今年(2016)の「武四郎まつり」は2月28日に行われた。屋外ではアイヌの踊りやしょんがい踊りなどのイベントが行われ、屋台もたくさん出て 、中日新聞によれば5500人の人で賑わったという。記念館内では『武四郎涅槃図』の展示が行われ、「武四郎を読む会」の会員の方々もガイド説明に取り組んでいただいた。本来ならば自分もその説明役をしなければならないのだけれど、病気のため人混みでの感染症を恐れているので免役していただいた。屋外の催しをサラッとみて、そのあと実家の方に回った後、真覚寺の見学に行ってみた。
 真覚寺(真学寺と武四郎は書いている)は曹洞宗で、武四郎は幼い頃に住職の来応和尚について勉強をしたと伝える。今日は『釈迦涅槃図』が公開されているので、案内役の方に断って拝観させていただいた。いつ頃のものか分からないということだが、彩色も構図もしっかりしたいい図である。武四郎もこの図を見て育ったのではないか。記念館で展示されている『武四郎涅槃図』も絵師の暁斎にあれこれ注文していたというから、何らかの影響を与えているかもしれない。 幼いころに見た風物はその人の心にいつまでも住み続けるものだ。
2016.02.28UP