飛鳥から多武峯を経て吉野(上市)へ
上市から宮滝・菜摘・国栖を経て、大滝・西河回りで奥千本へ 
奥千本から金峰山寺蔵王堂を経て六田へ
六田から橋本・学文路を経て高野山へ
明治12年は『己卯記行』の旅 妻とふたりで

武四郎夫婦の結婚は安政6(1859)年9月のことであった。6回目の蝦夷地踏査を終えた翌年である。武四郎42歳、とう32歳。
孫太翁の証言(稿本『癸未溟志』の解読原稿の余白書き込み)によれば、とうは初め尾藤水竹に嫁し、死別(安政元年)したのち、本草家阿倍櫟斎の仲立ちで武四郎と再婚したものである。水竹は武四郎とも弘化のころ交流があり、記念館には水竹書簡一通が残っている。とうは病弱であったというが、明治44年没、84歳の長寿を保った。明治12年の旅行の時は52歳であった。
結婚した翌年、とうは身ごもったが、これは流産。次に元治元(1864)年に生まれたのが一志
(いし)であった。しかしこの子も明治6(1873)年10月に亡くなってしまった。染井霊園の武四郎の墓の傍らにたつ一志の墓碑は正面に彼女の手習いの字「なむあみだぶつ」、他の三面に鷲津毅堂が墓誌を記し、それをもとに市河万庵が記した字が刻まれている。毅堂による墓誌は武四郎夫婦の悲しみの代弁である。
明治12年は一志の七回忌にあたる。そのため一志の日牌
(日々読経供養していた位牌)を高野山へ納めようと旅に出た。
『己卯記行』行程図
武四郎夫婦の歩いた道
高田−曽我−今井−飛鳥−桜井−三輪−初瀬−多武峰  画面上クリックで拡大

