飛鳥から多武峯を経て吉野(上市)へ
 
上市から宮滝・菜摘・国栖を経て、大滝・西河回りで奥千本へ 
奥千本から金峰山寺蔵王堂を経て六田へ
六田から橋本・学文路を経て高野山へ
武四郎追っかけの、ドライブ&ウォーキングマップとして、さきに「初瀬−桜井−飛鳥−多武峰−上市」を作った。今回はその続きで、上市から宮滝・菜摘・国栖など記紀・万葉の故地をを経て、大滝・西河から音無川を溯り、青根ヶ峰・奥千本に至ろうというものである。このコースは、当時としてもあまり一般的ではなかったと思われる。一般的にはどうしてそんなヘンテココースを採ったのかよく分からないが、武四郎は他の旅でも同じコースの往復を好まず、周回できるようにコース設定をしているから、今回もそうしたのではないか。一筆書き方式とでもいえそうだ。ただ、なるべく今まで歩いた事のないところを入れるようにしているので、無理な設定になることもある。音無川の溯上がそれで、案内者は雇ったものの、草が生い茂っている上、重い荷物を持っているので思うにまかせなかった。妻とうさんも「蚯蚓ばりの疵を数か所拵え」たのであった。
上市から蜻蛉の滝までは、何度も通ったことがあるし、歩いた所もあるので、他の方に薦めるのに何の躊躇もないけれど、音無川の溯上は経験がない。いつか歩きたいと思っているコースである。机上プランで申し訳ない。
『己卯記行』(明治12年)から
十五日。 (多武峰から)上市駅に到る。市中賙賑、人家千余軒。吉野川の東岸に傍て家居す。此村も田畑甚少し。只一すじにて裏町もなし。町中に渡し有。是を桜の渡しと云。此処金弘丹と云売薬店有。旅篭や、茶屋多し。是より宮滝迄人手頼て出立に、町の端に板橋、〈是竜在、滝畑より集る川也〉こへて、轟村、立野村、茶店有。川西に背山と云、本名を舟山と云有。東岸に妹山有。樹立にして陰森たり。式内大名持神社と云。此処すなはちこの歌有る処なり。
  古今集 流れてはいもせの山の中に落る吉野の河のよしや世の中 読人しらず
  拾遺  おほなむちすぐなる神の作れりし妹背の山を見るぞ嬉しき 人麻呂
此処は川原屋村にして、境内に大海寺と云有しが、今は廃したり。前に潮生の淵とて、毎年六月三十日、潮水涌出すと。近村二十一ヶ村の氏神にして、神名帳、三代実録にも出たり。此処に標柱有て、右熊野路、左りいせ街道としるす。是高見越の入口也。此辺にて雨いたく降出たれども、しばし休ひて筏流しを見る。川の向左室村、人家少し有。東岸にツブロ川〈是鷲家より来る川也〉、源は竜門山より来る。西岸、よしの山つゞき。楢井村、並て小薗村と二村有。東岸、北 楢井村と云。爰に式内春日の社有。中荘七ヶ村是を奉祀す。また並て宮滝村〈従上市五十丁〉、茶店有。爰にて宿らんとせしが、滝飛を見るは向岸なる樋口村の方にて頼まるべしと聞て川端に下る。義経の駒返し石。過て岩石の上なる故に跪にて行。簣橋、此処川巾六七間、是に二本の木をわたし、柴もて結付、巾四五尺の橋とす。其両方にまた柴を結、是手すりに擬ふなり。両岸の高さ二丈斗、上は急峻、下は深潭底をしらず。一奇観なり。越て釣鐘石、屏風石等云有。此処より飛を滝飛と云よし也。西岸に上り人家七八軒、鍵屋と云を尋て宿を求め、此滝飛を頼みしかば、今日は吉野の花供養にて、村の者共弁当拵え参詣せんと支度せしに、雨降て行ざりしが故爰にて開居るとて、筏士等も大勢酒宴最中なりしが、我が遠方の者と聞て雨降寒けれども、七十五銭を賜はらばと云に、望の通り七十五銭を出したらば、一人の若者橋に到り、先両手を組て真逆に飛入、十四五間も下にて浮び上る。甚手練のもの也。二度目には橋上より真仰向に飛込、三度目には座して飛込等せしが、其内酒席に加りし若者共七八人来り見て、其飛様は宜しからず等云て自らも両三度飛込たり。其若者の云に如何様に飛込ても決して怪我はなけれども、腹回に飛降、決してよろしからずと。それさへ心得ればよきよし話せしが、帰りて其後の若者に五十銭を遣したる也。是は私の気まゝになせし事なればとて、其代価はうけざりしも、流石に山深き里の性の朴なる処か。
