上掲2ヶ所の「近世」は同意ではありません。上の「近世」は時代区分で「安土桃山時代・江戸時代」の意で使いました。下の「近世」は「最近・この頃」の意で使われています。
日本版中華思想
 被髪左衽はアイヌの伝統的風俗である。被髪はザンバラ髪、左衽は衣服を左前に着ることを言っている。古く『論語』憲問篇に「微管仲、吾其被髪左衽矣」とあるように、被髪左衽は四夷(東夷・西戎・南蛮・北狄)の風俗であるとして、誇り高い中華の人びとはこれを嫌い蔑んだ。中華思想の典型的な表れである。日本は漢字文化とともにこの中華思想を輸入した。日本版中華思想は、時に征夷大将軍となり時に攘夷論となり時に「大東亜戦争」となった。攘夷論というときの「夷」は西欧の列強であるが、日本における伝統的な「夷」は、古代の「まつろはぬ民」を含んだ蝦夷のことである。江戸時代から明治にかけて日本人の多くはアイヌを日本版中華思想でしか見てこなかった。被髪左衽のアイヌに対するに、和人は彼らに禽獣に等しい扱いをし、和風に教化、撫育しようとしてきたのである。
 宝永七年(一七一〇)幕府巡見使に従ってきた松宮観山は蝦夷通詞勘右衛門の談話を筆記して『蝦夷談筆記』を著わした。将軍代替りごと(このときは綱吉→家宣)の幕府巡見使に対して藩当局は藩情をかざったり、おおい隠したりしたに違いないが、一通りのことは知ることができたようである。上巻には蝦夷地とアイヌのことを珍しげに記し、下巻には寛文九年(一六六九)のシャクシャイン一揆の顛末を記している。この下巻の冒頭、通詞勘右衛門は次のように述べたとある。

風俗は格別賎しく、倫理の道も知らず候故、父子兄弟も相嫁し、五穀なければおのづから鳥獣魚物を食とし、山にかけり海に入り、偏に禽獣の類にて御座候。

 当時アイヌの基本的な生産形態は漁撈であった。水産物のほかは自給度が極めて低く、生活に必要なものは和人との交易に頼らぎるを得なかった。松前藩と商人たちは等価交易では利が薄いため、武力を背景に不平等化、奪い取り化を強行していった。海保嶺夫氏の『近世の北海道』によれば、「蛎崎蔵人が実権を握る松前藩は寛文五年頃からアイヌ人の活動を蝦夷地に封じ込めて交易品価格を約三倍もつりあげ始めた」とある。この圧制に堪えかねてシャクシャインは寛文九年(一六六九)六月松前藩に武力で立ち向かった。この一大蜂起に松前藩は政治的にも経済的にも崩壊するかに見えたが、「征夷」大将軍徳川家綱は東北諸藩に援軍の派遣を命じ、軍資として米三〇〇〇俵を下賜して松前藩を支えたのであった。シャクシャインは自らの生活擁護のために松前藩のみならず幕府までも敵とすることとなり、四ヶ月後和平交渉に応じざるを得なくなった。そして講和成立の祝宴の夜シャクシャインは謀殺されてしまう。
 その後百年余り、松前藩による「平和」な支配が続き、ロシアの南下政策とのかかわりで、幕府の直轄(東蝦夷地一七九九〜・西蝦夷地一八〇七〜)――復領(一八二一〜)――再上知(一八五五〜)――諸藩による分知(一八五九〜)と何転かするが、アイヌの悲惨な生活は一向に改まらなかった。改まらないどころか一層苛酷なものとなっていった。
 この間何人かのシャモと呼ばれる和人が蝦夷地を訪れ、見聞きしたことを紀行としてまとめたが、アイヌの惨状を直視し、その元凶を糾弾するような者は松浦武四郎のほかだれ一人として出なかった。彼らはアイヌの惨状を見なかったのではない。見たのではあるが、日本的中華思想に毒されているため惨状として映らなかったのである。
 『日本庶民生活史料集成』(三一書房)第四巻北辺篇は、先の『蝦夷談筆記』をはじめ、間宮林蔵『東韃地方紀行』、平秩東作『東遊記』、新井田孫三郎『寛政蝦夷乱取調日記』など二十三篇の史料を載せているが、アイヌとの心の交流があったと思われるのは、武四郎の『近世蝦夷人物誌』のほか、最上徳内の『渡島筆記』(文化五年)ぐらいである。最上徳内ほ蝦夷地にあること十二年、当代随一の蝦夷通として知られ、アイヌからもレキカムイ(髭旦那)として親しまれた人物である。『東遊記』(天明四年)は松前で一山当てようとやってきた江戸の狂歌師平秩東作の著である。彼もその見聞を次のように記しているが、それ以上に踏み込むものではなかった。

