」にて、伊勢新聞の、<「文化財保護の先駆け」 武四郎の古物収集展示 松阪の記念館>という記事が配信されました(2019.10.07 10:00)。

【松阪】松浦武四郎記念館は6日、三重県松阪市小野江町の同館展示室で企画展「武四郎の古物収集」を始めた。会期は来年1月26日まで。
 同所出身の松浦武四郎は幕末明治の探検家で、北海道の名付け親として知られるが、古物収集家としても有名。収集品の図録「撥雲余興」を明治10年に出版し、自宅で毎月1回、研究会「尚古会」を開いている。
 同展では6世紀の新羅の「信興王定界碑拓本」、尾形光琳や吉田兼好とされる書画など武四郎が集めた29点を出品している。
 珍しい石も集め、雪、月、華の模様が入った北海道や栃木県の黒曜石3個がある。珍しい石があれば送ってほしいと実家にあてた武四郎の手紙を展示している。数百個集めたが、残っているのは展示品だけ。
 コレクションを散りばめた「武四郎涅槃(ねはん)図」の実物や、全国の寺社の古材を集めて組み立てた一畳敷、古代のヒスイの勾玉(まがたま)などで作った大首飾りの複製を展示している。
 山本命主任学芸員は「廃仏毀釈(きしゃく)の中、保護されるようになったら元の所へ返す、物好きで集めているのではないと武四郎は書いている」「本物かどうか分からないものもあるが、文化財保護、考古学の先駆け」と解説している。
 入館料は一般310円、6歳以上18歳以下200円。

 ■■■■■■■■■ 2019/11/01 ■■■■■■■■■■

YAHOOニュースにて、三重TVの、「北海道」の名付け親・松浦武四郎の知られざる幕末交流という記事が配信されました。

10/31(木) 12:54配信 三重県松阪市の松浦武四郎記念館では、「北海道」の名付け親・武四郎の知られていない幕末の交流に焦点を当てた展示が行われています。
 武四郎は、幕末から明治維新という激動の時代を生きた探検家で、蝦夷地と呼ばれた北海道の開拓やアイヌ文化の保存に務めました。
 今回の企画展では、武四郎が多くの幕末の志士らと交流しながら、影響を与えあった姿を紹介し、武四郎の志士としての一面を見ることができます。
 会場には、吉田松陰が武四郎を紹介するために書いた手紙や、黒船で日本に開国を迫ったペリー一行の行動を探った武四郎の様子がわかる「下田日誌」など、国の重要文化財を含む約40点が展示されています。
 この企画展は、11月4日まで開かれています。

 ■■■■■■■■■■ 2019.10.08 ■■■■■■■■■■
「松浦武四郎記念館」HPに「第20回 北海道法人会 女性部会 全道大会 記念講演会で主任学芸員が講演いたします」という記事が出ています。

10月18日(金)開催される第20回北海道法人会女性部会全道大会記念講演会で、当館主任学芸員の山本命が松浦武四郎についてお話させていただきます。入場無料となっていますので、ぜひご参加ください。会場は北海道札幌市の札幌パークホテルで、16:00より開催予定です。申し込み締め切りは10月10日(木)となっています。申し込み方法や会場など、詳しくは 第20回北海道法人会女性部会全道大会記念講演会チラシをご覧ください。
記念講演会_案内チラシC_1010.pdf へのリンク

■■■■■■■■■■ 2019.10.05 ■■■■■■■■■■
「伊賀タウン情報ユー」に「歴史探訪15年で28作 立野さん」という記事が載りました。

歴史講座で訪れた関西周辺のスポット約1千か所の解説や感想を15年間にわたっ8て記している、名張市百合が丘東5番町の立野清さん(81)の著作「歴史探訪集」が、最後となる28作目を迎えた。【これまでの著作を前に第28巻を披露する立野さん=名張市百合が丘東5で】

 65歳で退職後、打ち込めるものを探していた時、三重県年金受給者協会が開いていた歴史探訪講座に出会い、受講することに。訪れた場所で聞いた学芸員の話や、現地で入手したパンフレットなどで見聞きしたことをまとめてきたが、講座が今年3月で終了した。

 特に思い入れのある場所は、「北海道」の名付け親として知られる松浦武四郎記念館(松阪市)や、津波除けの大堤防を築造し町を守った実業家・濱口梧陵の出身地・和歌山県広川町などで、さまざまなドラマが垣間見える人物のゆかりの地が印象的だったという。

