2019年3月発行の『鹿角日誌』の付録として『奥州名山図譜』の影印を載せた。『奥州名山図譜』は、白表紙仮綴25.0×17.3cm、外題・内題無、序跋無、行数不定、22丁のものである。東京松浦家所蔵、国文学研究資料館史料館寄託を国文学研究資料館「松浦家文書」一覧では「奥州旅行記」となっている。吉田武三氏の『松浦武四郎紀行集』中では『奥州旅行記』を採っている。同書は解読文とともに影印を載せている。
『奥州名山図譜』に取り上げられている山、寺は次の通り。
月山、羽黒山、羽州大泉庄金峰山、鳥海山、象潟蚶満珠寺、太平山、雄(男)鹿日積密寺、森吉山、羽州秋田白糸滝、岩木山、津軽
(鯵)沢、宇曽利山、米山寺、野積山
下にそのうちのいくつかを紹介する。
   画像上クリックで拡大表示します。
=======================
羽黒山略図西面
=======================
羽州大泉庄金峰山眺望南面」
=======================
羽州一ノ宮鳥海山全図南面
=======================
雄(男)鹿嶋赤神山日積密寺
=======================
羽州秋田小俣之沢白糸之滝
=======================
奥州津軽岩木山眺望南面
=======================
津軽鱢(鯵)沢従七里長浜眺望
2019.02.01UP