武四郎の大台ヶ原踏破の記録

付 大杉谷入渓
 
登山家としての武四郎を紹介します。行程図を御覧ください。3回とも天ヶ瀬を出発、木津へ下山する点は 共通していますが、途中の行程は(一部重なるものの)大きく異なっています。登山家武四郎の面目躍如というところです。別行程を調査するのに3回の山行が必要 であったわけです。武四郎は明治21年2月に亡くなっていますが、もし元気であれば4回目にも挑戦していたかもしれません。その時は現在尾鷲道と呼ばれている尾根主体の行程をとったのではないかと私はひそかに推察しています。
尾鷲道は大杉谷コースとともに三重県側から登るのに 現在よく使われていて、多くの方が山行記を書いてみえます。それを読みながら、自分自身は初めと終わりの一部しか歩けなかったことを悔しく思っています。尾鷲道のことは「山と渓谷社」から 2015年3月に発行された『新・分県登山ガイド23三重県の山』の「52マブシ嶺」に詳しくガイドされています。
大台ヶ原登山が3回に及んだもう一つの大きな理由は、この山域をみんなに親しいものにするため(即ち開路、開山のため)、土地の人たちの協力を得、私費を投じて、下刈り等のコース整備、 10基余の道標設置、4箇所の小屋建設をし、御披露目するのに3年かかったことを意味します。
画像上クリックで拡大します。

明治19年は大台ヶ原探査の後、大杉谷に入渓

19年の大台ヶ原登山のあと、武四郎は大杉谷の調査も行い、桃ノ木小屋の奥にある不動滝が見えるあたりまで入っています。
上里から大河内川を遡って紀伊・伊勢の堺を越えて奥定宮に至るのですが、記述に混乱があって、このところがよく分かりません。
考えられる一つのコースは水呑峠を越して桑木谷を下り、宮川本流にぶつかるAコース。現在の赤橋あたりから本流を遡ります。
二つ目は水呑峠から大河内山に登り、尾根を北に少し下り、奥定宮の下に至るBコース。これが本文の叙述によく合います。
三つめは水越峠を越えて水越谷におりるCコース。これは奥定宮のかなり上に出るので無理があります。
AかBのコースを想定するのが順当と思われますが、確定できません。ご意見をお聞かせください。(2017.01.01記)

参考 尾鷲道の地名をめぐって

BBSに下記の投稿をいただきました。

木組峠についてはこちらから。
http://www35.tok2.com/home/moguramotib1/bbs-3/joyfulyy.cgi?getno=1802#getno1802
 
尾鷲道の地名と武四郎の足跡  投稿者: zipp 投稿日:2007/08/29(Wed) 00:23 No.2415

 
 こんばんは。
 尾鷲道の峠道・地名と武四郎の足跡を絡めて書きます。
しかしながらまだ途上でまとめきれていませんので、現状で分かっていることなどです。

 とりあえず、「題25図 大和国細見図」1776年作成を見ていただきたい。

この図は『紀北の近世庄屋記録』 著 野田美芳 という書物からのコピーである。
この地図の原版は、「相賀大庄屋文書」(? ちゃんと確認しなかった(^^; だ。

そうしてこの図版には、原版にはないであろう書き込みがあることに注意して見て欲しい。

 紀州尾鷲と隣接する和州の村々とは度々境界紛争があった。寛永の尾鷲と和州白川村との境界紛争の時(1624〜1643年)、その後、元禄15年(1702年)和州川(河)合村との間で、境界紛争があり、その解決時、証文と絵図が取り交わされ、その絵図を元として、再度1776年に描かれた絵図がこの地図だ。

 それ故、尾鷲と和州との境界(中嶺以南)の縮尺が大きく描かれていることにも注意して欲しい。
(東ノ川沿いの集落は、白川、河合、小橡、西原と村を入り組んで存在していることに注意!))
 武四郎の大台紀行(1885〜1887年)でもこの辺りの地名にふれられ、絵図が残されている。
その絵図(もぐらもちさんちにあったと思ったけど探せない)とこの地図を較べれば、100年という時間が経ってはいるが、ほとんど照合するんじゃなかろうか。