通辞など云者は、松前の役人の様にいひなすものなれば、蝦夷人も敬ひ重んずるを、勝にのりていろいろの難題を言かけ、人中にても大地に引伏打擲し踏にじりなどする体、見るに忍びず。

 『日本庶民生活史料集成』に収められた紀行は、生活の糧を直接蝦夷地に求めない旅行家や探検家によって書かれたものである。彼らは蝦夷地にとって結局エトランゼであり、何月後か何年後かには蝦夷地を離れて行った。武四郎の場合もその一人には違いないが、しかし、後述のように松前藩の妨害、病気、新政府の裏切り的政策が彼を蝦夷地から遠ざけたのであって余儀ないものであった。
 一方、蝦夷地を生活の場とする和人も数多くいて、アイヌとの接触があった。松前藩の藩主と藩士、通辞、請負人、その支配人、番人などがそれであるが、彼らはルポもレポも書かなかった。その代わり、アイヌの心と体に残虐な爪跡を残したのであった。禽獣に対するが如く平然と、酷使、虐待、遺棄、凌辱の限りを尽くしたのである。
 近世後期には「内地」からの出稼人も増え始めていた。彼ら出稼人は多くの場合「内地」で食いつめて、あるいは新天地を求めて流れてきたのであった。漁場で働くのが主であるが、幕末には農地開墾にも従事するようになる。階級的にはアイヌと等しいわけであるから手を握ることもできそうであったが、出稼人にとってアイヌは競争相手であったし、アイヌにとって出稼人は蝦夷地に侵入してくるよそ者であったから、お互分かり合うことは無理であった。
 安政四年(一八五七)七月、南部藩甲子村で、大小を帯した「二条殿内三浦命助」なる男が数人の捕り手に囲まれた。たった一人で一揆を試みるために南部藩領に乗り込んできたものの、番人の一人に彼がかつての三閉伊一揆の重立頭人の一人「百姓命助」であることを見破られたのであった。武四郎が『近世蝦夷人物誌』を書き始めた頃のことである。命助は牢内にあってその思いを綿々と『獄中記』として書き綴った。その最後、姉宛の口上に言う。
 
 天ハメグマセ玉イドモ、国守ノメグミナキ故ニ、諸事ナンギ致也。ヨグヲハナレテ松前ニ御移り被成候テ、御公儀様ノ御人ニ相成リ、諸事安楽ニ御凌可被成候。……松前程ノ御国ハ無御座候間、折ヲ見合、早ク極楽世界ニ御移り可被成候。

 この松前ユートピア論は命助が暗い牢の中で「松前=公儀領=極楽世界」と観念的に理想化したものであって、現実を少しも反映していない。ここにいう公儀とは現実の幕府とは同じではなく、あるべき政府として考えられたものである。もし、命助が牢死することなく蝦夷地に「うじる(移る)」ことがあったら、失望のはてに「百姓の安楽にくらせる所など、日本のどこにもないのだ」とつぶやいたに違いない。

