明治13年5月、武四郎は山中6日の大峰奥駈けを敢行し、翌14年にはそれを記念して金峰山寺蔵王堂に大神鏡1面を奉納した。直径1m、重さ120sの大きなものである。鏡背に彼が巡った行程図が鋳刻されている。鏡そのものは金峰山寺管轄の吉野山ビジターセンターに保管されている 。保管状態はよく、鋳刻された字もしっかり読める。
 行程に従って碑面を読みたいが、部分的にしか撮っていなかった。記念館はこの拓本を所蔵しているので、画像を得て、稿本『庚辰紀行』と照合しながら読んでみた。拓本にはコースが赤線で入っていて分かり易くなっている。ただあまりに細いので太く処理をした。
奉納の模様 明治14年6月17日付駒田倍吉宛松浦武四郎書簡
2016.03.15UP