l
 
多くの顔を持つ武四郎

 松浦武四郎は「八面六臂」のマルチ人間、ともかく多芸多才、多方面の活躍をした人物である。どのような顔を持っていたのかを列挙してみると、幕末最大の探検家・旅行家・登山家・道の専門家、蝦夷通・幕吏・開拓判官・北海道の命名者・アイヌ民族の擁護者・ルポルタージュ作家、地誌学者・地図制作者・出版業者、草莽の志士・情報センター、もと僧侶・天神崇拝者、歌人・画家・スケッチ作家等々であり、各分野で著しい業績を挙げている。明治になってからは趣味人・好古家・古物愛好家・古銭収集家といわれたりもしている。しかし、ここで見落としてならないのは紀行作家としての一面であり、業績である。

紀行作家としての武四郎

 彼は十七歳の春故郷を出て以来諸国を回り、十九歳の時の四国の旅をもとに『四国遍路道中雑誌』を、二十歳の時の九州遊歴見聞を『西海雑志』と題して著している。執筆は、九州から蝦夷地に転ずる途中故郷に立ち寄った天保十四年から翌弘化元年にかけてであった。 蝦夷地に渡ってからの武四郎は私人としても幕吏としても日誌を綴り続け、『初航・再航・三航蝦夷日誌』といった探査日誌、また『丙辰日誌』『丁巳日誌』『戊午日誌』等の報文日誌を記し、それらをもとに『樺太日誌』『北蝦夷余誌』『石狩日誌』『夕張日誌』『納沙布日誌』『十勝日誌』『久摺日誌』『知床日誌』『東西蝦夷日誌』等を出版し、また『近世蝦夷人物誌』という奸吏奸商を告発するルポルタージュも著している(出版不許可)。江戸〜蝦夷地の往復時にも各地を回り、『東奥沿海日誌』『鹿角日誌』『佐渡日誌』を記している。明治になってまず記したものは『東海道山すじ日記』であった。これらもすべて日誌体の紀行であり地誌である。松浦武四郎は日誌スタイルの紀行作家であったといえる。

癸未の年(明治十六年)の旅の目的

 武四郎の明治十六年の旅は、@この年が西郷隆盛の七周忌にあたるため墓参りをしたいということが中心で、Aあわせて菅原道真の末裔や平家の落人の隠れ住んだ五家荘を調べることにあった。幕末武四郎は西郷と交流があって、明治十年の西南戦争でなくなった彼を悼む気持ちが強かった。道真の末裔の行末については「聖跡二十五霊場」を設定中の彼としては重大な関心があった。平家の落人については明治十四年「聖跡二十五霊場」の十九番として「厳島天満宮」を選び、その地を訪ねて、厖大な古美術品や経典を記録し、そこに平家の栄華の姿をみたのであるが、その後の行く末にも関心を持っていた。Bまた武四郎は二十代の数年、九州で僧侶として暮らしていて各地を旅行して歩いたが、歩き残した所を訪ねてみたいという希望も持っていた。これら三つの目的は九州でのことであるが、C途中では各地で古美術品や発掘品を鑑賞し、記録をとるというのもいつものことであった。さらにD帰途に天神社巡りを計画していたと思われるが、妻の大病の報せで不可能となった。

古美術品・発掘品の鑑賞、記録

 今回の旅は明治十六年三月十三日出立、五月十三日帰宅の計六十二日間であった。
 往路は順調であった。吉原で鈴木香峰を、静岡で柏原学而を訪ね、泊まるのはいつものことであった。鈴木香峰は吉原宿の問屋役を務める一方、和歌、書画に長けた趣味人であった。武四郎との交遊は慶応年間に始まっている。本文中香峰宅に泊まった時には「老人頼朝仏一体を恵まる。」と記しているが、これについては武四郎と香峰の間で書簡のやりとりがあった。一月六日付の香峰宛て武四郎書簡には「先生御宅聟様の里辺には来朝仏御座候由、一体手に入不申候哉、御周旋を奉乞候」とある。このように武四郎はあらかじめコースを決めておき各地の友人、知人と連絡を取り合って出かけたのであった。事前の調査も怠りない。
 刊本『癸未溟誌』首巻は静岡と大津で行われた「小集」に展示された古物の一覧であるが、この小集はたまたま行われていたものではなく、本文三月二十五日条(大津での小集)に「兼て諸方に約束もなし置きける」とあるように、前々から主催者を決め周到に準備してもらっていた展示会であった。静岡での小集は柏原学而(徳川慶喜の侍医・当時静岡で開業)の主催のもと、望月治三郎、山中笑、中泉昇平等から出展があり、当日は大勢の来客があったという。武四郎は帰京後、両展示会に出た展示物を一覧にまとめて一冊とし、これに旅の概略を記した別冊を付けて会の参加者及び同好の士に配布した。配り物と言われる所以である。

大津での小集

 静岡をたった後、宮から船で四日市に渡り東海道を大津まで行く。三月二十四日、すでに連絡を取り合っている斎藤真男と円満院に赴き宝物を拝観した。円満院は当寺三井寺の中心寺院であり(現在は事情により単立寺院)、滋賀県の県庁が置かれている寺でもあった
 三月二十五日には斎藤真男を催主として小集がもたれた。この展示会には法明院、円満院、龍泉院、松禅院、石山寺、知恩院等から出展があり、武四郎も先に鈴木香峰から恵贈された来朝坊仏を飾ったのであった。