6回に及ぶ武四郎の蝦夷地探検
 松浦武四郎は文政元年(一八一八)一志郡雲出の川南須川村(現松阪市小野江町)に生まれた。十六歳の春、彼はそれまで三年ばかり通った平松楽斎(津藩儒学者)の塾を辞し、卒然旅に出た。江戸、京、大坂、山陽、四国……と憑かれたように彼は歩き続けた。いつか習い覚えた篆刻の技で日々の食にありつきながら名所旧跡を回り、神社仏閣に詣り、名山高山に登り、凶作の村々を歩き回った。二十一歳、長崎で病を得、出家。一寺の住職にまでなるが、二十七歳の秋これまた卒然と旅に出る。住職をしつつ「唐、天竺」に渡るチャンスをねらっていたようだが、壱岐、対馬に渡るのがやっとで、それ以上は鎖国状況下ではいかんともしがたく、一転北辺の地を旅の対象として選んだのである。当初彼を蝦夷地に駆りたてたものは彼地のもの珍らしさであっただろう。また当時北辺の地はロシアの南下政策に刺激されて、ようやく人々の注目するところとなっていたから、それを確かめたい気持ちもあったのであろう。
 武四郎がはじめて蝦夷地に渡ったのは弘化二年(一八四五)彼が二十八歳のときであった。以降彼は何度も蝦夷地に渡り、調査、探検を続けた。その調査、探検は一、二、三回めの第一期(一八四五〜四九)と、四、五、六回めの第二期(一八五六〜五八)の二期に分けることができる。第一期の頃は、松前藩の私領の時代で私人として探検している。第二期は幕府再直轄の時代で幕吏としてであった。
 松前家の祖蛎崎慶広は秀吉から太閤朱印状を得、松前でのアイヌとの通商権と和人商船への徴税権を手中にした。さらに家康からも同趣旨の黒印状と松前改姓の上意を得、藩主としての地位を確立した。
 近世は将軍を頂点とする石高制社会であるが、蝦夷地は石高制の枠外にあり松前藩は無石高大名である。米が穫れないので、年貢がない。では藩財政は何によって支えられたか。松前、江差などの港に来る商船や商人・旅人に対する関税、砂金採取や鷹取りの運上金、「場所」交易の運上金などでまかなわれていたのである。「場所」というのは交易場所ということで、これを商人に請負わせ、鮭、鱒、鰊といった豊富な漁獲物と、アイヌの必要とする物を交易した。はじめは商人たちも等価交易につとめたであろうが、そのうち藩からの運上金アップの要求もあり、アイヌの無知につけこんでだまし取り同然となった。また十八世紀半ばから魚肥生産が本格的となり、アイヌを強制労働に駆りたてた。悪名高い場所請負制度を支えるものは、この不平等交易とアイヌ使役であった。
 十八世紀末、ロシアの南下政策による緊張が高まり、一八〇二年幕府は東西蝦夷地を直轄地として箱館奉行をおいた。「永久上知」ということであったが、二十年後の一八二一年松前藩に返還された。これはゴローニン事件(一八一一)後の緊張緩和が直接の原因であるが、松前藩の一橋家を通しての工作と老中水野忠成への莫大な献金が効を奏したようである。以後再上知になる安政二年(一八五五)までの三十数年問は松前藩と請負商人による蝦夷地収奪が極限に達するのである。
 直轄になる以前は各場所の請負商人との契約はそれを知行する藩士の権限であったが、復封後はこれを藩主専権とし、かつその場所請負を入札制にしたため運上金は高騰することになる。また松前藩の「二万石格」獲得工作や、松前城築城のために多額の資金が必要となり、これらはすべて場所請負商人に転嫁されたのである。請負人の負担の肥大化は結局漁業資源のより激しい収奪とアイヌ人使役の奴隷化をもたらした。
 その惨状を武四郎は『知床日誌』に次のように記している。

舎利、アバシリ両所にては女は最早十六七にもなり、夫を持べき時に至ればクナシリ島へ遣られ、諸国より入来る漁者、船方の為に身を自由に取扱はれ、男子は娶る比に成らば遣られて昼夜の別なく責遣はれ、其年盛を百里外の離島にて過す事故、終に生涯無妻にて暮す者多く、男女共に種々の病にて身を生れ付ぬ病者となりては、働稼のなる間は五年十年の間も故郷に帰る事成難く、又、夫婦にて彼地へ遣らるる時は其夫は遠き漁場へ遣し、妻は会所また番屋等へ置て番人、稼人(皆和人也)の慰み者としられ、何時迄も隔置れ、それをいなめば辛き目に逢ふが故に、只泣々日を送る。

