武四郎年譜

1.「遊歴の時代」へ

2.「北の大地」へ

3.「明治となって」

慶応から明治へ

 慶応三年(1867)十二月九日、十五代将軍慶喜は京都において大政を奉還した。この年の年末の世情を武四郎さんの自筆日誌で見ると、「芝居町打ちこわし」「夜播新へ強盗おし入」「妻恋坂火事」「会桑両藩の入京を禁ず」「庄内兵江戸を囲む」「渋谷へ浪士集る」等々とある。大晦日には「世間実に騒々敷なり」と記されて日誌も終わりとなっている。
 翌慶応四年(九月に明治と改元)四月、維新政府は蝦夷地経営のため箱館裁判所を設置、閏四月にこれを箱館府と改称した。このとき武四郎さんは、蝦夷通のゆえをもって箱館府の判事に任じられた。現地組ではなく、政策立案にあたる在京の行政官である。
 蝦夷地開拓が本格化するのは、七月に箱館府が開拓使となってからである。開拓使になったとき、武四郎さんは開拓主典、ついで開拓判官となっている。判官とは今流に言えば、事務次官か局長級の高級官僚である。『開拓使事業報告』という資料によれば、明治二年創立当時の開拓使長官の年俸は七百石、次官は五百石、判官は三百四十石であったから高給取りでもあった。相変わらず在京であった。東京詰めの重要性について右記『報告』は「開拓草創ノ際官省稟議ニ渉ル者多ク且ツ器具糧食其他日用一切ノ物品概ネ皆給ヲ東京ニ仰ザルハナク・・・加ルニ開拓長官文武ノ要職ヲ兼常ニ東京ニ在リ因テ其指令等弁理伝達ノ所トス」と記している。当初は現地よりも重要な指令所的な役割を果たしていたのである。

道名・国名・郡名を撰定

 武四郎さんが開拓使で手がけた仕事は、道名・国名・郡名を撰定することであった。道名については『蝦夷地道名之儀勘弁申上候書付』を上申して、「日高見道・北加伊道・海北道・海島道・東北道・千島道」という六つの案を歴史的、地理的論拠とともに示した。
 例えば、「北加伊道」については(以下意訳)「土地の人たちは自分たちの住んでいる所をカイと呼び、互いをカイノーと呼んでいる。蝦夷の字を用いるけれども、それは人々の髭の長さからきているのであって、エビのイメージで考えてはならない。」と述べている。「東北道」については「古典に典拠を求めることはできないが、新井白石の『蝦夷志』に、蝦夷は東北大海中にある、と紹介されている。」と書いている。「千島道」については、西行や顕輔、清輔等の和歌も引き合いに出して論じている。
 武四郎さんが上申したのが七月十七日。政府による審議を経て「北加伊道」案が「北海道」と改字の上、採用されたのが八月十五日であった。武四郎さんは、それ以前「北海道人」という号を用いたことがあり、結果的にそれと合致したのであった。また国名・郡名についても詳細な案を出し、開拓使で多少の変更はあったものの、彼の原案通り採択された。
 道名・国名・郡名の撰定を通じて武四郎さんが願ったことは、アイヌの人たちの呼び方、ならわしを尊重しようということであった。和人には、北海道の地名は読みづらいと評判が悪いが、地名は地域住民の文化であるとの観点にたてば、優れた識見による撰定であったと言える。
 彼が開拓使にあって、更にこのような先住民重視の政策を打ち出すことができれば、その後のアイヌ民族の辛酸を少しでも和らげることができたかもしれない。
が、彼は辞職の道を選んでしまった。

突然の辞職

 武四郎さんは、誰とでもすぐ仲良くなれる社交性を持っている。と同時に一本気な正義感の持ち主でもあった。特定の商人と結託したり、役所特有の派閥を作ったりするのが特に嫌いだった。
 明治三年三月、彼は突然役所に長文の辞表を出した。開拓使初代の長官は鍋島直正であったが、すぐに東久世通禧に替わった。東久世は商人の資金力に依拠した開拓政策を採り、露骨に彼や島義勇判官(のち佐賀の乱で斬刑に処せられた人物)を煙たがったのが主因である。長官が特に商人からの願書、現地からの書状などを彼らに見せずに処理をするのに対し、「此くの如く迄も忌避させられ候に、精勤仕り居り候も詮無き儀と存じ候」と記している。武四郎さんは、場所請負制度の復活につながったり、商人の特権を認めたりする政策をとることが許せなかった。このようなことは「何分義に於いて忍び難く候間、早々願之通、御免職仰付られ候様、願上奉り候。」と辞表を締めくくっている。
 開拓使を辞した武四郎さんは、その後北海道を訪れることはなかった。各種蝦夷日誌の出版、古銭・古物収集、霊場巡り、大台登山、富士登山など悠々自適の趣味人としての日々を送っ たとされているが、残された稿本類を調べるならば、明治十年代には毎年数十日の西日本旅行を繰り返し、各地の地誌・風物・歴史を調べ、廃仏毀釈・修験道廃止令の傷痕の生々しい寺社・個人蔵の古物の一覧を作っていることが分かる。古文化研究家であったと言い得るのである。若い頃から彼は歩く事で自分を高め、磨いてきたが、老いてなおその意気は盛んであった。旅行家・探検家・登山家として一生を貫いたのである。

