日誌スタイルの紀行作家
 武四郎は日誌スタイルの紀行作家である。蝦夷地関係の著作もその多くが『石狩日誌』、『十勝日誌』などと題されていることでも分かるが、明治になってもそのスタイルは変わらなかった。
 明治十年代、毎年数十日の旅行、登山を行い、その記録を十一種二十七冊の自筆日誌(稿本)とそれに対応する刊本十二冊に残している。稿本は出立から帰宅までの旅行詳細を日次を追って記し、刊本は寺社や個人所蔵の古文化財、古物展示会の出展品、あるいは新獲品の一覧を載せ、時には旅行摘記を記すこともある。刊本の方は世によく知られているが、旅行の詳細を記した原日誌の方は刊行されることなく、長く東京松浦家及び保管寄託を受けた国文学研究資料館にしまいこまれたままになっていた。刊本のみの理解からは好古趣味に明け暮れていたという姿が浮かんでくるのは当然のことかもしれない。しかし旅行の実質を記した日誌を検討するならば、違う姿が浮かんでくるのではないだろうか。松浦武四郎記念館は、開館に伴って原日誌の稿本類もその所蔵となったので、日誌としての価値を再評価し、順次解読して刊行しているところである。春の旅行を記録した日誌の刊行は今回で終わるので、後は秋の旅行を記録した『乙酉後記』と『丁亥後記』を残すのみである。
書誌・稿本と刊本
 明治十三年は大峰奥駈けを敢行し、熊野三山を回って稿本『庚辰紀行』と刊本『庚辰游記』を残した。まず稿本と刊本の書誌を確認しておきたい。稿本『庚辰紀行』は東京松浦家旧蔵で、国文学研究資料館寄託を経て現在松浦武四郎記念館所蔵となっている。五冊からなっており、各冊とも白表紙(『蝦夷志』紙背)、仮綴、縦二三・二センチ、横一六・二センチの冊子である。外題は「庚辰紀行 一(〜五)」(朱書)。外題を記した表紙右肩に順に「玄・黄・宇・宙・洪」と『千字文』冒頭のことば(天地玄黄 宇宙洪荒)を使って整理記号が付けられている。丁数は順に二八、二四、二八、三五、三七丁で、合計一五二丁となる。内容は日次を追っての旅行詳細である。これに対して刊本の方は一冊で、白表紙、大和綴、縦一三・三センチ、横七・二センチ。外題は「庚辰游記 全」、内題は「雲烟過眼」。二〇丁。柱刻「庚申記」。跋に一丁分の旅行摘記を記すが、本文は古文化財とその所蔵者の一覧を中心としているので、これでは古物探しの旅であったと誤解されるのもしかたがない。
 刊本『庚辰游記』末尾に記された旅行摘記
好古家としての武四郎
 武四郎が好古家、古物蒐集家、古文化研究家としての面を持っていたことを否定するものではないが、それが旅の主目的であったとは認めにくい。たしかに各地の寺社、好古家を回ってはその所蔵品の拝観を願って記録をとり、大阪、京都では古物展示会を開いてもらっている。この旅でどのような古物、古文化財を見たのか、新獲物は何であったかは刊本の一覧で見ることができる。それは尋常の範囲のものもあるが、和歌山での古代鈴を譲り受けるところ、京都の尚古会に出た橘諸兄像の入手を願うところなどでは彼の古物に対する思いが熱すぎるようにも思われる。古物に対する熱い思いは『撥雲余興』第二集(明治十五年)発刊の頃がピークでその後は沈静化して、刊本も古物好みをよしとする「尚古杜多」としての趣から離れ、紀行中心の記述になってくる。蒐集意欲が衰えたのではなく、蒐集対象が天神像や一畳敷書斎建築のための古材蒐集に移ったことに関係があるだろう。蒐集意欲は好奇心に支えられている。武四郎の古物蒐集には評判のよくないエピソードがいくつか残っているが、一見古物趣味と見えることも、悪癖に属することではなく旺盛な好奇心の発露というべきである。彼が蒐集した古物は膨大なものであった。その後行方が分からなかったが、最近国学院大学の内川隆志氏らの調査で、静嘉堂文庫に大量に保存されていることが分かり、その全体像が明らかになった。武四郎の古物蒐集は単なる骨董趣味に類するものなのか、学術的に意味あるものであったのか、今後の研究に期待するところである。