 嘉永二年(一八四九)の秋、三航の探検を終えた武四郎は江戸に帰り、友人宅を転々としながら著述に専念し、翌三年に『蝦夷大概図』を刊行した。また豊富なメモをもとに『初航蝦夷日誌』十二巻、『再航蝦夷日誌』十五巻、『三航蝦夷日誌』八巻、『秘め於久辺志』一巻を著した。これらは当時刊行されなかったが、稿本が水戸藩主徳川斉昭などに献上され、武四郎の名を高からしめたものであった。その後も幕吏として再び蝦夷地に赴く安政三年(一八五六)までに『蝦夷ばなし』『蝦夷志異同弁』『蝦夷語』などの蝦夷関係の書や東北地方の旅行日誌なども執筆し、また吉野朝時代の歌を集めた『新葉和歌集』などを出版している。
 彼がこの間蝦夷地から遠ざかっていたのは右の著述専念のためだけではなかった。時代が彼の憂国の血気を駆りたてたのである。時代は維新に向けて大きく揺れ始めていた。その中で彼は攘夷の運動に身を投じ、吉田松陰らの志士と交わり、藤田東湖の密書を携えて朝廷工作のため上洛したりしている。もう一つの大きな理由は松前藩の妨害である。彼の出版した『蝦夷大概図』は公表された蝦夷地図の最初のものであり、山脈、水脈、道路、運上屋、村落など詳細に書き入れた価値の高いものであるが、蝦夷地を秘匿しておきたい松前藩にしてみれば全く有害の書であった。その上、図中の長編の詩が松前藩の蝦夷地統治を厳しく批判しており、いたく松前藩を刺激した。また『秘め於久辺志』は松前藩の内情を隠密のように調べあげていて、それが三航の蝦夷日誌と共に、蝦夷地に並々ならぬ関心を持つ水戸烈公に献上されたらしいことが藩当局に「生かしておけぬ」と思わせた。武四郎は蝦夷地に渡れないどころか、刺客にねらわれ居を転々としあげくに馬小屋を改造した部屋に寝起きをせざるをえなくなった。『簡約松浦武四郎自伝』安政元年霜月廿日の条に次のようにある。

三島屋敷に居るを松前家よりいろいろと探索し、何卒我を罪に落さまほしと巧みける故に致し方なく本郷壱岐殿坂なる根津勝三郎殿の長屋を借りて是に引越しける。……馬を繋ぐ四本柱の中だけの有を借りて住居たれば三枚の畳も五寸斗づゝ端を切て敷込、其れに机と本箱を置ぬ。飯は火鉢一つにて土鍋に土瓶斗り、茶碗、はし等は机の引出しに入れ置く事なり。此時の住居を思ひ出して後如何様に相成候共増長をせまじと独戒言を認め置ぬ。

 文中の「増長をせまじ」とは「松前藩を挑発し過ぎたかな、命あっての物種だぞ」という自戒なのであろうが、それに懲りて黙ってしまう武四郎ではなかった。

今年は生きたる心地
 安政二年(一八五五)幕府は蝦夷地を再上知、松前藩は出羽などに三万石の替地を与えられた。ロシアの進出に松前藩ではもはや対抗しがたいことが幕府目付堀織部正、勘定吟味役村垣範正の調査・報告から明白になったからである。箱館奉行支配勤方向山源太夫の奔走により、年末武四郎は「御雇入被仰付候、箱館表へ被差遣候」という辞令を受けた。『自伝』安政三年の項に、

元日早く起て麻上下になりて今年は生たる心地になりて早より堀織部正殿に年賀に出

と記している。たちこめていた暗雲が晴れて勇躍武四郎は第二期の蝦夷地探検に出かけることとなる。前回と違い、幕吏として蝦夷地に赴くのであり、今まで行手を阻んでいた松前藩もすでに転封になっていたから「生たる心地」になるのは当然であった。しかし、蝦夷地開拓と国防事業には大金を要し、それは前時代と同じく場所請負人に負担させるのが箱館奉行の大方針であったから、武四郎はこれとまずたたかわねばならなかった。また望んだこととはいえ厳しい自然を相手にしての探検であるから生命が危険にさらされることもあった。彼がつき従っていた隊長の向山源太夫を宗谷で病のため失い、彼自身も寒冷のため発病し、箱館に戻ったものの三月も床につかなければならなかった。その時の大患はさしもの武四郎に「我死なば焼くな埋めな新小由に捨ててぞ秋のみのりをば見よ」という辞世を書かせる程であった。
 この安政三年(丙辰・一八五六)の報文日誌が『扈従日誌』三冊であるが、前半と後半とで彼の執筆のスタンスが大きく変化している。彼に与えられた任務は、蝦夷地の山川地理を取り調べ、新道見込みを立てるものであったから前半の「按西扈従」「按北扈従」は地理地形を丹念に記しているのは当然であるが、後半の「按西(北海岸)按東扈従」ではそれとともに土地の人々の苦しい生活状況、強制労働の実態、老人や子ども、病者の状況と扶養の必要を念入りに書き取っている。特に集落ごとに各戸の人別・名前を調べあげ、過去の調査とつきあわせているのは驚嘆に値する。人口の減損は何に起因するのか、それを武四郎は為政者に問いかけている。当時彼は箱館奉行支配下の一下吏に過ぎなかったが、蝦夷地政策は何を根幹とすべきかをすでに持っていたのである。
  武四郎は幕吏として極めて有能であり、かつ熱心であった。その業績は『燼心余赤』を読めば歴然とする。これは彼の在任中の調査報告書や建白書を集めたもので一九九通が収められている。表題の示す如く北方の経営に心身を燃焼しなお消えず、という彼の純粋な熱情がほとばしり出ている。その中に「淡路守殿へ奉る書」という上司あての七五〇〇字にのぼる蝦夷地開拓についての総括的な献言書簡がある。安政四年四月、彼は淡路守村垣範正から「新道新川切開場所其外見込の趣追々取調申立候様可致」「石狩行被仰付」(『自伝』)ているが、それに対する報告書簡であろうと思われる。彼はこの書簡で、石狩アイヌの惨状を次のように描いている。

