尻屋崎-『武四郎自伝』と『東奥沿海日誌』における描写の違い
 『東奥沿海日誌』の解読中、佐井湊のところに入って以降一種奇異な感じを持った。
 弘化元年、武四郎は蝦夷地渡航に失敗をして鰺ヶ沢から津軽と南部の沿海の時計回りの旅に切り替えた。海べりを歩くことに拘りをもっていて、燕崎探検の所で見られたように土地の人でも陸行は危険だというところも気丈に道を求めて進んでいる。下北半島も海べりに忠実に佐井湊-大間崎-大畑-尻屋崎を歩いていくのであるが、尻屋崎についてはその気丈さが姿を隠して弱気になっている。
 『自伝』における描写は、佐井湊で世話をしてくれた人達から、「尻屋崎は往来の船を惑わせて座礁させる有名なところ、水夫・船方は打ち殺して、積み荷を奪い取る、旅人も打ち殺して物品をとる」と聞いても、しかしここまで来たのだから名高い尻屋を知らずにはいけないと、皆のいさめを聞いたふりをして怖さを強気にかえて行ってみたところ、思いもかけず大歓迎を受けた、それも伊勢国の者だからという大歓待だった」とあり、かつて何度か『自伝』を読んだ折は村人の中で御師然として得意になっている武四郎を思い描いたのであった。
 それが『東奥沿海日誌』においては、行く先々で土地の人の言に惑わされて行くべきか行かざるべきか逡巡する。佐井湊での人々のいさめと本人の諦めは自伝の記述とほとん同じだが、尻屋村のことは気になってしようがないのであちこちで噂を聞いて回る。大間崎では「そんなことは昔の話、貴公様一人を殺したところで何になろう」との話で、一方で恐れ一方で安堵するのであった。入口村では「難破船のものを盗み取ったりすることはどの村でもやることだ」と聞き、岩屋村では「尻屋崎では沖合はるかまで暗礁が続くので難破する船が多く恐れられている」と聞き、勇を鼓して尻屋村に入ってみた、とある。尻屋村に入ってからの両者の叙述には大きな違いはないが、村人の素朴な親切に感動する場面はより細やかに描写されている。武四郎の、村人に身を寄せる姿勢に私も感動した。
 蝦夷地や津軽半島・下北半島からは日本海回りの北前船が大いに栄え、江戸とこれらの地を結ぶ太平洋回りの航路が発達しなかったのは海流に違いがあるとともに、尻屋崎の先には暗礁が続き、また複雑な潮流や霧のため難破する船が多かったからとも言われている。そのために尻屋崎では村人が夜中に火を焚いて船をおびき寄せ難破させるとか、難破した船の船夫たちを打ち殺して物品を奪うとかの、不穏・不名誉な噂が広まってしまった。船の難破があって、お上に届けたりするとナンノカノと取り調べを受けて、流れ着いた物品は召し上げられてしまう。それよりだんまりを決め込むのが一番と判断したのは事実だっただろう。それが不穏な噂になって、独り歩きをするといつの間にか、尻屋村は旅人も近づけない集落になってしまった。気の毒なのは尻屋村の村人達である。
 武四郎は尻屋崎の東北に点在する暗礁について、「此岬より暗礁凡海中三里斗も連り、汐溢る時は隠れ、干る時は顕るゝ由。故に海上往来の船は此処を甚だ恐れて用心するよし。此岬の暗礁を号て、アシカリ と云。アシカリは船の足を砕と云よし申伝へたり」と記している。長浜より眺望した挿絵では「アシカリシマ」となっている。
 
長浜より岩屋・尻屋サキ眺望の図
尻屋村は「尻屋サキ」を回り込んだ向こう側にある。
岩屋村と石門の間に「タイハ」とあるのは「ダイバ=砲台」のことである。
 『武四郎自伝』における尻屋崎・尻屋村の描写
