line-height : 2em;
武四郎年譜へ

1.「遊歴の時代」

2.「北の大地」へ

3.「明治となって」へ

 

マルチ型人間 
 「八面六臂」ということばがある。もともと仏様の多面性を表すことばではあるが、松浦武四郎(以後、武四郎さんと呼ぶ)の、多芸多才、多方面の活躍を形容するのにぴったりなので、総括的紹介に借りることとする。武四郎さんが幕末最大の旅行家・冒険家・登山家であること、特に蝦夷地に詳しく「北海道の名付け親」であることはよく知られているが、篆刻や詩画をよくする風流人であること、考古学者・地誌学者・地図製作者であること、また現代風に言えば、旅行レポーター・ルポルタージュ作家であることは案外知られていない。ヨコモジついでにまとめれば、武四郎さんはマルチ型のオールラウンド派であったのだ。

旅行レポーター
 テレビでも最近は、芸能レポーターをはじめ、グルメレポーター、温泉レポーター、旅行レポーターなど、いろんなレポーターが登場するようになった。情報化社会の申し子なのであろう。多種多様の情報が得られて便利なのであるが、惜しむらくは原稿の棒読みのようなものが多いことである。自分が取材したことを自分のことばで表現したら、もっと生き生きしたものになるのに、と思いつつそれでも視聴の機会が多い。
 武四郎さんは旅行レポーターのはしりである。近世の旅行レポーターとしては岡崎出身の菅江真澄、久居の橘南谿などが有名であるが、武四郎さんもそれに負けず劣らずすばらしい紀行・地誌を残している。もちろん、読書家の彼のことであるから、先行の紀行は十分に読み込んである。その上に自らの目と足でつかんだものを書いている。

名山大岳に登らん                   
 武四郎さんが生まれたのは文政元(1818)年のこと。伊勢国一志郡雲出川南須川村の紀州領郷士の家柄である。文人の父親の影響を強く受け、名所図会、地誌の類を好んで読んでいる。仏教にも並々ならぬ関心を寄せている。と書くと「どうしてそんな幼い頃のことが分かるのか」という声が聞こえてきそうだが、実は武四郎さんは自筆自伝を残していて、それで分かるのである。
 十三歳の春、阿波国に端を発したおかげ参りが自宅前の参宮街道を賑わせた。前々から諸国の人々の往来で街道はにぎやかであったが、この年は異常であった。四国の人、中国の人、畿内の人、東海道筋の人と、さまざまなお国なまりの人たちが往来する。武四郎さんは「この街道は諸国につながっているのだ」という思いを深くした。この年、父は二度も参宮に連れて行ってくれ、忘れられない思い出となった。伊勢までの道のりなど何の苦もなかった。
 この年の冬、津の平松楽斎の門に入り、三年ほど勉学に打ち込むこととなる。楽斎先生のところには、猪飼敬所や梁川星巌、中島棕隠、福田半香、村瀬秋水、足代弘訓といった当代一流の学者の逗留する事が多く、武四郎さんも聴講の席に座っている。
 十六歳で退塾。これについては楽斎先生の勘気を被ったからだという伝えもあって、『平松楽斎先生略伝』には、
  先生訓育頗る厚し。天保六年故あり 之を逐ふ。去るに臨み戒めて曰く、功 名を立てて帰り来らば我爾を免さん。 否んば来り見ゆるを許さずと。多気四郎泣きて去りて江戸に至り僧と為る。
とあるが、『平松楽斎文書/松浦武四郎書簡』(1991年・津市教育委員会)でも分かるように、師弟の間柄はきわめて親密であり、破門説はとりがたい。実際のところは、幼い頃から芽生えていた「諸国の名山大岳に登らん」との思いが抑えがたくなったからではないか。
 武四郎さんは退塾すると、すぐ江戸への独り旅を敢行する。聴講の末席で声を聞いたことのある山口遇所を尋ね、遇所宅やその義父益田勤斎宅に寄宿させてもらって、篆刻の修業をしている。ちゃっかりしたものだ。一月ほどで家から迎えが来て一旦帰国。といってもただは帰らず、中山道をとって信州に入り、戸隠山に登っている。