奸商の為に苦しまれ昼夜の差別も無之苛責致し候。老たる者は山に登せ食をも不取獲為に飢凍え死候。懐妊仕候者も昼夜の無差別責遣はれ候間、堕胎致、半産致し候者も其為に血暈之性に成不生、若くは生 涯の痼疾と成、出生の孩児も饑寒之為に大半は死去。如此成者之病気にも一日相痛候はば其働稼に不出ばイボタ并せんぶり等を呑せ候外無之。……其外一季雇之者稼方并船頭、船方等迄も皆少し面好き女の子有之候はば妻と仕候。若異議申候はば牢入又番人同志申立太縄にてしばり、雇蔵に釣下げ等致し候事等時々有之候。貞女立通し入水致し候女の子も有之候。右名前之儀は一々中上候様被仰付候はば別段書面にて申入候哉。……縊死入水之義男烈婦は追而一々以書取申上候得共大略之程は如此次第に御座候。

 文中に「別段書面にて申入候哉」「追而一々以書取申上候」とあるが、すでにこの時点で『近世蝦夷人物誌』の構想を持っていたのではないか、と思われる。その後も折にふれアイヌに対する和人の酷使、暴行、凌辱の具体的事実を糾弾し、改善の道はないものかと問題を投げかけている。が箱館奉行所は彼の正義感で左右できる所ではなかった。そこではまず国家的利益が大義であった。また大義に名を借りた奸吏・奸商のはびこる所でもあった。

『近世蝦夷人物誌』の執筆
 アイヌ救済の立場から彼は体制の中で三年間努力してきた。改善された点もいくつかある。しかし、アイヌを抜きにした開拓、その開拓を運上金でまかなおうとする幕府=箱館奉行の考え方とは基本的に相容れなかったのである。限界をはっきり悟った武四郎は、アイヌの惨状とその中に光る崇高な精神を行政に頼らず広く世に問おうとしてこの『近世蝦夷人物誌』を書いたのである。
 安政五年秋、江戸に戻った武四郎は前から手がけていた『近世蝦夷人物誌』を書き上げ、出版願を出した。しかし、これは箱館奉行から異議が出て、後日「出版相成らず」との下げ紙付きで却下されたのであった。出版に同意するような箱館奉行所であれば、以下にあげるような糾弾も必要でなかったし、アイヌも救われもしただろう。「松前=公儀領=極楽世界」という命助の図式も少しは的を射たものとなっていただろう。凡例に、

