絵と詞

天神信仰は明治10年代の武四郎の、一つの大きな人生テーマでした。
天神(道真)を顕彰するのに巡拜の形を採ったことに彼らしい工夫があります。
すでに天保7年(1836年)19歳にして四国八十八ヶ霊場を回り、『四国遍路道中雑誌』を記していますし、
明治13年には吉野・大峰・熊野、18〜20年には大台ヶ原を回り、その記録をとっています。

この双六を遊びながら一回りすると道真の一生を後追いすることができます。
「武四郎を読む会」の演習資料として、松浦武四郎記念館の許可を得て作りました。
双六全図では読みづらいので、こちらは各コマ別に載せました。
画像上クリックで拡大します。

天満宮と申奉るは人皇五十四代仁明天皇の承和十二年六月廿五日烏丸の菅原院に御降誕まします

四条錦の社を源の融の霊也と云へどもそれは傍の小社にして本社は天満宮にて霊験著るし

御年三十三才の御時紅梅殿を御造立有けるは今の菅大臣の地也

城南に吉祥院の造立有て五十の御賀を御行せ給ふ時御会半に白衣したる老翁願文に沙金一袋を添て席上の机にのせて何処ともなく去りしと

城南御住居の時は四時月に花に御遊覧有し地なりと

ステーションの下の処に有しが外へうつしたるも時あるなり 君のすむ宿の梢を行々もかくるゝまてにかへりみしかな

(喜光寺) 添下郡菅原に有り野見宿禰の遠孫古人道長等の住せし地なり

大和国長谷町の上に有公は当寺の観音を御信仰有て其縁記をも認給ひしなり

寛平十年十月廿二日帝に供奉し吉野なる宮瀧御覧になりし時/      御製/宮の瀧うべも名におひて聞えけり落る白泡の玉と見ゆれば/菅公/水引の白いとはへてをる機はた びの衣にたちやかさねむ

天慶四年日蔵上人笙の窟にて神勅有て勧請なし給也

河内の国土師の里に覚寿尼とて御姨君のおはせしに川より程近きとて訪はせ給ひしと道明尼寺則これなり

河内の国佐田は大坂より三里にして風景の地なり

六月廿五日神事夜景

此辺り梅塚天神北野天神など処々霊跡有しは難波の梅を見廻り給ひし古跡なり

露とちる涙に袖は朽にけり都のことを思ひいづれば

此処より船上りなし給ひ船頭茂太夫を案内とし大融寺に詣で給ひしと今上中下の三社となりたり

公福島を船出なし給ひしがまた風あらくなりし故長洲に上り給ひ須磨までは陸行なりしと

公の家来とて残りし者と分れて二十五家となりて今に社に奉仕す(鉄拐峰)(一ノ谷)(淡路)

延喜元年正月太宰権帥に任ぜられ此処を過給ふ時駅長迎奉りて嘆ければ/駅長莫驚時変改/一栄一落是春秋

公御適遷の時此地へ御立よらせ自から植給ひし松今再植となりて盛たり社は天正六年秀吉公の再営にして巨大なるなり

印南郡大塩村にあり/うこゞめのくるみのからにだまされて日笠の浦をめぐる山がら

仁和四年讃岐国の任に在りし時百日の旱魃に城山の神社に雨乞し給ひしかばたちまち雨ふりしと

備州因島へ御船をよせ片袖をとりて桑原氏に給ひしと今それを尾の道に遷せしなりと

公御船をよせ一巻の連歌を奉納し給ひし其古跡にして有しと

佐波郡なる宮市は其頃勝間が浦へ御船をよせ給ひて順風を待給ひし地にて松が崎と云り

筑前袖が湊に御船より上らせ給ふ時船つなを敷て居え奉りしと今の土居町の縄場の社其古跡也

筑前国御笠郡雑餉隈駅に有て霊験著るし

従太宰府十八丁公爰居給ひ終に薨御有しと毎年八月の祭礼も此処まて神幸有りしと/去年今夜侍清涼秋思詩篇独断腸恩賜御衣今在此捧持毎日拝余香

太宰府より一里にあり罪なきを公天帝え訴へ給ひしと
島上部田辺村上宮は野見の郷にして宿禰を祭りしが菅神贈官有て御帰洛の時神輿此処にて動かざれば一夜御留め奉りて都に御入有し故跡とて往古より祭り来る霊社なり