東岸宮滝村より上を菜摘村と云。川の両岸に散在す。爰に夏箕川と云有る也。
  万葉歌 吉野なる夏箕の川の河淀に鴨ぞ鳴なる山陰にして 湯原王
  続古今 更行ば山かげもなし吉野なる夏みの川の秋の夜の月 中原行実
  新後撰 なつみ河川音たへてこほる夜の山陰寒く鴨ぞ鳴なる 御製
  続千載 山陰やなつみの川になく鴨のをのが羽風に波ぞ氷れる 権大納言定
また花篭の水とて名水有。静御前しばらく住し屋敷なりと云伝ふ。また吉魚張といへる処も有。
  万葉集 我宿の浅茅色づく吉魚張の夏箕の上に時雨ふるらし 家持
      吉魚張の夏箕のうえの山を出て西をさしける月の影見ゆ
また御船山といへる船の形の山有。坂路さがし。此山に蔵王堂有よしなり。
  万葉集 滝のうへの三船山より秋津辺にきなく(き)わたるは誰呼子鳥
  新勅撰 みよしのゝ御船の山に立雲の常にあらむと我思はなくに 人麻呂
  新後撰 滝のうへに落そふ浪はあらし吹御船の山の桜なりけり 正三位重氏
  続後拾遺 このごろは御船の山に立鹿の声を帆にあげて鳴ぬ日ぞなき 俊頼
  同    空きよき雲の波路を行月のみ船の山に秋風ぞ吹 平済時
幷て下矢作村、上矢作村、大野村。是より南国栖野に口小村、窪垣内、新子七村を国栖庄とす。是大野村は川西えも散在して、間野原村、大迎村と云支村有。此辺り公事根源に曰 元日、節会、国栖奏とす。江家次第 国栖歌笛於承明門奏で また源平盛衰記 吉野国栖とは舞人也。国栖は人の姓也。浄見原の天皇、大伴王子を襲て吉野の奥に篭り、岩屋の中にしのび御座けるに、国栖の翁、粟の御料にウグヒといふ魚を具して典御に奉り、朕帝位に上らば翁と供御とを召れんとの綸言ありける後、大伴王子を誅し、御位に即給ふて召れしより以来、元日の御祝には国栖の翁参て粟の御料、ウグヒの魚を持参して御祝に進り、殿上より国栖と召るゝ時は声にて御答をもうさず、笛を吹て参る也と。
  万葉集 みよしのゝ国栖の翁のなかりせばはらかの御調誰かそなへん 清見原天皇御製
また此上の山を国栖山と云て、此麓より大滝えも出るによろし。又川東窪垣内の上に耳我嶺といふ高山有。是すなはち、
  万葉集 三芳野の耳我嶺に時なくぞ雪はふりけるひまなくぞ雨はふりける 清見原天皇御製
此処の川口則鷲家(ワシカ)郷なり。向を東川(ウノカハ)郷と云。
御山(オヤマ)〈小山とも書り〉、県嶺、安湯、川西に波須、江外、高佐等の六村有。小山村の上に小牟漏岳と云有。麓に丹生神社、式内なり。小川荘七村の産神なりと。神宮寺、由緒有寺にて古写経多しとかや、この宮滝にて古しえ御幸有し処とて古歌多く残れり。今一二首をしるし置に、
  後撰集 水ひきの白糸はへて織はたの旅の衣にたちやかさねん 菅原右大臣
  同   宮の滝むべも名におひて聞へけり落る白淡の玉とひゞけば 法皇御製
  続拾遺 宮滝の滝の水上尋ねみん古きみゆきの跡やのこると 光明峯寺入道摂政
  山家  瀬をはやみ宮滝川を渡り行ば心の底のすむ心地する 西行
  新六帖 何かその波はかゝれど宮滝や鵜のいる石のうへぞかくれぬ 行家
  夫木 水上にさくら散らし宮滝のみづに消せぬ雪ながれつゝ 兼昌
  山家 滝おつる吉野の奥の宮川のむかしを見けむ跡したはゞや 西行
また西岸に小川有。象小川と云。源、青根が嶺より来る。是より吉野へ道あり。シヲフサ村、喜佐谷村。上に象山と云有。桜木明神の社有。痘瘡の守を出すと。八雲御抄に象の中山と云は是なりと。
  詞花集 み吉野のきさ山ぎはにたてる松いく秋風にそなれきぬらん 曽根好忠
