文政元年1818
1歳
2月6日伊勢国一志郡須川村(今の松阪市小野江町)に松浦桂介の四男として生まれる。幼少期「諸国の名山大岳に登らんことを欲して、名所図会また好て地誌を読」んだ(自伝)。
天保元年1830
13歳
津藩の学者平松楽斎の塾で勉強する。この頃「おかげ参り」がはやる。
天保4年1833
16歳
若気の至りで事件を起こし家出。江戸に行くも連れ戻される。ただしすぐに戻らず、善光寺参拝、戸隠山登山など寄り道をしている。江戸滞在のわずかな期間に山口遇所から篆刻を学んだ。篆刻の業はその後の武四郎の旅と生活を支えた。
天保5年1834
17歳
全国各地をまわる旅に出る。関から京・大坂に出、著名人を訪れる。播磨・備前・讃岐・阿波・紀伊と回り越年。熊野三山を参拝。河内・和泉・摂津・丹波・播磨・但馬・丹後・若狭・越前・加賀・能登・越中・飛騨・美濃・三河・信濃・江戸と回った。日光・仙台・松島へも足を運んだが、折しも天保の大飢饉の現実を見た。
 天保7年1836
19歳
遠江・三河・志摩と回った後は紀伊長島・尾鷲・吉野・洞川も訪ね、紀伊から四国へ渡って、四国遍路八十八ヶ所を巡った。この時の記録『四国遍路道中雑誌』は8年後実家で書かれることとなる。
天保9年1838
21歳
長崎で大きな病気にかかる。病気が無事治った後、すすめられて出家し文桂と名乗る。
天保10年1839
22歳
長崎県平戸にある宝曲寺で暮らす。
天保13年1842
25歳
千光寺で暮らす。朝鮮半島に渡ろうとし、壱岐・対馬まで行くがあきらめる。
天保14年1843
26歳
光明寺の了縁和尚に詩や絵を教えてもらう。ロシア南下の危機を知る。帰郷し、父母の墓参、伊勢参宮をする。
弘化元年1844
27歳
実家にて『四国遍路道中雑誌』を執筆。還俗し、蝦夷地をめざすが、冬季の厳しさに断念。代わりに津軽・南部の沿海を探査する。
弘化2年1845
28歳
初めて蝦夷地に渡り蝦夷地を歩く(第一回蝦夷地探査)。箱館−室蘭−釧路−知床−根室−函館を回る。
弘化3年1846
29歳
第二回蝦夷地探査、カラフト(サハリン)を歩く。頼三樹三郎と「一日百印百詩の会」をおこなう。
弘化4年1847
30歳
松前藩のことを調べる。
嘉永2年1849
32歳
第三回蝦夷地探査、千島列島へ渡る。『蝦夷大概図』作成。嶺田楓江の『海外新話』発行を手伝う。楓江、3年の在獄と三都所払いを受ける。
嘉永3年1850
33歳
今までの調査結果をまとめ、『初航・再航・三航蝦夷日誌』を完成させる。蝦夷日誌の付録として稿本『鹿角日誌』『東奥沿海日誌』を執筆。『蝦夷大概図』、『新葉和歌集』(復刻)を出版する。
嘉永4年1851
34歳
『表忠崇義集』を出版する。『婆心録』を復刻し、官学の忌避に触れる。
嘉永6年1853
36歳
吉田松陰と知り合う。『三航蝦夷日誌』を徳川斉昭に提出。 藤田東湖らの密書を携え京都に赴く。『読史贅議』出版。(ペリー、浦賀に来航。プチャーチン、長崎に来航。
安政元年1854
37歳
蝦夷・カラフト・千島列島の地図を作り、幕府に提出。松前藩から命をねらわれる。 宇和島藩からの依頼で下田のペリー一行の動向を探る。
安政2年1855
38歳
幕府から「蝦夷地御用御雇」を命ぜられる。(蝦夷地、松前藩領から幕府再直轄となる)
安政3年1856
39歳
第四回蝦夷地探査、北海道西海岸に作る新しい道の予定地を調べる。宗谷岬からカラフトに渡る。
安政4年1857
40歳
第五回蝦夷地調査、石狩地方をくわしく調べる。
安政5年1858
41歳
第六回蝦夷地調査、シリベツ・クスリ(釧路)地方を調べる。『近世蝦夷人物誌』執筆、出版不許可。
安政6年1859
42歳
『東西蝦夷地山川地理取調図(28冊を完成。『戊午蝦夷山川地理取調日誌』62巻を完成。『蝦夷漫画』を出版する。福田とうと結婚。幕府に御雇御免願を出す。(安政の大獄。吉田松陰、頼三樹三郎ら刑死)
万延元年1860
43歳
この年から『樺太日誌』『北蝦夷余誌』『夕張日誌』『納沙布日誌』『十勝日誌』を次々と出版。
 文久元年1861
44歳
『後方羊蹄日誌』『石狩日誌』『久摺日誌』『十勝日誌』出版。 
 文久2年1862
45歳
 『夕張日誌』出版。(坂下門外の変)
文久3年1863
46歳 
 『納沙布日記』出版。
元治元年1864
47歳
『東西蝦夷日誌』などを出版。『新板蝦夷土産道中寿語六』『新板箱館道中名所寿語六』出版。
明治元年1868
51歳
明治政府より徴士函館府判官事を任命される。東海道間道を調査、『東海道山すじ日記』を執筆。(「神仏分離令」が太政官布告として出、これをきっかけに全国各地で廃仏毀釈運動がおこる)
明治2年1869
52歳
明治政府より蝦夷地開拓御用掛に任命される。開拓使の開拓大主典・開拓判官に任命される。従五位 に叙せられる。現在の北海道の名前・国名・郡名を考える。東海道山筋の道を探査し、『東海道山すじ日記』(稿本)を著す。
明治3年1870
53歳
開拓使をやめ、位も返上する。
明治4年1871
54歳
 
