『己卯記行』行程図
我元来天下を抜渉、山川を巡り櫛風灑雨にて成長候

 「竹四郎研究会会誌」第62号に明治17年7月28日付末松孫太郎宛松浦武四郎書簡が紹介されている。この書簡で武四郎は次のように記している。
「・・・五十九才の頃より多病に成、六十、六十一歳の時に危く黄泉の鬼と可相成と存候を、六十二才ふと考候には、我元来天下を抜渉、山川を巡り櫛風灑雨にて成長候に、今日安逸に過候よりの事と、三月中旬婆と同道し、東海道より大和・紀州・畿内より播州・四国辺まで、百日余旅行仕候。大に丈夫に成、其より六十三才に独身にて大和国吉野山より大峯に巡り、山の峯通り七日の間露宿にて紀州熊野に越・・・」
 武四郎の60代の旅は安逸に流れている自らの生活の反省の上になされていることに注目すべきである。今回刊行の対象にした稿本『己卯記行』はこの書簡にある62歳の旅の詳細を記したものである。63歳の大峯奥駈の旅を記録したものは稿本『庚辰紀行』であるが、2016年3月に刊行予定である。

稿本『己卯記行』

 稿本『己卯記行』は東京松浦家旧蔵で国文学研究資料館寄託を経て、現在松浦武四郎記念館(以下記念館と略す)の所蔵となっている。稿本は武四郎自筆のもの 3冊(一の巻、二の巻、巻の三)で、各冊とも白表紙(『蝦夷志』紙背)、仮綴、縦23.6糎、横15.9糎の冊子である。第一冊は外題「己卯記行 天」、内題「己卯記行一の巻/尚古杜多とも云る也」で 36丁。第二冊は外題「己卯記行 地」、内題「己卯記行二の巻/一名尚古杜多」で27丁。第三冊は外題「己卯記行 人」、内題「己卯記行巻の三/一名尚古杜多とも云」で 35丁となっている。丁数はあわせて98丁となる。
 稿本と内容的に同一または類似の刊本はないが、旅行中に行われた古物会の出展物一覧、新獲品一覧は『尚古杜多』二冊として刊行された。『尚古杜多』は二冊とも縦 13.4糎、横9.0糎の小型本で、第一冊は16丁、第二冊は23丁である。「不価不鬻以貽同志」と記した袋に入れて同好の士に配布された。外題は『尚古杜多』で、内題はない。 2015年3月に松浦武四郎記念館から刊行された『己卯記行』は稿本の方を対象としているが、参考のために記念館所蔵の刊本『尚古杜多』の影印を巻末付録として収載し ている。

