東海道を西進

 稿本『壬午遊記』は冒頭次のように記す。

奉納の御鏡も去年にはや磨あげとなり、大坂阿波座まで下しとなりしが故、彼岸の初の日に出立んと人々にも話し、凡に支度もなし置けるが、聊か引風の心地にて〈三月十九日舊二月廿九日〉有りしかば、今少しと暇に来る人々にも引とゞめらるゝが故に、日々大淵氏の調剤の風薬三四服づゝを用ひ、また痎甚厳しく有故に干生姜を用ひけるに、追々快く有るにまかせて、

 「奉納の御鏡も去年にはや磨あげとなり」というのは、太宰府天満宮へ奉納予定の大神鏡が前年にすでにできあがっていることを示す。事実大神鏡背面の拓本によれば「奉納 明治十四歳辛巳五月吉辰」と記されているが、この記述は実際の奉納の時期を示すものではない。何らかの事情で延引されていた。明治十四年彼は聖跡二十五霊社巡拝に出かけ、太宰府にも行っているのものの奉納は行っていない。この年は前述のように吉野金峯山神社への奉納を行っているが、背面の表記は「明治十三辰五月」で一年ずれている。

 阿波座は現大阪港に近く、古代から瀬戸内海運の拠点であった。ここから福岡まで船便で送る手はずになっていた。そのことは金森弥助からの連絡で分かっていたのであろう。
 風邪の治るのを待って予定より一週間遅れの三月二十六日、「こゝろなきあるじと花の思ふらん今年もまたや旅出する身を」と詠み捨てて出立した。当時すでに開通していた鉄道で横浜に出、そこからは徒歩、人力車であった。その後の行程を刊本『壬午小記』跋文により記す。

梅薫り柳のめもはるころとしなれバ尻のあたりのほてりよりまたも重ねる旅衣家の花には心なきあるじとよしや思ハるとも今一としをゆるせよと武蔵相模に伊豆駿河遠江に三河路や尾張の国より中仙道ミの近江すぎ山城に到れば少し咲かゝりいそくしくも大和路や河内和泉に津の国の浪華あたりは早さかり須磨や明石は少し過ぎ播磨路よりぞ美作にかゝれば土地もまたかハりミな旅人の諺に美甘三里は五里ござる四十曲に七まがり此峠より山陰道伯耆の国の大神山また白妙の雪をふミ米子の市より出雲の国大社に日の御前石見の国すぎ長門の国萩の市より周防の国越れば再び山陽道其より航して豊前の国筑前筑後肥前路を長途の旅や安藝の国備後備中備前すぎ大坂よりは帰るさを伊賀路にとりていせに出東海道を道のまゝ水無月始に帰りける其踏国数三十日数は七十餘りなり道すがらに名のたかき梵刹宮舊き家々に傳ふる書やくさくの宝も拝し世を去し昔しの友のおくつきをとひて香花手向しは春日の旅のまうけものなりと
                     明治十五年七月末つかた北海道人誌

 この道行に見るように東京から名古屋までは東海道をとっている。かつて(明治二年)東海道の海すじ道は大雨による川留めの多いことを嘆いて山すじ道の可能性を探ったことのある武四郎ではあるが、十三年を経て各川に橋が架けられた有り難みを「偏に開明の御代なり」と述べている。

 名古屋からは脇街道美濃路をとって近江八幡に出、琵琶湖の蒸気船で大津に着いた。特に三井寺では廃仏毀釈の荒波を乗り越えてきた宝物を熱心に拝観し、その詳細を書き上げている。その後の寺社での拝観でも同様の書き上げをしている。石造物等ではスケッチも交えることになる。


松陰の墓参

 京都では金森弥助を訪ねているが、これは大神鏡奉納の打ち合わせであろう。大阪では令息一雄宅に数日逗留し、諸氏との交流を図っている。「(五月)十三日・・・西京より扇来る」とあるのは奉納記念の扇(上掲写真)で関係諸氏に配るためのものである。奉納のための手配を終え、十六日には汽車で西宮に向かい、その後名所旧跡、天満宮を歴訪し、播磨路から山陰道に転じた。出雲大社や石見銀山を見学したあと、雪舟の跡も尋ねている。南進して長州は萩に出、吉田松陰や国司、久坂、高杉等の旧知の人々の墓に詣で、感慨一入であった。再び山陽道に入り馬関(下関)から博多に渡った。

太宰府天満宮へ大神鏡奉納

 五月八日、博多に着くと船便で送った大神鏡もすでに到着しており、これを荷車で太宰府の栗原孫兵衛宛に送る手配をした。栗原は土地の人望ある素封家と思われ、大神鏡奉納の幹事の一人でもあった。太宰府に着いてみれば栗原の手で万端整い、翌九日の奉納を待つまでになっていた。当日、地元若者たちに担わせ、太宰府の街を賑わわせたのは前年の奉納と同様であった。祭主浦橋信淳のもと巻末に記されたような祝詞があげられ、無事奉納を済ますことができた。