 でっ、現在の登山地図にある「コブシ嶺」は、この地図でも、武四郎の遺した文書絵
地図とおりに、正しくは「マブシ嶺」であろう。
 もう一点、龍ノ辻。
以前、現在の地図の又口辻が龍ノ辻ではないかと書いたが、これは訂正する。
色々調べると、この山域が最も発展興隆したのは、武四郎がこの地を歩いた後、明治末から昭和はじめにかけての木材搬出の架線・軌道整備が行われた頃であり、現在の地形図に載っている破線道は、その頃の隆盛を極めた頃の道ではないかと考える。当然昔の道型もトレースしているのだろうが、架線の駅へ行く道などもあるものと思う。
 「中ノ嶺」は、1297.4m三角点のある山は、ほぼ間違い
ないだろう。現在の地形図の柳ノ谷=「龍ノ谷」は間違いない。

すると、龍辻は1297.4三角点の南東の1210mピーク周辺になるのだろう。
 ここはオマケだけど…  二つ目の画像の上部の簡略図は、この本の著者の原版地図の間違った読み取りなので無視して欲しい。
この簡略図では、龍ノ谷を東ノ川の支流とし、龍ノ辻を現木組峠と誤っている。

 改めて1776年の絵地図を見ると、この絵地図というのは、和州・大和国と尾鷲の境界は描かれて居るが、尾鷲領内は一切描かれていないことがわかる。
 著者が間違った龍ノ谷は、又口川支流の龍ノ谷であり、武四郎紀行集にも登場するヤチ谷川は、現在も三重・奈良境の現在の取水口上
、光るガ滝上流の龍ノ谷の右股の枝谷であろう。
この本には、絵地図以外も文書の口語訳も載っているのだが、上記の間違いもあり心もとない感じがする。

んで、武四郎の足跡も含め、是非もぐらもちさんに、原版「相賀大庄屋文書」にあたって読み解いてもらいたいものです(^^)。
 もう1つオマケ。1985年の国土地理院の5万地形図と最近の2万5千地形図の尾鷲地内の三重・奈良境界が違っているのに気が付いた!!

尾根筋と谷筋で2箇所も間違っているのだった。ちょっと信じられない話だけど、事実です(汗)
 乱文失礼!
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   もぐらもち - 2007/08/29(Wed) 00:58 No.2416   HomePage

 
zippさん、貴重な資料紹介、ありがとうございます。
享保年間、すでにこのような細図が出来ていることに驚きました。
確かに「マブシ嶺」となっています。
「相賀大庄屋文書」はどこに保存されているかもしりませんが、「尾鷲大庄屋文書」を読んでいる友人がいるので、問い合わせてみます。
また何か分かったら教えてください。
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   zipp - 2007/08/30(Thu) 21:09 No.2417

 
この絵図の出所は、「相賀大庄屋文書」じゃなく「尾鷲大庄屋文書」の可能性が
高いかも?元禄の境界紛争時の絵地図が残っていたのは、相賀の庄屋だったが…。
 「尾鷲大庄屋文書」を読む講座などもすんですね。
是非、確認してみてください。
あと二つ、江戸期の大杉谷の絵図を載せます。
 「宮川村史」の扉に載っている絵図。文字の読み取りは不可能です。

 神宮文庫に所蔵されているという絵図。御杣山関係に4つに分割されて載っていたものを張り合わせました。これも全ての文字を読むことは出来ません。
 できれば、両図とも実物を見たいものです。

 もう1つ画像を、又口川・三ツ俣谷を遡上した990p、又口道に近い三重・奈良境界近くの三重県内ピークにあった境界石です。
この石碑になんと書かれているかわかりますでしょか?一部文字が隠れていて推測するしかないようですが…。
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   zipp - 2007/08/30(Thu) 21:11 No.2418

 
 容量オーバーの為、改めて神宮文庫所蔵の大杉御杣図です。  

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   もぐらもち - 2007/08/30(Thu) 23:33 No.2419   HomePage