とくは嗣子一雄の妻。ゆきは養女。
 『己卯記行』の夫婦旅は明治十二年三月十五日出発、五月三十日帰宅の七十七日間に及んだ。 武四郎夫婦のこの旅の目的は、第一に明治六年に亡くなった 「一志」(いし)の七回忌にあたり高野山に日牌を納めることであった。妻とうが健脚の武四郎に従って長期の関西旅行をする気になったのはこの目的があったからであろう。亡児を思う親の心である。
 武四郎夫婦の結婚は安政六(一八五九)年九月のことであった。武四郎四十二歳、とう三十二歳。孫太翁の証言(稿本『癸未溟志』の解読原稿の余白書き込み)によれば、とうは初め尾藤水竹に嫁し、死別(安政元年)したのち、本草家阿倍櫟斎の仲立ちで武四郎と再婚したものである。水竹は武四郎とも弘化のころ交流があり、記念館には武四郎宛尾藤水竹書簡一通が残っている。結婚した翌年、とうは身ごもったが、これは流産。次に元治元(一八六四)年に生まれたのが一志であった。しかしこの子も明治六(一八七三)年十月に亡くなってしまった。染井霊園の武四郎の墓の傍らにたつ一志の墓碑は正面に彼女の手習いの字、他の三面に鷲津毅堂が墓誌を記し、市河万庵が書いた字が刻まれている。毅堂による墓誌は武四郎夫婦の悲しみの代弁である。
 妻とうは文政11(1828)年の生まれ。武四郎より10歳若く再婚であった。この点について孫太翁は『癸未溟志』の解読原稿の余白に
「此尾藤とあるは祖母が先に縁附居られし尾藤水竹先生の事なり。先生は下田奉行として出張せられ居りし」人と書き込んでいる。水竹は名を積高という。 寛政12二(1800)年〜安政元(1855)年。父は寛政三博士の一人尾藤二洲、母は頼春水夫人静子の妹。頼山陽の従兄弟にあたる。交遊する者に藤田東湖・藤森天山・斎藤竹堂・枝吉神陽・浅野梅堂等、門弟に小野湖山等がいる。武四郎とも交流があり、『自筆松浦武四郎自伝』にも 「二十九歳[弘化丙午三年]。元朝また楓江を曳て五弓豊太、石井潭香、門田朴斎、石川和助、添川寛平、牧野只介と共に、谷中尾藤水竹の宅に会し、暮て根岸笹の雪に到る。跡より来るもの中西忠三、葉山静雄、座間各詩あり。水竹国風を示さる」 とある。とうは病弱であったというが、明治44年没、84歳の長寿を保った。
 冒頭に出ている亀次郎というのは、一志亡き後、甥松浦圭介の次男を養子としたものである。亀次郎は慶応3(1867)年生まれ、明治12年は13歳であったが、翌13年武四郎が『庚辰紀行』の旅から戻った直後になくなっている。
大阪天満宮に奉納した大神鏡・小神鏡
大阪天満宮 目的の第二は、大阪天満宮への大神鏡(資料参照)奉納である。奉納の年月日については、すでに大山晋吾氏が大阪天満宮の『社務所日誌』の明治12年5月4日の条に「午后第三時神鏡奉納。地車臺ニて持参」とあることを確認されている。奉納は1日で済むとも思えるが、稿本の叙述に従えば、5月4日、5日と2日にわたっている。4日は鏡の運び込みで、鏡を車台に載せ、角力頭取や在所の若者に曳いてもらい、そのあとを各種問屋や嗣子一雄が勤めていた造幣寮の職員らが列を組んで大勢で運び込んだとある。5日は阿波座から大人数で予定コースを練り歩き、本殿で祝詞をあげ玉串を捧げるなど奉納式を行った。式には妻とうも川喜田石水の母に衣装を借りて参加している。天満宮への奉納は明治8年5月15日の北野天満宮についで2回目である。三回目は明治15年5月9日、太宰府天満宮に奉納されている(稿本『壬午遊記』)。神鏡奉納に表れた天神尊崇の念はやがて「聖跡二十五霊社順拜」へと発展していく。
吉野探訪
 目的の第三は、万葉の故地でもあり、南朝の本拠、大峯修験の基地でもあった吉野を訪れることにあった。稿本『己卯記行』は3冊、77日間の長期記録からなるが、第 2冊は4月16、17日の吉野での2日間の見聞の詳細となっている。
 武四郎の南朝に対する尊崇の念は若い頃からのもので、嘉永3(1850)年、33歳の時『新葉和歌集』4冊を復刻している。その奥書に
「えり板となりて再び宮人の心をてらす峯の桜木 花散て青葉に暗き世の中に又かしこくも匂ふ桜木 ひろし」という自作歌を添えていることでも彼の傾倒ぶりがうかがえる。また記紀の古事や万葉の古歌等を多く引用しているが、これは妻の好みが反映しているのかもしれない。