晩年まで持ち続けた好奇心
 好奇心は彼の大事な資質であり、古物だけに向けられたものではなかった。たとえば稿本『癸未溟誌』では五家荘で木おろし作業の見物をおもしろがっている。当『庚辰紀行』でも神上村のところで、北山川の筏流し見物に朝から熱中し「余りのおもしろさに」時を忘れ午後三時まで楽しみ、夜は筏師たちと酒杯を交わしたとある。また十津川の村々は廃仏毀釈のせいで道標がなくなったと不満を言いながら、住民の暮らしぶり、家の造作、台所、便所、食べ物、焼畑、歴史、千本槍からその地独特の言い回しまで詳しく調べ、スケッチも添えている。
あらすじ
 稿本『庚辰紀行』は日次を追って日誌として記されている。あらすじを検討してみよう。
四月十二日。出立。七平、お幾代、おしげが新橋駅まで見送りに来てくれた。夜は箱根湯本の小川楼で宿泊。
十三〜十六日。箱根〜蒲原〜三島〜静岡。柏原学而、安間純斎、中島辰太郎を訪ねて古物を見る。石堂を調べる。
十七〜二十日。見付〜二川〜豊橋〜名古屋。足立氏、古田源六、金原明善、米阿弥、佐々木復助らを訪ねる。
二十一〜二十三日。名古屋博覧会、熱田神宮、真福寺、関戸家を訪れ、記紀の写本、宝物、茶道具を拝観する。
二十四〜二十七日。桑名〜四日市〜津。岩村県令、岡、辻、川喜田家を訪ねる。小野江で墓参。本家にて泊まる。
二十八〜三十日。伊勢に入り亡き師足代弘訓宅を見舞う。両宮を参拝。福井端隠らが歓迎の小集を開いてくれた。
五月一〜三日。宮川〜田丸〜粥見。櫛田川に沿って西進。舟戸〜高見峠〜杉谷。高見川に沿って進み吉野に入る。
四日。喜蔵院の宮城氏の案内で諸仏堂を拝観。昨年約束をかわした竹林院隠居の古沢龍敬と連絡をとってもらう。
五日。昨年知り合って今回大峰奥駈けの行を共にする小西善導が到着。龍敬も帰ってきて顔合わせができた。
六日。メンバーは武四郎、善導、先達の喜右衞門の他、三人の合力がつくことになり、山中の持ち物を揃えた。
七日。一行六人で出発。戸開き参加の大勢の信者達に交じって山を登る。等覚門、妙覚門を経て山上本堂に到着。
八日。早起きをして本堂前で般若経三巻を唱し、七時出発。小篠の宿、大普賢岳、石伏宿を経て弥山で泊まる。
九日。禅師宿、仏生山、孔雀岳、鐺返しを経てやっと釈迦岳に着いた。全方向、頂上からの眺望は圧巻であった。
十日。鉈削りで卒塔婆一本を作り、供養塔にする。今日の行程は前鬼までで行者坊に着く頃、雨が降り出した。
十一日。行者坊を基地に裏行場の前鬼川の遡行に出掛ける。滝の連続する行場だ。この山中で育てる仔牛を見る。
十二日。行者坊を出立。滝を見ながら坂道を下る。蝮に要注意。熊野街道に到着して、同行の善導たちと別れた。
十三日。宿の主人の案内で筏師の筏の操り様や曲乗りをおもしろく見物する。筏師達に東京の話をせがまれた。
十四日。高原村、平谷村、川端村、小松村。この辺り奇岩、大岩が多い。舟を雇って両岸絶壁の瀞八丁を下る。
十五日。案内を頼んで玉置山に登る。本宮に入り倉矢数見を尋ねた処、一宿をと勧められて泊まることとなった。
十六日。倉矢の案内で本宮とその周辺を探訪する。宮司の音無氏が出してくれた宝物を拝観。のち湯の峰に到る。
十七日。音無宮司が和歌三首の餞をしてくれた。本宮から新宮までの九里を舟で下る。着いて徐福の墓を尋ねる。
十八日。微雨。町内は西国巡礼が多く泊る、賑やかな町だ。祠官楠氏を訪ね、熊野速玉大社の宝物を拝見する。
十九日。井上、鳴神の両人同道で、熊野那智大社に参詣し、宝物を拝見した。那智の滝を眺め、実方院に泊まる。
二十日。那智の滝は高さも広さも無双の名瀑だ。案内の者を頼んで、那智の奥のいくつもの滝回りに出掛けた。
二十一日。出立。柿原茶屋、見起峠、湯川王子社、岩神坂、媒介茶屋。中河王子社を経て、栗栖川村に到り泊る。
