武四郎年譜

1.「遊歴の時代」へ

2.「北の大地」

3.「明治となって」へ

 

帰郷そして還俗

 僧侶としての数年を九州で送った武四郎さんは、一転して蝦夷地をめざすこととなる。長崎出島の模様を探ったり、対馬へ烏賊釣り船で渡ったりして、「唐・天竺」に渡るてだてを探っていたものの、国禁は破れなかったのである。
 「西海雑志」に洋花の収集家として津川蝶園なる人物が紹介されている。彼は唐人とも交流があり、なかなかの情報通であった。武四郎さんは、この人物からロシアの南下政策の中で、北辺の情勢が緊迫化していることを聞いたらしい。故郷の父母が亡くなったことも彼の気持ちを転じさせたのであろう。
 ドナルド・キーン氏は『松浦武四郎北方日誌』において「およそこの時期、家を長らく留守にしていた間に(どうやら彼は家に手紙を書かなかったようである)両親が死んだ事を松浦は知らされる。」と記しているが、実のところは二十三歳から二十六歳にかけて年に一、二通は家郷に手紙を書いている。九州各地から参宮講の人々が伊勢をめざす。その人たちに幸便を頼んでいるのである。末尾には手紙を託す旨が書かれており、「この人たちに一宿一膳のもてなしをよろしく」と添えられている。武四郎さんの手紙に対してまた家郷の人々の消息が綴られて、講中の人々によって武四郎さんにもたらされたであろうから、父母の死は既に知っていた。
 故郷に帰って亡父母の法要を営み、還俗して蝦夷地を目指して新しい旅に出かけることになった。彼の足跡をたどってみると、京都・大坂に立ち寄って北陸路を通り、日本海側を北に向かっている。一見のんびりした道筋をとったのは、北前船の寄港地を巡って、恐らく蝦夷地に関する情報を集めるためではなかったかと思われる。
 この渡航の試みは、弘化元(一八四四)年のことであったが、この年は蝦夷の地を踏むことはできなかった。此の間の事情について、自伝は「如何にも江戸表にて高野長英なるものの一件にて旅人の吟味甚だしければ、詮方なく来春云々」と記している。

知床まで          

 武四郎さんは、前後六回にわたって蝦夷地に渡り探検している。初め三回は松前藩私領の時代に私人として、あとの三回は幕府直轄の時代に幕吏としてである。 前期分についての旅行日誌にそれぞれ『初航蝦夷日誌』『再航蝦夷日誌』『三航蝦夷日誌』と名づけているので、彼の各回の渡航を「初航」「再航」「三航」と言いならわしている。
 初航は、弘化二(1845)年のこと。
江差の斎藤佐八郎という商人の手船に乗せてもらって渡航、宿も厄介になった。主人の佐八郎は土地では嫌われ者で通っていたのであるが、その倅の作左衛門が文人で、旅行の途次にある墨客を歓迎し、親切に世話をしていたのである。
 当時蝦夷地は大きく四つに分けてとらえられていた。まず、松前を中心にした渡島半島の部分を松前地、または和人地とかシャモ地と言い、札幌辺から知床を結ぶ線の左上半分を西蝦夷地、右下半分を東蝦夷地、カラフトを北蝦夷地と呼んでいた。
 武四郎さんはまず西蝦夷地をめざしたが、余所者に対する松前藩の警戒は厳しく、セタナイ(瀬棚)まで行った所で追い返されてしまった。セタナイは西蝦夷地の入り口である。そこで彼は、自分の籍を江差の人別に入れ、箱館(当時はそう表記した)の請負商人白鳥新十郎や関所役人の猿田幾右衛門らと知り合いになり、和賀屋孫兵衛の手代として東蝦夷地に入り込むことができた。
 新十郎は、京都で知り合いになった白鳥雄三の父であった。幾右衛門は、沖口役といって松前藩が蝦夷地と和人地の間の通行を制限し、往来する商船に通行税を課する税関のような役所の役人であった。彼らは、関を通るてだてを取ってくれただけでなく、馬や宿の便宜まではかってくれたのであった。
 ウス・モロラン・ユウフツ・サル・クスリ・アツケシ・ネモロを通ってシレトコまで行き、「勢州一志郡雲出松浦武四郎」と大書した標柱をたてたのは、いささか得意が過ぎたことかもしれなかった。半年を東蝦夷地の探検にかけ、箱館にもどったのが十月。一月程は松前に留まって様々な人々と交わる一方、城下を詳細に調べあげている。この時知り合いになった山田三川は、津の出身で当時松前藩に仕えていた。藩の内情を引き出すのにいい情報源になったのかもしれない。
 十一月、彼は手控や旅行中得た地誌の類をいっぱい詰め込んだ笈を背負って江戸に戻る。冬の間は探検がままならぬため、手控を整理して探検日誌を編集しようというのである。この旅の途中、水戸に会沢正志斎を訪ね、その熱い憂国の思いを聞いたことは、「志士武四郎」の誕生を思わせるものがある。