 吉野は大峯修験の基地であるが、明治5年の修験道廃止令により修験者は還俗か天台宗、真言宗への帰入を迫られるなどの弾圧を受け、衰退を余儀なくされていた。寺院は荒れるにまかされ、大峯奥駈道を歩く者はいなくなっていた。武四郎はその荒廃ぶりをつぶさに見聞し、翌 13年には大峯奥駈けを敢行する(稿本『庚辰紀行』)。大峯奥駈けは若い頃からの宿願で、幸にこの年吉野で小西善導という修験者に逢うことを得て奥駈けを果たすことができたのである。 14年の金峯山寺蔵王堂への大神鏡奉納は大峯奥駈け敢行記念とともに大峯修験への応援であったと言いうる。奉納の模様は稿本『辛巳紀行』(記念館刊)に詳しい。
 修験道廃止令に先だって明治元年 3月に発布された「神仏分離令」は神道と仏教の分離が目的であり、仏教排斥を意図したものでないというが、結果として廃仏毀釈と呼ばれる寺院仏閣の大破壊活動が展開された。熱田神宮においては仏具、経巻が大量に焼かれ、石清水八幡宮では多宝塔が倒された、など多くの例を生々しく伝えている。吉野においても
「高徳書写の経巻も皆縄からげとして須弥壇、修行壇も薪となり、六品、独鈷、五鈷、三鈷も古銅屋にうり払はれ」、情けない様となっていると記している。
 石清水八幡宮の倒された多宝塔の材は、淀川、木津川を船で運び、二月堂あたりに積んであった。それを明治八年奈良を訪れた際に見かけた武四郎は私財をもって再建せんと関係する所に働きかけたが、効を奏さなかった。今次旅行でも税所篤堺県令に相談するなどしたが、うまくいかず、大仏殿内の仏像寄付も事が運ばなかったことを繰り返し残念がっている。
古物会の模様 目的の第四は、各地の古物愛好家をたずね、その所蔵物を拝見、許されるならばそのいくつかを譲り受けることであった。またその愛好家達と古物会を催しネットワークを築いている。小鈴谷の南畝、半田の中野又左衛門、嵯峨の山中静逸、河内市村の税所篤(堺県県令)、摂津呉田村の吉田喜平次、天王寺村の田中楢治郎、大阪の平瀬露香等の古物収集家を訪ね歩き、交流を図っている。また各地で古物会に参加し、見聞を広めている。 5月6日浪華岡本宅での古物会(幹事西尾政次カ)には、田中楢治郎、高松舫州等十余名の参加があった。5月16日の東山尚歌堂での古物会(幹事山中静逸)には在梅堂、桂花堂の外 27、8人が参加して、頗る盛会であった。19日の京木屋町生庄亭における古物会(桂花堂主人主催)には小原竹香、岡本黄石等十数名の参加があり、別れの盃を交わした。
 以上、旅行の目的に合わせて内容をかいつまんで紹介した。明治十二年の旅の概略を日次で記すと次のようになる。他の旅の記録と同様日誌体で書かれている。
《一の巻》
三月十五日 亀次郎のことは大病院によく頼み置き、家事は七平やよねたちにまかせて妻とともに出立した。
三月十六〜二十日 静岡の柏原氏等に寄って古物の話を楽しみ、盛田氏を尋ねるべく岡崎から知多方面に入った。
三月二十一日 亀崎渡し、半田を経て小鈴谷の盛田久左衛門を尋ねる。隠居の南畝老人と四方山の話をする。
三月二十二日 朝から南畝家所蔵の書画古物類を鑑賞。また同家出入りの骨董屋の酔古堂に勾玉を見せて貰う。
三月二十三日、二十四日 (記述なし)
三月二十五日 半田の酢造家中埜又左衛門、造酒家中埜半六を訪ね、夜に入るまで勾玉や古銅器を見せて貰う。
三月二十六日 早朝より造酒家小栗富次郎宅に到り、書画、琅玕を見せて貰う。車を雇って宮の紀伊国屋に着く。
三月二十七日 早朝、熱田明神参詣。当社における廃仏毀釈のすさまじさを知る。四日市に渡り、津の亀屋に泊。
三月二十八日 津の野田九十郎等友人を訪問、師の墓参をして、小野江の本楽寺に参詣。夜は二見の角屋に泊る。
三月二十九日 朝熊山に登り寺々の荒廃を目のあたりにする。下山後内宮参拝。周辺の古風の崩れを寂しく思う。
三月三十日 外宮参拝。弘訓の跡を弔い、松田適翁、中西弘綱、久志本常庸、林棕林等宇治山田の知人を訪う。
三月三十一日 知人達と八塚を訪ね臼石を拾ったり、鏡社の神鏡を見たりする。松田家にて印譜を鑑賞する。
四月一日〜五日 松坂、月本、香良洲、津、水口を経て石山寺、三井寺に参詣する。京都に到り、知恩院へ。
四月六日 博覧会品評所にて古墨帖の展覧を見、自分も需公の碑拓を出す。拝観人のマナーの悪さを嘆く。
四月七日 嵯峨の山中静逸を訪う。八日、清水寺。九日、誓願寺・南禅寺・真如堂等を巡り北野天満宮に参詣。
