松浦武四郎はその能力、業績、行動において多面的な人物であったから、その人物像をひと言でいうことは困難である。しかし、一生涯通しての特徴ということでいえば、探検家であり旅行家であったというのは異論のないことであろう。それは15歳の家出の時から71歳でなくなるまで一貫していた。病に倒れていなかったならば、西日本への旅行、特に大台ヶ原への三重県側からの登山など、まだまだ続いていたに違いない。彼の探検、旅行は無目的の漫然たるものではなく、飽くなき探究心に支えられていたのはいうまでもない。

 武四郎は明治10年代、毎年のように西日本への旅行を行い、大峯奥駆けや大台ヶ原登山を敢行し、また『聖跡二十五霊社』順拝の取り組みをしている。事後、『尚古杜多』、『庚辰游記』等の小型本を発行し、友人・知人に配付しているが、これは古物一覧や古物会の模様などを記しているのみであった。後には簡略な旅行記も出すようにはなったが、彼にとって旅行は趣味的なもので、悠々自適の「余生」を送っていたかのような印象を与えていた。しかし、これらとは別に彼は詳細な旅行記を記し、稿本として残していた。これら稿本類を倂せ読むならば、彼の旅行は決して趣味的なものではなく、自らの生き方に関わる大事さを持っていたことが了解される。

 松浦武四郎記念館は、2010年度以降、これら未刊行の稿本の解読、発行につとめてきた。明治10年代の稿本発行については、昨年(2016)度で一応の区切りがついたが、若い頃からの旅行記録は稿本のまま他にも残っているものがある。あるいは活字化されたものの現在では入手困難となっているものもある。これらに触れる事は武四郎研究、武四郎理解のうえで欠かせないので、この事業は今後も継続していかなければならない。その意図の元に今年度は『四国遍路道中雑誌』の解読と発行を行うこととした。明治10年代の稿本は晩年の武四郎理解に役立ち、『四国遍路道中雑誌』は若き日の武四郎を知るうえで有益なことである。

 『四国遍路道中雑誌』は稿本のまま長く東京松浦家に保存され、戦後、国文学研究資料館史料館寄託を経て現在は松浦武四郎記念館の所蔵となっている。昭和50(1975)年、吉田武三氏により活字化され、その存在が広く知られることとなった。 2000年には多くの松浦武四郎関係歴史資料とともに国の重要文化財として指定された。

 本稿本は3冊からなり、各冊とも表紙は縹色万字繋空押の用紙を用いている。外題「四国遍路道中雑志一(〜三)」、内題「四国遍路道中雑誌」である。寸法は3冊とも同じで26.5×18.3p。第1冊43丁、第2冊46丁、第3冊20丁、計109丁である。原稿用紙は柱刻に「不貸不鬻/多氣志樓蔵」と刷り込んだ特注のものを用いている。執筆は彼が27歳の弘化元(1844)年、故郷でのことであったが、その時点で右の原稿用紙を用意していたとは考えにくいので、後年浄書した可能性がある。また欄外及び本文への書き込みが 40ヶ所もあるのはその時の付加ではないかと思われる。

 本稿本の活字化は吉田武三氏による「四国遍路道中雑誌」(『松浦武四郎紀行集 中』(昭和50(1975)年刊に所収)が唯一である。吉田本の底本は「文部省史料館蔵」のものである。現在は松浦武四郎記念館所蔵となっているから、今回発行の対象にしているものと同一である。武四郎の字は崩し方に彼独特のものがあり、他の読みの可能性もあるのであえて取り上げることとした。また吉田氏本は発行後42年がたち、入手困難となっていて、活字化されたものはなかなか閲覧しにくくなっているのが現状である。

 そこで新しい解読本が必要となる。今回の解読は「武四郎を読む会」の会員(唐津巳喜夫・佐藤貞夫・出口孝次・松村瞭子・森昌彦・森川正美)が分担し、最終的に佐藤貞夫が統括して出版することとした。結果的に吉田本とは違う読みを何箇所かで採ることとなった。

 明治10年代の彼の探検、旅行の記録は日誌スタイルを採っている。日々の記録を綴るスタイルである。それに対して今回取り上げる『四国遍路道中雑誌』は日誌スタイルではない。先行する案内記や名所図会、地元の人々からの伝聞も入れて自分の体験を再構成している。日誌スタイルは個人的なものとして理解されるのに対して、事項見出しのものは、他の人間にも応用の出来る汎用性のあるものとして意識され、旅行ガイド、案内記としての役割を果たすことが出来る。彼は『松浦武四郎自伝』冒頭において「人となりて諸国の名山大岳に登らんことを欲して名所図会また好て地誌を読」と記しているが、読む側から書く側に立とうとしたのが本書で、その後、多くの地誌を著し挿画を描く出発点となっている。その点では習作的な意味合いもあった。

