日出ヶ岳の頂きから、天気のいい時には尾鷲市街・尾鷲湾を望むことが出来る。彼我の中間に、両翼を大きく広げた形の橡山がある。写真がなかなかきれいに撮れない (朝は逆光、昼間は靄が懸かりやすい)ので、代わりにカシミール図で見ると上図のようになる。今回の「ドライブ&ウォーキング」は彼我を逆にして、橡山から大台ヶ原を見たらどうだろうというものである。人跡稀な大台ヶ原に登るのもたいへんだったと思うが、下山の方はもっとたいへんだったろう。その苦労を偲ぶよすがに、木津から水無 峠までは車で上り、水無峠から地蔵峠までは歩く地図を作ってみた。天気のいい日の、行楽を兼ねた山歩きにオススメである。

――:ドライブ&ウォーキングコース  ――:尾鷲・紀北の市町境界
地図に青線で尾鷲市と紀北町の市町境界を入れた。武四郎の下山は3回とも紀北町の木津であったが、尾鷲に下りたとする方がいるので、そうではないと示したいためである。木津は尾鷲の範囲にあると勘違いされているのかもしれない。そうではなくて地蔵峠から古和谷を下りてクチスボあたりに着いたのだとされるのかもしれない。しかし又口川に沿って木津まで歩かなければならない。たいへんな無駄足である。尾鷲に下りたのではない、ということを理解していただけるだろうか。3回の行程図を下に示す。
明治18、19、20年、大台ヶ原登山・下山で武四郎の歩いた道
画面上クリックで拡大

18年(乙酉)                19年(丙戌)                20(丁亥)
さて話を元に戻してアプローチを見てみよう。銚子橋から木津までは銚子川に沿って行くだけの一本道だから 問題ないだろう。木津で銚子川は右:銚子川本流、左:又口川に分かれる。又口川に沿って分岐から1.6kmほど行った所に橡山林道の起点がある。林道としては幅広の道で登りやすいが、ジグザグの所もあるので要注意。水無峠につくと、パッと視界が開けて大台ヶ原方面が見え てくる。ここから地蔵峠まで5.5kmはなだらかな道で、中間地点(車止めあり)まで車で入れるが、山歩きとしては峠付近に駐車して歩くのがおもしろいのではないか。

車止め                     地蔵峠標識
右手に大台ヶ原の東面が見え、歩く度にパノラマ画は変わっていくが、東面の急峻さは変わらない。武四郎はこれを下りてきたのだと思うと、身が引き締まる。

2019.01.24稿