四月十日 三十三間堂、東福寺、伏見稲荷、藤森神社、興聖寺等を拝観。平等院へと進み、玉水宿に到り一泊。
四月十一日 奈良坂、般若寺、転害門、興福寺、二月堂等を回り、南大門の破損が進んでいることに心を痛める。
    (明治八年、奈良を訪れた際、二月堂のあたりに石清水八幡宮から出た塔材が放置されているのを知る。)
四月十二日 新薬師寺参詣。白毫寺、鹿野苑を見て古市町に出て旧陣屋跡を巡って奈良に戻り、博覧会に到る。
四月十三日 念仏寺、不退寺、元明陵、元正陵、法華寺、秋篠寺、西大寺、菅原天神等を巡り、二上山に上る。
四月十四日 高田、今井を経て飛鳥に入る。山王石、鬼の雪隠、鬼のまな板等を見た後、桜井を経て長谷寺参詣。
四月十五日 多武峰を経て東千俣村等を過ぎ上市に到る。万葉の故地を訪ね吉野川の筏流しや滝飛を見物する。
《二の巻》
四月十六日 大滝から吉野へ越え、西行庵等を見て竹林院に到る。小西善導に逢い、大峯奥駈けの情報を得る。
四月十七日 喜蔵院、東南院を経て如意輪寺、勝手神社、蔵王堂等を見て六田村へ。吉野川に沿って五條に到る。
《三の巻》
四月十八日 橋本、覚文路、加根村を経て高野山に登る。千丈岳落し、女人堂、明王院に到り、奧の院に参詣。
四月十九日 亡児いしの日牌を納め、焼香。無量寿院、金剛峯寺拝観の後、橋本に下って紀見峠の旅篭に泊る。
四月二十日 雨のなか出立し、紀伊河内の堺を超え、三日市を経て和泉に入る。大鳥神社の富岡百錬宅に着す。
四月二十一日 大鳥神社の宝物を拝観。百錬同道で古物好きの税所県令を訪い、古鏡、勾玉、香水壷等を見る。
四月二十二日 百錬同道、叡福寺に到り、県令や役人らと三骨一廟の太子廟に入る。駒ヶ谷の金剛輪寺に回る。
     (二月堂あたりに放置されている塔材の扱い、大仏殿内の仏像寄付について税所県令と意見交換。)
四月二十三日 税所県令、大鳥神社来訪。南大門の修復に力を貸してほしいとの提案。勧進元につき協議する。
四月二十四日 妙国寺の蘇鉄を見、戎社、住吉神社等参詣。天王寺で練供養の賑わいを見る。神鏡奉納の準備。
四月二十五日、二十六日 大阪天満宮参詣。神鏡奉納の打合せのため幹事の人達を訪う。中教院からも人が来る。
四月二十七日 神戸から丹生山田への道をとり、原野村の栗花落家、東下村の鷲尾家、衝原村の箱木家を訪ねる。
四月二十八日 丹生山田から須磨に出て、行平月見松、須磨寺、敦盛の墓、綱敷天神等名所を巡り、神戸にて泊。
四月二十九日 原保太郎に逢う。西宮の吉田喜平治家を訪ね、徳本行者の遺物や勾玉等の古物を見て大阪に戻る。
四月三十日〜五月二日 神鏡も出来上がり、大いに安心。神鏡奉納の手配に追われつつも知人宅にて古物を見る。
五月三日 神鏡が阿波座に着き飾る。平瀬亀之助に招かれ、その蔵品を拝見。平瀬の華やかなもてなしに驚く。
五月四日 大神鏡を大阪天満宮へ奉納。神鏡を車台に載せ、角力が曳く後を大勢が行列する様は見事であった。
五月五日 大勢で天満宮に参詣。奏楽後、祝詞を奏上、玉串を奉った。妻は石水の母から装束一式を借りて参列。
五月六日 岡本宅にて川口淳、田中楢治郎、池田快堂、鉄斎、石水等の参加で古物会開催。昨日の回礼に歩く。
五月七日、八日 石水宅訪問。阿波座に行き回礼。平瀬に招かれて、岡本、石水、鉄斎らと古物類を鑑賞する。
五月九日 高橋伝三郎宅にて古物を見る。税所県令宅にて古鏡を見る。南大門修復は官費によることになった。
五月十日〜十五日 狩尾明神、東寺、西本願寺、加茂神社、北野天満宮、金閣寺、嵯峨の山中静逸宅等を巡る。
五月十六日 東山尚歌堂にて古物会開催。静逸、畑、森川、在楳堂、桂花堂、西村等の参加を得て盛会となる。
五月十七日、十八日 来客多し。留守宅へ手紙を出す。黄石等と東山での茶会を楽しむ。妻とうも黄石妻と同席。
五月十九日 生庄楼にて古物会を開いて送別の宴を催す。高松舫州、小原竹香、岡本黄石、井谷、梧庵等参加。
五月二十日〜二十四日 諸家に暇乞い、見送りを受けて出立。大津、山田、多賀、大垣、宮を経て、豊橋にて泊。
五月二十五日〜二十七日 豊橋の百花園にて古物会。静岡では柏原宅にて古物を見、山中笑、有竹老人等と逢う。
五月二十八日〜三十日 雨で滞留を勧められたが出立。先を急ぎ、二十九日箱根を越え、三十日めでたく帰宅。