 彼の『四国遍路道中雑誌』の執筆動機は、個人的な体験の記録ではなく、これから四国遍路に出掛ける人への案内記を志向している。冒頭において、

(遍路姿に)身をやつして遍路の順程を聊因ある信者にも見せばや、又は一丁字の弁なき婆子にも見せまほしく覚え候侭に、一小冊を懐にして日々の順路、村名、里程をしるし、又は堂塔、坊舎多き霊場は其境内に山色、風光を審にして、一度此書を閲るものは座ながらにして三百八十余里の長程を歩み、八十八ヶ所の霊場に法縁を結ばしめ、大師創業時の志給ふ苦辛を感じて、一度にせよ、南無大師、遍照金剛の称名を誦せりしこと、今浄書して置んと禿筆を始む。

と本書執筆の動機、目的を述べている。実体験の記録を日誌として記すのではなく、案内記を著そうとした。彼はただ漠然と各地を移動しているのではなく、いろいろな案内記や名所図会を見、それに導かれながら旅をしていて、自分も案内記を書いてみたいという欲求があった。習作として意識していたに違いない。しかし、これを書きあげただけで上梓しないのであれば、右にいう「信者」や「婆子」のもとに届きようがないから、本稿本の浄書には公刊の意志があったのかもしれない。

 彼の携行した「一小冊」は「日々の順路、村名、里程をしるし、又は堂塔、坊舎多き霊場は其境内に山色、風光を審にして」というのであるから、野帳のことであろう。彼にとって野帳は必携のアイテムであり、野帳携帯のスタイルは後々まで長く続いた。笠や杖の他、持ち物として必要な物はないのか。本文には具体的には書かれていないが、当然のことながら地図類・案内記も持っていたに違いない。8年後の執筆時点(弘化元年・机上作業)でも、何らかの案内記、名所図会を参考にしたと思われるが、具体的には書かれていない。当時よく使われていた案内記は宥弁真念の『四国徧礼道指南』(貞享3(1687)年)であり、武四郎の稿本にも酷似した表現が出てくるので参考にした可能性は高い。『四国徧礼道指南』は経路の明確化を意図して作られ、詳細な情報が記されている。初めて 88の番号と札所が一対一で対応させられた点でも特筆される。以後、改訂、増補を重ねて江戸期末まで利用されたロングセラーだった。他に『四国徧礼霊場記』(寂本)、『四国徧礼功徳記』(真念・寂本)、『四国遍路海道記』(大淀三千風)、『四国徧礼絵図』(細田周英)等何種かの案内記、旅行記が発行されたが、武四郎の用いたものは何だったのか、今のところ特定できない。今後の検討を俟ちたい。

 稿本には、見開き1丁の挿図36枚、半丁の挿図6枚、小図若干が使われている。旅の途次、彼がスケッチしたものである。山名、地名、寺社名もしっかり示されているので、本文の理解を助けている。名所図会として編集する志向もあったのではないか。もっともこの挿図については本文(181頁)において、「しっかりした原図があったのだけれど九州時代に失い、日記として描いたものしか手許になかった」と述べている。

 武四郎は、前述のように情報源として地図・ガイド・名所図会等も携行していたと思われるが、その他、土地の人たちからの取材も忘れていない。また必ずしも実体験のものばかりを記した訳ではない。案内記からの情報、土地の人たちからの伝聞は「〇〇と云」」(194ヶ所)「〇〇と聞」(16ヶ所)「〇〇と云伝」(32ヶ所)(計242ヶ所)等と伝聞であることを明示している。彼の「聞き取り上手」なルポルタージュ的手法は、後年蝦夷地において大いに発揮されている。

 四国遍路の風習はいったいいつごろ発生し、どのようにして大衆的なものになったのか、不明な点が多いが、真念(?〜1691)の頃には一応の形を整えていたものと思われる。彼は江戸時代初期の高野聖で、四国88箇所を20回以上歩いて巡拝し、四国遍路について現存する初めての旅行案内書と言われる『四国徧礼道指南』と、その霊験記である『四国徧礼功徳記』(寂本と共著)を出版し、また、遍路屋(真念庵)の建立や標石の造立をした人物である。彼の取り組みにより、庶民の四国遍路が定着した。

 武四郎は若い頃(天保5〜7年、17〜19歳)2回四国に渡っている。蝦夷地に赴く途次、故郷に寄ってこれを書き上げたことは本稿本第1冊の末尾でわかる。第1冊の末尾には「弘化元年稿/二十八才/四国遍路日誌/全三冊」とある。88ヶ所の霊場や距離などの詳細については数年に及ぶ九州滞在の中で諸資料に当たって調べてあったのではないかと思われる。四国に渡った 2回の経験とはどのようなものであったか、『自伝』を引用してみよう。

