2005.10.24の「武四郎を読む会」研修旅行のレポート
 「武四郎を読む」講座も4年目に入った。今まで武四郎が実家宛に送った書簡(約100通)はほぼ読み終えた。本年度は「山すぢ日記」を読んでいる。この講座の中で「我々も武四郎にゆかりのある地を巡ろう」という提案があり、早速実行に移した第1弾が今回の鍋塚探訪である。
 武四郎の旅は旅籠屋を泊まり歩く ような豪勢なものではなかった。特に6回に及んだ蝦夷地探査では借るべき人家の軒もなく、多くはマッカウスの洞窟のような岩穴に入り込んだり、大ブキを引っ被って野宿をしたりというような具合だった。もっとも 幕吏時代には番所に泊まる事もあったし、武四郎はアイヌにたくさんの友人がいたから時々は招待を受けて泊まらせてもらうことはあった。
 野宿が基本であるから食べるものも自分で作らなければならない。そのため彼は常時小鍋を3個携帯して旅を続けた。食料は現地調達をするしかなかったが、調査隊の一員として行く場合には米塩は保証されていたようだ。
 明治になって開拓判官を辞したあと彼は、霊場巡拝と神鏡奉納の旅、亡児追善の旅、懐かしの九州への旅など何度も旅に出ている。このころになると鍋を引っさげて野宿を続けるということではなかったが、明治13年の大峰踏破の時はこれを持っていった。鍋は実に命にかかわるもの、武四郎はそう考えて、感謝をこめて鍋塚を建てることにした。供養塚である。明治16年、場所は修験道の本山三井寺の境内であった。塚の上には人間の丈より少し高い石碑が台座付きで建てられた。上部に 市河万庵の字で「なべ塚」と記された題額があり、その下に小野湖山の碑文、日下部東作の字で由来が刻まれている。 碑文には、前半武四郎の鍋を携えての蝦夷地探検と業績が綴られ、後半には、
「而シテ鍋実ニ惟レ命係ルトコロ ソノ功豈忘ルベケンヤ 近歳和紀大峯熊野間ノ険 梗塞シテ通ゼズ 君コレヲ聞キ 又コノ鍋ヲ携エテ往キ 遂ニ所謂七十五の険ナルモノヲ経テ 役ノ小角氏ノ霊跡ヲ歷拝シテ還ル 大峰ハ三井管下ニ係ル ココニコレヲ埋ムル所以・・・」
と記され、明治13年の大峰奥駈け敢行の記念の意味もあったことが分かる。
武四郎は旅をするとき、鍋をいつも持ち歩いていた。それを表す次のような日誌の記事がある。嘉永2年、三航を終えて江戸に帰る途中、「壺の碑」を調べているところである。
米を求んと頼けれども米は無よし。粟を進ぜ申さん故是を煮て参るべしと申により、粟を乞、又小豆を少し無心致せしに、小豆、大豆は沢山に有るべしとて庭の隅の筵の中より沢山に出し呉ける侭、自分に鍋を借、右小豆をよく煮、粟を入て煮、翌日の弁当並に朝飯迄も用意致しける
 
武四郎追っかけ三人衆+α

三井寺に鍋塚を訪ねる 2016.12.12
 
 武四郎の足跡を追って県内外を訪ね回っているグループ「武四郎追っかけ隊」に乞われて、明治16年に武四郎自身が建てた鍋塚を案内することとなった。 案内といっても前回訪れたのは11年前なので、記憶はあやふやになっているし、その後の変化もよく知らないでいる。
門前の駐車場に車を置いて、仁王門をくぐり、拝観の受付を済ます。まずは「三井の晩鐘」。鐘つき1回300円だそうで、3人が1回ついた。さすが名鐘、余韻に深いものがあった。金堂。現在のものは北政所によって再建されたものだそうだ。反り返った軒に飛躍しそうな軽さがある。裏手から閼伽井屋に回る。涸れることのない霊泉で、湧き出す音がボコボコと間断なく聞こえてくる。 三井とは御井であるからまさに三井寺の原点である。天智・天武・持統三代の天皇は大和の生まれであるからここで産湯を遣ったというのは見え透いた眉唾もの。
鍋塚は観音堂の少し奥にある、という記憶は確かなものだが、うっかり他のものに目を奪われて見過ごしてしまい、15分ほど無駄骨を折ってしまった。やっとのこと鍋塚を見つけて、回りを掃いて、碑も水拭きして清めておいた。
碑には小野湖山の文で「三小鍋」を必携していたとか大峯奥駆けにも持っていったなどと書いてあるので、武四郎の苦労を思いやってしっかり心にとどめて置いた。
「なべ塚」拓本(松浦武四郎蔵)