明治13年、武四郎は伊勢から和歌山別街道を、粥見からは和歌山街道をとって高見峠を越え吉野に向かった。この年の旅行の目的は大峯奥駆けで、それを成功させて翌十四年に吉野金峰山寺蔵王堂へ大神鏡を奉納したのであった。
近世、伊勢の松坂、田丸は紀州藩領であったので、和歌山と伊勢の領地を結ぶ街道が藩の肝いりで整備された。紀伊半島を東西に横断し、東側の松坂から高見峠までを和歌山街道といい、粥見から田丸へ派生する道を和歌山別街道という。西側の和歌山の本城から高見峠までは伊勢街道といわれる。
今回の「武四郎追っかけドライブ&ウォーキング」は和歌山街道をとって高見峠越えをするところをとりあげたい。現在の高見峠越えは国道166号線の高見トンネルをぬければ、簡単に済んでしまうが、昔はそうはいかなかった。高見山(1248m)の南側の鞍部=高見峠(899m)を越えなければならない。紀州藩主の初期の参勤交代にも使われたというが、その上り下りにはたいへんな苦労と危険が伴った。本居宣長は『紀見のめぐみ』の往路で高見峠越をし
  白雲に峰はかくれて高見山みえぬもみちの色そゆかしき
の歌を残した。
武四郎は高見峠までに粥見の辻や新七と舟戸入口の長野屋で宿泊した。特に長野屋では麁末な寝具、粗食を余儀なくされたが、人情は質朴であったと印象的に語っている。20数年前、舟戸入口には確かに旅籠屋の民家が3軒あったように記憶するが、今行ってみると案内所風の家が1軒あるのみで、その時のことを偲ぶよすがはなくなっている。
和歌山街道は櫛田川本流に沿って高見山に近づいていく。栃の大木が目印の舟戸最奥で川を渡り、山道を登らなければならない。徒渉点より数十m上の入鹿首塚について地元の方からおもしろい話を聞いた。乙巳の変の折、中大兄皇子(後の天智天皇)の意を体した藤原鎌子の刎ねた蘇我入鹿の首はここまで飛んできた、という言い伝えを聞いてバカな話だと思っていたが、実はその首級を妻妾の一人が竊かに盗み出してここまで持ってきて葬り弔った、ということだ。これだったら分かる 。
台高山脈は大台ヶ原(最高峰=日出ヶ岳1695.0m)と高見山(1248.9m)を結ぶ30qの山並みである。高見峠から明神平の奥の山々は見えないが、この縦走路の果てには大台ヶ原があるとしっかり頭に刻み込んだにちがいない。

五輪塔(蘇我入鹿首塚)              宣長歌碑

『庚辰紀行』記事
五月一日〈旧暦三月二十一日〉、今日八十八夜に当る。出立。服部、中西、送り呉る。〈二十丁〉宮川上の渡し、是を柳のわたしと云。是上も下も宮川は無銭渡しなりしが、今度は五厘づゝをとる。川端〈茶屋はたご屋多し〉畑道少々行。坂東村、上地村、湯田野村。爰に式内湯田神社有。こへて、〈五十丁〉田丸駅。元は紀州久能家の番城なり。商家、旅竜屋多し。名物、合羽、順負づるをうる家多し。町はづれ、田丸越初瀬街道。左り、紀州熊野、高見越吉野道有。〈田圃道一り〉原村、野中村、〈一り〉川原茶屋。此辺松原多くして赤土場所なり。熊野路順礼街道は野中より左りに行なり。〈二里〉丹生神社、〈下に〉神宮寺。弘法大師の再建なり。此処より二丁斗田の中に到り、加茂杉太夫と云伊勢暦の板本有。是を尋るに、何か教導職を勤め居るよしにて甚権柄がましく、少しも話しも出来ず。我は篤胤の直門なりと云。依て平田御直門なれば先生御年何程ぞ、翁没後の御弟子と申は五人ならで無はづなるに、其外にも束修の人有まじと存るなりと難じたりしかば、是にて少々ひるまれしが、田舎には如此ものおりおり有ものぞ。今日は御願供の翌日とて市中には市立有。にぎはしかりしが、昼飯をして、〈一り〉朝柄村。此村手前より川端に出たるが、是は櫛田川の上なり。両岸段壁実に目をさませり。〈二り〉粥見村。上中下の三村に分る。村内茶と桑多く作り、頗る家並よろし。村中、式内粥見神社有。辻や新七に泊。道者七十二人とか、今夜泊りのよし。