カラフトに渡る     

 弘化三(1846)年。年があけるやすぐ蝦夷地に立つ。『奥の細道』の芭蕉の場合もそうであったように、千住の大橋まで友人達が見送りにきてくれた。途次、水戸ではまた正志斎の所へ立ち寄った。水戸藩改革派のリーダーである藤田東湖にも会いたかったが、幕府の忌諱に触れて藩主斉昭とともに謹慎中であり、それはかなわなかった。
 今回も江差の斎藤家の世話になり、何とか西蝦夷地・北蝦夷地に行くてだてはないものかと相談をかけると、「西川春庵という医者がカラフト詰になるのでその草履取りでもよければ」という話。思いがけない好運でさっそくその準備をして、カラフト行きの一行数名とともに四月十日出立した。五月中旬宗谷からカラフトのシラヌシに渡る。クシュンコタンで一週間を過ごしていると、宗谷から御用状が届き、「三本柱の異国船が宗谷沖に出没。捕鯨船らしく思われる。」という内容である。天保八年(1837)の米モリソン号の浦賀来航以来、アメリカは北太平洋における捕鯨船の寄港地を求めていた。武四郎さんは、外国勢力の身近に及んでいることをひしひしと感じたことであろう。
 カラフト探検に六週間ほどをかけて後、宗谷に戻る。他の人たちは箱館にもどり、武四郎さんだけがアイヌの人に案内を頼み、オホーツク海に面した東海岸をシレトコまで行った。シレトコで一年前に記した標柱をみつけて、東湖の「玉鉾のみちのく越えて見まほしき蝦夷が千島の雪のあけぼの」という歌を感慨を込めて書き入れたのであった。蝦夷地の海岸線を二年がかりで一周したことになる。海岸線を踏破したとなると、今度は内陸である。八月中旬宗谷に帰り、石狩川を丹念に調べて、川舟で千歳方面に出、ユウフツから江差に戻っている。
 その月末、頼三樹三郎が全国巡遊の途次江差に立ち寄り、斎藤家に寄宿していた武四郎さんを訪ねてきた。その気さくな性格に武四郎さんは、昔からの知己であるかのような親しさを覚え、路銀を使い果たしていた彼のため、「一日百印百詩会」という書画の会を開いて路銀の面倒をみている。

エトロフ クナシリ

 弘化四年の正月は江差で迎え、雪の中を松前に赴き、例の山田三川の所に止宿。三月は箱館に出、請負商人の家に寄宿しながら、エトロフへアメリカ人数名が漂着した一件を調べたりしている。五月津軽に渡り、日本海側を歩く。この時佐渡にも渡っているので、武四郎さんの行ったことのない土地は隠岐だけとなった。
 十一月、江戸。手控の整理と蝦夷日誌の執筆に専念。日誌の付録として「秘めおくべし」も執筆をはじめる。「秘めおくべし」は、その名の通り、松前藩にとって他国の者にも幕府にも知られたくない情報がぎっしり詰まっている。二度にわたる旅の中で、アイヌの人々と交わり、その豊かな人間性に触れるとともに、彼らを過酷な労働条件に追い込む場所請負制度にやるかたない憤りを覚えていたので、その根源たる松前藩に批判的な気持ちを持っていたのである。
 一年を経て、嘉永二年に三航。今回はクナシリ、エトロフに渡りたいものと、請負商人柏屋喜兵衛の舟に水夫として乗り込んだ。この柏屋は井伊家の御用商人で、蝦夷地交易では「又十」の旗印をなびかせて莫大な利益を上げている、すこぶる悪評の男であった。
 その旅行記が『三航蝦夷日誌』である。その凡例には、彼が水夫として乗り込むについては手引きするもののあったこと、ただし名を明かすわけにはいかないこと、例の手控にスケッチをたくさんしたが、夜走りに沿海の景色をもらしたのもあること、アイヌ語は懸命に勉強したのでアイヌの人情に通ずるようになったこと、などが記されている。
 この『三航蝦夷日誌』も他の日誌同様、地誌が中心であるが、特に寛政元年(1789)に起きた「クナシリ蜂起」については詳細に調べ上げている。アイヌ人毒殺事件に端を発したこの事件が請負商人と松前藩への、民族的な抵抗運動になっていき、やがてつぶされてしまう過程が実によく分かる。