(心字池)(志賀社)(櫛田社)(表替)(金刀比定)(天穂日命)(太神宮)(尊意社)(本宮)(祓殿)(浮巌)

天慶十年七条の文子比良の良種等に託宣有て一夜に松一千本生ぜしより此処え始て造営有りしは此処なり (白太夫)(雷神)(老松)(福部)

『聖跡二十五霊社順拝双六』詞一覧

(付所在地)

 
順番 社名(現社名) 所在地
第一番 菅原院天神
(菅原院天満宮)
天満宮と申奉るは人皇五十四代仁明天皇の承和十二年六月廿五日烏丸の菅原院に御降誕まします 京都府京都市上京区堀松町
第二番 錦天神
(錦天満宮)
四条錦の社を源の融の霊也と云へどもそれは傍の小社にして本社は天満宮にて霊験著るし 京都府京都市中京区中之町
第三番 菅大神
(菅大臣神社)
御年三十三才の御時紅梅殿を御造立有けるは今の菅大臣の地也 京都府京都市下京区菅大臣町
第四番 吉祥院
(吉祥院天満宮)

城南に吉祥院の造立有て五十の御賀を御行せ給ふ時御会半に白衣したる老翁願文に沙金一袋を添て席上の机にのせて何処ともなく去りしと

京都府京都市南区吉祥院政所町
第五番 長岡天神
(長岡天満宮)
城南御住居の時は四時月に花に御遊覧有し地なりと 京都府長岡京市開田天神
 番外 山崎休天神
(離宮八幡宮)
(腰掛天神社)

ステーションの下の処に有しが外へうつしたるも時あるなり君のすむ宿の梢を行々もかくるゝまてにかへりみしかな

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷
 番外 大和国菅原社
(菅原天満宮)
(喜光寺) 添下郡菅原に有り野見宿禰の遠孫古人道長等の住せし地なり 奈良県奈良市菅原町
第六番 長谷与喜山
(与喜天満神社)
大和国長谷町の上に有公は当寺の観音を御信仰有て其縁記をも認給ひしなり 奈良県桜井市初瀬町
 番外 吉野宮滝

寛平十年十月廿二日帝に供奉し吉野なる宮瀧御覧になりし時              御製
宮の瀧うべも名におひて聞えけり落る白泡の玉と見ゆれば               菅公
水引の白いとはへてをる機はたびの衣にたちやかさねむ

奈良県吉野郡吉野町宮滝
第七番 吉野威徳院
(威徳天満宮)
天慶四年日蔵上人笙の窟にて神勅有て勧請なし給也 奈良県吉野郡吉野町吉野山
第八番 道明寺天神
(道明寺天満宮)

河内の国土師の里に覚寿尼とて御姨君のおはせしに川より程近きとて訪はせ給ひしと道明尼寺則これなり

大阪府藤井寺市道明寺
第九番 佐田天神
(佐太天神宮)
河内の国佐田は大坂より三里にして風景の地なり 大阪府守口市佐太中町
第十番 天満天神
(大阪天満宮)
六月廿五日神事夜景 大阪府大阪市北区天神橋
 番外 北野天神
(綱敷天神社)
此辺り梅塚天神北野天神など処々霊跡有しは難波の梅を見廻り給ひし古跡なり 大阪府大阪市北区神山町
第十一番 露天神
(露天神社)
露とちる涙に袖は朽にけり都のことを思ひいづれば 大阪府大阪市曾根崎
第十二番 福島天神
(福島天満宮)

