武四郎が大台ヶ原に建てた小堂

HP
『松浦武四郎大台紀行集』で出した資料 のうち「白井光太郎氏の証言」の部分の再掲です。
 
明治40年6月発行の『山岳』第2巻第2号に、「大和吉野より大台原山、釈迦岳、弥山、山上岳を経て再び吉野に出づる記」という長いタイトルを持った植物採集記が掲載されています。筆者は植物学者であり、東大教授であった白井光太郎氏で、彼は明治28年に7月から9月にかけて駿遠和紀の諸州に入って植物採集を行いましたが、標題の記はそのうち大台ヶ原・大峰に限っての 探訪記です。その中で武四郎が私財をもって建てた「小堂」3ヶ所について貴重な記録を残していて、現在は朽ち果てて跡形ない「小堂」についての詳細を得る事が出来ます。 もっとも案内人があったとはいえ、氏にとっては初めての地でしたから、彼の証言からピンポイントで確定するのは難しいのはやむを得ません。他証言との比較検討や現地調査による今後の考察が期待されます。
武四郎は明治13年の稿本『庚辰紀行』の中で「総て宿と名の有る処は水有るを以てなり。」と述べています。大峰における「宿」は休憩・宿泊に適した所で、近くに必ず水場がある、と言っているわけです。大台ヶ原に3ヶ所の「小堂」を建てるについてはこの知恵が働いているに違いありません。 「両三ヶ所」の「小堂」は白井氏のいうように、水の得られる元小屋谷、高野谷(開拓場)、名古屋谷のほとりに作られました。
元小屋谷」は目慣れない谷名ですが、当時の呼び方か誤記と思われます。現在は「元木谷」と呼ばれるシオカラ谷右股の谷と見てさし支えありません。 マサキ嶺の水を集めてシオカラ谷に流れこみます。ここには牛石ヶ原を中心に行を行っていた実利行者の小屋があり、彼を慕う弟子たちの宿泊所にもなっていましたが、その影響を恐れる官憲の忌避するところとなり、焼き払われてしまいました。武四郎が敢えて改めてここに小堂を造ったのは、休憩宿泊地として適していることは勿論ですが、また修験弾圧への抵抗とみることもできます。実利行者思慕の念は深いものがありました。シオカラ谷左股はこの谷の本流で、ヒバリ谷とも呼ばれ、日出ヶ岳の水を集めています。右図は「上北山村森林基本図30-12」の部分写しで、囲みの中は管理人の書き込みです。画像上クリックで拡大します。
開拓場」は単に「開拓」とも言いますが、明治初年、京都興正寺の寺侍たちや地元の人が開拓に入ったのでそう呼ばれていますが、その試みはいずれも失敗に終わっています。(
http://www.enyatotto.com/oodai/rekishi/rekishi.htm
高野谷に沿った平地で水に恵まれています。明治18年当時、開拓人たちが建てた小屋はすでに廃屋同然になっていましたが、『乙酉紀行』に「入りて休ふ」とあるように雨露はしのげたようです。武四郎はここに新しく小堂を建てました。
名古屋谷は武四郎が最も愛した地で、自分の死後は分骨するよう遺言をした所でもあります。古川嵩はこの小堂に依拠して大台教会の基礎を築きました。
上記白井氏の大台・大峰「探訪記」にはもう1枚「八大龍王堂」とキャプションのついたスケッチが載っていますが、これは武四郎の建てた「小堂」の一つとは考えられません。登山者の宿泊・休憩に供する小屋にしては小さ過ぎます。
現在、正木ヶ原の片腹池近くに真田八十八との連名で「大辨財天影向池」と刻んだ石標が建っています。この建標の時に行われた儀式用の「小祠」、或いは祭壇であったと考えられます。本来は「大辨財天小祠」と説明を付けるべきところでした。なお「大辨財天影向池」の池は地と読むべきかもしれません。地に埋もれて判読できません。
2010.06.01UP