二日。在道つゞき。処々人家有。山をこへ、〈二り〉宮前村。式内花岡神社と云、よき社有。めづらし峠。下りて、〈一り〉赤尾村。右の方、村上につぼね岳と云有。〈一り〉田引村。〈二り八丁〉七日市。大定峠。出茶や一軒有。迎行者と云有。爰にて力餅と云をうる。松山にして風景よろし。〈一り十丁〉乙栗子。〈十丁〉加波村。〈一り〉波瀬村。共に皆茶や、はたごや有。此処よります ます両岸岩おもしろく、山またあやしく地形一変す。舟戸村入口なる長野屋と云に泊。また食事、夜具等忍びざる麁末にして、実に困却すれども、人気の質朴なるには感じぬ。爰にて巡回、巡業と同宿したり。また歩行荷物斗二十人斗泊り有。
三日。村中二十二丁斗行。爰にて人足を頼、坂に懸る。川有、土橋。二十丁上りて、道の右に入鹿大臣の五輪塔有。少々行て茶屋一軒有。また三十丁、九折を上りて、いせの国一面に見ゆ。また西に熊野も見え、大和も吉野郡の分は見ゆる也。高見峠。是またいせ分也。左りの方、行者堂、大なる者也。迎の行者と云。右の方、峰。是を高見峰と云と。峠より凡二十町斗も有。上に高角神社有り。今県水分社。此峰の南面に天狗岩、獅子岩、冠岩等有。此山、勢和の境といへども全くいせの分也。また峰まで北のつゞき、

天神岩山。并て請取越と云。是いせ多羅木村より和州宇陀郡土屋原村に到ると。三里弱と。然し牛馬通ぜずと。此谷川は大和の方は室生川に出るよし。其北に白紙(髪)峠。波瀬の月出村より、和州土屋原村の中野と云に出るよし。二里程、また神末にも出ると。また三ツ子岩越等の峠有。是は初瀬街道に懸る故、牛馬道よろし。扨高見峠より南の方えは、和州薊岳の東つゞき、勢州迷ヶ岳、并て勢州白倉岳。是は岩山のよしに見ゆ。同池木岳等也。西の方は総て和州川上谷の奥にして、塩の葉村より勢州大杉の上に当る。并て神合巍越と云有。大杉、塩葉の間四里十二丁。牛馬不通よし也。つゞゐて北大台。三途川落岳、巴岳、秀岳、真逆木岳、本小屋岳、巻塚、白カケ岳、有木岳、マブシ岳等。此処にてをちうち越と云は、紀伊国粉本村え北山小瀬の内、大谷村より六里十一丁有と云り。総て此間を大台の奥と云也。是より南は竜の辻越、八郎越等云は北山谷より熊野の越道多しとかや。

近年迄峠に茶屋一軒有りしが、今はなし。少々横道西の方回り、大和国一面に見ゆ。是より和州分也。〈十二丁〉小峠。此処出茶屋一軒有。〈五丁行て〉右に細道有。是宇陀郡へ行よし。此より下り坂三十丁にして杉谷村〈茶や〉、人家五六軒。下にて川の出合有。南より来るは奥杉谷と云よし。北の方より下るは大杉峰より来り、滝村、三軒屋村、平野村、二軒屋村の四ヶ村〈凡人家十七八軒〉を過て爰にて合て下る。山間〈三十丁〉しばし過、木津村。田少々有〈人家二十軒也〉。此村に京都清水寺の旧跡有。小島寺の延鎮、行叡居士、木津の川上にて金色の光を見て観音大士の像を得ると有るよし。村中に川有。此上は小峠、谷尻村とて二村を過て、宇陀郡の道有。此川、村中にて杉谷川と合て伊豆尾村、日裏村、木津川本村、小村に到りて川上の国栖川筋と出合なり。

                                             2019.01.26稿