 爰に大場宇源治、菊地新左衛門、大行院等またよく世話致し呉て、生途川、鳥山より尻矢廻りをせんと云を、皆々いたく尻矢てふ処は旅人を打殺して物剥、又此岬に雨風の夜は出て篝火を焼て往来の船をまどはして暗礁にふれさし、船の打砕くをまちて水主、船方を打殺し物取る里なり等と云て、皆いさむれども此処迄来りて彼名高き尻矢の土地を見んも残多けれと、皆のとむるをうけがひ、村はしより浜通りを潜み隠れて七里長浜といへるを行入口村[二十三軒]に到る。爰にて恐山にて逢し者を見かけし故、爰にて一宿を乞て[一里]岩屋村に到る。此処大なる石門有。此間を入りて奇岩怪石の間を行まゝ尻矢崎に到る。此辺東南より吹上る汐風甚敷かりしを山廻りして廻るや[凡二里]尻矢村に到る。此処人家[二十三軒]に到る。爰の風俗如何にも野鄙其さまたとへがたく、前にいへる白布斗を着てありけり。泙の日には岸に出て蚫つきをなし、山の端に畑ありけるに蕪と稗とを作り、年中の常食稗四分蕪二分に鮹、鱈の類を喰、鮑は多分長崎俵物役所の小吏の来るに売払ふよしなり。此処の風俗は世間にて強盗共のみ住る様に言伝ふに事かはり、我此村に入りしや此方よりも彼方よりも多くの人出で来り、旅人は何処にて何用有て爰へ来るぞと問ふ故、我は伊勢の国の者にて諸国の人の風俗を見ん為め爰に来りし由答えければ、それこそ大神宮様の御国人か、此村はいまだ御祓様もゐらせられざる辺境なるに伊勢人の来り給ふこそ実に目出度けれとて、此方よりも彼方よりも休らひ行玉えと云につき休らひ見ば、大なる鑵子にて囲炉に湯を煮たて有斗にて、茶といふ物なく我が休らひけるや鍋持来りて、精け粟をうすき粥にして是を茶の代りに出すなり。其茶菓子様の物は皆蕪の煮たると鮑のうでたるにまた鮹のみなり。家々より鮹の足また鮑の煮たる等数十軒より持来り呉けるに、如何にも報ゆる物なき故、村中の人へと壱朱銀一ツを出せしに一向悦もせず、また受もせず、此辺り金銭は随分稼ぐに宜しけれども其を遣ふに物なければいらずと、国の守より役人等もむかしより来り給ひし事も無れば、かゝるものいらじといふて少しも受けざる故、詮方なく暇乞して出立たんとせば、村長ならんと思ふもの此村にはいまだ大神宮様の御祓なき故に、壱枚認め呉と云しまゝ半紙を四ツに切、天照皇太神宮と六文字を書あたえしや、此方よりも彼方よりも乞ふ人数多く、其家敷残らず書与へ出立んとするや、若者共二人我を次村迄荷物を負て送らせ、其の上に干鮑二升斗と昆布のよろしき厚を五寸斗に切百枚斗、途中の喰料と是非々々にと勧め呉ける故にいなむに力なく貰受て出立、峠一つ[凡二里]越て暮方に静刈村といへるに来りぬ。此処は人家四十軒斗なるが衣服は同じく白布斗にて、一宿を乞たるにすぐにゆるし呉たるに、決て米はなけれども粟飯にて宜しければと云ふに、其夜は鮹と鮑を尺斗の盆に山なりに盛出されしと粟飯とにて夜食仕舞て臥けるが、其夜のものは麻布に麻の屑を入れ至て重き物を出して借し呉られぬる。此処は纔二里斗の事にて少々風俗も改まりて村内に庵寺やうの物もあり、又伊勢の御祓の受てある家も二軒程ありと話しぬ。夜明て舎利が森といへるに行まほしく立出しや、吹雪甚しく道もわかたざりける故半程より帰り来り二日程滞留して其晴を待て出で、舎利が森、小田の沢、白糖、トマリ等過て、出土浜といへるに行て氷雪の沼に落て最早命失ふ斗なる事に逢ぬ。
 『東奥沿海日誌』における尻屋崎の描写
 ■円通寺にて