博多・太宰府にて

 晩年の武四郎は天神=菅原道真に対する崇拝の念がたいへん篤かった。十四年に「聖跡二十五霊場」の候補を定め、その確定のため十五年、十七〜二十年にも天満宮、天神社をいくつか回っている。しかし、十六年の旅では北野天満宮を参拝したあとは京都・大阪と先を急ぎ神戸から下関まで船で西進している四月二日、博多で江藤正澄を訪れたあと、大宰府天満宮には参詣したものの他は訪れなかったのは、あるいは復路に天満宮、天神社を回る予定であったかもしれないが、それは妻の大病の報せで果たせなかった。

五家荘調査

 今次の旅は五家荘を調べるのが隆盛の墓参りとともに大きな目的であった。これに力を入れていたことは、五家荘に関する古文書の筆写は二十五丁に及び、本文百二十五丁の二割を占めている事でも分かる。これら古文書写しは思い付き、飛び込みでしたのではなく、予め熊本県知事宛の書簡で頼んであったものである。「その高帳または由緒書を県庁にて写し与えられしを・・・」と述べている。
 言い伝えによれば、五家荘五集落のうち仁田尾と樅木は菅原道真の子孫が藤原氏の圧迫から逃れるために隠れ住み、久連子、椎原、葉木は平家の落人達が隠れ住んだということである。そのことを証拠立てる文書、物品は長い逼塞生活の中で焼失あるいは散逸してしまっていたので、公的に保存されている由緒書に頼らざるを得なかった。そして具に集落毎の現状を見るために日置美八という案内人を雇い、米、味噌、わらじの用意をして山中に分け入ったのである。


西郷隆盛の墓に参る

本文四月二十一日条
二十一日。渡辺県令を訪ひ丹羽により、是より上町なる浄光寺山西郷先輩の墓に到る。其下に石工六軒。何れも職人七八人づゝにて細工到し居、また線香をうる家、しきみ、榊をうる家、団子、あまざけの腰かけ茶や様もの十余軒、各々営業をなす也。石階二百級斗三段に上りて、上に拝殿、事務所には役人らしきもの六七人も詰、また傍に榊、しきみうる家、茶店も有。断髪の婦人、幾流となく始終参詣人有るよし也。正面には先輩の墓、左右に桐野、篠原、本多等の墓美々敷、追々小さく成、末に及びても苗字もなく何兵衛、何吉、何八等の雑兵の墓並ぶこと実にかぞへがたし。其地形、桜島を前に見て山川の津、海門が岳等まで市中は眼下に見え、当所第一の風景なり。爰に到りて一詩を賦して霊前に奉る。
到処英雄酣戦場 日豊肥筑路程長 墓前来哭是何物 江戸狂夫武四郎
 嗚呼今日万民旧幕の世の弊を脱て大君の御世に鼓腹する事、是此人なくんば如何でかと、涕泣万行。其辺りを見るや一つの仮家に蝋燭箱またはそうめん箱の古やうのものに髑髏を多く入れ、其未だ腐せ朽ざる等をも有けるを山なす斗に積かさねたり。其書付を見ると姓名の知れたるも有。また知れざるも有るが、多く肥後国山鹿植木辺より来りしなり。是此度彼地よりとり寄て、爰に姓名の知れたるは其国郡姓名をしるし、知れざるは同穴に葬りける由、其大そうなる事実に可驚事也

妻大病の報せに大慌てで帰京する

本文五月一日、二日条
一日。夕五時頃に福岡なる江藤氏に着してけるや、家内の申さる、扨東京より只今電信にて御家内大病に付、早々帰られ候との事也と聞より大に驚。依て只今頃何処にいますやしれざる故に鹿児島県令、熊本県令の両方へ此趣を電報かけんと電信局え打に行しと。依ては早くさし留よと、我が乗り来りし車にのせて使の者を呼もどしに遣はせしや、未だ打ざりし処なりとて帰り来りしは幸なり。其より東京の方へ今鹿児島より帰りし趣にて直に帰るとの報を打、すぐに武谷ぬし、八木の母等呼に遣して出立の支度をぞ致したりける。
  東京発 バヾサマタイビヤウハヤクヲカイリ
  返報  カゴシマヨリイマカイルスグニイクナリ
直に便船を聞に遣はせしに明夕方、名草丸出帆の趣申来る。
"八木母、武谷次カ、郡田、浅香良助、お花父等来る。荷物彼是相とゝのえ候処、花なる者も同道致し呉候様、大坂にて少々奉公致し度由申候に付、相断候得共達て江藤夫婦の頼に付受合ける。
稿本『癸未溟誌』の解読本を発行しました。

発行:2013年3月1日 松浦武四郎記念館
著者:松浦武四郎
解読:松浦孫太
編集:佐藤貞夫・武四郎を読む会

詳しくは松浦武四郎記念館までお問合せください。0598-56-6847
2013.03.10UP