全国遊歴
 帰郷したものの、武四郎さんの胸には木曽で接した山々の雄姿、東海道の風景があり、「遊歴の志止まず」、翌天保五年九月また旅に出た。両親や兄は反対したに違いない。が、彼の思いの方が強かったのであろう。自伝に、彼の歩いた道筋が逐一詳しく記されている。そこに記された地名をつないでいくと、網の目のようになって、自然と日本地図が浮かんでくるほどである。
 折しも天保大飢饉のさなか、難渋は一通りではなかった。先に江戸の山口遇所宅で習い覚えた篆刻の技で糊口を凌いだと言われるが、それにしても大変な辛苦であったに違いない。越中から飛騨に入る時には、食べるものが全くなくなり、村役人の家で漢詩文を教えて恵みを受け、肥後では賊に襲われ、なけなしの金をとられている。それでも彼は、二十一歳長崎で疫病に倒れるまで歩き続けた。

僧として生活         
 全国行脚も五年目となった天保九(1838)年、武四郎さんは長崎で疫病に罹り、高熱に苦しむが、土地の人々の温かい看病で一命をとりとめ、これが機縁となって武四郎さんは本格的な仏道修行の生活に入る。「本格的な」というのは、彼は既に出家していたと思われるからである。出家の時期は、家郷への手紙により天保六年十八歳の時だったと推測される。
 長崎、平戸で武四郎さんは僧文桂として思索を深め、人間的な幅を広げる。天保十四年帰郷するまでこの地に留まったのは、修行のためでもあったが、他にも目的があった。当時長崎は世界に開かれた日本の窓であり、情報基地であった。「唐・天竺」に渡るてだてはないものかと機会を窺っていたのである。「唐人邸」や「阿蘭陀館(出島)」の模様もしっかり調べ上げている。天保十三年九月、対馬沖に出漁する烏賊釣船に乗せてもらう。半月ほど壱岐・対馬に滞在して朝鮮に渡るてだてを探したけれども、国禁の中、船を出してくれるものもなく、むなしく夕日に浮かぶ朝鮮の山々を眺めているだけであった。
 自伝によれば、九州での五年間、彼は宝曲寺、天桂寺、東勝寺、千光寺と諸寺を転々としている。「住職」という表記もあるが、多分「留守僧」的なものであっただろう。寺を根城に彼は九州各地を歩き回っている。その旅行レポートが即ち『西海雑志』である。その凡例で、「一 九州之内薩摩領の外は、深山幽谷 道ある処は探り入り、海浜孤島も船通 ふ処は到らざるなければ、況や神社仏 閣詣拝せざるはなし。」と書いている通り、薩摩藩の他は徹底して歩き回ったのである。実は薩摩藩内にも入ったのであるが、幕末のことで余所者に対する詮議が厳しく、わずか三日で出国を余儀なくされたのであった。

西海雑志

『西海雑志』は、九州各地の名所・旧跡・霊場・佳景を巡り歩いた記録である。先行する『西遊記』『筑紫記行』『長崎聞見録』などにない記事を載せたとしている。興味ある話を満載しているが、たとえば「高千穂」の項を抄訳してみよう。
 日向国高千穂の庄は、庄内十八里四方。谷間や山腹に一、二軒ずつ住居をなし、隣家といっても三、四町もあるような僻地である。山中のこととて田はなく、畑に南蛮黍を作るばかり。麦は少々、祝い日用程度しかとれない。延岡の城主内藤公には、麻や椎茸を上納している。祖母嶽に登りたく、五ヶ所村の神主の家を訪ねて登山道の様子を聞いたところ、「とんでもない。あまりに険し過ぎて、土地の者でも春秋の祭日以外は登ることがない。やめなされ。」という。それを無理に頼み込むと、神主が自ら山刀を脇ばさみ、火縄銃も用意して案内にたってくれた。岩角に胸を突かれ、木の根にとりつき、満身汗になってやっとのこと登りきったのであった。今思うと、このような霊場へ、人の諌めも聞かず足を踏み入れたのは、若気のあやまりであった。身の恙ないことこそしあわせである。
といった調子である。

武四郎年譜

1.「遊歴の時代」

2.「北の大地」へ

3.「明治となって」へ
 

2000.04.01UP