  新続古今 つれなくて幾秋風を契きぬきさの山陰のまつとせしまに 明徳院
  夫木 大和路に越べき道は絶にけり象の中山雪ふかくして 行家
  玉葉 むかしみしきさのを川を今みればつくづくきよく成にけるかも 家持
  夫木 よしの山青嶺がみねに月すめば象の小川に玉ぞしづめる 知海
また象の小川に仮寝の橋有と。一名外象の橋と八雲御抄に出たるよし。
  夫木 橋の名を猶うたゝねと聞人のゆくは夢路かうつつながらに 恵慶法師
桜木の宮は宮滝の傍に見えしと雅章卿もかくなん。
  滝の糸を花にうちはへてよしの山錦織なす桜木の宮 飛鳥井雅章
また此川端といへども村のものは何処ともしらず。しかれども此東岸なるに清河原と云有て古歌有。地形を考ふる時は必ずこゝの東なる也。
  万葉集 くるしくも暮行日かも吉野川清き河原を見れどあかぬかも
  千載  暁になるやしぬらん月影の清き河原にちどりなくなり 右大臣
  新古今 むば玉の夜の更行ばひさぎ生ふる清き河原にちどりなくなり 赤人
なを此あたりの古歌多く有ども、耳よりなるばかりをちなみにしるし置なり。
夜いよいよ雨ふり暮かけて筏師等多く上り来り、家せまきまで泊れり。依て明日大滝、蜻蛉が滝に行。其より安禅越して、竹林院までの人足を頼みしが、ねんごろに世話致し呉たり。跡にて聞ば鍵やは竹林院の出入のものなりしかば、昨日滝飛の賃銭の少し高過を大に後悔致し居たりと聞たりけるもおかし。
  こゝにして家やもいづく白雲のたな引山をこえて来にけり〈石上卿〉
きのふまではかくて羇情も切ならざりしが、道すじ両山の間となり。風土大に異なりしより何かれとなく旅するが切にしありけり。
十六日。出立。道幅ひろくして宜し。是此頃作りかえになりしと。西河村え元は一里なりしが、今は二十余丁になりし也。扨十丁にして樫尾村。人家は十五六軒、道の下すじに有。豊太閤、吉野山蔵王堂再建の時に躑躅の柱を奉納したりと。依て蔵王堂にて何事にても修行する時は樫尾村の者上座し、節分の火取も樫尾にてと呼て樫尾村え第一番の火を下さるとかや。此処に追分有。右大滝、熊野道、左り国栖街道と有。此下に日くらし野と云有よし。爰ぞと云里は案内の者もしらぬなり。
  新勅撰 日くらし野行過ぬともかひもあらじひもとく妹も待しと思へば 大納言昇
是よりますます道よろし。今は上市より大滝まで凡三里半も有と。人力車も二輌程出来たりと。其賃銭一円なるよし。宮滝まで十銭、宮滝より大滝まで九十銭なるよし。上りて仏峠。上に数囲の桧数百本。上に宮地有。祭神は何神かしらねども、式内のよし。爰に到れば、西河村は眼下に見ゆる也。九折十余折して西河村に到る。村の上に到るや人家の家棟を踏ばかり也。人家十三軒、柿の木多し。畑ばかり也。村中に川有。是蜻蛉が滝の下流也。過て本川端に出る。
此仏峠は樫尾の方より上には四十余丁有。西河村より峠まで上りて十丁ばかりにして、土地大に樫尾よりは西河高し。其ゆへは峠通りて五六十丁なれども、是を本川筋巡る時は凡七八里になると。西岸に村五ヶ村、東岸には十四ヶ村有と云。河筋の屈曲、是を以てしらる。
扨此処を山鼻と云は、上は峨々たる岩山、川岸まで屏風を廻せしが如き断崖にして川ふかし。岩高くして向ふの岸〈東岸〉に又岩山有。是を白倉山、并て鎧岳と二つ並び、其風景何とも云ひがたし。重畳たる大岳、緑樹陰森たる間つらし。嶺桜のさかりなり。是より山鼻にそうて五丁ばかり岩道を行。一歩を過てば峨々たる川に落る処なり。大滝村。此処人家三十軒ばかり、峻峭たり。山の懐に高下し立たる旅篭屋、荒物屋、茶店有。此処にて望めば、〈東西〉川幅五十間ばかりの処、大岩立重りたる滝流れなり。是を筏を下す。其危険なること、是を望むに身の毛も戦慄するなり。主人の云に昨日の雨にて幸水多き故、今日は大材を下げる故、毎日にもかゝりて並有と云しが、果して見るに中々大なるものを下しぬ。是吉野川第一の筏場なりと。熊野川にては神の上を第一とする。その方は潭を流すなり。却て大滝の方危険の甚しき也。是大滝といへど滝にはあらで滝川なり。此処義経吉野落に来り給ひし処なりと。吉野略記の図、此ほとりに義経吉野落に詠じ給けん歌とて所の者かたりける。