新道開発の願い      

 彼の蝦夷日誌には、多くの書物、文書から引用されている。忙しい旅の中一体いつどこで勉強したのか、博識である。蝦夷日誌にはそれら書物から得た情報と、彼がその足と目で集めた情報が満載されている。先に歩いた者が次に歩く者のために案内を買って出るサービス精神である。次に歩く者のために、という思いは道路状況に対する不満ともなる。三航の蝦夷日誌に特徴的なのは、新道開発の願いである。道を開いたならば、こんなに日時を費やすこともないのにとか、折角アイヌの人々が通っていたのに藩の政策上通行を禁止しているとか、述べている。後に、彼が幕吏になったときに与えられた任務が「新道開発」の見込みを立てることであったのは単なる偶然ではなかろう。

生きた心地に

 安政三年(1856)、武四郎さん三十九歳。その年の自筆自伝元日の条には、「元旦早く起て、麻上下になりて今年は生きたる心地になりて、早より堀織部正殿へ年賀に出」とある。麻上下は、当時の武士や庶民の礼服で、彼の晴れがましい思いがしのばれる。
 武四郎さんは、すでに三回に及ぶ探検で「蝦夷通」としての名を確立していた。
しかし、『蝦夷大概図』を上梓したり、初航・再航・三航の『蝦夷日誌』を執筆して諸侯に献上したりして、蝦夷事情を明るみに出したことは、松前藩をいたく刺激し、ついには刺客に命をねらわれる事態になっていた。江戸で彼は友人宅を転々として、安政元年暮れには馬小屋を改造した三畳もない小部屋に隠れ住んでいたのであった。

幕府、蝦夷地を直轄

 安政二年、幕府は蝦夷地を再直轄することとなる。太平洋岸は木古内、日本海岸は乙部村を境界線としてその以北の全島を直轄とし、翌年に箱館奉行を置いて松前藩からこれを受領した。
 当時、幕府内には蝦夷地開拓をめぐって、水戸藩主徳川斉昭の急進論と目付堀織部正や勘定吟味役村垣範正らの現実論とがあった。斉昭は前々から蝦夷地経営に心を寄せており、松前藩のような弱藩に蝦夷地を委せていては国の将来を危うくするから自分に経営を委せよ、と幕府に迫っていて煙たがられていたのである。彼の意見は、ロシアの南下政策に対抗するために、樺太・エトロフ・クナシリの三箇所の警備を第一として、ここを拠点に開拓を進めていくというものであった。これに対して堀・村垣の意見は、箱館の警備も十分でないのに、奥蝦夷地の諸島まで一時に整えるのは容易ではなく、奥蝦夷地ばかりを開拓していたら多額の費用がかかるではないか、というものであった。武四郎さんはそのどちらとも親しく、蝦夷地に関する詳細な情報を提供していたので、政策としてどちらがとられてもスタッフとして採用されたであろうと思われる。急進的か現実的かの違いはあったが、ロシアの南下政策への危惧、松前藩転封、幕府直轄という点では同じであった。
 結局は堀・村垣の現実論が取り入れられて、箱館奉行が作られることになった。奉行の下に組頭・調役・同心などの組織が作られ、ほかに通訳・在住・雇・雇医師などがいた。武四郎さんは、組頭向山源太夫のもとで働く「雇」という下吏でしかなかったが、水を得た魚のように仕事に打ち込んだのである。