事の実事を審にせんが為に、請負人、支配人、番人等の名をも加ふ事あり。其名の輩もし是を閲し給ふ有司の門に出入すること有といへども心に懸け給ふことなかれ。

と書いているが、実は私には読み出した当初この「心配しなくてもよい」というのがわからなかった。読み進めていく中で、これは「心配しなさんな、役人さんも同じ穴のムジナなんだから」という奸吏・奸商結託への皮肉であることを了解したのであった。
 この『近世蝦夷人物誌』は三巻九編九九話から成っており、百人以上のアイヌが紹介されている。酋長リクニンリキ、孝子コトン。オノワンク老人。烈婦モレワシ。豪傑カニクシアイノ。貧女チュヒリカ。正義の人アエケシュク。百歳翁イタキシリ。怪童イキツカ。下男ドンドン。縊死したフツチウ。切腹したリキサン。手のきかぬセシリバ。帰化アイヌの市助。憤死したトンクル。仙人シコツアイノ……武四郎のアイヌを描く筆はどこまでも暖かい。そして同じ筆は奸商や番人、役人の卑劣極まりない罪悪を容赦なく暴露していくのである。
 武四郎の取りあげた話は全蝦夷地にわたるが、中でも石狩川流域の話が多い。『再航蝦夷日誌』によれば石狩場所は運上金を二二五〇両も上納するような、漁業の盛んな所で、それだけアイヌの使役も激しいものがあった。下流のアイヌだけでなく、中流、上流からも連行して働かせていたのである。
 ○石狩上川のヲテコマは当年七十余歳。妻と娘と三人でくらしていたが、妻を番人に強奪され、それに抗議した所、反対に殺されかけたので遠くへ逃げた。妻は夫のもとへ行きたいものと何度も逃亡を計ったが失敗、叩かれてその傷がもとで死んでしまった。山に逃がれていたヲテコマが五年後人里に出、故郷なつかしさにうっかり身の上話をしたのが支配人に伝わり、上川に戻されてしまった。頼りにする娘も支配人にとられ、それを恨んで入水しようとしたが、すんでのことで人に助けられた。
 ○石狩川下流のトクヒラのエカシベシは夫婦で運上屋に雇われていたが、気だてのよい妻に番人が非道な恋をしかけ、夫を遠くの漁場にやり妻を強奪してしまった。すでに妻はエカシベシの子を宿していたが、番人はこれを堕胎させようとイボタとトウガラシを煎じて飲ませたため、彼女はやがて死んでしまった。その話を伝え聞いたエカシベシは、このような所で生き延びたところで何の甲斐があろうかと、大木に縄をかけ「かひがひしくも」縊死してしまった。
 このように例をあげればきりがないのであるが、もう一つ「三女の困窮」を紹介しておきたい。
 ○石狩川筋のイジャンは石狩の運上置から川舟で八日も溯らねばならぬ深山の村落。ここに住んでいたヤエコエレ婆は二人の娘夫婦、孫を運上屋にとられ一人でくらしていたが、そのうち家も朽ち食べる物もないので、鍋一つ鉞一つをもって山に入り、ウバユリやトマの根を掘って食べ、大木の根元の穴に住んでいた。一方少し下流のカタバにヤエレシカレという美しい二九歳の女性が夫と睦じくくらしていた。これに目をつけた番人が例によって夫を遠くへやり、彼女をわが物としてしまった。ところがこの番人は梅毒を病んでおり、感染した彼女は見捨てられてしまった。鼻が落ち体もただれてきたので、一度は入水を考えたが、一人で暮らすべく山に入ったところ先のヤエコエレ婆に会い、ともに暮らすこととなった。そこへまた一人ウリウのヒシルエという老婆がやってきた。彼女も運上屋に二人の息子を取られ、体も衰えたので、長年会っていない息子たちに一目会いたいものとここまでやってきたのである。
 これに続けて武四郎は次のように記している。

左聞より余も此処へ船を寄せて上りの時に尋しが、見当らざりしかば心なく過して、帰るさにまた船を寄せて探し求めしかば、ふきの茎にて作れる小屋に三人が居たりしが、最早ヤエレシカレは身体半ば腐爛し居て其辺りに近よるも臭気に堪がたかりし。我も此者へ米、煙草、針等を配ち与へて帰りしが其ヤエコエレの怨魂や鬼神も憐れと思召せしか、其難渋堀鎮台の聞に達しけるまま、若干の玄米等を彼の妹娘シトルンカを呼出し、自ら賜り猶此者等を一度山へかへし老を養はせよと忝なき仰ごとまで有りし。