 以上、明治12年の夫婦旅は、3月15日から5月30日まで77日間の長きにわたるものであった。
 武四郎の西日本への旅はその後も毎年続けられた。
 13年は大峯奥駈け(『庚辰紀行』)。
 14年は太宰府まで足を伸ばし「聖跡二十五霊社」の下調べをし帰途吉野金峯山寺蔵王堂に大神鏡を奉納(『辛巳紀行』)。
 15年は吉田松陰、島義勇の墓参りをするとともに太宰府天満宮に大神鏡を奉納した(『壬午游記』)。
 16年は五家庄から鹿児島に到り西郷隆盛の墓参をした(『癸未溟志』)。
 17年は高野山に髻を納め各地の天神社に小神鏡を納め石標を設置した(『甲申日記』)。
 18年は大台一登めと秩父観音霊場めぐり(『乙酉紀行』『乙酉後記』)。
 19年は大台二登めと信毛周遊(『丙戌前記』『丙戌後記』)。
 20年は大台三登めと富士登山(『丁亥前記』『丁亥後記』)。
 富士登山を終えて半年後の明治21年2月10日になくなった。歩くことに徹した、すばらしい人生であった。 

稿本『己卯記行』の解読本を発行しました。

発行:2015年3月1日 松浦武四郎記念館
著者:松浦武四郎
解読:福永昭・唐津巳喜夫・佐藤貞夫
編集:佐藤貞夫

詳しくは松浦武四郎記念館までお問合せください。0598-56-6847

2015.04.30 UP