幕吏となる

 彼の仕事は、向山組頭のもとで蝦夷地受取の手付けをするとともに、新道開削の見込みをたてることであった。新道開削の願いは初航以来のもので、下吏とはいえ何としてもやりたい仕事だったのである。松前時代は、その蝦夷地秘匿政策から新道は一切拓かせない、それどころか自然に人々が踏み固めた道も閉鎖するということもあって、アイヌの人々は生活上困っていたのだった。
 武四郎さんの、幕吏としての探検は、安政三年(丙辰)、四年(丁巳)、五年(戊午)と三回にわたった。丙辰の探検は、向山隊の一員として樺太にわたっている。再航の時通った道筋なので、途中ときどき隊から離れ、川を遡行し、山越えをして新道開削の見込みに当たった。その土地、その土地でアイヌの人に道案内を頼んだりはしたが、道なき道を行くのだから難渋は一通りではなかった。フトロではホンアキやイタキシベ、セタナイではシイヘシ、シマコマキではホリペ、というふうに足達者なアイヌの人々が案内してくれた。彼らは武四郎さんに自分たちの使っている地名・川名・山名やその名義、土地の伝説などをこと細かく話してくれた。そして最後はアイヌの置かれている境遇、過酷な労働や人口の激減について語るのが常であった。

人口激減の嘆き

 丙辰の探検を中心にまとめた『西蝦夷日誌』二編に次のように記して感懐の和歌を付している。

川村のシャモテンと云へる者我に用ありとて来り、種々土人の難渋を話しけるが、すこぶる其の談話中嘆くべきことあり。翌日隊長は船にて出、我はホリペと云ふを一人連れ、出立し、道すがら土人の遣り方を聞きてひたすらに袖を湿したり。
  心せよえみしも同じ人にしてこの国民の数ならぬかは


 奸商の酷使によって人口が激減したというのである。武四郎さんは、その話に袖を濡らしただけではない。事実を調査し、また上司にも報告をして善処を要望している。調査の結果、「文政五年改、三十一軒、百二十八人、男六十八人。安政元改、十一軒、三十四人、男二十五人、女九人。」ということがわかった。これは単なる数字の羅列ではない。松前藩統治下でアイヌがいかに過酷な労働に従事させられていたかを語っているのである。
 自筆自伝によれば、この時話を聞いたのはホリペからだけではなく、同所のアイヌ数人からも同様の話を聞いている。武四郎さんのことを聞きつけたアイヌの人たちがスツツまで追っかけてきて、口々に訴えたのである。その夜、武四郎さんは隊長に「シマコマキ土人共直訴に附申上書」という報告書を書いている。それによれば、シマコマキからスツツの領分に入ったところで、シマコマキのアサリンカ、リクニンリキ他二名が走ってきて熊笹の葉などを敷き詰めて自分たちの着ていた陣羽織を脱いで敷いてこの上に座ってくれと言ったという。彼らの訴えは、今までの場所請負商人によって酷使されたため若い者も死ぬことが多く、また独身の女性も少ないので自分たちの子孫は絶えてしまうかもしれない。何とか子どもたちがふえるようにしてもらえないか、今まで同じことを支配人や通訳に訴えたこともあったが、かえって憎まれて荒縄で縛られて梁に吊るしあげられて痛めつけられたこともある、というのである。武四郎さんは彼らから聞いた話を詳細に紹介したあと、「右の次第に御座候間、其の大略並びに彼ら悲嘆の趣はなにとぞ御再考の上、土人共立ち行き候様、御処置の程、偏に願ひ上げ奉り候。」と結んでいる。

