その2へ    その3へ

『武四郎涅槃図』とは

  『武四郎涅槃図』は、幕末維新期に人気を博した絵師河鍋暁斎に明治14年制作を依頼、19年に完成した。釈迦涅槃図の伝統的な形式を踏襲しつつ、中央に横たわる武四郎を中心に、釈迦入滅を悲しむ菩薩や羅漢の他、動物が描かれる部分には、神仏像類・仏画類・郷土玩具など、自身の収集品の画像を描かせた「変わり涅槃図」である。
 「変わり涅槃図」は人々に親しみのある人や物の死を釈迦入滅になぞらえて描いた絵で、趣向を凝らしたものが多い。武四郎はいろんな涅槃図を見ていると思われるが、西南戦争直後に発行された錦絵「西郷隆盛涅槃図」に触発されたものかもしれない。武四郎を取り囲むのは、彼が集めた物品で、坂上田村麻呂、橘諸兄、老子、荘子、達磨、道真、藤原朝忠、岩倉具視、大黒天、布袋和尚、寿老人、鍾馗等の人物像の他、奈良の神鹿、博多の張り子虎、十二支の動物など多種多様を極める。描かれている古物は松浦武四郎記念館や静嘉堂文庫に現存している。
 松浦武四郎記念館は平成28年1月19日(火)〜3月13日(日)の間、「武四郎涅槃図」をテーマに展示している。2月28日(日)の「武四郎まつり」当日に「武四郎を読む会」の会員は展示物の解説をすることになっているので、この際じっくり鑑賞することとした。
当サイトに掲載の画像の無断転載・加工を禁じます。
 図は絹本著色、縦152.6p、横84.2pの大きさである。落款に「明治丙戌春日 暁斎洞郁図」 印章「洞郁」とあり、河鍋暁斎が描いたことが分かる。『松浦武四郎関係歴史資料目録』によれば、箱書蓋表に「北海道人樹下午睡図/暁斎洞郁筆」、蓋裏に「陸放翁句云一身自是一唐虞禅家所/説即身即佛蓋亦此意嗚呼/北海道人樹下夢中之楽可想耳/湖山七十三叟小野愿拈香三拝題」とある。
 平成14年度修理の時、元の軸木に「北海翁松下午睡/河鍋暁斎/明治四巳年稿之九年戌三月落成/晁平装之/于時七月五日/翁記之/「松浦」とあり、上に述べたように明治14年の制作開始、19年完成と、実に5年の歳月をかけたものであった。
 暁斎は浮世絵から狩野派の作品まで幅広い作画をこなした画家で、時世を風刺したパロディー画にも巧みであった。暁斎と武四郎は互いによく行き来していて、武四郎の版本にいくつかの挿絵を提供している。暁斎の『絵日記』には『涅槃図』制作のため暁斎一門がたびたび武四郎宅を訪れていることが描かれている。娘の暁翠(とよ)や真野暁亭(八十五郎)も彩色手伝いに参加しているほどである。武四郎と暁斎の交流から生まれたたまものであった。
 古稀が近づき、死を予期していたのであろうか、しかし、自分の肖像を描かせる寿像ではなく、生前に死去後の午睡の姿を描かせるという奇抜な着想は、武四郎らしいアイデアである。釈迦入滅の姿に武四郎を見立てるというアイデアは暁斎を大喜びさせたに違いない。 

最上段
『釈迦涅槃図』ならば、生母摩耶夫人が天界からブッダを迎えに降下するところ、
『武四郎涅槃図』では錦絵か風俗絵から抜け出たような遊女・禿、舞人が描かれている。
これも夢の中の世界として武四郎が指示したものであろうか、これだけでも一幅の絵となる。
艶っぽい話の少ない武四郎にもこんな夢があったと思うと人間味が出ていておもしろい。


中の段 飾り棚
神仏の像、歴史上の人物の像が所狭しと並べられている。
武四郎はこのように飾り棚を作って、実際並べて楽しんでいたのかもしれないが、
個別の箱を作り、常にはその箱に入れて大事に保管していたのではないだろうか。
箱蓋には品名とともにそのものの説明や入手の概略が書いてあったり付箋がつけてあったりするので、
それを頼りに古物同定してみるとj上図のようになる。
記念館蔵のものは今回(2016/01/19〜03/13)の展示で確かめ、
静嘉堂文庫蔵のものは『静嘉堂蔵 松浦武四郎コレクション』、『松浦武四郎蒐集古物目録』で探してみた。

飾り棚 向かって右側
馬に乗っているのは聖徳太子だとある。
その左の衣冠束帯姿は橘諸兄像。画幅を入手した時のエピソードが『庚辰紀行』末尾に載っている。
シャブティはエジプトの、なくなった王とともに埋葬される召使い人形である。
2011.02.01UP 2019.10.28更新