此処より船上りなし給ひ船頭茂太夫を案内とし大融寺に詣で給ひしと今上中下の三社となりたり

大阪府大阪市福島区福島
第十三番 尼崎長洲
(長洲天満宮)
公福島を船出なし給ひしがまた風あらくなりし故長洲に上り給ひ須磨までは陸行なりしと 兵庫県尼崎市長洲本通
第十四番 須磨綱敷
(須磨綱敷天満宮)
公の家来とて残りし者と分れて二十五家となりて今に社に奉仕す(鉄拐峰)(一ノ谷)(淡路) 兵庫県神戸市須磨区天神町
第十五番 明石休天神
(休天神社)

延喜元年正月太宰権帥に任ぜられ此処を過給ふ時駅長迎奉りて嘆ければ
駅長莫驚時変改 一栄一落是春秋
と遊ばさせられしと

兵庫県明石市大蔵天神町
第十六番 曽根天神
(曽根天満宮)
公御適遷の時此地へ御立よらせ自から植給ひし松今再植となりて盛たり社は天正六年秀吉公の再営にして巨大なるなり 兵庫県高砂市曽根町
第十七番 桧笠天神
(大塩天満宮)

印南郡大塩村にあり
うこゞゝめのくるみのからにだまされて日笠の浦をめくる山がら
神詠なりと云伝ふ

兵庫県姫路市大塩町汐咲
第十八番 滝宮天神
(滝宮天満宮)
仁和四年讃岐国の任に在りし時百日の旱魃に城山の神社に雨乞し給ひしかばたちまち雨ふりしと 香川県綾歌郡綾南町滝宮
第十九番 尾道御袖社
(御袖天満宮)
備州因島へ御船をよせ片袖をとりて桑原氏に給ひしと今それを尾の道に遷せしなりと 広島県尾道市長江
第二十番 宮島連歌屋
(厳島神社 天神社)
公御船をよせ一巻の連歌を奉納し給ひし其古跡にして有しと 広島県佐伯郡宮島町
第二十一番 周防宮市
(防府天満宮)
佐波郡なる宮市は其頃勝間が浦へ御船をよせ給ひて順風を待給ひし地にて松が崎と云り 山口県防府市松崎町
第二十二番 博多綱場
(博多綱敷天満宮)
筑前袖が湊に御船より上らせ給ふ時船つなを敷て居え奉りしと、今の土居町の縄場の社其古跡也 福岡県福岡市博多区綱場町
 番外 きぬかけの社
(衣掛天神社)
筑前国御笠郡雑餉隈駅に有て霊験著るし 福岡県太宰府市国分
 番外 榎寺
(榎社)

従太宰府十八丁爰居給ひ終に薨御有しと毎年八月の祭礼も此処まて神幸有りしと
去年今夜侍清涼秋思詩篇独断腸恩賜御衣今在此捧持毎日拝余香

福岡県太宰府市朱雀
第二十三番 太宰府
(太宰府天満宮)

(心字池)(志賀社)(櫛田社)(表替)(金刀比定)(天穂日命)(太神宮)(尊意社)(本宮)(祓殿)(浮巌)

福岡県太宰府市太宰府
 番外 天拝山 太宰府より一里にあり罪なきを公天帝え訴へ給ひしと 福岡県筑紫野市武蔵
第二十四番 摂州上宮天神
(上宮天満宮)
島上部田辺村上宮は野見の郷にして宿禰を祭りしが菅神贈官有て御帰洛の時神輿此処にて動かざれば一夜御留め奉りて都に御入有し故跡とて往古より祭り来る霊社なり 大阪府高槻市天神町
第二十五番 北野天満宮

天慶十年七条の文子比良の良種等に託宣有て一夜に松一千本生ぜしより此処え始て造営有りしは則此処なり
(白太夫)(雷神)(老松)(福部)

京都府京都市上京区馬喰町
2015.05.15UP