「燼心余赤」とは、心を燃やし尽くしてなお赤心(=丹心=まごころ)を余す意である。
 安政二年(一八五五)、幕府の蝦夷地御用御雇として起用されて以来、安政六年御雇入御免願を出すまでの書簡、報告、建言の控えをまとめたもの。百九十九通所収。年代順に十七巻九冊(第一巻のみ第一冊、あとは二巻ずつ一冊になっている)に整理してある。安政二、三年分七冊、四年分四冊、五、六年分六冊。
 当控は東京松浦家に長く保存されていたが、国文学研究資料館寄託を経て、現在松浦武四郎記念館の所蔵となっている。この間、孫太翁により解読され、大正二〜四年「世界」に分載された。吉田武三氏はこの掲載誌を底本として『定本 松浦武四郎 下』(一 九七三年)に収録された。それ以外に活字化されたものはない。
 松浦武四郎は私人として三回、幕吏として三回、蝦夷地に渡っている。私人期から幕吏期の間に十年間が経っているが、これは空白の期間ではなく機が熟すのに必要な期間だった。武四郎は早く蝦夷地経営を松前藩に任せておくわけにはいかないことに気づいていたが、幕府がそれに気づき行動を起こすのに十年かかったということだ。蝦夷通としての彼が任用された、ということにとどまらず、彼の活躍の舞台の幕が開けられたのだ。
 幕吏時代の箱館奉行への報告書や建言書は、その控えが百九十九通現存し、『燼心余赤』と題されて現在松浦武四郎記念館に保存されている。三年にわたる「雇」という下級役人としての彼がいかに精力的に探検・調査をし、それを箱館奉行の政策に反映させようとしていたか、いかに能吏であったか、がよくわかる。武四郎といえば、北海道の名付親となった開拓判官時代の方が高く評価されがちだが、『燼心余赤』により幕吏時代の人道的な情熱をもっと見直すべきではなかろうか。
 その半数は、「熊石村よりクドウ場所迄新道見込みの書」「太田山山道の儀申し上げ候書」「トシベツ川筋より東部クンヌイへ新道申上書」「セタナイよりスツキ迄新道見込書」「ヲシャマンベより黒松内越の事」「忍路よりヲタルナイ新道見込書」「石狩運上屋より川筋通り上りマシケ領へ山越の事」「石狩サツポロ領ヲカハルシよりチトセ通りユウバリ、ソラチより上川大番屋へ新道見積り書」といった、新道開削の建言書である。それは全道にくまなく、そのうちのいくつかは実施に移されたから、現在のよく発達した北海道の道路事情の基礎を作ったと言い得る。耕作地開墾の見込みや漁場見立てにも意を用いている。
 『燼心余赤』はまた、アイヌがいかに優しい人たちであるかを語り、和人の勝手な論理でその風俗や文化を破壊してはならないことも訴え、生活に困窮する人々に救いの手を延べようとしている。
 丙辰の年(安政三年)四月、彼はサッカリ村で小休止をした際、土地の人に、長寿の者はおらぬか、と尋ねた。すると八十四歳、八十九歳の者はいるけれど生活に困っている、という話なので早速彼は奉行から「長寿手当」を下されるよう手紙を書いている。丁巳の年二月には、「孝女へ下され物を申上書」を出して、「官吏や奸商のためにひどい目に遭いながら孝養に尽くす人々がいるので褒美をやってほしい」と上申している。
 探検の際、彼は土地の人への挨拶や案内の礼にちょっとしたものをみやげにもっていくことにしていた。煙草・針・木綿糸・手拭い・硝子鏡・磁石・鍋・蝋燭・草鞋・味噌・塩・梅干などが好まれたようである。その購入要望書も『燼心余赤』に残っている。
 彼はまた本草学にも関心があり、珍しいものを見つけては、それを利用して産を起こす手だてはないものかと考えている。丙辰の十月に北蝦夷地東浦で琥珀を拾い、「これは水腫病の薬なので貧しい人々にわけてやってほしい」という手紙も書いている。丁巳の年九月には、トシベツ川のほとりで「過酸化マンガンらしきものを見つけたので鑑定のため江戸に送ってほしい」と書いたりしている。 

燼心餘赤巻之一 安政二卯秋より辰三月下旬まで

奉蝦夷日誌三十五巻に係る書

贈大野藩内山隆佐之書
松平主税之助にかわりて書
常見栄太郎にかわりて書
菅沼銑之助にかわりて書
御雇入被仰付候ニ附御手当席順伺之書
贈津藩野田九十郎之書
シリベツ岳え上ることを願ふの書
東場所鰯漁之者へ開墾被仰付候書
蝦夷地請取渡手附被仰付候ニ附山道之儀伺書
〃              先触写願書