『燼心余赤』

 武四郎さんのこのような報告書や建言書は約二百通現存し、『燼心余赤』と題されて国立国文学研究資料館史料館に保存されている。三年にわたる「雇」としての彼がいかに精力的に探検・調査をし、それを箱館奉行の政策に反映させようとしていたか、いかに能吏であったか、がよくわかる。武四郎さんといえば、北海道の名付親となった開拓判官時代の方が高く評価されがちだが、『燼心余赤』により幕吏時代の人道的な情熱をもっと見直すべきではなかろうか。
 その半数は、「熊石村よりクドウ場所迄新道見込みの書」「太田山山道の儀申し上げ候書」「トシベツ川筋より東部クンヌイへ新道申上書」「セタナイよりスツキ迄新道見込書」「ヲシャマンベより黒松内越の事」「忍路よりヲタルナイ新道見込書」「石狩運上屋より川筋通り上りマシケ領へ山越の事」「石狩サツポロ領ヲカハルシよりチトセ通りユウバリ、ソラチより上川大番屋へ新道見積り書」といった、新道開削の建言書である。それは全道にくまなく、そのうちのいくつかは実施に移されたから、現在のよく発達した北海道の道路事情の基礎を作ったと言い得る。耕作地開墾の見込みや漁場見立てにも意を用いている。
 前述のように『燼心余赤』はまた、アイヌがいかに優しい人たちであるかを語り、和人の勝手な論理でその風俗や文化を破壊してはならないことも訴え、生活に困窮する人々に救いの手を延べようとしている。丙辰の年四月、彼はサッカリ村で小休止をした際、土地の人に、長寿の者はおらぬか、と尋ねた。すると八十四歳、八十九歳の者はいるけれど生活に困っている、という話なので早速彼は奉行から「長寿手当」を下されるよう手紙を書いている。丁巳の年二月には、「孝女へ下され物を申上書」を出して、「官吏や奸商のためにひどい目に遭いながら孝養に尽くす人々がいるので褒美をやってほしい」と上申している。
 探検の際、彼は土地の人への挨拶や案内の礼にちょっとしたものをみやげにもっていくことにしていた。煙草・針・木綿糸・手拭い・硝子鏡・磁石・鍋・蝋燭・草鞋・味噌・塩・梅干などが好まれたようである。その購入要望書も『燼心余赤』に残っている。
 彼はまた本草学にも関心があり、珍しいものを見つけては、それを利用して産を起こす手だてはないものかと考えている。丙辰の十月に北蝦夷地東浦で琥珀を拾い、「これは水腫病の薬なので貧しい人々にわけてやってほしい」という手紙も書いている。丁巳の年九月には、トシベツ川のほとりで「過酸化マンガンらしきものを見つけたので鑑定のため江戸に送ってほしい」と書いたりしている。

辞職願を出す

 戊午の年八月末箱館に帰り、出府願を出す。日誌類の整理と地図の上梓をしたいと思っていたらしい。井伊大老が実権を握ったとの風聞も気になっていた。
 江戸に帰って日誌類を整理しているうち、世間が騒がしくなり、安政六年には頼三樹三郎らが獄につながれてしまう。その年末武四郎さんは病気を理由に「御雇御免願」を出した。自筆自伝にこの辞職記事のすぐあとに「今日御用召百五十人ばかりの由、何れも井伊掃部頭派の者ばかり出るなり」と記しているところを見ると、井伊派に幕政が牛耳られかつて交際のあった志士たちが獄につながれ、死罪になるにいたって、幕政に愛想も尽き、また身に危険も感じたのであろう。
 幕吏を辞した武四郎さんは、激動の幕末を、一市井人として各種蝦夷日誌の整理と出版に打ち込んでいる

『近世蝦夷人物誌』 近世ルポルタージュの最高峰

 私が武四郎さんの日誌や記録を読むようになったのは、現代の著名なルポルタージュ作家である本多勝一氏の次のような文章に手引きされたからである。

 その名(『北海道探検記』)に真にふさわしいものは、いうまでもなく、幕末の大探検家・松浦武四郎の記録でありましょう。武四郎の記録は世界に誇るルポルタージュだったと思います。 (『北海道探検記』)
 
 江戸時代のルポルタージュの最高峰をあげるとすれば、それは質量ともに松浦武四郎だろうと思われます。北海道を徹底的に探検したこの人は、アイヌ民族のおかれていた状況についても実に正確かつ詳細で立派な視点による記録を、しかも厖大なものを残しました。 (『ルポルタージュの方法』)

 
 私の属していた三重県高等学校国語科研究会には、ルポルタージュの教育力に着目した教育実践の伝統があり、私もそれに取り組もうとしていたときに出会った文章である。
 武四郎さんの数多いルポルタージュの中でも『近世蝦夷人物誌』の評価は高い。口語訳も、『アイヌ人物誌』(農山漁村文化協会)のほか、『北の国の誇り高き人びと』(かのう書房)が最近発刊されて、一段と身近なものとなった。
 「壱編・弐編・参編」に分かたれ、全部で九九の章段となっている。「壱編」の執筆は、武四郎さんが幕吏となって三年目の安政四年の年末、「弐編・参編」の執筆は同五年の年末であった。公表を前提に書いたのであるから、武四郎さんはこれを出版すべく上木願を出すが、箱館奉行から横ヤリが入って、「出版相成らず」との下げ紙付きで却下されてしまう。武四郎さんの生前には陽の目を見ることなく、大正の初めになって京華日報社の雑誌「世界」に連載され、ようやく人々の注目を引くに至った著作である。
 『人物誌』の出版が不許可となったのは、幕府再直轄がアイヌ救済のためではなく、ロシアの南下政策に対する対抗手段としてとられたもので、先住民族たるアイヌを和風化することで領土権の証明にしようとする意図を持っていたことに関係がある。幕吏でありながらその政策にたてつくのは許されなかった。

