『近代初期の松浦武四郎』が松浦武四郎記念館[編]で2018年11月15日発刊されました。幕末の文久元(1861)年から明治21(1888)年までの武四郎の活躍と死を年譜の形で編集されています。編者は三重県県史編さん専門委員、松浦武四郎運営委員会委員である小玉道明氏です。 発行者は、武四郎の著作を多く手がけている北海道出版企画センターです。
松浦武四郎研究は、「竹四郎研究会」をはじめ蝦夷史・アイヌ史研究家、北海道史研究家等各界の研究にめざましいものがありますが、明治3年の開拓判官辞職までを対象にすることが多いです。
開拓判官辞職以降は北海道に渡らず、活躍の場を西日本各地への旅行、古文化研究・古物蒐集に求めました。松浦武四郎記念館は、諸家との間で交わされた書簡、刊本・稿本、蒐集された物品・書画等を多数所蔵しています。石水博物館や 静嘉堂文庫にも書簡や刊本・稿本、蒐集品が所蔵されています。私や「武四郎を読む会」も明治期の日誌を何冊か発行しました。小玉氏は年月日順に整理してその要旨を記し、348頁の本にまとめ上げました。これを読めば、武四郎は江戸末期と同様に濃密な時間を送っていたことがよく分かります。
松浦武四郎記念館館長の中野恭氏が序を寄せ、私も「明治の松浦武四郎」(下記)という文章を寄せました。
蝦夷地・北海道以外の武四郎研究はあまり進んでいません。これからの研究の基礎的文献になりますから、図書館や学校にとどまらず、個人でもご購入のほどをよろしくお願いいたします。
本書についてのお問い合わせは、松浦武四郎記念館( 0598(56)6847)へお願いします。

明治を旅する松浦武四郎   
佐藤 貞夫

激動の幕末期を一市井人として送っていた松浦武四郎は、大久保利通の推挙によって維新政府の蝦夷地政策の一端を担うようになった。蝦夷地における彼の探検実績が評価されてのことである。出仕に当たっては、彰義隊が跋扈していた頃であったので、松浦家でひと騒ぎのあったことが稿本『明治二年東海道山すじ日記』に記されている。その彰義隊は五月十五日の上野戦争において壊滅的打撃を受けた。その直前の閏 4月28日、武四郎は太政官において「任徴士箱館府判府事」の命を受けた。
 明治2年7月8日、箱館裁判所・箱館府は開拓使となった。武四郎は8月2日に開拓判官となり道名・国名・郡名撰定の任にあたった。蝦夷地は彼の「北加伊道」案に従って「北海道」と称されることとなった。
「北海道の名付け親」という栄誉に浴することになったのである。しかし、同3年3月15日、御用商人との縁を絶ちきれない開拓使と開拓長官東久世通禧の独断を糾弾する激烈な内容の辞表を出して辞任してしまった。
 辞任後の彼は北海道開拓に携わることも赴くこともなかった。彼の蒐集した厖大な北辺資料は九年一月〜六月に東京書籍館(現国会図書館)に譲り渡された。
北海道問題から離れた彼は維新政府の西欧化、資本主義的政策の展開に背を向けて独自の生き方をするようになった。若い頃から日本の古文化、古物に関心と知識を持っていたが、一段とその傾向を深めるようになる。
当時武四郎の名は古銭、古物の蒐集家として世に知られるようになっていた。「乞食武四郎」とまで言われるほどの熱心さであった。が、それは古銭そのもの、古物そのものに対する執着からではなかった。集めた古銭は、最終的には『多気志楼蔵泉譜』(全十五冊)に記録し、そのすべてを大蔵省に寄贈した。古物の方は整理の上しかるべき所へ托し(この経緯は今の処不明)、現在は静嘉堂文庫に収蔵されている。蒐集・整理・記録は研究の基礎作業である。リストアップを重視していたことは蒐集した古物の一覧や古物会出品目録を数多く残していることでも分かる。
数年かけて河鍋暁斎に描かせた『武四郎涅槃図』は、その奇抜さを讃えることが多いが、これも武四郎の集めた古物をリストアップする一つの方法であった。
武四郎はリストアップした古物をさらに研究対象としている。その成果は『撥雲余興』、『撥雲余興二集』として発表された。
明治期、彼の仕事として大きな意味を持つ物として各地の寺社への大神鏡奉納がある。八年に北野天満宮、九年に上野東照宮、十二年に大阪天満宮、十四年に吉野金峯山寺蔵王堂、十五年に太宰府天満宮に奉納された。自分の活動に区切りをつけたり、記念したりするために行ったと思われるが、世間への周知という面もあったのだろう。この中で蔵王堂への奉納は前年(十三年)の大峯奥駈けを記念するものである。維新政府によって元年に出された「神仏判然令」、五年の「修験道廃止令」による寺院・仏像・仏具の破壊、宗派・僧侶・信者に対する弾圧に武四郎流の抵抗として行われたことを見逃してはならない。