燼心餘赤巻之二 安政三辰

西地ヲヽタ場所等之儀ニ附申上候書附
乙部村境アンヌル沢等之儀申上候書附
長寿之者ニ老養扶持之儀申上候書
西場所揆送り船之儀ニ附申上候書
従熊石村クドウ場所迄新道見込之書
大田山山道之儀申上候書
トシベツ川筋より東地クンヌイ江新道申上書
  附り川筋境目等之事
セタナイよりスツキまで新道見込書

セタナイスツキ境目之事
煙草麻等之種之義申上書
スツキ場所之儀申上書

燼心餘赤巻之三 安政三辰年

シマコマキよりスツヽまで新道見込
シマコマキ土人共直訴之義申上書
スツヽよりヲタスツまで道筋之事
ヲタスツよりイソヤまで道筋之事
ヲシャマンベより黒松内越之事
イソヤヨリ岩内領ユウナイまで新道之事

ユウナイよりイワナイまで新道見込
イワナイ場所開墾之事
イワナイ土人江麻種之事
ヨイチ越新道之事

イワナイよりフルウまで新道之事

燼心餘赤巻之肆 安政三辰

岩内よりフルウまで新道見込
フルウ場所痘瘡之儀ニ附土人不居合事
  附り山道案内之者申上書
フルウよりサンヌイ越新道切開方見込
フルウ領ノツトよりシヤコタンまで新道見込書
シヤコタンよりビクニまで新道見込
古平よりヨイチ場所まで新道見込書
ヨイチヲシヨロ境目之事
ヲシヨロよりタカシマまで新道書
ヲシヨロよりヲタルナイ新道見込書
ヲタルナイカモイコタン之儀申上書
石狩運上屋おり川筋通り上りマシケ領江山越之事

燼心餘赤巻之五 安政三辰

アツタよりハマヽシケ新道見込
シラヌシよりリヤトマリまで新道見込
ルウタカ川すじより西海岸越之方見込
奥地見置之儀願上儀
従クシユンコタンシユシユヤ越にて奥四ヶ村シズカシリマヲカ見分書

燼心餘赤巻之六 安政三辰
奥四ヶ村并ヲロツコ人タライカ人并ニクブン人之儀申上書
シレトコサキより奥地シリマヲカまで漁業場取調書
シレトコサキよりシツカまで船澗取調書
奥地行之儀ニ附皮類願書
奥地行之儀水夫御手当伺書
皮類別段願書
奥地行自分入用之品伺書
借用土人之儀伺書
川上甚三郎にかわりて献書
帰着届書

燼心餘赤巻之七 安政三辰より翌巳の春まで

北蝦夷地東浦ニ而琥珀取入之事
西蝦夷地太田場所之事
北蝦夷地白ヌシ九春古丹漁業場之事見込
同 奥地之儀見込書
同 儀ニ附見込
同 リヤトマリ土人之儀見込
同 ケリ皮之儀申上書
金のなる木の図

燼心餘赤巻之八 安政四巳のとし春

栗山太兵衛にかわりて書
奥地行之儀を栗山太兵衛ニ托するの書
休明光記附録拝借願之書
後方羊蹄登岳の事願書
栗山太兵衛を北蝦夷地をすゝむるの書
蝦夷日誌九冊献書
高橋三平ニかわりて書
銅銭鋳立之儀願書
孝女ニ被下ものを申上書
場所名を本名ニ改候書
唐太日誌九冊蝦夷日誌十二冊献書

燼心餘赤巻の九 安政四巳のとし

シリベツ川すじ石狩水源行之儀願書
島犬塚両先生ニ贈る書
岩内ニベシナイニ熊野社建立之儀ニ附島玉虫ニ贈る書
ライデン越之儀再度申上書
岩内領ソウツケ之儀申上書
岩内よりアブタ新道切開後方羊蹄社建立之書
?瑰を取入方之儀申上書
阿部屋林太郎にかわりての書
石狩場所人別帳ニ添て奉候書
岩内領ソウヅケより持参せし鉞に附て返す書
アブタ土人え遣し物書附
山越内領開拓見込書

燼心餘赤巻の十 安政四巳とし

巳年春より奥地川々見分日刻
淡路守殿へ奉る書
臼ヲサルベツ川すじかつら材之儀申上書
山越内領クンヌイ越トシベツにてサンカマンガン取入書
ユウバリ山中ニ而雲母取入方之儀申上書
熊皮并膽願書
藻塩草上納書
まわるべし上納書
後方羊蹄社建立奉加帳