凡例の激しさ

 まず凡例から読もう。凡例は書物の編集方針などを記したもので、必要がなければまず読まない部分だが、『近世蝦夷人物誌』の場合は武四郎さんの面目躍如たるところがあって、一読したいところである。第一項で『近世蝦夷人物誌』という命名の由来を述べ、第二項で『近世畸人伝』を見倣って忠孝貞操・仁徳純朴・英雄無頼の徒をとりあげたことを述べているのはふつうの凡例とかわりない。第三項になると人別帳に記されている土地の人々の年齢が運上屋の都合でかえられていることが暴露され、第四項では事の真相を明らかにするため、請負人・支配人・番人らの名を書くことを宣言している。第五項では、ある人が「この書は三分の一が蝦夷の風土記、三分の一が人物誌、残り三分の一は悪罵だ」といっていたが、三分の一の私による悪罵というのも見方をかえれば志あることと見ることもできるのではないか、これは警告の書であり、流罪の種になることは御免こうむりたい、と書く激しさである。

三女の困窮

『近世蝦夷人物誌』の圧巻はなんといっても、「三女の困窮」の話である。
    
 石狩川筋にあるイチャンという所は、石狩運上屋から川路をとって舟で八日も遡行しなければならない。深山に名ばかりの集落がある。この集落には近年まで人家が六、七軒あったが、働ける者は浜に取られ、あとには老婆が二人、十歳ばかりの女の子が一人残っただけであった。老婆の一人、ヤエコエレにはもともと二人の娘がいたが、姉の方は番人に夫との間を割かれ妾にされている。妹の方は浜に取られて故郷に帰してもらえなかった。今年(安政四年)の春、彼女は家を捨てて山に入り、大木の根元のウロに身をひそめながら、ウバユリやエンゴサク、ハナウドなどを掘って命をつないでいた。
 そこへヤエレシカレという若い女が流れてきて、ともに住まうようになった。彼女はカバト集落に住んでいてイリモという者の妻であったが、番人が夫を遠い漁場に追いやっておのれの好き勝手にしたのである。この番人から彼女は梅毒をうつされ、日々の食事も思うにまかせず、鼻は欠け、体もかなりただれてきたので人目を恥じらい、川上の縁故を頼ろうとしてここまでやってきたという。
 こうしてこの二人が共暮らしをしているところへ、またウリウのヒルシエという七十一歳の老女が加わることとなった。彼女には二人の息子がいたが、運上屋が引き立てていったため、今は家も朽ち果てて形もなくなった。草の根を掘り取って食べ、かろうじて生きながらえて、今一度息子たちに会いたいものとここまでやってきたのであった。
 三人は、死んだならば支配人や番人などという者たちにこの怨みの魂を通じさせようと、草の枯れ果てるまでの月日をともに送っていた。
 私(武四郎)は、この話を伝え聞いて川上に遡行するときに舟を寄せて探してみたが見つからず、帰航の際にまた舟を寄せて探し、やっとのことで三人の蕗の葉で覆った小屋を見つけたのであった。ヤエレシカレの身体は半ば腐乱して臭気も耐えがたいほどであった。この者たちに米、煙草、針などを与えて帰ったが、彼女たちの怨恨を鬼神さえも憐れと思し召したのか、この話は箱館奉行の耳にも達し、娘たちを見舞いに行かせるなどの処置をしてくださったのである。
 

 請負商人たちが蝦夷地に入るについては「一、蝦夷人を掠め非道の儀且つ悪心を以て夷人へ申し合せ等仕るまじく候」という約束をさせられていたのだが、実際は反故になっていて、アイヌに対する搾取、酷使、凌辱の限りが尽くされていたのである。

