『寄書縫付傘』、『骸骨図縫付傘』は、丸い直径数十pの白布を蝙蝠傘に縫い付け、これに友人・知人から揮毫してもらいました。乙酉(明治18年)の旅ではこれを持ち歩いて、行く先々で傘を開いて縫い付けた径54pの白布に揮毫してもらったと言われています。
 私は初め、旅行中、特に登山中(乙酉の年は大台第一登)に、雨天実用でない蝙蝠傘を持ち歩くのはまず考えにくく、白布だけ持ち歩いて揮毫を受け、帰途後に蝙蝠傘に縫い付けたと推察していました。明治18年のほとんど原始林状態であった大台ヶ原を、そんなジャマ物を抱えて大和から伊勢に下ることは考えられませんでした。在京の人には縫い付けたまま書いてもらい【旅行中の場合は白布をはずして持ち歩いた】と考えたのです。(2019)11月から稿本『乙酉紀行』『丙戌前記』『丁亥前記』の稿本3冊を読み返していますが、この件を揮毫者とコースの関係、残存する傘(画像)等から再検討してみて、自分の考えが間違っているように思えてきました。
 (2019)12月11日、天候も体調もよかったので、記念館へ出かけて明治18(乙酉)年の傘の画像をもらってきました。驚いたことに、もう2度とさせないような破損状況でした。本体の布は風雨に晒されて切れそうになっているし、縫い付けの白布に書かれた文字も掠れていました。揮毫者とコースの関係では復路に伊勢に寄っていて在地の何人かから揮毫を得ているので、やはり大台ヶ原でも持ち歩いていたとみるしかないことが分かりました。私見を翻して【48日間の旅行中、「寄書縫付傘」を持ち歩いていた】と訂正します。
 明治17年の甲申の旅では、径61.5pの白布に寄せ書きをしてもらいました。これも44日間の旅行中持ち歩いたと思われます。
 8年の乙酉の旅では、寄せ書きをしてもらいました(下掲写真)。
 19年の丙戌の旅では、河鍋暁斎に下掲写真のような骸骨図を書いて貰った径60.5pの白布を使いました。
 浦孫太翁の証言によれば、関東大震災の折に一部焼損。松浦一雄氏からの寄贈で現在は松浦武四郎記念館の所蔵となっています。乙酉のものほど破損していませんが、揮毫された書や絵は読みにくいです。
乙酉の場合、どのような人がどのような寄せ書きをしたのか、稿本『乙酉紀行』の冒頭に詳しいので影印と解読文を載せました。
明治18(乙酉)年の『寄書縫付傘』全体図
記念館所蔵・画像は2019.12.11に提供していただきました。
本体の破損状況、白布の色落ち・擦れ切れ具合がよく分かりました。自分の考えをかえました。
初めは白布を外して持って行ったと推量していましたが、やはり旅行中ずっと持ち続けたのだろうと思います。
明治18(乙酉)年の『寄書縫付傘』の揮毫者
次項の稿本『乙酉紀行』の冒頭の文章と照合して判定しました。
間違いないとは思いますが、、注を付けた点は現物を見ないと分かりません。
香峰老人は病床にあって筆力が弱かったようで、どこに描いたのかよく分かりません。
竹逸の「散紅蓮」は2ヶ所に出てくるのが謎です。横書きになっている方が左書きなのも謎です。
確かめたいですが、開けるとばらける恐れがあるということなので、やめておきます。

画像上クリックで拡大します。
 明治18(乙酉)年の『寄書縫付傘』の揮毫内容(稿本『乙酉紀行』冒頭)
明治17(甲申)の『寄書縫付傘』
明治19(丙戌)年の『骸骨図縫付傘』
2015.09.10UP 2019.12.12更新