明治17年甲申の旅の記録
は稿本『甲申日記』、刊本『甲申小記』として残った。松浦武四郎記念館の所蔵は次の通りである。稿本『甲申日記』は西日本旅行の詳細を記した武四郎自筆のもの2冊で、ともに白表紙、仮綴、縦23cm、横16cmの冊子である。そのうちの1冊は外題「甲申日記 壱」、内題「甲申日記 巻之壱」。他の一冊は外題「甲申日記 二/三」、内題「甲申 巻の弐/甲申日記 巻の三」となっている。刊本『甲申小記』は縦15cm、横10cmの小型本で内容的に同じものが2冊所蔵されている。ともに外題は「甲申小記 全」、内題は「尚古杜多第六号 甲申小記 東京馬角斎蔵版」。内容は旅行摘記と行程略図。付録として「六月廿五日新獲書画」を載せている。表紙に加藤木o叟旧蔵印が捺されている。
稿本、刊本ともに東京松浦家旧蔵で国文学研究資料館寄託を経て現在松浦武四郎記念館の所蔵となっている。平成25年度刊行の対象としたものは上記の稿本『甲申日記』2冊である。すでに孫の孫太翁が解読され原稿化されているので、その解読原稿と自筆稿本を照合して補訂を行い編集をした。また参考のため巻末に刊本の影印を収録し、稿本の補注を記した。
武四郎の明治17年の旅の概略を記すと次のようになる。
*明治七年三月二十八日(旧三月二日) まだ寒さの残るなか出立。小田原の泊まり客の多い片野屋に泊まる。
*三月二十九日 微雨に少々雪まじり。小田原から熱海に向かい、日金峠を越えて軽井沢村の松屋に泊まる。
*三月三十日 下田街道に入り、大二宿を経て熊坂村の竹村氏を訪ねるも留主であったので、夕方まで待った。
*三月三十一日 竹村氏から頼朝仏の由来を記した文書を借りて書写。三島の秋山氏は不在、吉原宿の鈴木氏宅泊。
*四月一日 微雨のなか出立。富士川辺で雨風がはげしくなって難儀する。江尻の望月氏宅に着いて泊まる。
*四月二日 静岡の柏原氏宅に着き菅公の紫裂を見る。また茶席のもてなしを受け、そのしつらえを逐一書き取る。
*四月三〜五日 一路東海道をとり、天竜川、二川、豊橋、藤川、宮、四日市を経て、石部に至る。
*四月六日 大津に到り寺門管長山科教正、円満院の柳田少教正に『撥雲余興』を贈る。尾蔵寺の千体仏を拝見。
*四月七日 石山寺に赴き、源氏の間、昨年見残した経巻、襖、屏風等を拝見する。
*四月八日 法明院を訪い応挙、探幽、大雅の描いた襖を見る。斎藤氏の別荘に到り湖水や梅林を眺める。
*四月九日 一番の汽車で京都に着く。梧庵長老や鵜飼教正、山田茂兵衛等知人を訪ねる。金森氏宅に泊まる。
*四月十日 知恩院に到り、法然上人自筆の『選釈集』、『法然上人絵伝』を拝見。青蓮院を訪う。畑氏宅に泊。
*四月十一日 微雨。北野天満宮参詣。妙心寺殿堂拝見。嵯峨に山中氏を訪い、菅天神への神鏡奉納の事を依頼。
*四月十二日 秦蔵六、在梅、雨森、梧庵上人、山田茂兵衛等知人を訪ね歩く。
*四月十三日 丸山で応挙の展覧を見、東寺では大師千五十年遠忌の寄進額の多さに驚く。河内に入り四ツ辻村泊。
*四月十四日 暗いうちから歩き出し、見所も多いけれど寄らずに行く。富田林、三日市を経て天見で泊まる。
*四月十五日 人も我も「南無大師遍照金剛」と唱えながら高野山に登る。竜光院、勧学院の宝物を拝見する。
*四月十六日 奧の院揃や壇上の法会等を見学し、金剛三昧院の宝物を拝見する。轆轤(ろくろ)峠、果無(はてなし)峠に回ってみる。
*四月十七日 奧の院に参詣し、髻を切って骨堂に納めた。岳弁天社、別所円通寺参詣。宝物陳列の寺院を摘記。
*四月十八日 九度山に到り慈尊院に参詣。蔵王峠を越え、光滝寺の荒廃を見、施福寺に到り、宿坊に泊まる。
*四月十九日 施福寺の宝物拝見。堺に到り、住吉明神社に参詣。阿倍野神社社務所に寄る。道修町知人宅に着く。
*四月二十日 一雄夫婦が子供連れで来たので桜宮で花見。鶴満寺参詣。国分寺で馳走になる。一雄宅で休憩。
*四月二十一、二十二日 大阪市内の藤沢氏、田中氏、西尾氏、宮崎氏を訪ねる。橘坪翁追福のことを話し合う。
*四月二十三日 西須磨の「聖跡二十五霊社」十四番綱敷天神、明石の十五番休石天満宮に参詣して小神鏡を奉納。
*四月二十四日 十六番曽根天神に参詣し、宝物を拝見。十七番腰懸石天満宮に神鏡奉納の事を頼む。姫路に到着。
*四月二十五日 太尾、福崎を経て生野銀山町に到る。谷川道を遡行し、勧中院に参詣。宿泊を頼むが断られる。
*四月二十六日 南八郎の墓に花と和歌を手向ける。竹田、八鹿、宿南、豊岡を経て湯の島に到る。入湯する。