十八日。雪はふらざれども、道悪敷故如何と案じける処、幸登山の同道人有て出立しける処、町を立出て、さして悪敷道にもあらざれども、雪深くして難儀なるに、凡五十丁も行しと思ふ頃、空晴て至て天気よろしく、暫くして九折を七、八曲も上りけるが、地蔵堂有。此処より内の方みへざれども、外ヶ浜を見渡せば尻屋ヶ崎は天狗の鼻の如く東洋にさし出、ふもとを見下せば清水川、大畑の村々岸に沿て立並び、湊に澗掛りの舟も分明にわかり、下風呂岬と云はあれ成と同道の人に教られてみるまゝに、雲も追々退き今少しにして松前の箱館も恵山もみゆベしと云けれども、道の後るを厭て行まゝ此処より追々、桧山 にして左右ともに日影もみへわかたざる斗の事也。
■佐井湊にて
其夜に至り、当寺の宝物を何か拝見致し度由申遣し処、黒水晶の長六寸位の矢の根石を一個出し来り、其余小きは数種有しが、此大成方は余程美事(なる)ものにて有たり。此外一巻の因縁書を見せけるに、巻中尻屋岬の鬼神退治の趣を書けり。故に我も此処を出立せば尻屋に至らんと申せしに、院主の甚だ之を止めて彼尻屋村といふは旅人が行と皆大勢打寄て殺し、衣裳、荷物を奪ふ処也。故に是非是は止るべしと云るゝに依て先止るべしと諾しけり。
■大間浦を経て
霜月朔日。晴れけれども、又雨と変じ来りし故滞留。此日、村中より大勢遊人ども来りし故に、我は是より尻屋岬を一見致し度思けるが如何成所ぞ。先日佐井村の大昌院にて咄せし処、彼地は他国者は申に及ばず、周囲のものなるにても彼地へ行時は大き成網を張、是にて巻倒し、鳶口にて打殺す故の由伝へけるが、如何の由ぞと尋ける処、中々左様の事はよも有まじ。それは昔の事、貴公様御一人殺したとて何程の路金、衣服を持給へるぞ。其は破船の船頭、船方の事成べし。仮令彼村にてなくとも、此村にても破損等致すべし。一人や二人の船方ども上陸致来らば、届て何も角(彼)も面倒成故に何れ鳶口にて打殺して、衣服、積米、諸道具ともに分取高名に致すべし。なんぞ貴公様一人位には彼村一村かゝりて何の益が有ぞと大笑しけるに、我も一度は安堵、一度は又恐れけるが、虎穴に入ずして何ぞ虎の子を得んと愈彼地を一見せんと定たり。
■易国間村・桑畑村を経て
シウリ岬。此処此辺第一の出岬也。則此岬尻屋の岬と対岬す。
■赤川村にて
赤川村。下風呂村より三十七、八丁也。甲村よりは七、八丁と思はる。此処、赤岩岬、甲岬の間一小湾をなして船間(澗)よろしき処也。人家十二、三軒。漁者にして稗を少し作る。松前稼、桧山稼のみ也。人家皆富り。村内に川有。此川、赤土川にて雪解の節、又は雨後には水色赤し。土人云伝ふるに、昔源君、此処にて尻屋岬鬼神退治し給へし時、其矢を此処にて洗し其故に今此川水赤しと。故に赤川とは血川などとも書と申伝たり。
■赤川村を経て
赤岩岬。此上、砲台。嘉永年間築立のよし。扨本道少し上りて左の方に 八幡社。此処より源君尻屋岬へ矢を射給へしよし申伝ふ也。矢剥明神。此村川に伝ふて即二里半山に入。杉、桧生茂り其中に社殿有と。至て魔所也とて他国ものゝ行事を禁ずるよし。又冬分は中々雪深くして行がたしと聞り。云伝ふるにこの処に源頼義公隠れ居て、アイと云る草を切、矢とし岩を砕て鏃となして尻屋の鬼神退治し給しと。其故に今に此村よりも鏃石出るよし聞り。
■薬研湯から大畑へ
七日。天気にて出立。また此処にて尻屋崎の噂を聞しに言説一向に定め難し。先然れども今夜は、入口の岩屋迄なりとも行て様子を見べしと出立しけるに、野原、砂道、海岸通り行事一里にして、生途(正津)川村。湊村より半里といへども少々遠し。大畑より凡一里斗成べし。
■入口村にて