 この大神鏡奉納については、従来明治十五年三月のこととされてきた(吉田武三「松浦武四郎略年譜」等)が、この日誌記載により五月九日のことと訂正すべきである。大山晋吾氏は平成五年以前に太宰府天満宮社務日誌の明治十五年五月九日の条に、「東京府松浦武四郎、江藤正澄同行ニテ大神鏡奉納ニ付祭典執行式畢ツテ教会所ニテ饗応之事」とあるのをつきとめ、稿本記載と齟齬のないことを示されている。なおこの大神鏡は明治三十七年に火災に遭い消失、現存しない。故郷に残された大神鏡背面の拓本で偲ぶしかない。

島義勇の墓参は・・・

 奉納後は九州各地を遊歴。佐賀では島義勇の弟を訪ね墓参を願ったが、会ってもくれなかった。島義勇は明治の初め共に開拓判官として働いた仲間で、開拓使にあってただ一人心許せる友でもあった。札幌発展に力を尽くしたが、武四郎と同時期に長官と衝突し解任されている。その後秋田県令になる。明治七年江藤新平とともに佐賀の乱を起こし、破れ梟首となった。弟の態度は義勇の最期を反映したものであったのだろうが、武四郎としては何ともやりきれない応対であった。


帰途

 帰途は主として船に頼り、五月二十三日朝に神戸港に着き昼前には大阪天満の令息の宅に戻った。数日京阪に滞在して北野天満宮へ参詣したり、知人と交流したりした後、東海道をとって帰りを急いでいる。亀山から桑名に出ているが、故郷には寄っていない。清水からは船を利用して六月五日横浜に着き、汽車で新橋に出、精養軒、風月堂に寄って夕方には自宅に着いた。振り返れば四十一日に及ぶ長旅であった。

 武四郎は自らの外見に拘らない人間で、この旅も「古単物にわらんじ」で通している。見た目に全く風采のあがらぬ一老人である。武四郎に逢った表具屋の高橋玩古は後に知人に「松浦公は如何にも表具がわるい、旅をするにはもちと表具をよくせねば」と話したそうであるが、その事を聞いた武四郎は「実に臍をよるの談なるべし。此人此度の旅中三四箇の奇談なるべし。」と述べている。玩古は武四郎を外見で判断せず、人間対人間で応対した人物であるが、「表具屋」である彼がかく評したところにおもしろみがある。中には「鷹匠町松岡判事を訪ふ。今日は御用多数、滞留ならばまたこゐと云。田舎官員思ひやらる。」ということもあった。自らの外見に拘らない、とは書いたが、或いは彼の外見を見た相手の対応でその人物を見極めていたのかもしれない。

 彼はこの旅において厖大な古美術品を観賞し、何品かを贈られたり、買い取ったりしている。その一覧が刊本『壬午小記』である。刊行されたとはいえ数に限りのある同好の士への配り物であったから、一般に見ることはできない。今回その影印を附録としたので、その内容の豊富さ、数の多さを確認していただきたい。


 行程まとめ
  詳しくはこちら


@東京ー横浜ー箱根ー三島ー静岡ー島田

A静岡ー袋井ー浜松ー豊橋ー岡崎ー宮(熱田)ー養老の滝
B養老ー関ヶ原ー高宮(多賀)ー近江八幡ー草津ー大津ー京都
C京都ー高槻ー大阪ー芦屋ー神戸ー明石
D明石ー高砂ー姫路ー竜野ー土肥(土居)ー津山ー美甘ー米子
E米子ー松江ー出雲ー多岐ー石見銀山ー温泉津ー浜田ー益田ー江崎
F江崎ー奈古ー萩ー山口ー宮市ー下関ー博多
G下関ー船中泊ー博多ー太宰府ー松崎ー久留米ー佐賀
H佐賀5/10泊(以下同じ)−福岡5/11、/12−志賀島5/13−船中5/14−柳井5/15−宮島5/16、/17−広島5/18−宇品5/19−尾道5/20、/21−多度津5/22−神戸−大阪5/23〜/25−京都5/26〜/28−大津5/29−亀山5/30−名古屋5/31−豊橋6/1−日坂6/2−静岡6/3−清水−船中6/4−6/5帰着

稿本『壬午遊記行』の解読本を発行しました。

発行:2011年1月31日 松浦武四郎記念館
著者:松浦武四郎
解読:松浦孫太
編集:佐藤貞夫


詳しくは松浦武四郎記念館までお問合せください。0598-56-6847

2011.02.01UP