『東奥沿海日誌』は、蝦夷地渡航に失敗した弘化元(1844)年の旅の記録である。沿海の地誌と海防状況を調べるのを目的としていたから、海べりの道をはずそうとはせず内陸に入らなかったが、本坊の円通寺から恐山の登拝に入ったのは唯一の例外である。
 この時、恐山全体を対象に下掲の鳥瞰図を描いている。これは2019年3月に出版した『鹿角日誌・壺の碑考・奥州名山図譜』の中の図譜に「宇曽利山巽面図」として収録されている。オソレ山はウソリ山の音韻変化だといわれている。巽とは南東のことである。
図中たくさんの書き込みがあるが、細かくて読み取りにくい。中心部を拡大してみたので本文と照らし合わせながら見ていただきたい。
引用本文の初めに「硫黄の気甚だし」とあるが、宇曽利山は火山で、特に地獄あたりには亜硫酸ガスが漂い、これを吸った人は気持ち悪くなるが、それを霊的なものだと勘違いする人もいるらしい。鳥は飛ばず、草木は生えにくいので独特の景観をつくっている。
『東奥沿海日誌』本文
こゝを暫く行て、畜生道。硫黄の気甚だし。故に号る也。鬼石。奇石五つ六つ山の側に並たり。少し行、三途川。此潟の落口則清水川村に落る。橋を渡て小き岡に、蛇柳 と云古き柳有。浜辺暫く行て小橋を渡り、一鳥居。左の方浜辺に木小屋有。此上に、林崎明神。女人を禁ず。扨鳥居を入て右の方、媼堂。並て上に、耆宿寮。並て、無漏館。上に、稲荷社。側に茶屋一軒あり。側に、薬師堂。裏の方、滝の湯。並て、花染の湯。此裏より大畑道有。間に此後ろの方に又硫黄山一ヶ所ありと。これは決して旅人にかくし置よし。
扨左の方は、本坊。円通寺より役僧相詰る。此并びに長屋有。則一間々々仕切て湯治人を泊らす。上に古滝の湯。并び、ひゑ腹湯。並て石蛇かご多し。向て、本堂。本尊佉羅陀山。願主地蔵菩薩。慈覚大師の作也。縁起有。略す。此上に、不動堂。側に並て、降魔石 等也。総て此潟の側らに峰八つに分れて八葉の蓮華の形をなす也。その八つの峰と云は北に伽羅陀山、鶏頭山、西に釜伏山、大ツクシ、小ツクシ。南に屏風山、東にツルギ山等也。満山皆桧にして繁茂し、中に一つの潟有も又奇とすべし。
又山中に種々の奇怪を説れども、何れも浮屠氏の妄説にして信じがたし。しかれども後の思ひ出に少ししるし置に、此山には四月八日より七月十五日迄の夜までは、晴て静成時は仏法僧と云鳥啼よし。別て毎年祭礼の時六月二十四日には多しと聞けり。扨本坊にて登山のものより一同一文づゝ山役銭と云ものを取て、地獄回りといふことをする也。先づ、其本坊の裏を少し入て、硫黄の燃る処有を修羅道と号く。並て阿鼻地獄、経ヶ塚地獄、鍛冶屋地獄、八幡地獄、金堀地獄、少しの岡を越て胎内くゞり、並て五智如来、海鼠地獄、慈覚大師供養塔。箸塚浜へ出て少し行、法花地獄、並て女郎地獄、客地獄、九戸左近将監地獄。又浜へ出て、漁師地獄、並て地蔵塔有。則此処を極楽浜といへり。
舎利石。此処より出る。大さ胡麻粒より米粒位のもの也。中に紫色のもの有。上皮は水晶の如し。至て稀也。其品母衣月、木並浜等の品より一等上品にして今にては甚だ之を秘せり。我玄々和尚より五、六粒を得て帰れり。
少し上に、血の池、磨屋地獄、農人地獄、餓鬼道、并西院の河原。此処に又地蔵堂有。少し行、機屋地獄、餓鬼道、博奕打地獄、問ず語の地獄、塩屋地獄、まづめ地獄(是は子を持ぬをいふなり)、酒屋地獄、蚕地獄、妾地獄、本妻地獄。是より少し下りて、慈覚大師の坐碑石。岩屋の有を号の剣の山と云。越て豆腐屋地獄、並て油屋地獄、舎利墳、慈覚大師堂、無間地獄、熖魔大王石、慈覚大師護摩壇、みたま坂石、慈覚大師の釜湯、紺屋地獄等皆一々種々の口上を以て案内す。此処にて板木を打て本坊に案内すると、則僧一人来りて本堂を開て菩薩の尊像を開扉す。此地獄回りの間はいかにもおかしき因縁を説て、却て此の如く地蔵尊垂跡の霊地を汚す事ぞかなしむにも余り有べし。 

『奥州名山図譜』中のスケッチ「宇曽利山巽面図」 
 
『奥州名山図譜』右頁の中心部拡大

 『奥州名山図譜』左頁の中心部拡大
2019.11.10 UP