尾去沢銅山の調査を終えた武四郎は花輪から田山へと進む。田山での彼の関心は「田山暦」であった。現代と違い文字が読めない人が多かった時代には、絵だけで作られた暦(絵暦)も登場した。絵暦は、寛政期に刊行された橘南谿(久居藩の出身、1753〜1805)の『東遊記』に図入りで紹介されて世に知られていた。
絵暦には、南部領で作成、使用された「田山暦」と「盛岡絵暦」がある。田山暦は、南部領鹿角郡田山村(現・岩手県二戸郡安代町)で発行されていた絵暦で、創始の年代は江戸中期頃で、古いものは天明3(1783)年にまで遡るという。幕末まで製作され、農具や生活用具、十二支の動物などの表意文字的な絵を組み合わせ、素朴な複数の木活字が使われていた。使用された地域が狭く限定され発行部数も少なかった。
一方、盛岡絵暦は絵や記号で暦の内容を判読させるもので、江戸時代後期の文化年間にはすでに体裁が整っていたという。田山暦のように複数の小さな版木を使うのではなく、全体を一枚の版木として使い当初から商業ベースとして考案されたため発行部数も多い。絵は描かれた事物の発音を借りて表音文字的に使用されている。年号や年中行事を表現した各種図案は田山暦に比べ洗練されていたが、武四郎は田山暦の方が「古雅を存して面白し」と記している。田山の人はこれを秘して他に譲らないので、宿の主人に頼み込んで漸く一枚を手に入れ、これを書き写した。
武四郎は、稿本『鹿角日誌』に 田山暦の挿絵3丁余、盛岡暦の挿絵1丁を入れ、さらに絵心経の挿絵3丁余、計8丁ほどを入れている。絵心経は字の読めない人が般若心経を誦するためのものである。 田山暦、盛岡暦、絵心経、それぞれに庶民文化を伝えている点貴重であり、鑑賞的価値も高い。

田 山 暦   画像上クリックで拡大表示します。

4月         3月

2月         1月

8月         7月

6月         5月

12月         11月

10月         9月
盛 岡 絵 暦
絵 心 経
2019.02.01UP