富岳頂上おはち廻りの図  刊本『丁亥後記』挿絵


稿本『丁亥後記』

 武四郎は実子いしを明治六年に失い、その後養子とした亀次郎(甥・圭介の次男)も病で亡くした。「まさ」は明治十六年に福岡から引き取ってきた娘で、養女として知人の江尻宿・望月家に嫁がせたが、産時の不調のため明治二十年八月十日に亡くなってしまった。八月二十七日に行われる三七日の法要に間に合わせるよう出かけるのであるが、その前に富士登山をする。下山後、江尻に至り、まさの葬られた寺の印象を悪く記し、位牌を名高い清見寺に頼むことをやっているが、はたして江尻家との合意であったかどうか、疑問が残る。武四郎には物事を両極端に判断し、回りの状況を無視して自分の判断を優先させる一面がある。家族、家郷の人びと、友人・知人の間で軋轢や悶着を生じることもあった。ここも自分の思いを押し通す強引さが出た感じがある。

 稿本『丁亥後記』は八月二十一日出立、二十九日帰着の九日間の旅行日誌である。概略次のような内容を記す。

 自分が富士山に登ったのは十九歳のときであったが、村山口の方を経験してないので、もう一度登りたいと思っている。中野松平と約束していたが、江尻へ嫁にやった娘まさの死去があって出立は八月二十一日となった。新宿、角筈、幡ヶ谷等経て八王子駅に着いて甲州街道をとることとする。新道も出来ている。小原駅まで東京から十六里。ここにて泊まる。二十二日。古道、新道、馬車道等道を選びながら、与瀬村、吉野駅、関野駅、上野原駅、鶴川駅、野田尻駅、犬目駅、鳥沢駅、猿橋駅を経て大月駅に着いて宿る。新道のぬかり道に疲れてしまった。二十三日。甲州街道をはずれ谷村街道に入る。吉田宿に至り、浅間社を見学して回る。
 二十四日。木暗い内に出立。朝風が身に染む。一合目、鈴原大日堂。二合目、御室浅間社。三合目に三軒茶屋あり。四合五勺、御座石浅間。五合目以上は風がきつくなってくる。五合五勺、沙ふるい。六合目に小屋なし。六合五勺、鎌岩。七合、七合三勺に室堂あり。眺望を楽しむ。八合目は甲州駿州の境。九合目、迎薬師。登るにつれてきつくなり、四這いになって進む。頂上に至って、おはち巡りもする。二十五日。ご来光を拝して下山にかかる。道普請を理由に銭を取る者がいる。九合目あたりは険路であったが、六合目あたりから穏やかとなる。五合目に中道回りの休所がある。五合目から四合目にかけてけなしである。一合目に近くなって空沢にかかる橋が朽ちていて落ちてしまった。一合目、八幡宮、村山浅間社。万農原を右に見る。大宮に着いて桜岳なきあとの佐野家を訪う。夜、泊まることになった旅籠屋で下山の速さに警察から不審がられる。
  二十六日。富士川を越え、川越、蒲原を経て一時頃に江尻に着く。江浄寺に墓参するも印象が悪い。二十七日。朝から記念分け。清見寺で施餓鬼を挙行。中泉庄平の牌もあり、不思議な因縁を感ずる。二十八日。未明出立。富士川を越えて新道口にて昼食。そのまずさ堪え難し。三島の秋山氏宅にて茶漬けを振る舞われ、美味に感動する。山中村水戸やに泊まる。二十九日。未明出立。国府津停車場に十二時に着き、汽車にて横浜に着く。四時過ぎ新橋。五時前に帰宅した。
 旅中懐に入れて持ち歩き、あるいは稿本を書くに当たって彼が参考にした案内記は種々考えられるが、特に『富士山道しるべ』を頻りに用いている。本文中、山や街の方角について記す所があるが、これは方位計をもっていて測ったわけではなく、ここからの引用である。「中道巡り」の所は全文この案内記からの引用である。


 この稿本は、白表紙、仮綴。外題「丁亥後記 全」、内題「丁亥後記」。序跋無。十九丁からなる。表紙に「明治二十年七十歳/八月廿一日(旧七月三日)/廿九日畢之/富士登山記」と墨書されている。この稿本も長く東京松浦家に保存されていたが、国文学研究資料館寄託を経て現在は松浦武四郎記念館所蔵となっている。

2017.05.10UP