 「鬼神も憐れと思召せしか」とあるが、これは勿論武四郎が三女の難渋を見かねて箱館奉行に直訴をし、くらしのてだてをとったのである。
 支配人や番人の暴虐に対し、多くの場合アイヌは無抵抗を余儀なくされているが、何人かは抵抗し彼らの理不尽な要求を砕いている。
 ○石狩川筋のペツパラのカトワンテは実家と婚家の二老母と子どもたちを養っていた。たまたま通りがかった番人の作四郎が彼女に悪い気を起こしたが、カトワンテは小刀を抜いて抵抗した。
 ○石狩川筋のトツクのセツカウシの妻ウエテマツは当年二十三歳。ある番人が彼女を見そめて横恋慕、夫を漁場に行かせてその留守に言い寄ったが、ウエテマツは男の陰嚢を絞めて抵抗した。その番人はそこを痛めて仕事に出られなくなったという。
 武四郎は箱館奉行の「御雇」という下級役人である以上、体制の中でしか動き得なかったのは事実である。しかし体制の中でも自分の果たし得る役割はあるとその職を最大限に活かした。アイヌをどう考えるかという基本的なところで幕府=箱館奉行の考え方とは違っていた。権力はアイヌに撫育を施し、北辺警護の楯にしよう、アイヌを引入れて領土権の証にしようとしたのである。この権力的撫育論に対し、武四郎は真にアイヌのしあわせを考えていた。そのためには場所請負制を即刻やめさせ、アイヌをもともとの土地、もともとの仕事に戻すことが大事であった。アイヌの文化と伝統は尊重されなければならなかった。被髪左衽の故をもってアイヌを蔑むことは許されないことであった。
 当局の撫育とはどのようなものであったか、それをアイヌはどうとらえたか。オシャマンベの酋長トンクルはこの『人物誌』に二度登場する。初めは和人の圧力にまけず衆夷のために尽くす勇気ある人として紹介されている。そのトンクルが今年変死を遂げてしまったと後段に記されている。
 ○この五月八場所の酋長が箱館奉行にお目見えとして参上することになった。トンクルを和風にかえて自分の手柄にしようとする者がいて、あれこれ説得したが一向に聞こうとしない。翌日呼出されて会所まで行ったところ「和風にかえないとお目見えかなわぬ。皆もそうしている。」と番人たちにとり押さえられ、無理やり髪を結われ、鬚も落された。徳右衛門という和人名まで与えられ、翌日奉行所に出かけたところ、他の酋長は一人として月代を剃った者はなく「其恥辱は我一人の恥辱にあらず」とモロランに帰っても数日食事もせず、ついに死んでしまった。
 「豪雄ハラフ乙名」は『人物誌』最後の話である。幕府直轄になって詰合の役人が幕府の意向として風俗を和風に改めるよう支配人、番人を動員し、説得、脅迫するが全く承服しなかったという。
 これを評して武四郎は言う。

実に此乙名の威気には千二百余人皇国已来之風俗を改めず済ませしこと感ずるに余り有。是よりして惣而東西の場所々々皆髪様の事はさして御構ひも無りしぞ感ずるに余り有りとぞ申すべし。其先見、其決断中々に尋常のものの及ぶ処に非ず。

 武四郎の考え方は、当時の役人の、何が何でもアイヌの伝続、文化、風習をなくして和風のものにしようという中華思想的なもの、あるいは北辺警備と領土権主張に利用しようとするものとは全く違っていた。アイヌにはアイヌ民族固有の生活、風習、伝統があることを認めていたのである。

あとがきの鬼気迫る一文
 『近世蝦夷人物誌』は決して探検家の資料や好事家文人の愛読書たらんとしたものではない。アイヌ擁護・救済、奸吏・奸商弾劾の書であったことは、あとがきの鬼気迫る次の一文から明らかであろう。

三巻を綴りて漸々筆を机上に置んとせしや、五六日の疲労に如何にも心身草臥、筆投捨て机によりかかり一睡と思ふより、夢魂陸奥の山川を越へ七里の波涛の彼方箱館之港に到り……山の上の町といへる処の三階へ我も行たるに、実に今を栄へ昌へに暮し給ふ官吏達が彼地に名を得し官娥糸娥が哀唱転絃に懐石の菓子やら武蔵野の料理、其幇間には御用達請負人やら問屋共大工、棟梁、此地差配人、土方、石工阿諛をなし歌えや舞ひと楽しみ給ふを見ると思ひし其間に杯盤を吹来る一陣の腥風に頭振りかへり見れば盤中のさしみは皆紅血を滴る斗の人肉、浸物かと思ひしは土人の臓腑、美肉は骨節アバラの数々に盃中の物は皆なま血、見るも二目ともかなしと、日面の障子に聖賢の像かと思ひしは土人之亡霊にしてアヽウラメシヤウラメシヤの声に目をさましければ満身冷汗を流し……。