小使役トミハセ

 何年か前の七月から八月にかけての数日、私は前述の国語科研究会のメンバー十名程と北海道への研修旅行に出かけた。会員の一人が、明治二二年に起きた大和十津川郷大水害の聞き書きを教材化しており、それをさらに深め、移住先の北海道新十津川がどのようになったかを調べるのが一つのテーマである。今一つのテーマは、武四郎さんが伊勢出身ながら、なぜかくも深く、蝦夷地とアイヌの問題に関わったのかを解こうとするものであった。
 新十津川町は石狩川支流の徳富川の流域に開けた町である。徳富は、昔トツクと呼ばれていて、武四郎さんの日誌によく出てくる地名である。トツクに先住していたアイヌは、十津川村民の移住でその後どうなったのか、これも調べてみなければなるまい。そんなことを考えながら、新十津川町の開拓記念館に入ろうとして、その玄関脇に武四郎さんの歌碑が建てられてあるのを見つけた。「日数経て突区の里に来て見ればここもかはらぬ芦ふきの宿」とあった。安政四年五月十五日、この辺りに泊まったときの歌である。この時案内にたってくれたトミハセについて次のように記す。アイヌの人々は、先祖や老人、子供をたいへん大事に扱うが、これもその一つである。
 
 トミハセは安政三年に私がウリウから西海岸へ山越えするときに案内にたってくれた男である。かつて運上屋に使われていたとき、朝な夕な故郷の山に向かってぶつぶつ言っているので、仲間のアイヌが不審に思って尋ねると「今日は寒かった、今日は暖かだった、何の仕事をした、何処へ行った、といちいち親に知らせているだけだ。」と答えた。彼は数年前に両親ともに失っていたが、他のアイヌもその孝心に感じいったという。今年、石狩に着いた私の事を聞いてくれて去年の手当の礼だといってチタラペ(花茣蓙)を呉れた。その実直さに私も感激して今回もトツクまでの案内を頼んだ。冗談半分に「土産に酒をやりたいが、今飲めるようにここで渡した方がいいか、トツクに着いてから渡した方がいいか」と尋ねると、「着いてからの方がいい」という。トツクに着いてから約束通り一升の酒を与えると、彼は直ちに親の墓所へ持参して酒を手向け、また自らも飲むなどして楽しみ、残りは隣家のものに振る舞ったのであった。

変俗の申し渡しをはねかえす

 最終段「豪雄ハラフ乙名」は、『近世蝦夷人物誌』の締めくくりにふさわしい。
 幕府の再直轄に対して、それまで松前藩の圧制と場所請負商人の酷使に苦しんでいたアイヌの人々は、これを歓迎したが、幕府の同化政策のもと、現地に派遣された役人たちは必ずしもアイヌのよき理解者ではなかった。自分の手柄を現そうとの小役人根性から強制的にアイヌの文化・風俗を改めさせようとして人々を混乱におとしいれた。蝦夷地における領土権を主張したい幕府にとって、アイヌは「夷人」すなわち外国人であってはならなかったから、「土人」という呼称を使うようになった。アイヌの風俗である「被髪左衽」をやめさせ、髷を結わせ襟を右前にさせようとする。箱館奉行は、中央の意向に従って、アイヌ同化政策に熱心であったのだ。
 サル場所の総乙名(首長)であるハラフにも、場所詰めの役人は髪型を改めるように迫ったが、ハラフは「皆が嫌がる風俗改めなどされるより、アイヌたちの暮しが立ち行くよう御介抱されるのが先決。」と主張して、頑として聞かなかった。このようなハラフに対して武四郎さんは「その先見、その決断、なかなかに尋常のものの及ぶ処にあらず。」と記して賞賛している。幕命による強制同化などは、アイヌのためにならないことをすでに見破っていたのである。

多事多端の安政六年

 『奈留辺志』が上梓されたのは安政六年のことである。武四郎さん四二歳。前年の末に『近世蝦夷人物誌』とともに上梓願を出したのであるが、『人物誌』の方は却下、こちらだけが認められた。刷り上げたうち百部を幕府に献上。九月になって銀三枚を手当としていただいた。 安政六年は、武四郎さんにとっても世の人にとっても、事の多い年であった。一月、イギリス船が品川沖に、アメリカ船が神奈川に入ったというので世の中は騒然としてくる。井伊掃部守派が幅をきかせ、安政の大獄で頼三樹三郎や橋本左内らが死罪となったと聞く。江戸の町は頻々と火事が起こる。といった中で、九月に武四郎さんはとう女と結婚。吉田武三氏によれば、「とう女の方から武四郎の許へ嫁ぎたいと言ったものだという」話である。十一月、病気を理由に御雇御免願を二ノ丸御所に差し出し、認められる。以降、武四郎さんは幕末の市井生活に入り、蝦夷地に関する著作と刊行に心を尽くす。