燼心餘赤巻之十壹 安政四巳のとし暮まで 同五戊午のとしの初より

祭後方羊蹄社の祝詞
山川取調出立ニ附伺書
再度之伺書
山中止宿之節土人江教諭書
材木山開方之儀伺書
黄花の水仙ニ係る書
白鳥沼え碑を建んことを石場氏ニすすむる書
ヲサルベツ材木切出しの献書
白鳥の社を建ることを石井氏ニすすむる書
札幌え總鎮守建立の献白
山越内領ヲシヤマンベまたアブタ辺より札幌新道の見込書
岡田錠次郎え送る書
サツポロ岳の神を祭る祝詞
御警衛之儀申上書
石狩より十勝に越へたる時の届書
イナヲクシ盗物を致セし事
黄花の山慈姑を奉る書
黒百合延胡索を奉る書
阿閑の神を祭るの義
同届書
淡路守殿へ古代の鍋を奉る書

燼心餘赤巻十二 安政五戊午のとし

札幌越大新道申上書
札幌領ヲカハルシより千歳通り夕張空知上川大番や江新道見込書
上川大番屋より北海岸ユウベツえ新道見込

燼心餘赤巻の十三 安政五戊午のとし
石狩上川より北海岸シヨコツ越新道見込之書
東海岸ユウフツより西海岸増毛江新道見込書
西海岸トマヽイ領ハホロより天塩并石狩上川え山道見込書
テシホ濱より上川え新道見込
東地アブタより西地岩ヨイチえ新道
岩内よりビクニ古平等え新道見込
十勝領ヘルフネナイよりヲホツナイ川上サツナイえ新道見込書
東場所ウスよりユウフツ領チトセ越目論見書
千歳會所より東海岸タルマイ新道見込

燼心餘赤巻の十四 安政五戊午のとし

西場所厚田より上川筋空知川筋越東場所十勝新道見込書

山越内より北海岸舎利え大新道見込
十勝川すじヲトケフより釧路領アシヨロ道白糠新道
クスリ領シヨロヽ より北海岸アバシリ江新道再興
シヤリ領ヲンネベツより東海岸ネモロ領クンネベツ新道
十勝川筋シカリベツヲトケフ邊よりネモロ領シベツニシベツ邊江新道取調見込書
山越内領クンヌイ并シラリカより西海岸セタナイ領トシベツえ山道切開見込書

燼心餘赤巻の十五 安政戊午のとし

祭久須利湖の神の祝詞
祭久須利湖の小島の神祝詞
麝糞の説
フレチを奉る書
クスリ領アバシリ長寿の者申上書
バラテキを奉る書
五絃琴を贈る書
ネモロ領ハナサキにてノツシヤフ岬案内土人を借る書
ノツシヤフサキを廻りたる届
メナシ七ヶ番屋を廻りし届
郷舛作え贈る書
ネモロ領山住土人之儀ニ附橋本氏ニ送る書
シレトコ廻り届書
細野五左衛門え送る書
宮崎三左衛門え贈る書
シヨコツ川筋しらべ書
御雇足軽之事
モンベツ領奇特人之事
木綿の事
蝦夷人どもの笠の事

燼心餘赤巻の十六 戊午のとし

ツイシカリ土人株別の事
北蝦夷地儀飯田豊之助ニかわりて書
ねこのたとへごと
ウリウ川筋え土人さし置度候事
当春より七月迄諸処山川理暦書
東蝦夷所々洪水之事
当春諸処山々川々取調理暦書
案内土人熊の皮を取る之事届
出府願書
熊皮願受書
土人出府之儀願上書
石狩川鮭漁之事
和書買入申上書
アブタ土人市助召連候ニ附先触願書

燼心餘赤巻之十七  安政六未のとし

蝦夷地々名訳書之事申上候書
横濱え後方羊蹄社建立之事
石狩川筋津石狩開方の書
山川取調上梓願書
同図草稿伺書
同図上梓ニ懸り候ニ附五ヶ月程願書
水野土佐守殿へ献上書
山川取調図代料之儀願書
近世蝦夷人物誌納本之書
未年御手当金願書
壷の石後編上納書
山川取調図上納書
御雇入御免願上書
中村治郎兵衛にかわりて書

唐太日誌上納 同唐太日誌の書
川上甚三郎ニかわりて書

 
2010.09.11UP 2019.11.30更新