 アイヌの惨状の元凶もアイヌ救済の桎梏もこの奸吏・奸商の結託にあるとはっきり見すえている。ここに武四郎の真面目がある。彼の残した多くの著作は地誌としては時代とともに古くなっていくかもしれないが、ルポルタージュとしてはアイヌ民族に対する差別が現存する限り新しい。日本の古典文学の不幸の一つはヒューマニズムの作品系列を持たぬということである。そのヒューマニズムの希薄な文学風土の中で、武四郎の著作、特に『近世蝦夷人物誌』は早咲きの梅のような光彩を放ち、近世ルポルタージュの最高峰となっている。
 武四郎のルポを根本で支えているもの、『近世蝦夷人物誌』を近世ルポの最高峰たらしめているものは何か、それは事実への肉迫と暖かく、かつ激しい彼の正義感である。カラフトに行く医師の草履取りになったり、アイヌと寝食を共にしてその苦しみを聞いたりして彼は厖大な事実を集めたのであった。
 彼は「手控」と称するメモ帳をいつも持ち歩き、何かあればすぐにメモをし、そのメモは必ずその日のうちに整理をし、それをすまさないうちは就寝しなかったという。事実の探究と集積の上にこのルポは成っているのである。そしてその事実は「底辺から底辺を見る」目によって整理されている。彼は生れつき、暖かくかつ激しい正義感を持っていた。 『定本松浦武四郎』(吉田武三著)に武四郎宛の恩師平松楽斎の書簡が紹介されている。

直言人の恐れ候ことのみ申し候は却って禍を引くの基にて後漢の郭林宗の危言激論をなさずして憂患災害に遠ざかり候事も師とすべきの至かと存じ候。……必ず自ら慎しみ自ら重んじて災害に逢申さざる様祈り入候。

 正義感のあまり激情に流されることのある彼の性格をよく知った師の暖かい忠言である。彼自身『蝦夷大概図』の長詩に端を発した松前藩の刺客さしむけ事件には「後、如何様に相成候共、増長をせまじ」と決心した程であった。しかし彼は黙っていられなかった。
 黙っているにはあまりに無惨であったのだ。だから『人物誌』の凡例の終りに記すように「破羅山の三年を懸念なさざると云にもあらず」と筆禍を被ることも覚悟していた。これは激しい不屈の正義感といえる。それも世のしくみを見すえた正義感である。
 世のしくみを見すえた、と言えば『自伝』に次のような記述のあるのが思い出される。

十九歳天保七年……時に此辺り凶歳にして道路追剥多く里に群盗絶ることなし。実に可憐の甚しと云べし。〉〈二十歳天保八年……此辺麦まき不作にして民家皆スミレといへるものを掘食ふ。……途中三人の賊に逢ふて酒手ねだらる。わづかにたくはふる処の一朱銀二つを遣したり。賊決て賊にあらず。実に凶作故なるべし。酒一升四百文なりと云。予今日にして三日米一粒を不食、蜀黍のみを食す。 (スミレ=ツルボの九州方言)

 当時「賊決して賊にあらず」と現象の彼方を見据えることのできた人がはたして何人いたことであろうか。底辺から底辺を見る彼の眼は、虐げられた底辺の人々に暖かく、虐げる者には激しい怒りとなって燃えるのである。
 安政六年(一八五九)彼は箱館奉行所に病気を理由にした御雇御免願いを出し認められている。奉行所とのぎくしゃくした関係、それに井伊大老派の者が多くなったこと、その年の六月蝦夷地が東北諸藩の分知となったこと、安政の大獄で頼三樹三郎等の友人を失ったことなどが彼を辞職に踏み切らせたのであった。
 明治二年、開拓判官として任用され、、北海道名を定め、国名郡名を撰定して後、半年後彼は突如辞表を出す。彼は開拓府にあっても、アイヌ擁護なしの開拓はありえない、請負商人は排すべきであると主張して譲らなかったが、長官が鍋島直正から東久世通禧に交替してから疎んじられるようになり、武四郎を無視した開拓行政が行われるようになった。一徹な武四郎はそれに堪ええなかった。抗議の意味をこめて次のような辞表をたたきつけて辞任してしまうのである。

当正月、長官公御出府之後、惣て御用向私共へは一切仰せ聞かされず、御自宅に於て元箱館府権判官長谷部卓爾其外二、三名にて御談じ有之、別て箱館請負人共願書向きは御宅にて御請取にて、御自身御役所え御持出しなされ候事も有之箱館表よりの御用状は惣て私共之御秘しなされ置候間、如此迄も忌避せられ候に、精勤仕居候も詮無き儀と存候。

 直情径行と言えるが、しかしその不屈の情熱がなければ『近世蝦夷人物誌』というすぐれたルポルタージュも生まれなかったことであろう。

付 武四郎は明治元年新政府に登用されるにあたり『近世蝦夷人物誌』の出版願を出しているが、この時も実現されなかった。人びとの目に触れるようになったのは、明治末年、孫の松浦孫太の手によって雑誌「世界」に発表されてからのことである。

2005.04.01UP