大台ヶ原に登る

 これも何年か前の話。中日新聞夕刊に連載された「天地秋風」の十月中旬分は大台ヶ原の特集であった。写真と文章と地図とがマッチした斬新な企画であった。連載に当たって私は担当記者から「松浦武四郎が晩年になって三回も未開の大台ヶ原に登ったのはなぜか。」という電話取材を受けた。私にとってもそれはいまだに謎で、むしろその答を聞きたいくらいであるが、そのときは「諸国の名山大岳に登るのが彼の少年時代からの夢で、死ぬまで追い続けたかったのではないか、それに大台ヶ原の景観は彼の愛した北海道のそれに一番似通っていたことが考えられる。開拓の意志については、よく分からない。」と答えたように思う。ある記録に、武四郎さんが大台登山の案内人に「わしはこの大台原山を終焉の地と定め、ここを開拓して農業を起したい。」と語ったとあるが、開発・開墾の意味で開拓の意志があったかどうか、私は疑問に思っている。私自身、二十代の頃は毎夏大台登山をしたが、大台ヶ原は開発・開墾といった人間のこざかしい営みを拒否している、と実感として感じたからである。
 石川淳氏が武四郎さんのことを「旅に於て生活する一箇の文人」と言っている。その言葉通り、融合すべき自然として大台ヶ原を選んだのであり、実利的な目的を持っていたとはどうしても思えない。乙酉(明治十八年)、丙戌(十九年)、丁亥(二十年)の各大台登山記を何度も読み返したが、大台に対する畏敬の念は感じられても、征服するとか利用するとかの意志は全く感じられないのである。

『乙酉掌記』 

 武四郎さんは明治十八年(乙酉)の春、大台ヶ原に登らんことを心に決めて、四月十四日東京を後にした。六十八歳の翁となっていた。この初登を記した『乙酉掌記』の冒頭には「大台山は紀伊・伊勢・大和三国にまたがる人跡未踏の所である。役小角も行基も空海も錫杖を入れたことがなく、つまびらかに知る人もいない。」と記している。
 二十四日、畑氏という京都の知人宅に寄って大台登山のことを告げると、「大台は人跡未通の所、毒蛇悪竜の類も多いと聞く。そんな所への登山など御老人にはいかがなものか」と猛反対。大阪の知人宅でも、上北山村出身の女中さんから山の恐ろしさを知らぬ無謀なこと、と反対されている。養子の一雄氏が大阪に勤めていたので、しばらく滞在。
 五月十二日、吉野の竹林院に至る。
 同行を望んでいた摂津国分寺の小西善導と案内役の喜助と三人揃って翌十三日出立、吉野から川上村を通って上多古(ここまでは現在の国道一六九号線とほぼ同じ)で本沢川の方に左に折れ、入之波から伯母ヶ峰に登った。 天ヶ瀬村で米、塩、鍋、斧、綱を準備し、岩本弥一郎、井場亀市といった屈強の案内役を得て出発した。道なき道を行くのでさすがの武四郎さんもかなり疲れたらしい。経ヶ峰まで来たところで大雨となり、全身を濡らし、火を焚くには枯木は濡れたために役に立たず、杖を削って燃やして暖をとったが「戦慄やまず。甚だ寒し。」という状態であった。

久しぶりの山の生活

 朝起きると靄がかかっていた。案内の者が山葵の葉、タラの芽を味噌汁や味噌煮にしてくれた。なかなかの味である。西の滝の上には大岩が重なっている。綱を木に掛けこれを下る。一息ついたところでこれをスケッチ。中の滝、東の滝も訪ねてスケッチした。シオカラ谷から日出ヶ岳に登る。巴が池のほとりで一泊。折しも五日の月が空にかかっていたので、「いかばかりのぼれる山の高ければ空ゆく月の近く見ゆらん」と詠み、桧皮に記しておいた。翌二十日も甚だ寒い。牛石ヶ原から大蛇倉、行灯倉に至る。クラとは岸壁、断崖のことである。二十一日は堂倉から二股谷に下る。笹原を分けたり、大岩を綱を頼りにすべりおりたり、散々の苦辛であった。その彼らの耳目を楽しませたのは、数多い滝、新緑中の残桜、躑躅や石楠花、小鳥の囀りであった。久しぶりの山での生活を満喫した。 三重県側に下って木津村で一泊。吉野を出てから九日が経っていた。翌朝、案内の人たちと別れ、便の山、矢口を通り、城浦で船を雇って南大台の山々を仰ぎながら長島まで行った。諸処に友人を訪ね、二十五日は小野江に泊まり、帰京は三十一日であった。以上が大台初登の記録である。

老いぬれば

 翌年、梅が散り桜も満開の頃になると、また旅の虫が動き出し、「老いぬればまた来ん年を頼まれず花咲きにけりいざ門出せん」と詠み捨てて二登に挑んだ。翌々年には三登を果たし、更に富士山にも登った。七十歳であった。
 明治二十一年二月四日、知人宅で倒れ、六日後になくなった。脳溢血であった。墓は染井墓地にあるが、彼の魂は北海道の原野と大台の山々を行き通っているのではないだろうか。

(2000/01稿。2015./09一部改稿)


武四郎年譜

1.「遊歴の時代」へ

2.「北の大地」へ

3.「明治となって」