今年度(2018)の『鹿角日誌』に引き続いて、来年度(2019)は『東奥沿海日誌』を解読・刊行したいと考えている。
武四郎は6度にわたって蝦夷地に渡っているが、前半の3回は私人としてであった。その3回の渡航を終わって、江戸に戻ってから、『初航蝦夷日誌』『再航蝦夷日誌』『三航蝦夷日誌』『東奥沿海日誌』『鹿角日誌』『壺の碑考』を著した。嘉永3(1846)年のことであるが、2月から年末まで1年 近くがかかった。武四郎を「地誌作家」として特徴付けるに十分な仕事である。
蝦夷地に渡航するには当然のことながら、東北路を歩いていかなければならない。蝦夷地だけが目的であれば、途中のことは特に意識されないだろうけれど、彼にとっては東北路も単なる経過地ではなく、興味を惹かれる記録・調査・研究の対象であった。
蝦夷地渡航のために、彼はどの道を辿り、どのような見聞をしたのだろうか。見聞の内容は『鹿角日誌』『東奥沿海日誌』を読むことによって得る事にして、取りあえずはどの道を辿ったかについてまとめておきたい。武四郎には『自伝』があり、これにはかなり詳細に道筋が記録されているので、これを地図に落としてみよう。
ところで、三航を終えて江戸に帰るまでに彼は何度東北路を歩いたのであろうか。単純に数えれば3航×2=6度となるが、これについて『東奥沿海日誌』巻頭の「凡例」は次のように記す。
 
 一、此編我八洲を踏歴して既に蝦夷に及さんと欲して筇を曳、弘化元甲辰九月此地へ到り、既に鯵ヶ沢に船を着て順風を待といへ共、海面愈荒、山岳揮て白を頂き、中々其風土の様南人の目には恐敷と云も余り有故に、先此度は北海岸を探斗(に)して来春渡海せんと定め、此地の沿海を回りし記行にして、敢て津軽一郡を誌せしといへる(に)もあらず。故に蝦夷附録共云んと、即此名を冠らしめ置もの也。其筆記は此地へ入りし事凡七度に及べけれ共其初度を挙て其余用とすべき事を誌すに及ては、何年何月此処を過し時と皆別に附録し置もの也。

この「七度」には上記の6度に、弘化元(1844)年の東北の沿海一周が(往路・復路の区別ができないので)1度に数えられているのである。この年彼は蝦夷地渡航を図ったが、高野長英逃亡事件のあおりで旅人詮議がきびしくかなえられなかった。長英が仙台藩の一門である水沢領の出身であることが詮議をきびしくした理由のひとつであるかもしれない。
『自伝』に記された地名を拾って行程図を描くと次のようになる。来年度予定の『東奥沿海日誌』解読の参考となる。

東北北側  画像上クリックで拡大
東北南側  画像上クリックで拡大
2019.03.31更新