飛鳥から多武峯を経て吉野(上市)へ
上市から宮滝・菜摘・国栖を経て、大滝・西河回りで奥千本へ 
奥千本から金峰山寺蔵王堂を経て六田へ
六田から橋本・学文路を経て高野山へ
明治12年の『己卯記行』の夫婦旅の大目的は、亡くなった愛娘「いし」の日牌を高野山に納めることであった。いしの冥福を祈りながら二人は、奈良の寺々、飛鳥の寺々、多武峰、吉野の寺々を巡ってきた。武四郎の足跡を追ってきた我々も、今回の「ドライブ&ウォーキングマップ」の締めは高野山に定めなければなるまい。
明治期、武四郎は2度高野山に登っている。1度は今回の旅であり、1度は17年のことであった。目的は自らの髻を高野山骨堂に納めることであった。『甲申日記』に詳しい。
明治17年『甲申日記』の旅
六田村、茶店、旅篭や多し。古沢君と爰にて早三時過なれば一杯を汲て、明春七十五靡駈祓事を約して、村の前すぐに柳の渡し場なり。一人前五厘をとるなり。
  新拾遺 けふみれば川波高しみよしのゝ六田の淀の五月雨の頃 義経
  万葉 音に聞目にはまだ見ぬ吉野川六田の淀にけふ見つるかも
  続後拾遺 桜咲水分山に風吹ば六田の淀に雪つもりけり 大宰大弐重家
此処むかしは淀橋とて橋ありしが、吉野詣の記といへるものに 六田の淀橋中程で修理せし折ふしにて、けふは船にて渡りぬ。おほきなる樹をつくりこめたる旅店あり。あるじのいふやうこの木はいはれある木なるよし申せしかば、六田の淀の柳にてはなきかと申かけたれば、そのことにてあるよし申。みればこゝに水あみなどしけり云々 と有るにても、むかしは橋有りしこと明けし。船渡し。こへて北六田村こゝにも旅篭や有。新野村、越部村、土田村〈従六田一里〉、此処またはたごや有。一すじの町なり。是より吉野川の北側をそうて下り風景よろし。桧垣本村。此村より芦原峠と云にかゝる。此処に高原への分れ道あり。下渕村。是より車坂をこへ、右の方に御所、当麻えの分れ道有。川向は下市町なり。是より洞川、山の道あり。左名伝村、阿名村、過て坂え上り、此上より吉野山、安禅、天井、大峯等よく見え、下りて宇野村〈従土田二り〉此村より右三在、高田辺え街道有。また一里にて五條駅に到る。是旧幕の頃の代官地にして繁栄なり。市街二千軒と云。吉野川の北岸にして毎日若山えの出船有。薄暮細川屋といへるに到りて宿る。席、川端に臨て筏師の下るを望て頗る風景よろし。
  あさもよし紀人ともしもまつち山今朝こゑゆく
と聞。其は大和の国の西南のはてなりと聞く。
四月十八日。車を早めて坂にかゝる。峠に和州、紀州の境有。〈三里〉田圃道。過て橋本駅にいたる。是また千軒余の市街。川端に臨みて立り。市中上下の二渡し有。越て田圃道五十丁にして覚文路村に到る。茶店、旅竜や多し。往来の旅人多し。高野に上る者はこゝに荷物を預け行とし、茶やよりは番号の有る木札を渡す也〈玉や与右衛門〉。坂にかかる。上に石堂丸の旧跡有。九折四十丁上り、峠。此辺の人家、家毎に高野紙と云をうる也。十丁下りて加根村。川有。両方に旅篭や有。美しき家作り也。此辺り桜少し盛りを過たるやに覚ゆ。
橋十余間。川の両岸崖。風景よろし。此川奥に北又、柿平、泊村等云有り。高野領 富貴えの街道有ど、甚しき嶮路なるよし。末は九度村に落る也。是より坂に懸り、人家ちらほらと有。当国は若山県下なるが、道路甚わろし。是より三十丁にして桜茶屋。風景よろし。明治四年、赤穂の士族七人にて敵七人を打しと云。是より峰通り二十丁行て神谷村。人家五十戸斗。多くは街道働也。茶や、はたごや七、八軒。何れも奇麗也。高野山の僧徒、此処まで遊びに来るよし也。眼下に九度山村を眺む。是より慈尊院道有。此辺桜満開也。過て山に懸る。道大によろしく成たり。右の上の方に岳の弁天、左りに児が滝、千丈岳落し等、昔しは当山限りの仕置場有。今は此事止みて県の御所置になりしかと。五十丁にして不動坂、女人堂。過て本谷の明王院に到る。此処に来るや、桜一本も咲たるを見ず。漸にして莟を抱し斗也。山陰皆雪也。奥院、伽藍等参詣す。総て其さま昔しにかわれども、其かわらぬ物は何か忝くぞ有て、袖のうるほへる也。
十九日。亡児小いしの日牌を納、焼香し畢て無量寿院。是は元興山寺と云しが徳川家御代々の御寺に有しが、今は寺領等没収せられ、一年の収納漸々金四円公債の利金御下げに成とかや。座敷向の結構、台所向の洪太、中々の物なりしが、一ヶ年四円の収納、障子の切張にもたるべきが、其余檀所と云無が故に一人の留主男有るのみ。此寺住職は高野一山の投標にて有るよしなるが、是故明王院高岡隆道教正が昨暮投標に成しとかや。依て別ても此寺はくわしく拝見をなすことを得たり。次に金剛峯寺、是は国中真言宗の投標なるとかや。是また書院の結構、無量寿院には下らず。今日は大塔普請に付、心柱を曳とかにて山中大にぎはひなりしが、昼飯を仕舞て下る。橋本より爪さき上り、紀三井峠なる《脱》やにて泊る。
   

2019.01.15稿