2019年3月に<稿本『鹿角日誌・壺の碑考・奥州名山図譜』>を発行しました。
ここでは『鹿角日誌』について案内します。

はじめに

松浦武四郎記念館(以下「記念館」と略記)は、明治期における武四郎の足跡を明らかにすべく、彼の著した日誌類の稿本の発行に努めてきた。平成15年以来年に 1冊ずつを刊行してすでに9冊、13稿本となったが、さらに江戸期のものを加えることとし、平成29年度は青年期の稿本『四国遍路道中雑誌』を刊行した。
蝦夷地関係以外の著作は江戸期に『東奥沿海日誌』、『西海雑誌』、『佐渡日誌』、『梅嵯峨志』、『他計甚麽雑誌』(いずれも記念館所蔵)等あるが、それらの稿本は順次公刊していくとして、 平成30年度は東北地方を対象として稿本『鹿角日誌』、稿本『壺の碑考』を解読、発行することとした。また幼い頃から「名山大岳に登らんことを欲して名所図会また好て地誌を読」(『松浦武四郎自伝』(以下『自伝』と略記))んでいた武四郎は自ら『奥州名山図会』を描いているのでその影印を付録として併録した。これらの解読はすでに吉田武三氏によりなされているが、所収の『松浦武四郎紀行集 上/中』(昭和50年発行)は入手しがたい状況にある。今回の解読・発行により地誌学者・紀行作家としての武四郎に対する理解を深めていただければ幸いである。
稿本『鹿角日誌』は東京松浦家所蔵、国文学研究資料館 史料館寄託を経て現在は記念館所蔵である。自筆写本2冊からなり、外題は「鹿角日誌上(下)」となっている。上の巻は31丁で「野辺地〜鶴間」について記し、「楓江道人峯田雋/嘉永二年」の序を持つ。下の巻も31丁で「花輪〜盛岡」について記す。
武四郎は嘉永2(1849)年、3度目の蝦夷地探検を終えて箱館に帰着した。その記録は『三航蝦夷日誌』に記されたが、その後のこととして『自伝』は次のように記す。

南部なる大畑に渡り、野辺地より十和田山に上らんと五ノ戸川の上なる奥瀬村といへるに到り案内を乞ふて到りぬ。扨此辺は仁朱金、壱歩銀の両替せんと出すに誰も替へ呉ける者なかりし故に殆んど是に困却したりける。是より登りて十和田潟端にて一宿致し鹿角なる毛馬内なる泉沢牧太といへるに到る。爰に滞留五、六日。是より銀山、銅山等見物、花輪を過て田山より七時雨峠をこへて岩鷲山に上り盛岡へ出、


『鹿角日誌』

『鹿角日誌』は上記の「野辺地〜十和田山〜鹿角〜毛馬内〜花輪〜盛岡」の日誌である。江戸に戻った武四郎は、まず『初航蝦夷日誌』の執筆にかかり、二航、三航を終えたのは嘉永3(1850)年冬の事であった。

松前邸。市川管斎宅に在て二月より筆を起して蝦夷日誌の草稿に懸る。四月上旬初航畢り、再航に懸る。九月事畢る。此比山田三郎は水海道に開業してゐらる。また皆川泉右衛門と云ありて、元と水戸の人なるが本所入江町に寓せらる故に予も移りて寓したり。今年新葉和歌集を上梓したり。冬に到りて三航日誌、業終る。

と『自伝』に記す。その後嘉永4年にかけて稿本『東奥沿海日誌』、『鹿角日誌』、『壺の碑考(初稿)』が執筆された。
『鹿角日誌』は内容的には嘉永2(1849)年7月16日〜8月3日の18日間の記録である。おおまかに跡を追ってみる。