*四月二十七日 日和山に登り眺望を楽しむ。温泉寺に参詣後出立。久美浜に出、さらに増留村に到り農家に宿る。
*四月二十八日 岩滝村を過て、国分村国分寺で伝承書取。成相寺に到りその寺伝、宝物を調べる。同寺に宿泊。
*四月二十九日 一宮籠大明神、真名井神社に参詣。智恩寺拝観。宝物録を借りて写す。宮津市街を抜け脇村で泊。
*四月三十日 坂を上り下りして由良湊に出る。近辺山椒大夫の伝承あり。舞鶴も過ぎて丹後、若狭の境に到る。
*五月一日 青葉山松尾寺参詣。高浜を経て和田から船賃の極安い謙庵船に乗る。小浜に着き空印寺を訪う。
*五月二日 若狭一宮に参詣、祢宜の牟久氏に頼み神宮寺に納めてある大般若経を拝観する。三方に至り泊まる。
*五月三日 佐柿を過ぎ原村に到る。西福寺で一泊を許されたが、住職留主のため写経等見る事ができなかった。
*五月四日 松原村にて天狗党武田耕雲斎等三百余名の墓に詣でる。敦賀から汽車、汽船を利用して鳥井本に到る。
*五月五〜十日 守山、大津を経て京都に着。金森氏、西村氏、梧庵長老、畑氏、山中氏等を訪う。知恩院等参詣。
*五月十一日 一雄、池田隆雄と東福寺に到り、即宗院の宝物を拝観。兆殿司、俊成の墓に詣でる。西尾氏と懇談。
*五月十二〜十七日 東海道をとって、途中豊橋の太古、江尻の望月氏に小神鏡奉納のことを頼む。箱根にて泊。
*五月十八日 五時新橋駅に着き、帰宅するに「我が門のしるしとなりぬさし置し隣の柳人に知られて」と詠む。
  今次旅行の目的を示すと、
一、寺社、個人蔵の文化財の拝観と一覧の作成
二、天神社、天満宮への小神鏡奉納と石標配置
三、高野山へ自分の髻を納めること
四、国を思いながらも時代の波にのまれて逝った人々への鎮魂
であった。
 〈一、寺社、個人蔵の文化財の拝観と一覧の作成〉については毎次旅行の中心をなすもので、14年の辛巳の旅では特に石山寺、厳島神社のものを取り上げ、15年の旅では三井寺蔵の文書、書画、経典等を目録化した。16年の癸未の旅では静岡、大津で行われた古物展覧の小集に出た書画、経典等を拝観記録している。今次旅行では知恩院、高野山各塔頭、東福寺の宝物類を熱心に記録している。調査・記録ということでは16年の旅では五家荘の歴史に関する厖大な文書を記録しているが、この年の旅では前年に入手した頼朝坊仏の来歴を伊豆まで調べに入っていることは特筆される。
 〈二、天神社、天満宮への小神鏡奉納と石標配置〉については明治14、5年に特に熱心に回った「聖跡二十五霊社」への小神鏡奉納と建標は着々と進んでいたが、16年の帰路に予定していたと思われる天満宮関係の取り組みが妻の大病の報せで出来なくなってしまったのでその分を補う必要があった。4月23日第十四番綱敷天神、第十五番休石天満宮、24日第十七番腰懸石天満宮、5月14日第十三番長洲天満宮、17日第四番吉祥院、第十二番大坂天満宮についてそれぞれ取り決めや手配を行った。
 〈三、高野山へ自分の髻を納めること〉は前々からの予定であった。『簡約松浦武四郎自伝』には18歳の時に高野山に到ったとあり、明治12年には亡児いしの菩提を弔うため妻と登っている。弘法大師に対する崇拝の念は生涯を通してのものであった。生涯の終わりを自覚して身の一部をここに埋め、大師の縁につながりたいと思うのも自然であった。孫太翁の証言によれば翁が武四郎のもとに引き取られたのは明治15年のことであるが、その当時武四郎は髷を結っていたとのことで、それを切り落として納めたのである。前年の稿本『癸未溟誌』巻三妻町の条に「結髪に行しに明朝来ゐとて結て呉れず」とあり、孫太翁はその解読稿本の余白に「祖父は丁髷を結ひ居りしなり」と書き込んでいる。
 〈四、国を思いながらも時代の波にのまれて逝った人々への鎮魂〉についてはこれまで15年に萩で吉田松陰の墓参、佐賀で島義勇・江藤新平の墓を訪れている。16年には鹿児島で西郷隆盛の墓参。いずれもついでのことで訪ねたのではなく初めからの予定であり、目的であった。今次の旅では生野の変で斃れた南八郎、天狗党の乱で斬首された武田耕雲斎の墓に詣でている。鎮魂も大きな目的であった。南八郎の墓では「生野山岩のかけ路の遠ければ涙の露を手向にぞして」、耕雲斎達の墓では「あわれなり犬ざむらひの手にはてゝ大内山の春にもあはぬは」とくちずさんでいる。
稿本『甲申日記』の解読本を発行しました。
発行:2014年3月1日 松浦武四郎記念館
著者:松浦武四郎 解読:松浦孫太 編集:佐藤貞夫

詳しくは松浦武四郎記念館にお問合せください。0598-51-6137
2014.03.10UP