*『聖跡二十五霊社順拝双六』は従来明治19年出来とされているが、『乙酉紀行』四月三十日条に、道明寺天満宮 ・佐田天満宮の祠官に「双六」3部ずつを贈った、とあるので、乙酉の旅に出るまでの明治18年初め頃には刊行されていたと思われる。
*『聖跡二十五霊社順拝双六』はこちらから→http://sada.la.coocan.jp/ta/sugoroku/sugoroku.htm
*稿本『辛巳紀行』によれば下記の他に次の天神・天満宮を検討したことが分かる。生津の天神 三本松の天神 梅塚天神 尾の上の天神(飾磨天神とも) 裳掛天神 八島の東天神・西天神 大天神   長尾天満宮 川口の天満宮 西二見天満宮 大雲寺の天満宮
*「太宰府天満宮への奉納大神鏡」の背面には47の天神名が記されている。稿本『辛巳紀行』によれば瀬戸内・九州への旅から戻り、明治14年5月18日に京都の鏡匠金森弥助宅に寄っているので、この時に背面に何を記すのかを指示したものと思われる。『聖跡二十五霊社』の成案ではなく検討中のものであった。
     http://sada.la.coocan.jp/ta/dazai/dazai.html
*表中「参詣・小神鏡奉納・建標の記録」はそれぞれの年の旅日誌(松浦武四郎記念館から刊行)による。
*旅日誌の概略はこちらから→http://sada.la.coocan.jp/ta/igi/tabi-itiran.htm
明治10年代の旅日誌→12年『己卯記行』 13年『庚辰紀行』 14年『辛巳紀行』 15年『壬午游記』
  6年『癸未溟誌』 17年『甲申日記』 18年『乙酉紀行』 19年『丙戌前記』 20年『丁亥前記』
稿本『辛巳紀行』 聖跡二十五霊社順拝双六 参詣・小神鏡奉納・建標の記録
明治12〜20年の旅日誌(稿本)による
太宰府天満宮への奉納大神鏡
天神・天満宮名 番号 天神・天満宮名 番号 天神・天満宮名 番号 
菅元院天満宮 第1番 菅元院天満宮 第1番 14.04.15参詣。 菅原院 第一 
錦天神 第2番 錦天満宮 第2番 14.04.17参詣。
19.04.20参詣。
錦天神  第二 
菅天神 第3番 菅大臣神社 第3番 14.04.18参詣。
19.04.20参詣。17年に奉納した小神鏡は盗難に遭ったと聞く。
20.04.01参詣。石標を点検する。
菅大神  第三 
吉祥院天神 第4番 吉祥院天満宮 第4番 14.04.20参詣。
17.05.17小神鏡奉納と建標につき江尻の望月氏と相談。
18.04.18参詣、小神鏡奉納。
19.04.18参詣、石標について談ず。
吉祥院  第四 
          醍醐天神   
長岡天満宮 第5番 長岡天満宮 第5番 14.04.21参詣 長岡天神  第五 
    腰掛天神社
(離宮八幡宮)
番外 12.04.10離宮八幡宮に参詣。
14.04.21離宮八幡宮の傍らから鉄道建設にあたって移転させられたのを嘆く。
腰掛石天神   
    菅原天満宮 番外 12.04.13参詣。
19.04.29遠望。
菅原天神   
長谷与喜山聖廟 第6番 与喜天満神社 第6番 18.04.10参詣、小神鏡奉納。丸山氏に建標のことを依頼。 与喜山天神  第六 
吉野大威徳天神 第7番 威徳天満宮 第7番 12.04.17参詣。
18.05.11参詣、小神鏡奉納、建標。
威徳天神  第七 
河内国道明寺 第8番 道明寺天満宮 第8番 14.05.25参詣。
17年(月日不明)奉納・建標(『乙酉紀行』18.05.08記事)。
18.04.30道明寺神官に「双六」3部を送る。
土師神社  第八 
蹉跎山天満宮 第9番 佐太天神宮 第9番 14.04.20参詣。
18.04.30佐田神官に「双六」3部を送る。
19.04.22祠官三森越十郎に石標の件を頼む。
20.04.03参詣、石標確認。
佐田天神  第九 
          川口天神   
          生津天神   
大坂天満天神 第10番 大阪天満宮 第10番 14.04.26参詣。
17.05.17小神鏡奉納と建標につき江尻の望月氏と相談(『庚辰紀行』記事)。
天満天神  第十 
    綱敷天神社 番外 14.04.28参詣。    
大坂曽根崎
露天満宮
第11番 露天神社 第11番 14.04.26参詣。 露天神   