入口村。出土村より三里半といへども、五里も有べし。此処、浜形西向にして平磯。村の上に少(小)き沼有よし。又此処より東シヤリカホ村へ越るによろしと。又獅子橋、蒲の沢へも近しと聞。村中に小流有。人家三軒。打寄昆布取也。此処にて恐山の湯小屋にて面会せしものに逢て則其家に止宿す。此もの秋田出生にて大館屋清兵衛といへり。
八日。此村にて尻屋の事を聞しに、此二、三十年前迄は随分此の如き事無にもあらざれども、当時は左様の事はなきよし。唯破船物を盗取、其節一人や二人の岸に上りし船方どもは打殺す事、是は総て彼村に舟寄此辺の風習にして、何も珍敷とするにも足らずといへけり。故に先一見せんと出立しけるに、先米を一升五合程無心して出ける。
■岩屋村・石門を経ていよいよ尻屋崎
岩屋村。入口村より半里。此処西向、砂浜。村の上は平山少し。崩岸等有。則此下に家居す。人家二十軒斗。其さまみな掘立小屋にして笘(苫)ふき様(用)のものをしてふきし也。皆漁者也。
 土産 昆布 鰯 蚫 海参 其外雑魚也。
立出て砂浜伝へ行事暫にして、石門 有。幅一丈斗、高七、八尺。此中を潜りて行事凡十丁斗。砂浜、小石道伝にて行。海辺に、鬼窟。むかし此窟中に鬼神住て諸人を悩せしを、源君頼義公退治し給へしと。高七、八尺。幅一丈斗。奥行二丈斗。見事成窟也。岩屋石。色黒く大成は人の頭の如く、石質至て堅にして発墨よろしく皆硯材とす。しかれども滑にして辷る也。蝋石。色黒くして房州辺より出るに同。其外矢の根石等も有。是より平山に登る事十七、八歩。断崖たる海岸の上を北に向て行に、岸に打上て、草葉に懸りて水天花の如く、凡行事一里斗。尻屋崎。此岬恐らくは蝦夷地モロラン岬と対峙すと覚ゆれども、雲多く又海上遙にしてみへがたし。東北に突出する事凡本邦の尾と云べし。また此岬より暗礁凡海中三里斗も連り、汐溢る時は隠れ、干る時は顕るゝ由。故に海上往来の船は此処を甚だ恐れて用心するよし。
■アシカリ・尻屋村
アシカリ と云。アシカリは船の足を砕と云よし申伝へたり。又蘭人も此処を恐れ、私称してシラカープ、テクーレーと号し由。扨此処より海岸を回り東へ行、又暫くにして則畑有。凡二十丁斗行て、
尻屋村。岩屋村より一里半。生途川より此処迄大道[六十丁一里]七里といへり。此処本邦東北一大岬の直東にして海中に突出し、其東部也。村の上は平山樹木なく、海岸は岩石磯也。此処東面せば一大東洋なる故に浪荒くして、四時舟を寄る事成がたし。人家二十七軒。漁者にして稗を皆造るよし。此上に樹木無き故皆破船の寄り木をのみ薪とす。八幡杜。源君頼義公を祭るよし。
■村人と逢う
扨此村の人家に立寄し処、其人は皆白麻布の筒袖、膝限りの物を着て二布半の横前垂を締め、女は髪を螺の如く結ひたり。我村に入を待て、何国の人なるぞと聞により、我は伊勢の国、
太神宮様の在る処のもの成が、日本国中の高山を回らんが為、南部の国岩鷲山より恐居山へ来り、則此岩屋村の岩屋を見物し、当村の八幡社へ参詣したるもの也と答ければ、先づ家に伴ひ入、薄縁を敷て、村内のもの凡五十人斗も出来り、我に黙礼する事甚だ丁寧也。扨それより茶を乞て焼飯を食んと致せしに、此辺にては茶はなく湯を進ぜ申さんとて早々沸しける故、其心切に感じ、我が持てる大成焼飯を二つ小く割て、前へ来りし子供に遣はせしに、其親ども悦ぶ事限りなく、何か忍びやかに話いたせしが盆へ蚫のゆで上しを山の如く積上て、我腰かけし前に踞て我に与へけるが、恰も野史に鎮西八郎為朝が鬼ヶ島へ行し時、岩に腰打懸しを前に鬼ども宝珠を多く盆に積上て蹲踞しながら奉る図に少も異る事なく、今我旅装して此処へ腰かけしに、村人等が白麻布の服を着け月代、乱髪にて前に蹲りて此鮑を呉るさまいかにもそれと同じ。定て八郎為朝もかゝる位の事成べしと思ふて多く食、袖へも包みて此処よりシツカリ村へは何程ぞと尋るに、陸道一里半、海上は十七、八丁斗也と云けるが、今日は風荒くして海上は中々行難し。さもなくんば船にて送らすべしと懇に云こそ嬉しけれ。