二十二日。宿の亭主に荷物持ちを頼んで出立。市ノ瀬王子。後鳥羽院垢離場、影見王子社を経て田辺に到着した。
二十三日。船に乗っての湾内見物は風波荒くかなわなかった。綱不知、風なき浜等を見、中内翁宅に到り宿る。
二十四日。御腰掛石、潮垢離の浜を経て、江の浜から船を雇って芳養村へ。道成寺に到って門前に宿をとった。
二十五日。富安王子社等を経て鹿背山の峠を越す。湯浅町から船に乗って、翌朝早く紀伊三井寺の下に着いた。
二十六日。一日滞留してゆったり紀伊三井寺と和歌山城下を回る。倉田秋香宅に落ち着き元県令津田香巌を訪う。
二十七日。早天より志賀八十右衛門を尋ね、勢州泊村にて出土の古代鈴を譲り受ける。秋月村に至り紀氏を訪う。
二十八日。終日、和歌山の人との交流を図った。二十九日。紀伊和泉の堺を越え大鳥の富岡鉄斎宅に落ち着いた。
三十日。税所氏を訪ね、飲む。三十一日。鉄斎と堺に至り、竹林院隠居の古沢龍敬を訪ねる。一雄宅に落ち着く。
六月一〜四日。大阪の知人宅や田中猶次カ宅を訪ねて回る。大阪の好古家たちが送別の一小集を催してくれた。
五〜七日。西京に着き、鏡匠の金森氏宅に宿を定む。旧知の者を訪う。山中静逸、小松原、福井、高島らを訪う。
八〜十日。二条善導寺にて尚古会を催す。前年に増し盛会となる。橘諸兄卿像を入手。関の玉やに宿をとる。
十一日、晴海大津や泊。十二日、豊橋米善、十三日、日坂黒田や泊り、十四日、静岡柏原氏に着す。
十五日。箱根角やに宿す。十六日。藤沢大坂やにて泊る。十七日、十一時帰宅。亀次郎の容態は芳しくない。
旅行家・探検家・登山家としての武四郎
 あらすじを追ってみると、大峰奥駈け敢行、熊野三山と熊野古道の踏破に旅行家、登山家としての面目躍如たるものがあり、また廃仏毀釈、修験道廃止の時流に抵抗している姿を見ることができる。
 武四郎は多面的な人物で、様々な人物像が指摘できるけれど、その中で最も中心にあるのは、旅行家・探検家・登山家としての面であろう。自伝冒頭で「人となりて諸国の名山大岳に登らんことを欲して名所図会また好て地誌を読み」と記し、刊本『庚辰紀行』冒頭でも「余性愛山水、歴遊諸州」と記しているように、生涯を通しての資質であった。
 今回の大峰奥駈けは登山として本格的なものであった。事前に吉野については『和州巡覧記』、『桜雲記.』、大峰奥駈けについては『大和志』、『大和名所図会』、熊野三山・熊野古道については『紀伊続風土記』、『紀伊名所図会』、『熊野巡覽記』、『熊野道中記』等多数の地誌や史書を読み込んでいる。出発に当たっては、小西善導、喜右衞門という先達二人、荷物運びの合力三人を得て、山中数泊の装備、食糧を準備している。小西善導は前年に吉野で知り合った修験者、喜右衞門は奥駈け経験の豊富な吉野の先達である。奥駈け中は先達たちの情報、知識を吸収し記録に余念がなかった。
大峰奥駈けの復活を願う
 十二年の『己卯記行』の旅の中で、西日本各地において廃仏毀釈の嵐が凄まじかったこと、修験道廃止による大峰奥駈けの伝統が荒廃していることを知り、それに対抗する必要を感じていた。幕末まで盛んに往来された大峰奥駈け道も、明治元年に「神仏分離令」が、五年に「修験道廃止令」が出てからは山に入る人は激減し、道は荒廃する一方であった。十三年の『庚辰紀行』の旅には荒廃状態にある大峰奥駈けの復活に寄与しようという情熱、廃仏毀釈や修験道廃止を押し通そうとする国や県の方針に対する反撥心がうかがえる。追い詰められた側に身を寄せて考え、行動できるのは彼の資質である。彼の天神信仰も、この敗者・弱者に対する篤い同情心の上に成り立っているのではないか。
十四年、金峯山寺蔵王堂への大神鏡奉納