  大滝や出る清水に鎧かけ道たちかくす小倉山かな 
扨此処より東川筋は寺尾、佐古等過て高原にいたるなるを、余は吉野へ上るなり。東川すじは則熊野街道、祖母ヶ峰通りなり。
村中人家の間二丁ばかり上り竜泉寺と云有。此寺三代実録にも見ゆると聞り。少々坂有。〈二丁〉越て下るや、川端に空寺一宇有。其辺桧林、頗る物寂しくして菩提心を生ぜしむ。歩行にて向岸〈西河の奥なり〉に渉る。此処雑樹原半丁ばかり川原を行く。峻峭たる岩岸一丁ばかり上り不動堂有。此処より向ふを見れば蜻蛉が滝。是を和(*)州巡覧記に蝉が滝と云。峨々たる岩下より礒に落ちる。凡八十尋有と。余は爰にて臨たるが、滝の上に大なる渕有て、其辺りを蜻蛉の崩滝と云と。しからば
蜻蛉(かげろう)の滝なるべきをあやまりて、今清明が滝とも書。また其上よりつゞきて琵琶山と云り。是即義経記に曰 こゝに難所一つ有。吉野川の水上しら糸の滝と申ける。かみを見れば五丈ばかりなる滝、糸をみだしたるが如し。下を見れば三丈斗れき れきとある紅蓮の淵云々。
  新勅撰 代々をへて絶しとぞおもふ吉野川ながれて落る滝の白糸 延喜御製
  新続古今 春は猶咲ちる花の中に落る吉野の滝も波やそうらん 源義時朝臣
  新千載 春くれば霞の色に染てけり吉野の山の滝のしらいと 贈従三位為子
滝の末を音なし川とて、吉野川に落る。此川二三丁の間、上半川上流に水枯れ、下半月下流に水渇る。実に奇異なり。川の北二三丁下り、村中より山畑の間を上る。此辺畑地、家敷地に石垣を積て^鹿の防ぎとす。八九丁も嶮敷岩角伝ひの九折を上りて、杉桧原に出れば少々横道になる。此処を七八丁過て仏峰より来ると出合ふなり。是より左り琵琶山、白倉山のつゞきなり。右は谷すじになる。是樫尾樋口の谷の上なり。行ことしばし、義経も静をつれて是を通り給ひしなるが、その難儀思やらる。婆は此萩原の少々ばかり猪鹿の通ると思程の道かたちを行故、膝より下蚯蚓ばりの疵を数か所拵え、余程困りし由。案内者も幾度となく其細道をあんじ あんじして到るに、我も甚だいぶかしく思ひ、もし鹿道ならずやと云ば、鹿道にては決してなし、只案ずるは羚羊道ならずやと。羚道は極よきものなり。然し羚道は五六丁位ならでなし、其行当りは必ず岩につき当る物なりと云ひしが、如何にも此道は鹿道にてはなかりしと。扨此処は三十日も過ぎなば、草生繁りて道絶になれども未だ草生ざる故に歩行よしと。山の横道凡一りも行て、大峯街道に出たり。二三丁下りて女人結界の標石有。此辺に大なる木有を何なるよし聞ば、山桜なりと云。谷間の桜は白く雪か雲かと見まがふに、此辺の花未だ莟も見えざるなり。是にて山の高きをしる。難波の談には
  散りしくや谷はさかり奥つぼむ 談
夫よりまた一際云しは 下はちる中は盛りに上つぼみ と云句もあるよしなれども、是にて花の実をしるなり。此処少々平地、笹小屋跡有〈従蜻蛉滝三十六丁、従金鳥居五十丁〉此上高山なり。是を安禅と云。此処愛染堂有しが故に訛て安禅と云り。是より左り山の傍を少々行、奥院正面堂、秘仏堂なりしが、蔵王権現の像は下へ卸し、堂宇不残破却して有。後役行者の像もなし。山のこしに添て二丁ばかり行。清水有。苔清水と云有。とく とくの清水とも云。前には谷を隔てゝ畑有。人家三四軒見えたり。是を岩倉谷と云よし。西行庵、是も遺材のみ残りたり。像は諸仏堂に下し有なり。目洗水も木の葉に埋れたり。余天保の末来りし時とは総て地形も様子も異りたり。

2019.01.05稿 01.10改稿