扨此処にて海面をみるに中々船にては行難し。其故に其陸行を尋し処、村長様の申けるに、此村の若ものどもをば荷物持せて此峠迄送らせ申さんと云ける故、辞すはよけれどもその道の分り難きを案じ、則若ものどもに荷物を背負せ出立しけるに、庵寺の上に至るに、村のもの皆我上るを見て、いと余波おしげに暇乞いたしける。扨是よりして千鳥道とも云る九折を十八曲上りて、少し道も平になり上り詰と思ふ時、最早是にてよろしかるべしと云しに、今少し賤刈(尻労)村のみゆる処迄と無理に峰伝ひ行に、此処には雪有、甚だ道わるし。又西湾岩屋村も下にみヘ、彼処が大畑、彼方が下風呂也と晩靄の中に突出する岬をさし示しけるに、扨行々二十丁斗も行て下を見るに賤刈(尻労)村もみへければ、いざ分れんと銭を二百文出し呉けるに中々是を取る気色もなく、我等は海岸に生れて天気の能き時は蚫を取るに、一日一貫文、二貫文位の稼を致しけり。其故に中々銭は沢山有とて受納致さず。故に此処にて万金丹を二帖出して遺しけるに、其余波おしきを落涙して立別れぬるが、我此坂を下るを跡よりつくづくとみて居りしぞ聞しにまさりし村にてぞ有ける。
■シツカリ村
シツカリ村。地勢提要、尻労村。尻屋村より山越一里半。船にて此崎を回る時は二十五、六丁位と云。此処後は峨々たる山にして、樹木無く、前は東洋数万里一望にして波浪荒し。村の前、小湾有て船入るによろしけれども、中々冬分はよせ難し。又暗礁多し。村長の宅に入て宿を乞けり。人家二十五軒。山端こゝかしこ高低の処に家居す。皆漁家にして稗を作れり。人の風俗尻屋村に同じ。皆白麻布を着たり。扨夜に入、米を二合半斗出して粟を三合斗無心し、炊て食んと致せしに親等も子児も側より甚だ羨敷げに見ける故、則此小児に飯を食せしが、親達も甚だ悦びて、蚫、蛸等を出して、沢山にゆで上げ其夜振舞けり。扨此近辺に何ぞ珍敷所も無きかと尋しに、別に珍敷処もなきに、明朝長岬の燕岬を見物させんと申呉れけるに、扨其夜は炉辺に布団も着せず其侭に臥しけるが、九日。夜明前より雪降、風厳敷なりたり。扨彼残りの飯を焼飯とし、彼家にて炊たる稗飯を食、出立せんと立出けるに、小船して其燕岬をみせ申さんと云まゝ出立。その邨端にて船を雇、乗出すに断崖たる岩岸伝へ、七、八丁にて長岬。此処尻屋、シツカリ両村の境、岩壁海中に突出す。
■泊岬
泊り岬 と云。峨々たる岩岬東海に突出す。則此岬尻屋岬と並て対峙せり。則此間一湾となるなり。扨岬を回りて小祠有。此処を下りて、
泊り村。白糠村より二里。此処浜形南向。平磯。岩石、暗礁多く、後ろの方、起(貴)宝山に靠りて村居す。然れども、村の西の方は則砂浜に連りつゝ、此村より七戸館所支配也。此前船がゝりによろし。人家八十軒斗。小商人二、三軒。問屋一軒。秋田屋と云て村長を勤め、則当所起(貴)宝山の別当職なるよし。漁者のみにして少し稗を作る由。農家によりて泊る。
■『東奥沿海日誌』を終わるにあたって
大畑より尻屋岬、小田野沢辺の事は昔より誰一人見聞して彼海岸の様子を書記しられしものもなし。又牛滝、福浦の村々も寛政度最上常矩、命を得て回りしより誰通行せしものもなし。唯罪人のみぞこの外に行ものなし。故に海国に生るゝものは海辺の様子をしらまほしげに思ふて此行をなせし事書しるし置もの也。
2019.11.04 UP