地誌学者として

 1988年、『アイヌ語地名集成』が発行され、その別冊として武四郎さんの『東西蝦夷山川地理取調図』の写真復刻が付けられた。アイヌ語地名研究の泰斗、山田秀三氏をして「当時殆んど知られなかった内陸の地名までを詳細に記録して北海道全体を纏めた画期的な地図である。彼が独力で、しかも短時日の間に、どうしてあれだけのものを作り上げられたか、ただただ驚く外ない。」と言わしめた地図である。蝦夷地を二十六の部分図に分け、序を記した首と、跋を記した尾を合わせて二十八鋪が一セットとなる。各表紙には蜀江文が空押ししてあり、地図そのものは色刷りである。
 自筆自伝四月二十二日の条に「山川地理取調出来に付堀君へ見せ候。上梓之儀被仰候」とある。五月十日付で開刻願を出し、石狩川口図から出版し始めた。
 七月には、木村嘉平や永楽屋、表紙屋幸蔵といった出版業者としきりに連絡を取っている。十二月になって首尾をととのえ、やっと全冊の出版を終わったのであった。六回の渡航で、彼は膨大なメモと日誌を残したが、その内容は当然ながら大部分地誌である。山川名・地名・請負場所名・境界・人別・宿泊所等々、彼自身歩いたまま、見たまま、聞いたまま、次に旅をする人が便利なように、あるいは旅をしたくなるように書いていった。前号で彼を幕末最大のルポ作家として紹介したが、より本質的な部分では地誌学者というべきであろう。

出版業者として

 安政六年、武四郎さんは『蝦夷地名奈留辺志』『東西蝦夷山川地理取調図』の他、『蝦夷漫画』『後方羊蹄日誌』を刊行している。それ以前にはすでに『蝦夷沿革図』『蝦夷大概図』『於幾能以志』『壷の石』等を刊行し、『表忠崇義集』『読史贅議』『新葉和歌集』等の復刻をしている。このうち『表忠崇義集』は、阿片戦争の折に死んだ愛国者陳化成とその遺骸を芦の中に隠した劉国標を偲ぶ漢詩を集めたものである。『新葉和歌集』は、南朝歌人の歌集。このあたりには憂国と尊皇の思いを持つ武四郎さんの一面が出ている。
 以後も万延元年に『蝦夷闔境山川地理取調大概図』『石狩日誌』『唐太日誌』『北蝦夷余誌』、文久元年には『久摺日誌』『天塩日誌』『十勝日誌』、同二年には『納紗布日誌』『知床日誌』『夕張日誌』と、明治二十年に至るまで毎年数点ずつの出版を続けている。幕末の出版は、版木に字や絵を刻み、その版木で一枚ずつ刷り上げていくものであったから、かなりの経費が要ったはずだが、一定の読者に恵まれ、採算は十分取れたのであろう。これらの多くは「多気志楼蔵板」と刊記され、自らが出版にあたったということが分かる。すなわち彼は文筆家でもあり、出版業者でもあったわけである。刻版は三代木村嘉平が多い。

文筆家として

 繰り返しになるが、武四郎さんは膨大なメモ、日誌、著作を残している。どのようなものを残したかは、彼自身が目録を作っているので、それを見れば全体をつかむことができる。明治四年までのものは『多気志楼主人著述惣目志』にまとめられ、それ以降については『木片勧進』に付された年譜に載っている。それによれば、明治四年までに百五十部、以降は二十四部、合わせて百七十四部となる。『著述惣目志』は、地図・地誌・献策・日誌・紀行・雑記・付録・近著・蔵版の九項目に区別されている。そのうち蔵版部の八点は、先に述べた彼の手による『新葉和歌集』等の復刻本である。彼の著述は、これだけではなく、『渡島日誌』や『燼心余赤』などが洩れているし、地図類も遺漏があるということだ。完全な目録づくりが大事な課題である。
 安政六年、アイヌ無視の開拓、同化政策に固執する箱館奉行のやり方にがまんがならず幕吏を辞した彼は、蝦夷地関係の著述、出版に専念して、幕末の動乱期を一市井人として送り、明治の維新を迎えた。晩婚ながら、「とう」という妻も迎えていた。

武四郎年譜

1.「遊歴の時代」へ

2.「北の大地」

3.「明治となって」へ