福島天神 第12番 福島天満宮 第12番 14.04.26参詣。
18.05.06参詣。
福島天神  十一 
    長洲天満宮 第13番 14.04.27参詣。
15.04.16参詣。
17.05.14豊橋の太古に当社への小神鏡奉納について頼む。
18.05.03参詣。神官に神鏡を渡す。奉納を悦ぶあまり大騒ぎとなる。
長洲天神  十二 
          生田天神   
須磨綱敷天神 第13番 須磨綱敷天満宮 第14番 14.04.27参詣。
19.04.25参詣、石標確認(丙戌前記)。
須磨天神  十三 
大倉谷休天神社 第14番 休天神社 第15番 14.04.27参詣。
17.04.23参詣。祠官を訪ね、小神鏡奉納につき頼み請取書を取る。
18.05.03参詣。神官貴答氏に建標の事につき頼む。
明石休天神  十四 
          二見天神  
          安田天神   
播州曽根天満宮 第15番 曽根天満宮 第16番 14.04.28参詣。
17.04.24参詣。
18.05.04参詣。祠官曽根稲彦を訪う。
曽根天神  十五 
    大塩天満宮 第17番 *腰懸石天満宮、桧笠天神とも。
14.04.28参詣。
17.04.24参詣。
18.05.04参詣。
   
          的形天神   
          飾磨天神   
          津田天神  十六 
          家島天神   
讃州高松
帝釈院天満宮
第16番     *北向天満宮とも
14.05.15参詣。
北向天神   
          大天神  十七 
          釣浦天神   
讃岐国滝宮天満宮 第17番 瀧宮天満宮 第18番 20.04.09参詣、石標確認。 滝宮天神  十八 
          中間天神  
          菅原友井社  
尾道
御袖天満宮
第18番 御袖天満宮 第19番 14.05.01参詣。
19.04.27祠掌河野氏に出会。石標の事を談ず。
20.04.27参詣。
御袖天神  十九 
          二十市天神   
          桑原天神  
そば天満宮 番外     14.05.03条に挿絵あり。    
厳島天満宮 第19番 厳島神社天神社 第20番   厳島天神  二十 
    防府天満宮 第21番 松崎神社、松崎天満宮、宮市天満宮とも。
15.05.05参詣。
20.04.13参詣。祠官御手洗氏を訪う。
宮市天神  廿一 
          若松天神   
筑紫福岡
水鏡天神社
番外     14.05.05参詣。    
第20番(該当なし)          
博多綱場天神 第21番 博多綱場天満宮 第22番 14.05.07参詣。 綱場天神   
          水鏡天神   
    衣掛天神社 番外 14.05.09参詣。 衣掛天神   
    榎社 番外 14.05.08参詣。    
筑前天拝山 第22番 天拝山 番外 14.05.08参詣。 天拝山天神 廿二 
太宰府天満宮 第23番 太宰府天満宮 第23番 14.05.08参詣。
19.05.18参詣。
太宰府天神  廿三 
上宮天神 第24番 上宮天満宮 第24番 14.05.18参詣。
18.04.25参詣。
19.04.22参詣。石標について談ず。
上宮天神  廿四 
(北野天満宮) 第25番 北野天満宮 第25番 14.04.26参詣。 北野天神  廿五 
上記のように、初案は明治14年辛巳の旅に出るにあたって作られた、いわば机上プランのようなものであった。その後14〜17年の旅による実地の吟味を経て、17年末には成案を得、18年初めに『双六』の形で発表した、と推測される。初案と成案の間に異同があるが、これは天神社・天満宮側の諸事情や武四郎の見込み違いがあったからである。
天神社・天満宮側の反応について『乙酉紀行』五月三日条には、つぎのような記述がある。
「此二十五拝神鏡奉納に行しに、其神主また村方にて悦ぶも有、何か面倒そう、御初穂も、も少しもがなとの風も有。実に人心はあさましきものにこそ有。是には追々議論も有れどもまたさし響く方もあればしるさず。」 

2016/05/20作成 2020.01.27更新