 立野さんは一連の著作を通じ、「仏とは何か、墓と人間の関係性についてなど、文化的なことや、生活と歴史文化財保存の両立の難しさなども感じてもらえれば。また、索引を見て興味のある所を探して読んで頂き、新しい発見があればうれしい」と話している。

 同著作は28巻全て、名張市立図書館(同市桜ケ丘)の郷土資料室、市子どもセンター(同百合が丘西5)2階の図書資料室、百合が丘市民センター(同)で閲覧できる。

 ■■■■■■■■■■ 2019.10.01 ■■■■■■■■■■
「朝日新聞2019.10.01」に「三重)松阪市にアイヌ政策交付金 文化振興に308万円」という記事が載りました。

 5月施行の「アイヌ施策推進法」に基づく初めての交付金を、三重県松阪市を含む全国13市町に交付すると、政府が30日発表した。松阪市は、地元出身の幕末の探検家で北海道の名付け親になった松浦武四郎(1818~88)にまつわる文化振興事業を提案。北海以外の自治体で唯一、交付対象に選ばれた。

 国は今年度予算で10億円を計上。うち約6億6千万円を今回、第1弾として交付する。松阪市は、毎年2月の「武四郎まつり」でのアイヌ古式舞踊の披露などと、松浦武四郎記念館でのアイヌ文化に関連した特別展「蝦夷(えぞ)漫画の世界」の開催を地域計画として国に申請し、認定された。交付額は、総事業費の8割に当たる308万7千円。

 市三雲地域振興局によると、これまでの武四郎まつりでは、実行委員会がアイヌ民族文化財団から助成金を受け、アイヌの人らを招く旅費などに充てていた。だが、次回の申請では「事業多数」を理由に不採択となり、経費をどう負担するかが課題になっていた。このため、今回の交付決定について同局の蒲原智之課長は「困っていたところで、渡りに船」と喜ぶ。

■■■■■■■■■■ 2019.09.25 ■■■■■■■■■■

「十勝毎日新聞電子版」に「松浦武四郎の探査記出版 芽室の加藤さん」という記事が載りました。

 【芽室】町在住の加藤公夫さん(73)が、北海道出版企画センター(札幌)から「松浦武四郎の釧路・根室・知床探査記」を出版した。武四郎が江戸幕府に報告した釧路、根室、知床に関する記述を現代文に書き改めた。 加藤さんは「めむろ歴史探訪会」の会員で、「松浦武四郎の十勝内陸探査記」など13冊の著書がある。道職員として20代初めから根室管内別海町や根室市などに18年間勤務した経験があります。

■■■■■■■■■■ 2019.09.25 ■■■■■■■■■■
「松浦武四郎の足跡とアイヌ語地名を辿るモニターツアー」という案内が出ています。
松浦武四郎の足跡とアイヌ語地名を辿るウォーキングを中心とするモニターツアーです。モデルツアーとして、松浦武四郎の十勝日誌に記述されたコースのうち旭川市神居古潭(約3km)と美瑛町ー上富良野間((約20km)で実施します。松浦武四郎は全道を旅していますが、そのガイドはいつもアイヌの人々であり、当時の地名はほぼアイヌ語でした。
アイヌ語地名は名前の示す場所の特徴を具体的に説明しています。ガイドによるアイヌ語地名の解説と地形を照らし合わせ、松浦武四郎の旅に思いを馳せながら歩いてみませんか。2日目、20kmは無理という方は途中からバスにお乗りいただくこともできます。北海道観光振興機構の「令和元年度地域の魅力を活かした観光地づくり推進事業」の支援を受けているため、往復バス代、ホテル代(朝食付き)、ガイド代、保険代等含み定価の半額程度で参加していただけます。
■■■■■■■■■■ 2019.09.19 ■■■■■■■■■■
佐藤圭さん(写真家)が「西暦2019年と北海道命名150年を表す「今年の山」からの絶景!」という記事を書いてみえます。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67296

令和元年、2019年も残り3ヵ月となりましたが、2019年の「今年の山」として推したい山があります。大雪山の緑岳です!理由は、緑岳の標高です。なんと今年の西暦と同じ2019m!・・・また、緑岳は、幕末に蝦夷地を探検し、「北海(加伊)道」の命名者としても知られている松浦武四郎にちなんで、「松浦岳」とも呼ばれています。今年は、「北海道」命名から150年めの年でもあるので、ダブルで記念の山ということになりますね。

