挿し絵について。旅の途次に見聞した古美術品や風物のスケッチは本文に興趣を添えるもので、文脈に即して挿し込まれるのがふつうであるが、今回の自筆稿本『辛巳紀行』ではそれとともに天満宮・天神のスケッチが文脈にあまり関係なく挿し込まれているところに特徴がある。順に取り出してみると、
第一番 菅元院天満宮 第二番 錦天神 第三番 菅大臣 第四番 吉祥院天神 第五番 長岡天満宮 第六番 長谷与喜山 第七番 吉野大威徳天神 第八番 河内国道明寺 第九番 蹉跎山天満宮 第十番 大坂天満天神 第十一番 大坂曽根崎露天満宮 第十二番 福島天満宮 第十三番 須磨綱敷天神 第十四番 大倉谷休天神 第十五番 播州曽根天神 第十六番 讃州高松帝釈院天満宮 第十七番 讃岐国滝宮天満宮 第十八番 尾道御袖天満宮 第十九番 厳島天満宮 第二十 無記 第二十一番 博多綱場天神 第二十二番 筑前天拝山 第二十三番 大宰府天満宮 第二十四番 上宮天神 
となっていて、明治十四年時点で彼の考えていた「聖跡二十五霊場」がどのようなものであったかが分かる。第二十五番の北野天満宮がないのは自明のことだったからであろう。このうち、第十番大坂天満天神、第十一番大坂曽根崎露天満宮、第二十二番筑前天拝山、第二十一番博多綱場天神、第二十三番大宰府天満宮については白紙のままで、後日挿し込む予定であったと思われる。
 最終的に彼が「聖跡二十五霊場」として定め、小神鏡を奉納し、石標を建てたところを『天満宮二十五霊場神鏡背面拓本』で示すと次のようになる。
第一番 菅元院天満宮 第二番 錦天満宮 第三番 菅大臣天満宮 第四番 吉祥院天満宮 第五番 長岡天満宮 第六番 与喜山天満宮 第七番 大威徳天満宮 第八番 土師里天満宮 第九番 佐太天満宮 第十番天満天神 第十一番 曽根崎露天満宮 第十二番 福嶋天満宮 第十三番 長洲天満宮 第十四番 須磨縄敷天満宮 第十五番 播陽休天満宮 第十六番 播陽曽根天満宮 第十七番 播陽暈山腰懸石天満宮 第十八番瀧宮天満宮 第十九番 御袖天満宮 第二十番 厳嶋連歌屋天満宮 第二十一番 松崎天満宮 第二十二番 縄場天満宮 第二十三番 大宰府天満宮 第二十四番 摂陽上宮土師里天満宮 第二十五番 北野天満宮 
 この『天満宮二十五霊場神鏡背面拓本』に示された順番と社名は、同時期(諸説あり)に出版される『聖跡二十五霊社順拝双六』と一致している。『双六』に番外七社として挙げられている「天拝山」は、自筆稿本『辛巳紀行』では二十二番に選定されている。これらを比較し、明治十五年以降も続く天満宮・天神巡りを検討するならば、異同や選定の基準も自ずと明らかになるのではないだろうか。その意味でも明治十六年の自筆稿本『癸未瞑志』の解読、刊行が望まれるところである。また、明治十三年の大峯奥駈の敢行を記した自筆稿本『庚辰紀行』の解読、刊行も同様である。


第1番 菅元院天満宮

第2番 錦天神

番外 長尾天満宮

第3番 菅天神

第7番 吉野大威徳天神

第4番 吉祥院天神

第5番 長岡天満宮

第6番 長谷与喜山聖廟

第8番 河内国道明寺

第9番 蹉跎山天満宮

第12番 福島天神

第14番 大倉谷休天神社

第13番 須磨綱敷天神

番外 西二見天満宮より淡路島

第18番 尾道御袖天満宮

第15番 播州曽根天満宮

第16番 讃州高松帝釈天天満宮

第17番讃岐国滝宮天満宮

第19番 厳島天満宮

番外 筑紫福岡天神社

第24番 上宮天神
2012.02.11UP