『己卯記行』本文 四月十四、十五日

高田−曽我−飛鳥−初瀬 
十四日。昨夕同宿の道者等吉野より来りしと云に、昨今下の方花盛り、上は今両三日も過て満開なりと云に大に安心したり。扨宿の主人の話しに此地に昔し役行者の宅地ありとて、また案内を出し呉たるに依て染堂、染井、早かけ桜等回り、車をもとめて、〈五十丁〉高田、〈十八丁〉曽我、〈一里〉今井に走らせ、是より右の方畝傍山の方に到るに、爰は昔しとかわり田圃を埋て茶店、旅篭屋等立つらなり、並松美々敷ぞなりたる。〈十八丁〉久米寺。開帳なる故に上りて霊宝物等を拝す。目にとまる物一つとてなし。只久米仙人の像の大なるに驚たり。当国の霊場にては、何処も昔しは彫工巧なりしが、仏、菩薩何れのも古雅精工なりしが、別ても仙人の像の威風只ならぬには驚たり。過て妙法寺村よりして畑の端道七八丁上る。道も何もなかりしに、其畑作る人に聞ば、何れもねんごろにしめし呉る。間もなく山の頂に大なる屋根様のもの見しが、是則益田が池の碑台也。爰にして上見るに目ざましもの也。是より見瀬村と云え畑道を下ること凡十町、此処少しの町有。五丁斗にて下平田村に到る。此村の上に欽明帝の陵有。其傍松の上の株立たる処に山王石といへるもの有。是は元禄十五年十月五日、同所字鑊子山の下池の中より掘出せりと。面貌、次に図するか如き猿面也。依て山王石と云一躯二面また三面の物も有。其回り柵を結たれども、よく見やれば其あらましを筆し来たる。是より畑道を少々上りて鬼の雪隠とて有。是古代の石棺なる事明らかなり。鬼のまな板、是は石棺の蓋にても有るかと思はる。倭彦命の窟亀石等過て右の方文武陵、是を高松山の石墓といへりし也。近頃御修補の時小塔多く出たり。余も一つを得て蔵する也。是より少々下りて橘寺、〈五丁〉岡寺、〈二十丁〉阿倍文殊、〈十二丁〉飛鳥宮、左りの方に畝傍耳なし天のかぐ山等を見て、是より田圃道を行。右に行て桜井駅に出る。凡一里斗過て三輪の町、人家凡五六百軒、明神に参詣して山のこしまゝ追分に出る。是より本道は道者引も切らず。実に街道すじの繁栄云ばかりなし。また左右の田圃には菜の花、麦、蓮花草の紅、黄、緑の三色今さかりなり。山には桜、昨今が満開なるとぞ。初瀬に到るに大鳥居も倒れしまゝにて、昔しにかわりし様、市中は時節柄なればにぎやか。吉野やと云に宿を取て長谷寺え参詣するに、諸堂のさま依然たれども学侶の来る事少きが也。市中えの金落はよろしからずと聞り。花は昨日盛りなりとぞ。是より三日、多武峰は咲きまじと聞ぬ。
初瀬ー追分−多武峰
十五日。〈五十丁〉追分に戻り、うをやと云に休ふ。是真誠講、一新講の宿なりけるが、此頃の泊りの様子を聞に、昨夜も二百五六十人有しと。最早今晩は二百人斗の前案内が来り、明日は二百三四十人も有と。爰大和路中にては、是と初瀬の桔梗やに第一番の泊りすとぞ聞ける。是より人足を頼て多武の峰に到る。 七十五丁、近道を行ば五十丁なりと。坂道さがし。町家を過、御橋を過るや女人結界の標石有て、厳重に関門の有しが、左右の坊にて二布にむつき恥ぢし様なく、多くは何や彼や等暖廉、あんどんにしるして、軒傍に粧へる妻妾たち。御休みなされ、御中食は、御酒も御座ります等、茅渟、鯛、若山比目魚、法師魴等を餉さげ、別ても大鳥居の正面花中やと云るは、是当山の長老なりしが、中々に大仕懸の旅篭やとぞなれたり。堂塔も大に剥落し神山の杉、桧も余程緑を失ひたるやと思はる。爰にて聞に今明日の花は満開なりと。〈二十丁〉四軒茶やに到るに雨降出たり。依て東京を出しに旅下駄とて低きを着て来りしが、是よりは道あしければ妻も我も草履をもとめて是を着たり。
追っかけ地図ドライブ&ウォーキングmap)
ということで、武四郎追っかけとして飛鳥・多武峯を巡る〈ドライブ&ウォーキングmap〉を作ってみた。バリエーションはいくつも考えられる。 ここでは、初瀬を出発点として、飛鳥−多武峰を周回することとした。飛鳥は見所が多いので、詳細地図も作った。武四郎夫婦が歩いたように4月中旬が適期である。
国道165号線から飛鳥・多武峰へ
ドライブ&ウォーキングmap
飛鳥を回る
上記mapの飛鳥部分拡大
多武峰から吉野(上市)へ
さて、多武峰の桜と伽藍を見終わった武四郎夫婦は、吉野に向かうべく西大門から談山神社を出て、冬野に向かった。冬野は標高650m、明日香村の最高所の集落で右:飛鳥、左:吉野の分岐となっている。二人は南進して竜在峠・滝畑を経て、上市に着いた。
『菅笠日記』における本居宣長のコースも同じである。武四郎と宣長の跡を追って歩きたいものと思うけれど、身体不如意なので難しい。せめて西大門−冬野、上市−千股の間だけでもと考えている。
車での移動は八井内から奈良県道37号線をとれば、吉野の妹山に出ることが出来る
扨坂を下るに〈二十丁〉竜在村。人家十三軒。こゝかしこに有。また峻坂を下りて、〈二十丁〉滝の畑〈人家十五軒〉。爰に旅篭や有。然れども今日弁当を持来らざりしが故に、旅篭や等にて昼飯を乞ふる。是より炊よし申に、いかに春日なりとても、是には困りしが故に、菓子、饂飩等を喰てひた下りに下る。此処に滝有。此村より左りに一つ山を越れば竜門の庄に到ると聞ば、その竜門の滝も見たく思ひけれども、雨やみなければ直に下る。妻はことの外難儀のよしなれども、忍びて岩坂を下り行に、こなた彼方に滝有。実に滝畑との村名も尤、峨々たる岩壁、数千仞の巨岩の谷々に簇々たるは竜在の名もおかしとぞ思はる。一里斗過て東千俣村に出る。此処にて畑を少し見、また田も少し有。道傍の茶店に馬鈴芋を湯上てひさげる故に、是を求て昼食にあて、大に安心したると云ば、婆、粟のかき餅を焼て喰居たりしが、是を我に婆五枚程呉たり。其志ざし忝なう思ひしかば二銭を投じて去るや、また跡より此二銭を持て追来り我等にかへせり。実に是旅中の一奇談とすべし。此辺より道おゐおゐよろし。然し、気候は国中辺より大にさむし。〈七八丁〉西千俣村、此辺何れを村境ともしれがたし。山の懐、こゝかしこに一二軒づゝ有のみ也。〈一里斗にて〉吉野山を見初む。一目千本より布引桜、雲井の桜辺十分と見ゆ。道行人の話に千本より下は昨日、一昨日頃満開なりしと。下りて上市駅に到る。市中賙賑、人家千余軒。吉野川の東岸に傍て家居す。此村も田畑甚少し。只一すじにて裏町もなし。町中に渡し有。是を桜の渡しと云。此処金弘丹と云売薬店有。旅篭や、茶屋多し。是より宮滝迄人手頼て出立に、町の端に板橋、〈是竜在、滝畑より集る川也〉こへて、轟村、立野村、茶店有。川西に背山と云、本名を舟山と云有。東岸に妹山有。樹立にして陰森たり。

この後は、吉野(上市)−宮滝・国栖−大滝・西河−奥千本 に続く。

2019.01.05稿