 『竹島雑誌』『読史贅議逸編』出版。
明治5年1872
55歳
 
 『百蟲行』出版。(「修験道廃止令」が出され、修験道が禁止される)
明治6年1873
56歳
 
 伊勢度会県博物館へ出品。
明治8年1875
58歳
5月、北野天満宮へ大神鏡奉納する。奈良の名所・旧跡をめぐる。
明治9年1876
59歳
 上野東照宮へ大神鏡を奉納。『馬角斎茶余』出版。
明治10年1877
60歳
『撥雲余興』を出版する。
明治11年1878
61歳
 『新獲小集』『東蝦夷日誌八編』出版。
明治12年1879
62歳
妻とうと関西を旅行する(3/15〜5/.30)。亡児いしの七回忌法要。大阪天満宮への大神鏡奉納。 稿本『己卯記行』執筆。『尚古杜多』発行。
明治13年1880
63歳
関西各地への旅(宮-伊勢-高見峠-吉野-大峰-熊野三山-和歌山-大阪-大津-関、4/12〜6/17)。大峰奥駈けを敢行した。稿本『庚辰紀行』執筆。『庚辰游記』発行。
明治14年1881
64歳
西日本各地への旅(大津-大阪-須磨-明石-広島-博多-太宰府、3/31〜6/5)。金峰山寺蔵王堂への大神鏡奉納。稿本『辛巳紀行』執筆。『辛巳游記』 発行。
明治15年1882
65歳
西日本各地への旅(大津-大阪-明石-姫路-米子-萩-防府-博多-太宰府-佐賀-宮島、3/26〜6/5)。太宰府への大神鏡奉納。稿本『壬午遊記』執筆。『壬午游記』発行。『撥雲余興 二集』を出版。
明治16年1883
66歳
西日本各地への旅(大津-大阪-神戸-福岡-太宰府-熊本-五家荘-宮崎-鹿児島-八代、3/13〜5/13)。西郷隆盛の墓参り。五家荘周遊。天神・天満宮めぐり。稿本『癸未溟誌』執筆。『癸未溟誌』 発行。
明治17年1884
67歳
西日本各地への旅(大津-京都-大阪-神戸-大阪-須磨-曽根-姫路-宮津-敦賀、3/28〜5/18)。『聖跡二十五霊社』に小神鏡奉納・石標設置。稿本『甲申日記』執筆。『甲申小記』 発行。
明治18年1885
68歳
春、西日本各地への旅(大津-京都-大阪-神戸-姫路-法隆寺-吉野-天ヶ瀬-大台ヶ原-伊勢、4/14〜5/31)。第1回大台ヶ原登山。稿本『乙酉紀行』執筆。『乙酉掌記』発行。秋、「秩父34ヶ所観音霊場」巡拝。稿本『乙酉後記』執筆。『乙酉後記』刊行。
明治19年1886
69歳
『聖跡二十五霊社順拝双六』発行。春、西日本各地への旅(大津-京都-大阪-神戸-姫路-大阪-奈良-吉野-天ヶ瀬-大台ヶ原-伊勢-大杉谷、4/9〜5/22)。第2回大台ヶ原登山。稿本『丙戌前誌』執筆。『丙戌前誌』発行。秋、信毛周遊。『丙戍後記』発行。
明治20年1887
70歳
春、西日本各地への旅(大津-京都-大阪-神戸-姫路-淡路島-多度津-防府-馬関-博多-太宰府-宮島-大阪-吉野-天ヶ瀬-大台ヶ原-伊勢、3/22〜5/27)。第3回大台ヶ原登山。稿本『丁亥前記』執筆。『乙酉掌記』発行。秋、富士山に登り、稿本『丁亥後記』執筆。『丁亥後記』発行。『木片勧進』を出版。
明治21年1888
71歳
東京神田五軒町の自宅で亡くなる。浅草称福寺に墓をつくり、後に染井墓地に移す。
2011.04.01UP 2019.11.27更新