■■■■■■■■■■ 2019.09.23 ■■■■■■■■■■
https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/1176038101220655104
「こりん」さんが「関所を越える松浦武四郎」という切り絵を作ってみえます。
■■■■■■■■■■ 2019.09.24 ■■■■■■■■■■
http://fanblogs.jp/sakurabunama/archive/812/0
「自転車通行ガイド」さんが「名寄市・松浦武四郎ライド2019に参加してみた。その2」というブログ記事を書いてみえます。
前回の松浦武四郎ライド2019その1の続き。風っこそうや号を見送った後は目的地の下川町方面へすすむ。すぐに河川敷らしき道路に入った。名寄市でもこういった道がちょっとだけあるようだ。・・・休憩が終わって再出発。来た道を戻る。途中下りきったところでガイドの人が足を止めた。どうやらここに松浦武四郎がこのあたりを散策した時の野営地跡があるようで、「松浦武四郎野営之地碑」があった。
△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
2019.09.23 http://fanblogs.jp/sakurabunama/archive/812/0
「自転車通行ガイド」さんが「名寄市・松浦武四郎ライド2019に参加してみた。その1」というブログ記事を書いてみえます。
旭川市から車で1時間30分ぐらいのところに名寄市という街がある。旭川と同じく内陸部に位置し冬の最低気温は旭川市よりも下回る。道北圏内では旭川市につぐ規模(ただし人口は旭川市の34万に対して2万3千人程度)の中核地である。その名寄市では昨年、北海道命名150年にあたり北海道の名付け親「松浦武四郎」の足跡を自転車で巡る地域初のガイドライドイベントが行われた。好評に付き今年も開催となったもので、知人から「去年のは良かった」という情報と当初は仕事と重なりダメだったが、天候不良により土曜日開催が順延して日曜日開催になった2点から参加してみることにした。
 ■■■■■■■■■■ 2019.09.01 ■■■■■■■■■■
「ユリイカ」2019年8月号は「総特集=松浦武四郎」という臨時増刊です

松浦武四郎は一八四五年(弘化二年)から一八五八年(安政五年)まで六回にわたり、東西蝦夷地(北海道)、北蝦夷地(サハリン)、国後、択捉を探検し、和人のアイヌに対する収奪をふくめ、蝦夷地の姿をつたえた。一八六九年(明治二年)に開拓判官となり、北海道名や国郡名を選定したが、政府のアイヌ政策を批判して翌年辞任した。探検家、地誌学者、作家、蒐集家など様々な顔を持つ幕末の偉人の業績をあらゆる角度から描く。

【目次】

松浦武四郎 『蝦夷漫画』 解説=佐々木利和 

【対談】

河地和香+山本命 「奇人?変人?偉人?! 放談・松浦武四郎」 

【インタビュー】

秋辺日出男 「必修科目としての松浦武四郎」

角幡唯介 「探検とジャーナリズム」

【エッセイ・論考】

池澤夏樹 「「北海道」命名一五〇年 汗と涙の歴史に思う」

高橋源一郎 「未来から来た人」

若泉久朗 「永遠のニシパ」ドラマ制作ノート

奈良美智 「武四郎語り イタコの口寄せによる」

三浦泰之 「「見る」、「集める」、「伝える」の三つのキーワードでひもとく松浦武四郎の生涯」

五十嵐聡美 「武四郎は絵が上手いのか。」

内川隆志 「松浦武四郎の大首飾り」

成澤麻子 「静嘉堂所蔵 松浦武四郎旧蔵古物コレクション」

太田光俊 「旅の巨人松浦武四郎を育んだ三重」

山本命「武四郎の少年期」

杉山四郎 「松浦武四郎の碑」

谷本晃久 「北方史研究における武四郎資料の意義」

宮地正人 「松浦武四郎と幕末維新研究」

野澤緯三男 「秋葉實頌」

鈴木邦輝 「ふたつの『天塩日誌』をめぐって」

花崎皐平 「松浦武四郎像の変遷とアイヌ民族観をめぐって」

大塚和義 「19世紀中葉以前におけるアイヌの通過儀礼」

山本命 「松浦武四郎略年譜」

河治和香 「武四郎人生双六」