2019年3月に<稿本『鹿角日誌・壷の碑考』>の発行を予定しています。
ここでは『壷の碑考』について案内します。
  画像上クリックで拡大表示します。

野辺地から数qの所に壺の碑の話を伝える千曳村が、また数qの所に坪集落がある。壺の碑は地中に埋められ ていて姿をみることができないとされる碑で、武四郎の時代にはもちろん地上になかったけれど、今は「日本中央の碑歴史公園」で見る事が出来るという。昭和24(1949)年に偶然見つかった巨石を「日本中央の碑」として保存している。しかし、この「日本中央の碑」が歌枕にもなっている「壺の碑」に当たるのかどうかはさまざまな議論がある。
武四郎は土中に埋められている「壺の碑」がどこにあるかに前々から関心を持っていて、この時にも調査を行った。壺の碑とされるもう一つの候補は多賀城碑であるが、すでに弘化2(1845)年2月に訪れ調べている。蝦夷地に渡れず江戸に戻る途中であった。その対比的な検討の結果、武四郎の見解は次のように述べられている。

兎も角も壺の碑は此地に有るに疑ことなかれ。近年は仙台宮城郡市川村の多賀城の碑を指して壺の碑と号る輩多し。是ぞ天地懸隔とは云ずとも里程千五百里余の間違なり。壺は此辺の総名にして壺川の下郷の碑村に此碑有しこと疑なし。

とある。そしてその見解は、『壺の碑考』として結実する。刊本『壺廼碑考』の出版は明治3年のことであるが、稿本(記念館所蔵)は2種2冊残っている。稿本が複数残っていることは珍しい。どちらも外題「壺の碑考全」内題「壺の碑考」で、表紙は白表紙仮綴となっている。1冊は明治3年に出版された『壺廼碑考』用の原稿で「官許」の朱印が捺されている。別の一冊は第一稿として、嘉永二(一八四九)年、江戸に帰ってから『三航蝦夷日誌』の書かれたあと記されたものと思われ、両者を見比べると推敲の跡がよく分かる。
 「つぼのいしぶみ」は、坂上田村麻呂が大きな石の表面に矢の矢尻で文字を書いたとされる石碑で、のち埋められたとされるものである。行方知れずながら歌枕となった。十二世紀末に編纂された『袖中抄』の十九巻に、

みちのくの奥につものいしぶみあり、日本のはてといへり。但、田村将軍征夷の時、弓のはずにて、石の面に日本の中央のよしをかきつけたれば、石文といふといへり。信家の侍従の申しは、石面ながさ四五丈計なるに文をゑり付けたり。其所をつぼと云也。

とある。「つぼのいしぶみ」のことは多くの歌人等が和歌に詠った。すなわち、寂蓮法師、藤原顕昭、西行、慈円、懐円法師、源頼朝、藤原仲実、和泉式部、南部重信、藤原清輔、高山彦九郎、近藤芳樹、岩倉具視、下沢保躬、大塚甲山、山内鶯崖、大町桂月らがこの碑のことを詠っている。その内容はいずれも「遠くにあること」や「どこにあるか分からない」ということをテーマにしている。数多くの人がこの碑のことを詠ったため、有名な石であったが、後に地中に埋められたとされ、その所在をめぐって現在も二つの見解が対立する。
 多賀城碑を壺の碑とする説。江戸時代の初め頃、多賀城跡付近のある市川村で石碑(多賀城碑)が発見された。この碑は発見当初から「つぼのいしぶみ」であるとされ、また多くの拓本もとられた。松尾芭蕉はこの碑を「つぼのいしぶみ」とし、『奥の細道』の旅中にここを訪れている。また、明治時代にも多賀城碑偽作説が出て論争を呼んだ。田村麻呂が到達している地点であることは事実と一致するが、『袖中抄』にあるような、日本の中央であると書いていること、「つぼ」という地名や四、五丈(12〜15m)の石に書いたという記述とは一致しない。また彫られている天平宝字6(762)年は田村麻呂が活躍する以前の年号である。多賀城碑が「つぼのいしぶみ」と結びつけられたのは江戸時代のことであり、当時は古来からの歌枕を自領に置こうという動きがあった。多賀城碑が「つぼのいしぶみ」となったのも仙台藩の強い意図があったと言われている。
 武四郎は多賀城碑説の代表として、仙台藩士であった林子平の『坪碑考』を挙げている。武四郎は林子平に私淑し、その顕彰に尽くしたと言われているが、「壺の碑」をめぐってはきわめて批判的である。
 一方、「壺の碑」は南部にあるとする説は次のように考える。現・青森県東北町の坪という集落の近くに、千曳神社があり、この神社の伝説に、千人の人間で石碑を引っぱり、神社の地下に埋めたとするものがあった(諸伝説あり)。このため、明治天皇が東北地方を巡幸する明治九(一八七六)年に、この神社の地下を発掘するように命令が政府から下った。神社の周囲はすっかり地面が掘られてしまったが、石を発掘することはできなかった。ところが、昭和四十九(一九四九)年六月、東北町の千曳神社の近くにある千曳集落の川村種吉は、千曳集落と石文集落の間の谷底に落ちていた巨石を、伝説を確かめてみようと大人数でひっくり返してみると、石の地面に埋まっていたところの面には「日本中央」という文面が彫られていたという。発見後、新聞社や学者が調査を行うが、本物の「つぼのいしぶみ」であるとする鑑定がはっきりと出されていないのが現状である。これは、『袖中抄』の記述とは一致するが、常識とは異なる「日本中央」という文面や、多賀城碑の存在、田村麻呂が現地に到達していないという問題、一見して達筆とは言えない字の形、発見時に拓本をとるため表面を必要以上に綺麗にしてしまった問題等が鑑定に影響を及ぼしている。現在、日本中央の碑保存館の中にこの石碑は保存されている。
 今回解読した稿本は刊本発行のために書かれ、「官許」の朱印の捺された方であるが、両者の間には多少の異同がある。「官許」の印は、出版の明治3(1870)年の前年に発布された「出版条例」に基づく当局の出版許可印である。印刷直前の原稿であることが分かるが、この稿本にさらに筆を入れているのが興味深い。

2019.02.01UP