武四郎の明治14年辛巳の旅の目的は、各地の天神・天満宮を回って「聖跡二十五霊社」の選定をすることと金峯山寺蔵王堂への大神鏡奉納でした。「聖跡二十五霊社」の初案は旅行の前に 出来ていたのか、旅行後にまとめたのかは不明ですが、稿本『辛巳紀行』には「第〇〇番〇〇天神」「〇〇番〇〇天満宮」と記されていて いますから、稿本『辛巳紀行』執筆時(14年6月頃)には出来ていたと思われます。これはあくまでも案ですが、翌15年には小神鏡の奉納と石標の建立に取りかかっていますので、成案は15年の初めにはできていたものと思われます。そして最終的にまとまったのが、『聖跡二十五霊社順拝双六』です。初案と『双六』との間にはいくつかの異同がありますので注意が必要です。
  『双六』の出版は明治19年1月頃といわれていますが、前年に書かれた日誌稿本『乙酉紀行』4月30日の条に、「道明寺天満宮と佐田天満宮の祠官に『双六』を2 、3部ずつを贈った 」とあるので、「明治18年の初め頃」の出版だろうと思われます。初案と『双六』の異同、訪社の年月日等について『聖跡二十五霊社一覧を作ったのでご覧ください。
 選定された「聖跡二十五霊社」には石標と小神鏡を、 そのうちの3天満宮 (北野・大阪・太宰府)には大神鏡を奉納しました(大神鏡はあと上野東照宮と金峯山寺蔵王堂へ奉納していますが、天神関係ではありません)。その披露のため1 8年初め頃に袋付きで刊行しました。彼は意義ある事を行った後には御披露目をするのが例でした。大々的だったのは大神鏡を奉納した時の練り歩き・神事ですが、他に大台ヶ原への石標設置・小堂建設の後には護摩焚き、各地での小集開催の後には『尚古杜多』等の 目録配布などを行っています。
 この双六の紙面は 縦38.3p、横52.6pで、A2用紙を一回り小さくした大きさです。内題には「聖跡二十五霊社巡拝双六/松浦武四郎造/古梅居士題」とあり ます。 古梅は、明治の三筆の一人、巖谷修の号で、一六という別号もあります。武四郎より16歳若い人ですが、日頃から親しく交わっていました。
 双六は右下の振り出し「第一番菅原院天神」から、真ん中のあがり「第二十五番北野天満宮」まで「のの字」回りに進む一般的な形式です。番外のものを含めて32図からなり 、順に進むと菅原道真の一生を追蹤することができます。各図と詞は『聖跡二十五霊社順拝双六の絵と詞』に 収めましたので、ご覧ください。
 下掲のものは東京松浦武四郎家旧蔵で、現在は松浦武四郎記念館の所蔵となっています。画像保存をしてA3サイズで印刷すれば題詞も読 めるし、双六遊びもしていただけると思います。
 単純に四つ折りにせずに、4回たたみ込む特殊な折り方で畳んで、25.7p×18.1pの美麗な袋に入れられています。袋には山中静逸筆の外題(聖跡二十五霊場順拝双六)、小野湖山の献詩が付き、武四郎自らが 彩色の巡拜図を描いています。
 実際に双六遊びをする場合は、A2版の大きさがお薦めです。こちらの画像は4分割してありますので、それぞれをA4用紙に刷って組み合わせてください。糊しろ分もありますので貼り付けてお楽しみください。「武四郎を読む会」の解読演習の資料として 作ったものです。
2015.05.15UP