生涯通じての彼の特徴は旅行家、探検家であったことである。『松浦武四郎自伝』冒頭に「人となりて諸国の名山大岳に登らんことを欲して名所図会また好て地志を読」と記している。歩き続けた所に彼の面目がある。
しかし、その彼が十年頃には「五十九歳の頃より多病に成、六十一歳の時に危く黄泉の鬼と」なる所であったと旧知の末松孫太郎宛書簡に記しているが、その危機を彼は「歩くこと」(旅行・探検・登山)で克服した。
明治十二年六十二歳の彼は妻とうと西日本各地への旅に出掛けた。主たる目的は幼くして亡くなった「いし」の日牌を高野山に納めることであった。七十七日間に及ぶ夫婦旅については稿本『己卯記行』に詳しい。が、この時彼の出版したものは『尚古杜多』二冊でその内容は古物一覧、新獲物の一覧であったため、せっかくの旅が古物集めのためであったかのように誤解されてしまった。
『己卯記行』の旅をかわきりに西日本への旅は毎年続くこととなった。
『己卯記行』の旅の中で修験道廃止令以降の吉野の難渋を知り「来年は自分が大峯奥駈けに挑戦しよう」と約束をする。その約束に従って十三年の旅は大峯奥駈けが中心の旅となった。旅の詳細は稿本『庚辰紀行』に書かれている。しかしこの時も彼の発行した『庚辰游記』は古物一覧、小集目録を中心としており、旅行摘記はわずか一丁であった。
十四年の旅は前年の大峯奥駈けを記念して金峯山寺蔵王堂へ大神鏡を奉納することにあった。また次の課題「聖跡二十五霊社順拝」の対象天神・天満宮の選定をする必要もあった。六十七日間の旅の詳細は稿本『辛巳紀行』に記された。刊本は『辛巳游記』。
 十五年壬午の旅は太宰府への大神鏡奉納が主たる目的であったが、日本海側にも脚を延ばし、吉田松陰の墓参りを果たした。詳細は稿本『壬午遊記』に記された。刊本は『壬午小記』でそのうち旅行摘記は二丁である。
十六年も天神・天満宮巡りをテーマにしていたが、さらに脚を延ばし鹿児島に至って西郷隆盛の墓参りを果たした。詳細は稿本『癸未溟誌』に記された。刊本は『癸未溟誌』二冊。一冊は古物会への出品目録、新獲品の一覧。一冊は旅行摘記である。
十七年は稿本『甲申日記』の旅である。高野山に自分の髷を納めるのが目的で、天神・天満宮に小神鏡を奉納したり石標設置を確認したりしている。刊本『甲申小記』は旅行摘記が中心で、新獲品一覧は従となっている。
十八年は稿本『乙酉紀行』の旅。畿内の天神・天満宮に小神鏡を奉納、その後吉野から
上北山の天ヶ瀬に岩本弥一郎を訪ね、彼等の協力を得て大台ヶ原を探索した。十八年の旅行記は稿本『乙酉紀行』に詳しいが、それを三分の一程度にまとめて『乙酉掌記』が刊行された。四十八日間の記録であるが、大台ヶ原探索に費やした日数は五日間であった。
 この年の秋には、亡くなった娘いしの十三回忌追福のために秩父観音霊場めぐりをして稿本『乙酉後記』を記し、同名の小型本を刊行した。刊本は稿本の要約版となっている。
十八年の初め頃『聖跡二十五霊社順拝双六』が発行され有志に配布されたと思われる。  十九年の春の旅行は、前半天神・天満宮めぐり、小神鏡奉納・建標を行い、後半は大台ヶ原探索の二回目を行った。その後、大杉谷に入渓しているが、これは伊勢側からの登山の可能性を探ったものと思われる。
秋の旅は上毛・信濃を周遊し妙義山に登っている。記録は稿本『丙戌後記』として書かれたと思われるが、現存しない。刊本『丙戌後記』は残っているので内容は把握できる。
二十年春の旅は大阪〜太宰府を往復して小神鏡奉納の漏れをなくし、後半は大台ヶ原探索三回目を敢行した。彼が大台ヶ原の探索で願っていたことは大台ヶ原開山・開路であったことがはっきりする。新しい小屋・登山道を西原や小橡の人々に披露した。
二十年秋の旅は稿本『丁亥後記』と同名の刊本に記されているように養女まさの三七日法要に参加することであったが、その前に富士山登山を敢行した。
以上十年代の旅行記を中心に見てきたが、そこに記録されたことは、彼が晩年を「余生」ととらえて生きていたのではなく、懸命に生きていたことを示すのに十分である。
「一畳敷書斎」は古物収集の延長線上にあるものではなく、彼のこれまでの旅行、特に十年代の旅行の中で知り合った人々や建造物を思い出すよすがとして作った物である。一畳の中の自分を楽しむのではなく、寄付された建材を通して外に広がる世界(交流した人々や文化財)を楽しんだのであろう。
2018.11.20 UP