 武四郎の毎年の旅行は単年で完結しているのではなく、鎖のようにつながっている。十二年の己卯の旅では吉野で小西善導、古沢龍敬と出会って十三年の大峰奥駈けが構想され、十三年の大峰奥駈け敢行は、十四年の金峰山寺蔵王堂への大神鏡奉納へと続いていく(稿本『辛巳紀行』)。大峰奥駈けの意義にもかかわるので、大神鏡の奉納先、時期について改めて確認しておきたい。従来大神鏡奉納は「十三年、吉野吉峰山神社」(『木片勧進』抄)とか、「十三年、吉野金峰神社」(吉田武三『定本 松浦武四郎 上』)とされてきたが、これは「十四年、金峰山寺蔵王堂」とするのが正しいことは稿本『辛巳紀行』(平成二十四年発行)の解題に述べた通りである。金峰神社は吉野山最奥の青根ヶ峰のそばにあり、「重二百十斤」もある大神鏡を大行列を組んで運んだとは考えにくい。これは明治五年に「修験道廃止令」が出された後、奈良県社寺方が吉野の地主神であった金精明神を金峰神社本社とし、大峰山寺蔵王堂を金峰神社奥宮、金峰山寺蔵王堂を金峰神社口宮と改称した(十九年復称)ことに関係がある。武四郎としては神社に、ではなくあくまでも修験道本山の蔵王堂に奉納したのであった。
「神仏分離令」・廃仏毀釈
 明治新政府は明治元年に神仏習合を禁ずる「神仏分離令」と一連の通達を出した。神道と仏教の「判然」化が目的であり、仏教排斥を意図したものでないというが、実際には廃仏毀釈を生み、寺院・仏像・経巻・仏具等「抹香くさき」ものへの大破壊運動が展開され、また寺院運営の経済的基礎も奪われた。吉野の場合、蔵王堂も破却が命ぜられ(たが、衆徒の抵抗で免れた)、堂内にあった仏像は一掃され、他寺院のものと一緒に諸仏堂に一括して隠されたという。稿本『庚辰紀行』五月四日の条に、次のようにある。
宮城氏案内にて諸仏堂に到る。此本尊は口ノ宮の阿弥陀堂の本尊なりと。役行者は口ノ宮右手に有りし像、天狗像、一の行場。丈六山に有りしと云。三十三所本尊。三十三尊は各寺に有りしを爰に集めし由。陀摩王は薬師堂に有りしと。(注 文中の「口ノ宮」は「金峰神社口宮」と改称された蔵王堂のことである)
 廃仏毀釈の凄まじさについてこうも記す。稿本『庚辰紀行』東十津川の条で、武四郎は村内に道標がなく道に迷うばかりだと嘆いているが、これは道標ともなっていた地蔵石像等を破壊し、一掃したからである。
総て此辺分れ道に標石なく旅人の難渋はかり難かれば、紀州路には有て、堺県下に到れば標柱なきと問しかば、十津川五十一ヶ村には今一本にして、奈良県の時仏御廃しにて、家々の仏も位牌も村々の寺も毀ちて仕舞とて厳敷御沙汰の時は道中の標等には多く地蔵、かんおん等に刻有りし故に皆取捨し也と。依て我等の家先祖の位牌まで奈良の御役人が御越し成て打こわし、又焼捨しなりと語りしが、実に悲しむべき事なりしと。
「修験道廃止令」
 また明治五年に出された「修験道廃止令」では修験者は真言宗、天台宗への転宗か還俗かを選ばなければならなくなり、拠り所としていた寺院・仏像も破壊の対象とされた。そのような雰囲気の中でも十三年の大峰山寺の戸開きには大勢の信者達が集まったのであるが、大峰奥駈けまで行おうというものはほとんどいなかった。そのような悲しむべき雰囲気の中、武四郎が大峰奥駈けを敢行するのはその復活を願ってのことであった。奥駆けの途中知った小篠宿の荒廃状況について「如何大政御維新なりとも、此山奥までかくとては御廃しになりしはとにくれける」と述べている。
まとめ
 以上、登山家としての資質を核としながら、神仏習合を生んできた日本的伝統を守ろうとする武四郎の姿を見てきた。今次旅行は、登山家としての松浦武四郎が、廃仏毀釈・修験道廃止により荒廃を余儀なくされた大峰奥駈けの復活を願って敢行したものであった。その記録が稿本『庚辰紀行』である。これに限らず明治十年代の日誌から言えることは、武四郎が晩年まで紀行作家・登山家としての資質、弱者・敗者の立場からものを考え行動できる資質、そして旺盛な好奇心を持ち続けた人物であったということである。

2016.03.15 UP