『聖跡二十五霊場順拝双六』袋
 
 武四郎の明治10年代の西日本旅行は物見遊山的なものではなく、いくつかの目的をもってなされたものでした。「仕事」といっても差し支えないものです。そしてその仕事が所期の目的を達すると 、記念を本にしたり、大神鏡を奉納仕たり、護摩を焚いたりして披露するのがならいでした。
 彼は14年から18年にかけて『聖跡二十五霊社』を定め、該当する天神社、天満宮に石標設置・小神鏡奉納を行いましたが、『聖跡二十五霊社順拝双六』はその記念、披露として発刊(19年1月か)されたものです。売り物として作ったのではなく、各天神社・天満宮、友人、知人、世話になった人たちへの挨拶、御礼として配ったのではないかと推量しています。
 双六そのものはA2版を少し小さくした和紙(38.1p×52.6p)に単色で刷ってあります。単純に四つ折で畳むのではなく、丁寧な特別な折り方で25.7p×18.1pに畳み、筒形の袋に入れてあります。袋は彩色が施され、錦絵と同じ手法で刷られています。美術品としても味わう事 ができるように思います。
 信天翁献から「聖跡二十五霊場順拝双六」という題と湖山七十一翁愿から「忠誠無過挙遷謫有余北天賢望河大之三復拝尤」という 五絶の詩をもらい、巡拝図は武四郎自らが描いています。
 信天翁献は山中献(まつる)。号は静逸、信天翁。書家として知られます。文政5(1822)年の生まれなので武四郎より4歳年下の友人です。明治維新後、岩倉具視に仕え様々な要職を経て、 明治6(1873)年、52歳で引退。京都下鴨に移住して文芸三昧の生活を送っていました。
 湖山七十一翁愿(小野湖山)は文政11(1814)年生まれなので、武四郎より4歳年上の友人で、隣家住まいの親しい存在です。漢詩人として知られ、明治の三詩人と称されています。
袋をじっと見ていると、武四郎の描いた巡拜図は、道順さえ示せば、1枚の新しい「双六」になりそうな気がしてきました。
A2の大きさに拡大して作ってみようかしらん。とりあえず巡拜図だけ取り出しておきます。