和歌山別街道は紀州藩本城と田丸城を結ぶ道のうち、田丸−粥見の部分。粥見で和歌山街道(紀州藩本城−松坂)に合流する。武四郎は、明治13年、大峰奥駈けに挑戦すべく吉野を目指して、伊勢から田丸に出た。ここからは和歌山別街道・和歌山街道をとって高見越をした。今回の「ドライブ&ウォーキングMAP」は和歌山別街道でひとコースを考えたい。坦々と歩いているが、丹生神社・神宮寺 (丹生大師)のある丹生の伊勢暦発行元では一悶着があった。教導職を勤める男がたいそう権柄がましく大物ぶるので、これをたしなめた。相手に通じたかどうかは不明で、かえって反撥心を買ったかもしれない。
丹生神社・神宮寺を中心に、近長谷寺、金剛座寺を回るコースを考えてみる。丹生山近長谷寺は真言宗山階派に属し、日本修験道会と関わりを持つ。摩尼山金剛座寺は天台宗修験道法流に属する。どちらも修験道を標榜しているので、武四郎の旅の目的(修験道復活を期して大峰奥駈けを敢行する)や、明治初めの「神仏判然令」「修験道廃止令」を理解するのに役立つのではないか。

近長谷寺本堂                         金剛座寺本堂
丹生神社・神宮寺については、河治和香氏による「週刊武四郎」第19号に興味深い記事がある。 河治氏の小説『がいなもん松浦武四郎』を併せ読むと、武四郎の最初の妻は「加代」といい、三浦乾也の異父妹であったことがわかる。親子で射和の竹川家の世話になっていたある日、丹生大師で髪を切り尼になろうとしたことがあったという。竹川竹斎の薦めで結婚することになったが、新婚10日で亡くなってしまった。その不幸な事情については武四郎本人も関係者も口を閉ざしているのでよくわからないが、河治氏の推量するような事件があったのかもしれない。
武四郎の義兄にあたる三浦乾也については「週刊武四郎」第20号に紹介されている。
和歌山別街道については↓「みえの歴史街道」に詳しい。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/kaidou/walking/pdf/wakayamabetsu_all.pdf
『庚辰紀行』から

五月一日〈旧暦三月二十一日〉、今日八十八夜に当る。出立。服部、中西、送り呉る。〈二十丁〉宮川上の渡し、是を柳のわたしと云。是上も下も宮川は無銭渡しなりしが、今度は五厘づゝをとる。川端〈茶屋はたご屋多し〉畑道少々行。坂東村、上地村、湯田野村。爰に式内湯田神社有。こへて、〈五十丁〉田丸駅。元は紀州久能家の番城なり。商家、旅竜屋多し。名物、合羽、順負づるをうる家多し。町はづれ、田丸越初瀬街道。左り、紀州熊野、高見越吉野道有。〈田圃道一り〉原村、野中村、〈一り〉川原茶屋。此辺松原多くして赤土場所なり。熊野路順礼街道は野中より左りに行なり。〈二里〉丹生神社、〈下に〉神宮寺。弘法大師の再建なり。此処より二丁斗田の中に到り、加茂杉太夫と云伊勢暦の板本有。是を尋るに、何か教導職を勤め居るよしにて甚権柄がましく、少しも話しも出来ず。我は篤胤の直門なりと云。依て平田御直門なれば先生御年何程ぞ、翁没後の御弟子と申は五人ならで無はづなるに、其外にも束修の人有まじと存るなりと難じたりしかば、是にて少々ひるまれしが、田舎には如此ものおりおり有ものぞ。今日は御願供の翌日とて市中には市立有。にぎはしかりしが、昼飯をして、〈一り〉朝柄村。此村手前より川端に出たるが、是は櫛田川の上なり。両岸段壁実に目をさませり。〈二り〉粥見村。上中下の三村に分る。村内茶と桑多く作り、頗る家並よろし。村中、式内粥見神社有。辻や新七に泊。道者七十二人とか、今夜泊りのよし。

2019.02.11..稿