講演のなかで、カブランド(ウィリアム・ゴーランド)について触れたが、説明不足であったので、紹介の意図等について質問が2件あった。あらためて彼の人物・武四郎との交流について書いておきたい。
 ウィリアム・ゴーランド(1842-1922)は明治5年(1872)、日本政府から招聘を受け大阪造幣局の冶金技師としてやってきた「お雇い外国人」である。在職16年の間、反射炉の築造や鎔鉱技術の指導に当たった。その本務の傍ら、登山家として槍ヶ岳等の「名山大岳」にも数多く登り、「日本アルプス」の命名者としても知られている。また日本の古墳研究家であり、「日本考古学の父」とも呼ばれている。好事家の興味の対象であった古墳を科学的・実証的研究の対象に引き上げたのであった。その業績は現代でも十分通用するといわれている。
 ゴーランドの勤めていた大阪造幣局には奇しくも武四郎の後嗣一雄が冶金技師として勤めていた。松浦一雄は幕末明治の金工家加納夏雄の手ほどきを受けて造幣局に赴任した。ゴーランドは一雄を通して武四郎の名を知ったのであろう。一雄の官舎に武四郎が泊まっていることを知ったゴーランドから招きの使者がやって来た。この時のことを武四郎は次のように記す。時は明治20年5月2日。

「到午後三時カフランド官舎。洋客愛古物癖、加之攀躋名山大岳、又探捜諸州廟窟、図之数百点、審考尤妙。衰老耻る事多し。入夜期再会帰。」

これは刊本『丁亥前記』(明治20年刊・本文27丁の小型本)の一節である。当時彼は大台ヶ原に三登を果たすべく、東京から大阪の一雄宅まで来ていたのであった。このところ自筆日誌である稿本『丁亥前記』は次のように記す。

「通辞某来る。我を曳て造幣局官舎ガブランドの客館に到る。主人大に悦び、談、先、古物に始て諸国の廟窟の事に及ぼす。別て豊前国の廟窟はよく知れり。是楯野知事の書を齎して豊前に到りしと。其図一々審に記し、其外名山大岳をよく知る。釈迦岳に登り、飛騨国、乗鞍、越中の方等くわしく探索したる人なり。夜ふけ再会を約して帰る。」

 稿本の方が詳しいが、内容的には同じ事を記している。ゴーランドも武四郎も古墳に興味を持ち、山登りもする、その共通の話題に話は大いに盛り上がった。「審考尤妙、衰老耻る事多し」とあるが、ゴーランドもまた武四郎の博識に満足したに違いない。武四郎の古文化理解は趣味の程度を越して学問的にも十分高いものがあったと思われる。
 「再会を約し」たものの残念ながら8ヶ月後武四郎は逝ってしまった。


「趣味人武四郎」という評価について

 2011.2.13、「明治15年の武四郎−『壬午遊記』を読む」と題する講演を行った。開拓判官を辞してからの武四郎は、蝦夷地関連の著作を重ね、各地遊覧を楽しむ一方、骨董や古銭の趣味の収集に明け暮れていた、と評されるのが一般である。特に「蝦夷地・北海道・北海道の名付け親・アイヌ」に研究の軸足を置く方々にその傾向がある。講演の趣旨は、武四郎評価をそのようなものに止めておいていいのであろうか、ということであった。
 確かに明治10年代において彼が出版した物の多くは『尚古杜多』(明治12年刊)を初めとするくばり物であった。内容は古美術品の列記と新獲品の記録である。明治17年の『甲申小記』には「尚古杜多第六号」とあるから、この間に発刊された『庚辰游記』(13年)、『辛巳游記』(14年)、『壬午游記』(15年)、『癸未溟誌』(16年)は同一意図で出されたことが分かる。このような刊行された諸本をみる限りにおいて上記の「趣味人武四郎」評価はやむをえないかもしれない。
 しかしながら、これら刊本にはそれを取材した自筆の記録(ほぼ同名の日誌)が残っている。 それには、古文書・古美術品の一覧を作り、来歴・現状等も記している。遺跡・遺物についてはスケッチをして寸法等のデータを取っている。収集癖のあるマニアというより、古文化に対する理解者・探求者としてのまなざしを感ずることが出来る。

稿本『壬午遊記』挿絵 
2011.02.14UP