 
こんばんは。
資料紹介、ありがとうございます。
No.2417の上の図は見た覚えがありますが、全く読めませんね。
下の碑も今のところ読めません。
「山」はいいとしてその下は「字」のようですが、カタカナで「カネ」かもしれません。
その下は「古」の草体、漢字として使っているのか仮名なのかわかりません。
その下はシメスヘンの字のようですが、ツクリの方がわかりません。
もう少しにらめっこしてみます。

No.2418の「寛政御遷宮之節御造営役人共ヨリ差出候繪図之写」はかなり読めます。
貼り合わせ前の精度の高いものをメール添付で送っていただけるとありがたいです。
御杣山資料、おもしろそうです、大杉谷の疲弊に大いに関係があるのですから。
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   zipp - 2007/08/31(Fri) 07:12 No.2420

 
 おはようございます。
 とりあえず、石碑の文字ですが、夕べもぐらもちさんにヒントを頂き考えてみました。
 4文字目は、シメスヘンじゃなくってノギヘンで、「和」のようです。
つまり、「山 字古和谷●・・・」。
 古和谷は、国有林地区ですからその境界を示すものじゃないかと推測します。
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   もぐらもち - 2007/08/31(Fri) 09:17 No.2421   HomePage

 
おはようございます。
なるほど4字目は「和」ですね。
5字目は「谷」とは読みにくいです。
「光」でどうでしょうか。
6字目は下半がコケで読めませんが、上部はウカンムリで、筆の入り方からいうと「官」になります。
その下にもう1字隠れているようです。
「山字古和光官□」、土地勘がないのでよく分かりませんが、意味をなすでしょうか。
1字目の「山」、記号めいているのが気になります。
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   zipp - 2007/09/03(Mon) 21:55 No.2426

 
 こんばんは。
 とりあえず、境界碑の大きな画像を載せます。別方向から石碑を撮った画像(セメントで貼り付けている?)と周辺の地図も。
 この石碑は、地図上の990pから北東の稜線に沿ってありました。
稜線の鞍部から、三重・奈良県境となるのですが、県境を表示する境界碑は確認できず、この碑が続いてました。
場所は違いますが、『丙戌前記』の中で武四郎は、龍ノ辻で、国界であるのにそれを示すものがないと書いてましたね。

 碑の文ですが、「山」は、山境界を示す為の記号、「字古和谷」(あざこわだに)、「官有林(地)」とか書かれているのだと推測します。

 「大杉山の図」ですが、書籍をコピーしデジカメで撮影したものなので、メールで送ってもそれほど文字が読めるわけではないです。
 是非もぐらもちさんには、両図とも実物を拝見していただき、江戸期の大杉谷周辺の地名等を解明していただきたいと思うのものです(^^)。

 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   zipp - 2007/09/03(Mon) 21:59 No.2427

 
 もうひとつオマケ(^^)。
上の地図の「龍ノ辻」から見た南方面のパノラマです(3月に登った時のもの)。
右端の一枚がうまく繋がっていませんが。

 p.s.大杉谷は、御杣山としては疲弊はしなかったと思います。
なぜなら、御杣山として必要な樹は、大口径の檜だけだからです。それを運び出す通路を付けたとしても大したことはないです。
 大杉谷が疲弊したのは、昭和初期から始まり、最近まで続いていた皆伐です。
 

 


 

 
Re: 尾鷲道の地名と武四郎の足跡   もぐらもち - 2007/09/03(Mon) 23:30 No.2428   HomePage

 
こんばんは。
No.2417の碑の5字目、「谷」は無理がありますね。
碑面を傷つけないようにコケをはずしていただくと全体が分かるのですけれど・・・。

No.2426の下の碑を見ると側面には「境図」、裏面には「界□」とあるので、境界碑であることはわかりますが、何と何の境なのか分かりません。
側面はどうして板状のものが貼りつけてあるのか、これもナゾですね。
> 国界であるのにそれを示すものがないと書いてましたね。
「此処国界なれども標柱もなし」と書いています(明治19年)。
江戸期にもなかったでしょうから、No.2415で紹介していただいたような境界紛争のあったことは理解できます。
この件、大いに関心を持っていますので、資料があればまたご紹介ください。

No.2415の絵図、読んでみました。
間違いがあれば教えてください。
 
2017.01.01UP