十七歳[天保甲午五年] 十月坂地を出て播州地より備前を過て讃岐に到り、東讃碁の浦を過て阿州に至り、十二月淡路に越是を一週して紀州和田に渡り、和歌山に到る。

十八歳[天保六乙未年] 過て和田より阿州撫養に渡り、四国の八十八ヶ所の霊地を探らん為、爰より讃岐国八栗山の麓□□村と云に到りて越年す。

十九歳の時[天保七丙申年]に再び阿州に出で、坂東霊山寺より順次拝之。二十番鶴山の奥の院、潅頂ヶ滝、大竜寺奥の院、黒滝寺一つとして是を余すなく、三月土佐に入り、四月伊予国五十七番横峰寺奥の院なる石槌山に上る。時に五月二十五日、実に是予が望足りぬと言つと思はる。順拝相終て讃岐国金比羅より山越して阿州なる箸蔵寺に上り、祖谷山に越、怒竈、鳴滝、七段滝を過て剣山に上る[六月十七日]。爰に到るや石鎚岳を南西に見、焼山寺岳を東に見ゆ。当春焼山寺に上るや実に其高きこと南海第一と思ひしに、今日爰に到り焼山寺を此児孫の末に見るをや。翌十八日朝山回りしてまた祖谷に下り、其より撫養に出又紀州和田に渡り、是よりして和州金剛山、天の川、泥川に行。

 弘化元年、武四郎は蝦夷地を目指すことになるが、その途次、前年(天保14年)に故郷に立ち寄り、『四国遍路道中雑誌』を執筆し、姪たちのために『武四郎風刺双六』を描いている。『自伝』を引用する。

二十六歳[天保癸卯十四年] 去年二月十二日母の身まかりしことたよりありしかば、是よりして帰省のこと思ひ立て、八月大村領なる舟を便して十月上旬上坂し、京に到りてまたしばし休らひて伊勢の国に帰りける。

二十七歳[弘化元年甲辰] 二月十二日は母の三年忌なりける故、父の七年忌も共に行はるゝよし。其こと済けるや否、予は直に十五日両宮へ参り再び家出せんと、先外宮に参りけるや法躰の者は広前に遣らざる由にて、御しら石といふ者いたく咎けるを附髪てふもの拵へて参る。・・・是より蝦夷が島の隅々まで探り何の日か国の為たらんことをと、また氏神貴船大明神の社に詣で二月二十五日旅装して京都さして上り・・・

 これで見ると1回目(天保5年・17歳)は播州を経て備前から讃岐に入り、阿波の途中からいったん紀州和田に渡った。2回目(天保7年・19歳)は紀州和田から撫養に渡り、1番霊山寺から順次回ったとある。ところが、『四国遍路道中雑誌』冒頭では、天保7年19歳の時に播、備の両州を経て下津井の湊から丸亀に渡った、としていて実際と記述の間に齟齬がある。2回の経験を一つにまとめ上げる再構成の意図がうかがえる。

 四国遍路は阿波の国の霊場(23ヶ寺)を「発心の道場」、土佐の国の霊場(16ヶ寺)を「修行の道場」、伊予の国の霊場(26ヶ寺)を「菩薩の道場」、讃岐の国の霊場(23ヶ寺)を「涅槃の道場」といっている。であれば、1番から始めるのが順当であると思われるが、それを途中の78番道場寺から始めたのは、自らの経験であるとともに、当時大坂からは直接、あるいは播州・備州を経て下津井から船で丸亀に渡るのが一般的であったからであろう。このルートは金毘羅参りをする道の一つで、船便を得やすい。また遍路をする上での便宜、例えば身分を証明するものの取得が大事であることを強調したかったのではないかと思われる。各地に番所があり、遍路とはいえ入国・出国の厳しいチェックを受ける。それに対応するにはどうすればいいかをまず説いている。寂本の『四国徧礼霊場記』が 75番五岳山誕生寺善通寺」から始めているのも興味深い。

 四国遍路は真言宗の寺を回るのを主としているが、天台宗4ヶ寺、臨済宗2ヶ寺、時宗1ヶ寺を含み、門戸の広さを見せている。また中世から神仏習合の影響が強く、寺社が同じ境内に同居、あるいは親しくしている例は多かったが、明治初年の神仏判然令による神仏分離、廃仏毀釈で四国遍路の寺々も様々の影響を受けた。廃寺に追い込まれたり、荒廃を余儀なくされた例も少なくない。補注でその例をいくつか取り上げた。