7月16日 野辺地から入り、碑

(いしぶみ)村で壺の碑は千曳(ちびき)明神の下に埋めたことを確信し、林子平等の多賀城説を批判、否定する。千曳明神、壺の碑の歌枕としての大事さを感ずる。八甲田颪の恐ろしさを聞き取る。
17日 五戸川を越え、奥瀬村にて花巻の人5人と同宿し、以後十和田神社参詣を共にする。
18日 峻険な道を辿り、十和田神社に至る。参詣後、十湾湖(十和田湖)を巡る。十和田青龍権現を参詣。
19日 早朝から下山にかかり、発荷峠を経て、漸く夕方毛馬内に着く。旅籠に投宿、土地の文人と交流する。
20日 泉沢恭助宅に移り、彼の世話を受ける。毛馬内の街中を見学。生活のため鯉を飼う家が多い。
21 村々を回り。古戸部、新戸部に至る。若木立村にて、伊勢人ということで村を挙げての歓待を受ける。
22
 泊めてくれた若木立の村人は宿泊代を受け取らない。畑腰村、岩坂村等をめぐり、毛馬内に戻る。
23日 泉沢同道にて毛馬内川を渡り、月山神社、荒沢稲荷、白金金山等を巡る。赤岩の市を見物する。
24日 泉沢宅にて滞留。歌枕でもある狭布の里、錦木塚の縁起、伝説、歌われた歌を詳しく調べる。
25日 毛馬内を出立し花輪へ。ここでは何物にによらず運上が懸けられ、物価高である。米代川、銅山川を渡って、田郡一山の長たる青山良一郎の案内で鹿沢番所を通り、尾去沢銅山の熊谷間歩、鷽鋪等を見学する。
26日 案内を頼み、間歩の見学を続ける。早朝から銅鉱石を割る音が響く。セリ場が一山毎にあり、水流にて選別し、運送する作業を見学。勢沢の新切鋪、十吉間歩、セリ場を見、元山、五十枚、西道金山等を回る。
27日 頭巾、鉄砲袖を借りて間歩の見学を続ける。坑夫の命の長短は、坑内で使う灯りの種類(竹か油火か)によって違ってくる。灯火の消えた時、それを知らせるのは大声では不可、胸を手で叩くとよいと教えられる。
28日 泉沢氏に別れを告げ、玉内村、小豆沢村等を経て田山村へ。同村にて、橘南谿の『東遊記』に記されている田山の盲暦入手を切望、ようやく一枚を入手した。ダンブリ長者の説話、米代川の命名由来を聴取した。(田山の盲暦、南部の盛岡暦を筆写し、7丁にわたり載せる)
29日、30日。滞留。宿の主人に頼まれ一絶を賦す。土地の風俗とはいえ雪隠の男女共同使用に閉口する。
8月1日 梨瀬村、梨木峠を経て荒屋新町に着き泊まる。酒屋、旅籠の他南部塗物、膳椀、箱類を商う店あり。
2日 小雨の中、鹿角街道、津軽街道を南進。西院川原、七時雨岳の西尾根を越えて、大更村の名主宅に泊まる。
3日 田戸村、安倍館を経て盛岡へ。盛岡(南部)は二十万石の大藩である。柳沢村で案内の者を頼み、駒留、請取坂、胎内潜を越えて岩鷲山に登り、田戸へ下りて泊まる。岩鷲山には弘化二年三月に登ったことがある。
4日 田戸から沼宮内に出て、鹿角日誌を終わる。

鹿角は秋田県北東部にある。江戸時代には花輪通と毛馬内通の南北に二分され、それぞれに代官所が置かれていたという。そのうち花輪は尾去沢鉱山を中心とした鉱山の街であった。奈良時代の昔から金・銅の産出地とし知られていたが、平成末の現在は金・銅とも枯渇してしまい、かわってリンゴ栽培や、酪農などに活路を見出だしている地である。また八幡平や十和田湖への観光基地ともなっている。鹿角へ入る前に彼は花巻の人と誘い合わせ、急峻な十和田山への道を登り、十和田神社に参詣し、標高八百mの高さにある十和田湖を巡った。発荷峠を下りて鹿角へ向かう。

尾去沢

武四郎が調査・探検に入った嘉永の頃の鹿角は、金は枯渇していたものの銅採掘が盛んで、彼はその現場を覗いてみたかった。花輪から尾去沢鉱山に入る。採掘の場は坑道であり、それを間歩とか鋪といった。武四郎の書き挙げた間步・鋪の数は二十数ヶ所に上るが、そのうちのいくつかの坑道に責任者の付き添いを得て入っている。生産の仕組みや流れだけでなく、往来や作業に不自由や危険があること、坑道での労働は冷気や空気汚染の中で行われ発掘人の命にかかわること、番所があり坑夫やよそ者の動きを見張っていることなどを記す。

田山暦・盛岡絵暦・絵心経

尾去沢銅山の調査を終えた武四郎は花輪から田山へと進む。田山での彼の関心は「田山暦」であった。現代と違い文字が読めない人が多かった時代には、絵だけで作られた暦(絵暦)も登場した。絵暦は、寛政期に刊行された橘南谿(久居藩の出身、1753〜1805)の『東遊記』に図入りで紹介されて世に知られていた。
絵暦には、南部領で作成、使用された「田山暦」と「盛岡絵暦」がある。田山暦は、南部領鹿角郡田山村(現・岩手県二戸郡安代町)で発行されていた絵暦で、創始の年代は江戸中期頃で、古いものは天明3(1783)年にまで遡るという。幕末まで製作され、農具や生活用具、十二支の動物などの表意文字的な絵を組み合わせ、素朴な複数の木活字が使われていた。使用された地域が狭く限定され発行部数も少なかった。
一方、盛岡絵暦は絵や記号で暦の内容を判読させるもので、江戸時代後期の文化年間にはすでに体裁が整っていたという。田山暦のように複数の小さな版木を使うのではなく、全体を一枚の版木として使い当初から商業ベースとして考案されたため発行部数も多い。絵は描かれた事物の発音を借りて表音文字的に使用されている。年号や年中行事を表現した各種図案は田山暦に比べ洗練されていたが、武四郎は田山暦の方が「古雅を存して面白し」と記している。田山の人はこれを秘して他に譲らないので、宿の主人に頼み込んで漸く一枚を手に入れ、これを書き写した。
武四郎は、稿本『鹿角日誌』に田山暦の挿絵3丁余、盛岡暦の挿絵1丁を入れ、さらに絵心経の挿絵3丁余、計8丁ほどを入れている。絵心経は字の読めない人が般若心経を誦するためのものである。 田山暦、盛岡暦、絵心経、それぞれに庶民文化を伝えている点貴重であり、鑑賞的価値も高い。

2019.03.01アップ