【日時】2010年10月27日
【山名】山上ヶ岳(1719m)
【山域】大峰
【形態】木楽会
【天候】ミゾレ・霧のち晴
【コースタイム】
 五番関トンネル南口登山口(7:25)
  −0:15−
 五番関・女人結界門(7:40-7:50)
  奥駈道へ
  −0:35−
 鍋冠行者堂(8:25-8:30)
  −1:35−
 洞辻茶屋(10:05-10:20)
  −0:55−
 西ノ覗岩(11:15-11:40)
  −0:20−
 頂上(12:00-12:05)
  −1:10−
 洞辻茶屋(13:15-13:25)
  −1:30−
 五番関(14:55)
  −0:10−
 登山口(15:05)
――――――――――――――――
 歩行時間=6時間30分
  往路=3時間40分
  復路=2時間50分
 所要時間=7時間40分
――――――――――――――――
木楽会といっても友人の木楽さんと会員二人だけの草木観察の会である。山登りも楽しんでいる。
一泊山行は紅葉を求めて白山と決めていたが、天候と日程がうまくいかず、今回の大峰行となった。
私にとっては山上ヶ岳は3回目。五番関から1回、清浄大橋から1回登っていて、今回は五番関から登る。

前日昼前に家を出て、R166、R169をとって川上村迫で林道洞川高原線に入る。
この林道は大天井ヶ岳の南で大峰山脈を横断するから最高点は1100m近い。
五番関トンネルの北口近くで大天井滝を観賞、南口で今回の登山口を下見した。
洞川に下りて龍泉寺を拝観、その奥の洞川自然研究路を散策し旅館に着いた。

翌朝6時過ぎに旅館を出て、6時半に五番関登山口に着いたが、気温2℃、ミゾレが降っていた。
前夜の天気予報では冷えるものの曇のち晴ということだったのでがっかりしたが、1時間近く様子見をして、風がやみ小降りになってきたのを見計らって出発した。
登山口から奥駈道の通っている尾根まで15分、直登気味の連絡路を上がる。
急に風が強くなり寒いのでもう1枚フリースを出して羽織った。昨夜の雪が辺りを白くしている。これからの道で積もっていたら、アイゼンは用意してないのでどうしようと不安になる。
ま、行ける所まで行くことにしよう。

女人結界門をくぐとすぐ左の巻道と右の尾根道に分岐する。我々は広い巻道をとって、小天井ヶ岳の北斜面をトラバースすること35分で鍋冠行者堂に着いて小休憩。
堀割道を進み右に回り込むようになるとブナが目立つようになる。
大きな倒木を何本もくぐっていくと、小さな遭難碑がたっていたりする。

さらに右に回り込むと尾根が細くなり、蛇腹と名付けられた岩場となる。
ロープや鎖がついてはいるが、高度もあり昨夜来のミゾレで濡れているため滑りやすい。
樹氷が見られるようになり、木々の紅葉との対照が美しい。
登り切ると山上ヶ岳の頂上が見えるはずなのだが、ガスのため望めない。
やっとのことで10時過ぎ洞辻に着いて15分の休憩、弁当を半分食べてしまった。

茶屋のあたりにはマユミの大木が多く、身が紅く色づいている。
遠い山も近くの山も上部は樹氷で白くなっている。
息をのむような美しさで何枚も写真を撮った。

ダラスケ茶屋を抜けると道が二股になっている。左をとれば油こぼしや鐘掛岩の行場となる。
一度これに挑戦したが、途中で足の置き場に困って行き詰まったことがあった。
今日は岩場が濡れているし今の体ではとうていダメだ。行きたがる木楽さんをなだめて右の迂回路(平成新道)に進んだ。
が、その迂回路も私には緊張もので、木の階段に薄く雪が積もっていて滑りそうだった。バランス感覚の劣化だ。

前方左に頂上宿坊、右に西覗岩が見えてきた。鷲巣岩も見えてきた。
西覗岩は垂直に切り立っている。岩上から半身を突き出されたら、親孝行でも女房孝行でも何でも誓うであろう。
数分後その西ノ覗岩の上に乗った。端に寄らないようにして弁当の残り半分を食べながら四方を眺める。
遠くの青い山並み、近くの紅葉と樹氷、まことに得難い眺望だ。
高度感がありすぎ、鎖をつかんで下を覗こうとする木楽さんを見るだけで身の毛がよだってしまった。

簡素な等覚門をくぐり坂を登り、お花畑に出る。りっぱな妙覚門をくぐって大峯山寺に参詣した。
山上蔵王堂はすでに戸締めされていた。
堂前に3人分のザックが置かれているが、人の姿はない。
12時ちょうどに山上ヶ岳頂上に着いた。
最高点は湧出岩という大岩らしいが、柵に隔てられ中には入れない。前に一等三角点がある。
蔵王堂前に戻るとザックの主達が現れ東ノ覗岩の位置を尋ねられたが、こちらは情報を持っていなかった。

復路は同じ道をとって、登山口に戻ったのは15時5分であった。
ゆっくり登れば1700mを越す山にも登れることが分かってホッとした。
大峰奥駈道