山楽会の今月の例会は大峰山系の釈迦ヶ岳である。「釈迦ヶ岳」という山名は全国にいくつかある。伊勢の我々には鈴鹿山系のそれが馴染みであるが、今回は大峰山系の釈迦ヶ岳である。Wa氏とSu氏はすでに登ったことがあるそうだ が、あとの3名は初めてである。津からは南(熊野)回りでも北(吉野)回りでも前鬼まで170kmほどでどちら回りでもよいが、往きは熊野から、帰りは吉野へと回ることとする。梅雨時のことで天気が心配である。
 15日13時津に集結。伊勢自動車道・R42・R309・R169を経て、池原ダム湖畔の前鬼口から前鬼川の右岸につけられた林道に入る。舗装してあるとはいえ狭く急なのでなかなか大変である。崖から落ちた石もころがっている。途中、名瀑100選に入っている不動七重滝を観賞する。水量の多い見事な滝だ。
 17時前、車止めゲートに着く。林道は小仲坊までついているが、一般車はここで通行止めである。前鬼口から歩いていれば、ここまでで2時間かかると思われる。支度をととのえ、宿坊に向かって17時出発。一旦下り 、吊り橋を渡って山道に入る。順調に行けるかにみえたが、途中で雨が降り出し、急に激しくなってきたので、傘か雨具を出すことにした。自分も傘を出すために10秒か20秒立ち止まった。傘をさして足下をみると ヤマビルが数匹ズボンに飛びかかってうごめいているではないか。あわてて振り払って難を逃れたと思ったが、宿坊に着いて調べてみると、ふくらはぎに1匹吸いついていた。血がおいしそうなIs氏は悲惨な献血をしてしまった。ふんずけたり、塩をふりかけたり、しばらくは皆で ヤマビル退治に専念したのだった。
 泊まりは小仲坊。前鬼に5坊あった宿坊も今はここしか残っていない。前鬼の子孫であるという五鬼助(ごきじょう)義之氏が守ってみえる。週末毎に大阪から宿泊者の世話や宿坊の手入れ、草刈りなどに通ってみえるのだと か。心尽くしの夕食を馳走になり、お風呂まで沸かしていただいた。
 就床までのひととき、屋久島行等今後の山行計画について相談する。8月の初めに針ノ木岳から槍ヶ岳までの裏銀座行が実施されることとなり、公用で7月例会(槍ヶ岳行)に参加できないSi氏も一安心である。
 16日5時起床。雷もまじった昨夜の雨はすっかりあがっている。6時ちょうど出発。宿坊裏手から山道に入る。昔は盛況だったと思われるいくつかの宿坊跡。今は石積を残しているだけである。杉の巨木が続く。聖域として伐られずにすんでいるのであろう。はじめはゆったりした登りであったが、地蔵ノ尾にかかるとだんだん傾斜がきつくなり、我々の息も荒くなってきた。7時5分、両童子岩(二つ石ともいう)に着いて10分間の休憩をとる。高さ10メートルの2つの巨石がニョッキリ立っている。不動明王に仕えるコンガラ童子とセイタカ童子だそうな。ものの本によればここも行場で、隣の岩に飛びつく行があるという。飛びつき損ねたら大怪我間違いなし。両岩の間から孔雀岳南面の五百羅漢が見えるかと期待したが、ガスがかかっていてダメだった。

両童子岩(コンガラ童子岩・セイタカ童子岩) 梅雨空と逆光でシルエットしか撮れなかった。残念。
 なお急登が続くが、やがて明るい疎林となり傾斜もゆるくなる。7時55分、太古の辻。前鬼からこの辻に出、釈迦ヶ岳・弥山を経て山上ヶ岳に至るコースを大峰の奥駈道という。 明治13年に松浦武四郎は大峰奥駈けを敢行している。辻から南側、尾根伝いに地蔵岳・涅槃岳へ向かうのを南奥駈道(道標あり)という。笹と草の原っぱに、背くらべ岩がちょこんとたっている。斜面下の白い花はガマズミであろうか。南北にはしる尾根についているのが奥駈の道。釈迦ヶ岳から大峰南部へのメインルートとなっている。北側に大日岳が、緑に覆われてはいるが鋭い姿を見せている。
 8時30分、深仙宿に着き、隣の灌頂堂(「大峰中台八葉」という標示がある)にお詣りして山行の無事をお願いする。「灌頂」という以上、近くに 香精水が湧いているはずだと見回してみたが分からなかった。 香精水は頂堂から見える大きな岩「四天石」の麓から出ていると跡で知った。予習不十分。

「深仙宿」灌頂堂 中央の岩場「四天石」 その下に香精水が涌いているそうだ。
 石のゴロゴロした傾斜地を登り切って、9時25分やっと頂上に着いた。一等三角点を示す石が埋められている。青銅の釈迦如来像に手を合わせてから、登頂の記念撮影。独行らしい山慣れた方が折良くみえたのでシャッターを押していただいた。いいデジカメを持って見えたので声をかけると、何回かHPを閲覧させていただいたことのある「のぶなが」さんであった。釈迦如来像は、大正時代に鬼マサと呼ばれた強力が、三つに分解し、たった一人で担ぎ上げたのだそうだ。
 頂上北側からは大峰の連山が見えるはずであったが、あいにくの雲で仏生ヶ岳・七面山あたりしかみえず、弥山あたりはそれらしい形を見ただけであった。東側も大台の稜線がうっすら浮かんでいるだけである。快晴だったらいいのにと、つい愚痴りたくなるが、この梅雨時に雨の降らないだけでもラッキーなのだ。宿坊で作ってもらった弁当を食べ、メンバーの用意してくれた味噌汁やコーヒーを味わう。人が多くなってくる。ほとんどは旭口から登ってきた人たちと思われる。
 10時20分下山開始。復路の山場は大日岳登頂であるが、他のメンバーがいとも簡単に岩場をクリアーするなか、自分だけが怖じ気づいて登頂を果たせなかった。残念ではあるが、「山行中、命にかかわる危険なこと・無理なことはしない」というのが我が鉄則で、それで無事故山行が続けられているので、やむを得ないことである。
 太古の辻にかかるところで数匹のシカに遭う。今は食糧豊富であるが、冬になれば木の皮をかじるのであろう、被害にあって立ち枯れているトウヒもあちこちに見受けられた。12時25分両童子岩に着いて10分の休憩。登山道の調査と整備にあたってみえる方も休憩中で、熊野古道やヒル避けの話をうかがった。エアーサロンパスを 足許へ振りかけておくとヤマビルも寄ってこないそうだ。忌避剤は体への影響が心配だし、塩水は後の始末が大変だ。
 13時10分小仲坊に戻った。大峰の歴史と山の深さを実感し、霊気のようなものにも触れた7時間の山行であった。 宿坊からの帰りは、ヒルに取りつかれるおぞましい山道はやめて一般車通行止めの林道を歩いた。

大峰奥駈け道

大日岳
2002.0616UP