2002年4月から松浦武四郎記念館において「武四郎を読む会」の講座を開いています。02年、03年は記念館所蔵の家郷宛武四郎書簡を読みました。そのうちの数通を以下に載せ て、16歳の時の家出事件を考えてみます。
この間のことを武四郎自身は『松浦武四郎自伝』で次のように記しています。
十六歳[天保癸巳四年]、正月十六日平松家を辞して家に帰る。二月朔日独家を出て江戸に到り、山口遇所の家(神田お玉ケ池)を尋てしばらく寓し、下谷御徒町なる益田勤斎翁宅に寄宿して牛王覚泉院といふに滞留。二月下旬国より金蔵といへる者迎に来りける故、是より中仙道を通り善光寺に参り戸隠山に上り等して三月中旬帰国す。ますます木曾の山水、東海道の風景目に在る故遊歴の志ざし止まず

武四郎書簡01
(天保4年)
2月3日付
中嶋周助宛
ファイル301-001-201

 武四郎は幼名「竹四郎」という。天保4年(1833)、16歳(数え年)。今流にいえば中学3年の生意気盛りというところか。それまで3年間津の楽斎塾にあって修養に努めて竹四郎は、この年の1月16日退塾、家出同様に江戸への独り旅に出た。無謀ともいえるが、そこは「竹四郎」という名の表すごとく四男坊の身軽さであった。諸国遊歴と名山大岳に登ることが少年竹四郎の夢であった。故郷出奔の慌ただしさと大空に羽ばたくような決意とを語り、後処理を頼むのがこの手紙である。宛先は須川(現小野江)の中嶋周助。兄貴格の友人か親戚で、幼時から親しい間柄と思われる。竹四郎のことを心配した周助はこの手紙を松浦家に持ち込んで、善後策を松浦家の人々と話し合ったのであろう。

武四郎書簡02
(天保4年)
2月12日付
中嶋半兵衛宛
ファイル113-999-143

 江戸に出た竹四郎は、頼るべき所を親戚筋の中嶋磯五郎に求めた。磯五郎は中嶋半兵衛の弟で、藤堂藩江戸屋敷に勤めていたのである。思いもかけずやってきた武四郎に驚いた磯五郎は、しばらくは預かる気になるとともに、すぐ親元と連絡をとった。その時、竹四郎にもこの手紙を書かせたのであろう。 「十一日に江戸に着いたけれど頼る所がないので磯五郎様のお世話になっています。母へ内々このことをお話し下さい。」とあるから、家へは出さなかったと思われる。

武四郎にかかわる書簡
中嶋磯五郎書簡

(天保4年)
2月晦日付
中嶋半兵衛宛
ファイルJsogorou-1

 中嶋半兵衛は磯五郎の兄である。「十九日付の貴札と金蔵様が二十九日に到着。竹四郎様は三月二日出発で帰るので、十五日頃には到着するかと思います。その節はよろしく。」とある。「その節はよろしく」とは、竹四郎の父母へのとりなしであろうか。次の竹四郎の手紙(書簡03)と佐七宛の手紙を同封して、金蔵に持って行かせた。

武四郎書簡03
(天保4年)
2月29日付
中嶋半兵衛宛
ファイル302-002-202

 磯五郎からの報せで武四郎の消息を知った父慶祐はすぐ金蔵を引き取りに行かせた。この間1ヶ月。武郎は自活の道を探して篆刻を習っている。月末に金蔵が到着し、帰国を促すので、武四郎もやむなく帰ることにしたが、ただでは帰らず、中山道回りで、善光寺に詣で、戸隠山にも登っている。
 この手紙は先に帰す金蔵に持って行かせたものであろう。父宛ではなく、親戚の半兵衛宛なのは、とりなしを頼む意図があったものと思われる。半兵衛はこれを父慶祐に見せて「竹が帰ってきたら、まあ、きつく叱りなさるな。」とでも言ったのではないか。

武四郎書簡04
(天保4年)
3月15日
中嶋周助宛
ファイルaF114-999-146

 この時の兄佐七の覚書に「十五日・・・竹帰りや木屋へ着到」とある。「や木屋」は旅籠の名ではなく、須川中嶋家の屋号である。「夜になってから宿(=自宅)に入りたい」とは、夜にしか着けないということではなく、家出だったので、さしもの竹四郎も白昼堂々と帰宅するわけにはいかなかったのであろう。人目を気にしているのか、家の敷居が高いのか、父親の叱責が恐ろしくその機嫌を探っておきたいのか。帰宅前に秘密の何かを周助に託したかったのか。 

番外編
竹四郎家出一件のまとめ

 武四郎16歳の時の家出に関しては、本人はじめ関係者の手紙と兄佐七の覚書が残っているので、その顛末をかなり詳しく知ることができる。ここに登場する関係者は、月菜老人(父=慶祐)、佐七(兄)、平松楽斎、中嶋周助(幼友達)、中嶋半兵衛(須川の中嶋家当主・周助の父か)、中嶋磯五郎(半兵衛の弟・藤堂藩江戸屋敷に奉公中)である。手紙や覚書を順を追って並べてみた。

武四郎書簡05
(天保11年)
2月26日
窪田常次郎他3名宛
ファイル:303-002-203
 従来は天保14年の帰郷直前のものと見られていたが、最近の考証では天保11年のものとされている。
 この手紙によれば、江戸で水野越前守奥向に奉公に出たことがあり、そこをしくじって法体になったとある。その後の足跡を追うと関東以西をくまなく遊歴していることが分かる。この時点では平戸田助浦の禅宗庵に「安居」していた。
番外編
社寺覚書
 

書簡写真は松浦武四郎記念館の撮影/掲載許可を得ています。
無断転載を禁じます。